大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

今年もお付き合いしてくれました皆さんありがとうございました。

IMG_0002_convert_20110106152611.jpg
阿弥陀岳山頂
1/1 八ヶ岳: 阿弥陀岳北稜
12/31 八ヶ岳: 硫黄岳→ジョーゴ沢                              243
12/30 八ヶ岳: 入山(行者小屋)
12/29 八ヶ岳へ
12/27 烏帽子:
12/25 蓬莱峡:アイゼントレ→ボッカトレ
12/23 不動岩:アイゼントレ
12/22 ゲレンデクライミング
12/21 不動岩:
12/19 荒島岳:晴れてルンルンハイキング
12/18 荒島岳:ラッセル(シャクナゲ平までで時間切れ下山。麓の民宿で還暦祝い)
12/17 荒島岳へ:Icchyの還暦山行
12/16 烏帽子:
12/15 ゲレンデクライミング:
12/14 ボッカ: 芦屋川⇔東お多福山
12/10 烏帽子岩:ハーフ、ヨッテラシャイ、盛リ上ガロウ、盛り上がろう、ウイング、ジャスティース・屋根上、ジャスティース・タキシード 231
12/07 第一岩壁:
DSCF3003_convert_20101212113933.jpg
第一岩壁・はな
12/05 蓬莱峡:初級冬山
12/04 百丈岩:会山行・冬山トレ
12/02 ゲレンデクライミング:
12/01 ゲレンデクライミング:

11/29 宮崎・比叡山Ⅱ峰:
11/28 宮崎・雌鉾岳:
CIMG2751_convert_20101212112344.jpg
雌鉾岳山頂・二の坊主の懸垂
11/27 宮崎・比叡山Ⅰ峰:
11/26 宮崎比叡山:
11/25 ゲレンデクライミング:
11/24 ゲレンデクライミング:
11/23 第一岩壁:
PB232956_convert_20101212113852.jpg
第一岩壁・サキサカ下部 

11/21 北ア・立山:初級冬・雪訓
IMG_1529_convert_20101122172824.jpg
雷鳥平に向う photo by Tanaka
11/20 北ア・立山:初級冬・雪訓
11/19 北ア・立山:初級冬・雪訓
11/18 不動岩:ミート、タイコ、ワンマン、小熊
11/17 ゲレンデクライミング
11/16 ゲレンデクライミング

11/15 天橋立
11/14 天橋立
11/13 第一岩壁:
11/12 縦走:芦屋川~宝塚

11/11 ゲレンデクライミング
11/10 ゲレンデクライミング
11/08 烏帽子:タイム、ウイング、サピエンス、タフ、おじいちゃん、よってらしゃい
11/07 蓬莱峡:初級冬
11/06 大台ヶ原:サマーコレクション
IMG_5979繧オ繝槭さ繝ャ_convert_20101212120248
西大台・サマーコレクション
11/04 ゲレンデクライミング
11/03 瑞浪・屏風山
11/02 天王山
11/01 烏帽子:サイレント、サイレント、タフ、ジャスティース、タフ

10/31 縦走:波豆八幡神社
10/30 天王山:
10/29 不動岩:アイゼントレ&フリー
10/27 ゲレンデクライミング
10/26 天王山

10/24 錫杖岳:第4フェース・チムニールート
10/23 錫杖岳:見張り塔からずっと
10/22 錫杖岳:

10/21 ゲレンデクライミング
10/20 ゲレンデクライミング
10/17 不動岩:リトル、タイコ、ワンマン、ペガサス、小熊、金太郎、ミート
10/16 不動岩:アイゼン(ワンポイント、砂被り、ディレティッシマのハングとジェードル)歩き(山頂~道路3往復)
10/15 不動岩:ミート、タイコ、ワンマン、小熊、ペガサス、リトル(1ヶ月余ぶりの正面でした)
10/14 ゲレンデクライミング
10/13 ゲレンデクライミング
IMG_5510_convert_20101018175600.jpg
雪彦山・地蔵正面
10/11 雪彦山  
10/10 雪彦山
10/07 ゲレンデクライミング
10/06 ゲレンデクライミング
DSCF2035_convert_20101009145055.jpg
槇尾山・蔵岩
10/05 縦走: 槇尾山
10/03 不動岩:ウリウリ、ウリウリ(11時より降雨中止)
10/02 不動岩:中級
10/01 縦走: 大峰山~中山

09/29 ゲレンデクライミング
9cfb_convert_20101009150834.jpg
百丈櫓
09/26 百丈櫓: 確保訓練、引き上げ、自己脱出他
09/24 駒形岩:ふきのとう、フィギア、プロミネンス、プロミネンス、もうかりまっか 
DSCF1904_convert_20100923143859.jpg
北鎌沢出合テントサイト
09/20 殺生小屋~横尾~上高地→帰阪
09/19 出合~北鎌尾根~槍~殺生小屋
09/18 上高地~北鎌沢出合
09/17 北鎌尾根(夜から)
09/17 駒形、烏帽子:ふきのとう、プロミネンス、ジャスティース、もうかりまっか
09/15 ゲレンデクライミング
09/14 蓬莱峡:確保実験他
09/11 駒→不動:ちんけ、もうかり、プロミネンス、サイレント、フィギア、リトル、タイコ、ワンマン 
09/09 駒形岩:ふきのとう、サイレント、フィギア、プロミネンス、もうかりまっか、最右翼無名、斜陽
09/07 堡塁岩:風強し、時々ガス。寒かった
09/05 御在所:一の壁

DSCF1806_convert_20100906215142.jpg
御在所・中尾根2P目

09/04 御在所:前夜から。一の壁、バットレス、中尾根
09/02 堡塁岩:往復歩き
09/01 ゲレンデクライミング

08/30 油コブシ:堡塁岩往復のボッカ(歩いただけ)
08/28 堡塁岩:上り下りは歩いて。ボッカトレ。大汗かきましたが満足
08/27 六甲山:上り下りもケーブル利用。山頂バスを利用して枝垂れを見物。最高でした。
08/26 ゲレンデクライミング
08/25 堡塁岩:
08/22 堡塁岩:上り下りもケーブル利用。何と軟弱
08/21 不動岩:
08/18 堡塁岩:
08/16 不動岩:ミート、タイコ(超熱暑)
DSCF1719_convert_20100817172648.jpg
雷鳥坂
08/14 剣沢
08/13 剣沢
08/12 夜行にて剣へ

08/08 岳沢~上高地
08/07 西穂~岳沢
08/06 北ア・西穂
DSCF1706_convert_20100817172824.jpg
天狗岳
08/05 ゲレンデ クライミング:
08/04 堡塁岩:
08/03 不動岩:ミート、リトル、タイコ、ワンマン、小熊、アブミ(猛暑の中全部ぎりぎりの登りきり)
08/02 天王山:

07/31 不動岩:
07/28 堡塁岩:
07/27 堡塁岩:ボッカ&
07/26 天王山

07/23 帰国
07/22 大阪へ
07/21 ジュネーブ
07/20 アラリンホルン
07/19 ゴラナグラート
07/18 オーバロートホルン
DSCF1608_convert_20100817171649.jpg
ウンターロートホルン。バックはマッターホルン
07/17 ツェルマット
07/16 マッターホルン
07/15 マッターホルン
07/14 ブライトホルン
07/13 ツェルマット
07/12 スイスに向う

07/10 不動岩:ワンポイント、砂被り、ミート、アブミ
07/08 ゲレンデ クライミング:
07/07 ゲレンデ クライミング:
07/06 富士山
07/05 富士山
07/04 夜行で富士山:
DSCF1368_convert_20100817172911.jpg
富士山山頂
07/03 駒形岩:雨・アブミトレ(右3本、左・中央各1本)
07/01 ゲレンデ クライミング:

06/30 ゲレンデ クライミング:
06/29 天王山:1往復半
06/28 不動岩:ミート、タイコ、ワンマン、小熊(蒸し暑くモチ上がらず)
06/27 天王山:1往復半(二日酔い覚まし)
06/26 目俵:久々振りの人工壁(1時間)
06/25 天王山:1往復(空身、重登山靴)
06/24 不動岩:ミート、タイコ、ワンマン、小熊、小熊、リトル

06/23 天王山:2往復(5kg、重登山靴 1時間15分)
06/21 蓬莱峡:
06/19 不動岩:蜂の巣左、ワンポイント、クラック、ハーケン、蜂の巣、逆L 
06/17 ゲレンデ クライミング
06/16 ゲレンデ クライミング

06/15 芦屋川~宝塚:15kg 軽登山靴
06/13 ぽっぽ総会:事務所
06/12 大岩ヶ岳~不動:東壁2p、ワンポイント、砂被り(プラブーツ)
06/11 不動岩:ミート、ペガサス、小熊、ワンマン、リトル

06/10 ゲレンデ クライミング
06/09 ゲレンデ クライミング
06/08 不動岩:東壁、ミート、リトル
06/06 クリーンハイク:千刈~不動:大岩ヶ岳、蜂の巣左、ワンポイント、逆L、タイコ、リトル(アプローチシューズ)

06/05 烏帽子:斜陽、サイレント、ちんけ、ちんけ左、ぼちぼち、サイレント
06/04 不動岩:ミート、ペガサス、金太郎、タイコ・小熊、ワンマン、カーテン 
06/03 ゲレンデ クライミング
06/02 ゲレンデ クライミング
06/01 芦屋川~宝塚:ブーツトレ(11kg)

05/30 不動岩:中級:ブーツトレ:菱形、東壁中央、蜂の巣左、菱形右、砂被り
05/29 不動岩:新人教育&ブーツトレ&フリー:東壁中央、菱形、蜂の巣左。ミート、タイコ、ワンマン、小熊
05/27 烏帽子:
05/26 烏帽子:
05/25 芦屋川~宝塚:ブーツトレ(17kg)
05/22 不動岩:プラブーツトレ
05/20 烏帽子:
05/18 芦屋川~宝塚:ブーツトレ(11kg)

05/16 烏帽子:オヨネ、林スラブ、屋根の上のバイオリン、タキシード、林スラブ(RP:通算4トライ目)、盛り上がろう、タフ
IMG_1194_convert_20100523155406.jpg
ワンポイント(アイゼン)
05/15 不動岩:アイゼン:菱形、蜂の巣左、ワンポイント、菱形右、菱形
05/14 烏帽子:タイムトンネル、林スラブ、ジャスティース~タキシード、盛り上がろう、盛り上がろう、瞳を閉じて
05/13 烏帽子:
05/12 烏帽子:
267_convert_20100513213832.jpg
石の宝殿にて。気温9度
05/11 芦屋川~宝塚:トレ(9kg)
05/09 蓬莱峡:プラブトレ・大屏風30本
05/08 烏帽子:アフタ、おじいちゃん、タフ、ジャスティース、ウイング、ハヤシ、寄ってらしゃい、ジャスティース
05/06 不動岩: ミート&、ペガサス&、タイコ、ワンマン、小熊、リトル
DSCF1209_convert_20100513212302.jpg
涸沢カール
05/04 穂高岳:
05/03 穂高岳:
05/02 穂高岳:
05/01 穂高岳:

04/28 烏帽子:
04/26 不動岩:ミート、タイコ、リトル、ワンマン、小熊、ペガサス。(Yさん入会)
04/25 不動岩:中級登山学校
04/24 天王山:20kg 革靴
04/21 烏帽子:

04/19 蓬莱峡:
04/17 芦屋川~宝塚:ボッカトレ
04/15 烏帽子:
04/14 烏帽子:
04/13 東お多福山:ボッカトレ
100413_150621_convert_20100418223759.jpg
ミツバツツジをバックに六甲山縦走路にて
04/10 大岩ヶ岳~不動:
04/09 烏帽子:太陽、熊、ジャスティース、寄ってらしゃい、タフ、おじいちゃん
04/08 烏帽子:
04/07 烏帽子:
04/06 天王山:リハビリアイゼンボッカ

04/05 蓬莱峡: 献花、クライミング
04/04 不動岩: 清掃、ミート&、タイコ&、ワンマン&、小熊 
04/03 不動岩: アイゼントレ、ミート、リトル、タイコ
 
03/31 烏帽子:
03/26 北摂:  中山~山本
03/22 六甲山: 芦屋川~宝塚
03/21 不動岩: ミート、ワンマン、小熊&、ワンマン、ミート

03/20 不動岩: ミート&、タイコ&、ワンマン、リトル、ミート
03/19 京都北山:
03/17 烏帽子:
03/11 烏帽子:
03/10 天王山:12kg アイゼン 1H リハビリ  
03/08 蓬莱峡:
03/07 天王山:13kg アイゼン 1H リハビリ
03/03 烏帽子:

03/01 中山: 中山駅~中山~奥の院~清荒神駅
02/28 不動岩:アイゼン:砂被り、ワンポイント、菱形。フリー:ミート、小熊、ペガサス
02/25 烏帽子:
02/24 烏帽子:
02/23 不動岩:ミート、リトル、タイコ、ワンマン、ミート
02/22 蓬莱峡

DSCF0444_convert_20100224214239.jpg
アオナン・ビーチ
02/21 帰国
02/20 プラナン:帰国準備
02/19 プラナン:エリア:Tonsai & Wild Kingdom
02/18 プラナン:エリア:Dom's Kitchen & wild Kingdom
02/17 プラナン:休養日

02/16 プラナン:エリア:Hidden World
02/15 プラナン:エリア:Thaiwand wall & Wee's Present Wall
02/14 プラナン:休養日
02/13 プラナン:エリア:Generation Wall & Melting Wall

02/12 プラナン:エリア:Diamonnd Cave
02/11 プラナン:エリア:Dom's Kitchen & Wild Kinngdom
02/10 プラナン:エリア:Escher World
02/09 プラナン:エリア:Hidden World

02/08 プラナン:エリア:Dom's Kitchen
02/07 プラナン:エリア:Thaiwand Wall
02/06 プラナン:エリア:One Tow Three
02/05 タイ・プラナンへ

02/03 烏帽子:

01/30 ロックガーデン・中央稜・風吹岩
DSCF0408_convert_20100131085656.jpg
堂満岳へ
01/29 比良山:堂満岳(ルンゼ)
01/27 烏帽子:
01/26 不動岩:リトル、ミート、タイコ、金太郎、ワンマン

01/24 烏帽子:タイムトンネル、ゴールドフィンガー、ジャスティース・屋根の上、ジャスティース・タキシード
01/23 比良山:武奈が岳
01/20 烏帽子:
01/19 不動岩:ミート、タイコ、金太郎、小熊
01/14 烏帽子:
DSCF0209_convert_20100125141533.jpg
長屋坂・スプリング
01/11 備中:長屋坂:ザグ、スプリング、フリッカー
01/10 備中:長屋坂:ザグ、プラナン、カウントダウン、リエコ
01/09 備中:長屋坂:プラナン、ザグ、カウントダウン


01/07 烏帽子:
01/06 烏帽子:
01/05 蓬莱峡:
01/04 S川
01/02 不動岩:初登り ミート、タイコ、金太郎、ワンマン、ペガサス、小熊、リトル
DSCF0150_convert_20100101173132.jpg

01/01 初詣・若山神社:安全祈願:帰宅して飲みすぎたので5km(50分)歩く
スポンサーサイト
荒島岳その1(Icchi-さん還暦祝い) 

DSCF3132_convert_20101220171520.jpg
荒島岳(大野富士)

日程:12月17日夜~19日                杉山豊隆
参加者12名:
 icchi-、牧師、Datte姉さん、Kuri、Shok田、かつお、Kit、Tao田、
 Yam本2号、Yok田、Gramps、NanohaBab(18日より)

今回も勝原スキー場の近くの民宿を借り切ってIcchi- の還暦祝いを計画。

3台の車に分乗して北陸道・福井ICで下り勝原へ。
JR勝原駅に1時到着。

無人駅のため駅舎を拝借してビバーク。
2時就寝。起床は一番電車の到着前5時。

3時間の睡眠。

12月18日(土):
残念なことに予報どおり天気は崩れてきた。
明け方から雨と霙。

最悪のコンディション。
みんなのモチも上らないまま出発。

3年前はスキー場も営業していたが今はもうやめてしまったようだ。

DSCF3067_convert_20101220162350.jpg
第一リフトを越えて

出発点からラッセル。
今回は正月山行のトレを兼ねているのでザックも重い。

Tao田君、かつお君は山スキーを持って参加。
第一リフトの終了点から右に大きく曲がって 
ロングリフトの終着点目指して登高開始。

リフト最高所からは、前回(2月末)と違い雪の量が相当少なく道標が見える。
林の中をうっすらと残っているトレースを頼りに進めていく。

歩き出して1時間余の地点で休憩。

と下から単独の人が登ってきた。
何とカランクルンの斉藤さんである。

彼女とは8年ぶりの再会である。
MLで彼女の山行報告を見ているが毎週山に出かけているようだ。すごい!

今回も湿雪で衣服、手袋が濡れてかなわない。
それでも高度をますに従って濡れもなくなってきているようだ。

段々と積雪量も増してきた。
つぼ足でのラッセルは難しくなってきたのでワカンを履く。

それにしても今日の入山者は斉藤さん以外誰もいない
(大阪労山の初級冬隊が入山して来る予定だがなかなか現われない)

人数が多いので一度ラッセルをすると当分しなくても良いので楽である。

DSCF3073_convert_20101220162427.jpg
シャクナゲ平にて

シャクナゲ平間近になってやっと初級隊の早い人が4人現われた。
生徒さんだけラッセルをしてもらう。

そうこうしてシャクナゲ平到着。

DSCF3071_convert_20101220162502.jpg
シャクナゲ平に到着の初級冬本隊

前回は道標も雪ノ下で見えなかったが、今回は丸々出ている。
ここで12時半、5時間半のラッセルである。

もう山頂までは行ける時間ではとても無いので
ここから1時間と時間を限定して先に進んでみることにする。

山スキー組みはここから引き返すことにする。
といってもブッシュだらけで滑る余地の無いところを降りていかねばならない。
さぞかし大変でしょう。

一旦コルまで下っての登り返し。
1300m地点まで進む。

3年前はシャクナゲ平からの下りで強風雪で視界零のため断念した。

今回はこの条件下で少し伸ばせたので満足。

帰りにシャクナゲ平で還暦祝いの写真を撮って初級冬隊にお別れを言って下山開始。

DSCF3074_convert_20101220162534.jpg
Icchi- さん還暦祝い記念写真撮影

案の定スキー隊はブッシュに阻まれ大苦戦。
それでもようこんなところを滑ったなあと感心仕切り。

700m地点で彼らに追いつく。
下に来れば来るほど雪も重くなり大変のようだ。

約2時間でスキー場跡の出発点に戻ってきた。

ここから10分程で民宿に。
本日来られた白形さんと民宿のお母さんが迎えに出て来てくれた。

本日の祝宴は6時半開始のため一部を除いて外風呂に行く。
残った5名は民宿のお風呂に入って寛ぐ。

今回のメーンイベント:icchi-さんの還暦祝い:

1) 先ずはビール、お酒で乾杯。一時飲んで食べた後

DSCF3082_convert_20101220162612.jpg
今日の主賓のいIcchi-さんと

2) 持ち回りで一丸さんのエピソード

DSCF3079_convert_20101220162643.jpg
今日参加できなかった会員からの祝いのシャンパン

3) 一丸さんからの挨拶

4) 記念品授与

DSCF3110_convert_20101220162754.jpg
会からの記念品

5)
各自持ち寄った昔の写真(ベストショット、お笑いショット)の上映

DSCF3084_convert_20101220162717.jpg


6) 終わって談笑室でのしばしの歓談

DSCF3115_convert_20101220162927.jpg
談話室にて

明日も登りに行き予定のため比較的早く就寝

記録:スキー場7:00~シャクナゲ平12:30~1300m地点13:30~
シャクナゲ平13:50~駐車場15:50

荒島岳その2(Icchi-さんの還暦祝い)その2

12月19日(日):
5時半起床、6時朝食。
昨日と打って変わって快晴である。

DSCF3116_convert_20101220174009.jpg
素晴らしい天気になった

7時出発が7時45分になってしまった。

昨日のトレースを一定のスピードで登っていく。
今日は空身に近い重さのため休憩時間を1時間単位で取るようにして登るようにする。

今日もまたまたカランクルンのTさんに8年ぶりにお会いする。

シャクナゲ平には2時間半後の10時15分に到着。
丁度初級組みが山頂ピストンを終えてテント等片付をして下山準備をしているところであった。

挨拶を済ませてそのまま進む。

快晴の雪上ハイキングは気持ちが良い。
後方に見えるは経ヶ岳、東北東に見える白山と素晴らしい眺望である。

DSCF3119_convert_20101220163039.jpg
遠くに白山がくっきりと見える

途中1~2回休憩を挟んで山頂に到着。
風が強いが見晴らしは抜群。

DSCF3122_convert_20101220163149.jpg


記念写真を撮ったりした後、少し降りた風の来ないところで休憩。

DSCF3125_convert_20101220163222.jpg
山頂でのIcchyさん

DSCF3128_convert_20101220163323.jpg
山頂での記念写真

DSCF3126_convert_20101220163253.jpg
山頂からズームで撮った白山

下りはすべりを入れ楽しみながら降りる。
シャクナゲ平からは雪質も変わり重い。

すべりも悪くなってきたのでただ淡々と降りるのみ。

13時50分スキー場駐車場に到着。
民宿し置いてある荷物を整理して、お風呂屋に寄る。

ここから見る荒島岳(大野富士)は素晴らしい。
幸運にもお風呂屋さんでもちつき大会をやっており、

DSCF3133_convert_20101220163408.jpg
お風呂屋さんの前から見た荒島岳(大野富士)

つき立てのおもちが食べられた。
お代わりOKだったので4つも食べてしまった。

帰りの高速道路は珍しく渋滞なく帰れた。
これまたラッキーでした。

記録:スキー場7:45~シャクナゲ平:10:15~山頂11:20、11:50~
   シャクナゲ平12:20~スキー場13:50


Datte姉さん、Tao田、かつおの3名は19日朝に帰る。

 

名張・香落渓谷の岩場 第一岩壁

期間:2010.12.07

半月ぶりの訪問。今日は3回目。
曇り予報であったが、薄日が射したりもした一日であった。

午後からは寒気が入ってきたのか寒くなってきた。
今日は我々3人だけかと思っていたら

30分後にKo菅さんとTa代さんが現われた。
今日はこの5人。

1本目:「花」へのアプローチ「サキサカ」下部Ⅳ+:何回トライしても足・手が痛い。

DSCF2971_convert_20101208160538.jpg
「サキサカ」下部のかつお君

DSCF2982_convert_20101208161740.jpg
「はな」テラスにて

DSCF2984_convert_20101208160720.jpg
「はな」へのアプローチのけむまき君

2本目:花Ⅵ+・10a:今日はリード&再RPを目指す。先ずはTRでトライ。
リードどころか全くスムーズに登れない。RPは絶望的。

DSCF3003_convert_20101208160757.jpg
「花」を登るGramps

3本目:花Ⅵ+・10a:リードは止めて再度TRでトライすることにする。
今度は先ほどよりスムーズに登れた。

DSCF3024_convert_20101208160841.jpg
「はな」を攀じるけむまき君

ほのかな光が見えてきた感じ。

反省事項としてやっぱり登れなくともリードしなくてはうまくならない。

先回は5本登ったが今日は3人にためか3本しか登れなかった。

DSCF3030_convert_20101208160918.jpg
取り付きテラスで寛ぐK菅さん、T代さん、かつお君、けむまき君

かつお師匠はプルトニューム上部(10c)を一回目散々であったが、
2回目でRP。おみごと!

けむまき君は今日がクラックデビューとか。
なかなか素質がありそう。

少しやれば直ぐに上手くなりそう。
    初級冬山トレ・蓬莱峡

期間:2010.12.05

前日百丈岩周辺でぽっぽ冬山訓練後蓬莱峡に入山。
テントで小宴会後就寝。

生徒とコーチと同じテントでの宿泊は昔中級でも昔していたが最近はこの習慣がなくなってしまった。
生徒とコーチと同居宿泊は賛否両論があるかもしれないが私は賛成である。

午前5時起床。
生徒の作ってくれた朝食・雑炊は食べやすく美味しかった。

DSCF2885_convert_20101208103224.jpg
雑炊は美味しい上に一人100円と安かった。

7時体操により今日の練習の開始である。

DSCF2891_convert_20101208103302.jpg
練習開始の用意

その前に大屏風緩傾斜に登下降用のロープをフィックス。

今日は先ず緩傾斜下部で靴のみでのトラバース。

DSCF2893_convert_20101208103335.jpg
岩場下部でのアイゼントラバースの練習

2)続いて靴での登下降

DSCF2894_convert_20101208103417.jpg
アイゼン装着して岩場の緩傾斜での登高

3)次にアイゼンを装着してのトラバース、登下降。

DSCF2899_convert_20101208103448.jpg
アイゼン装着しての緩傾斜下降練習

ここで休憩を入れながらテント設営時の張り綱等の講習後

4)砂山での雪山を想定した歩きのトレーニングをする。

DSCF2905_convert_20101208103524.jpg
剣山(砂山)での登下降練習

昼食後、
5)最後に蓬莱峡より座頭谷東尾根を登って
大谷乗越経由塩尾寺下の公園までアイゼンボッカ。

DSCF2906_convert_20101208103556.jpg
アイゼンボッカに出発

そして反省会で終了しました。

DSCF2917_convert_20101208103628.jpg
今日の終着地・塩尾寺下公園にてクールダウンの体操

天気も良く暖かい一日で楽しく練習が出来た。
    年末年始山行 アイゼントレ               
                                 百丈岩周辺

期間:2010.12.04
参加者:Kuri、Kit川、Icchie、Tom永、Yokちゃん、Ta田、Gramps
    牧師(昼から)、けむまき(終了間際)
 
今年の年末年始山行トレを百丈岩周辺で実施。

1)先ず一般道をロウソク岩山頂の往復:
アイゼンボッカで途中岩稜の登下降の練習をした。

DSCF2858_convert_20101206174051.jpg
アイゼンボッカしての岩稜登り

DSCF2862_convert_20101206174135.jpg
山頂付近

2)次にカモシカルンゼを遡行して
最後のところでロープをフィックスしてユマーリン方式でアイゼン登攀練習。

DSCF2868_convert_20101206174207.jpg
カモシカルンゼ右での登攀トレ(1)

DSCF2870_convert_20101206174241.jpg
カモシカルンゼ右での新人登攀トレ(2)

DSCF2873_convert_20101206174315.jpg
カモシカルンゼ右での新人登攀トレ(3)

再び一般道を岩稜下降練習をしながら降りる。

DSCF2876_convert_20101206174353.jpg
ローソク岩山頂でロープを整理するK崎さん、Hat中君

昼食(早川さんここより参加)

3)ロウソクの右側の東稜を登る予定で行ったが、
先行者多数のため予定を変更してカモシカルンゼ最上部に回り、

DSCF2877_convert_20101206174425.jpg
カモシカルンゼ左でのクライミングダウンと登攀練習

ここでクライミングダウンと登り返しをしてのアイゼントレ。
逆層のためかなり厳しい。

DSCF2879_convert_20101206174459.jpg
クライミングダウンする人を確保するTom永さん

練習後一般道を下山今日のアイゼントレを終了。

DSCF2881_convert_20101206174529.jpg
練習を終えて

牧師さん、けむまき君、Yok田さん、Grampsは王将で食事をして
明日の初級冬山教室参加のため蓬莱峡に向う。
(Yok田さんは王将までで、明日はどこへ行くのかな???)


宮崎の岩場 比叡山Ⅰ峰・雌鉾岳・Ⅱ峰

(第2スラブ、天空への階段1P、美しいトラバース、下部岩壁)  
 
 期間:2010.11.26夜~11.29 
 参加者:Gramps他9名         

2007年に続き2回目の訪問。
今回は兵庫労山の方たちに混ぜてもらっての参加となる。

CIMG2751_convert_20101212112417.jpg
雌鉾岳山頂・二の坊主懸垂

11月26・27日:
20時30分、阪急南茨木より乗せてもらい淡路島、高松道、松山道を経て深夜2時に八幡浜港に到着。
フェリーで臼杵港に。

2時間半の仮眠が出来た。臼杵港から3時間ひた走って比叡山Ⅰ峰麓に到着。
12時間を要した。

南国宮崎なのに標高約500mのここは寒い。
早速登攀準備に取り掛かり

道路端から20mの今日の登攀取り付きに。
今回のパートナーはFucch上さん。登るルートは第2スラブ。
先行順をじゃんけんで決めて出発

1P目:Gramps:上を目指してドンドン直上35m

2P目:Fuchiy:続いて上を目指してブッシュ入り口まで伸ばす。

DSCF2712_convert_20101201205116.jpg
2ピッチ目リードのFucchiy

3P目:Gra:ブッシュを抜ける

4P目:Fu:間違えて2スラスーパーを登る。やや骨のあるピッチであった。

5P目:Gr:このピッチ記憶が残っていないが、40mほど伸ばしてピッチをきる。

6P目:Fu:第一コブと呼ばれるところまで登り右へ草付きブッシュを横断して切る

7P目:Gr:快適な登り。途中ピンは1ケ古びたリングボルトがあるのみ。

DSCF2713_convert_20101201205153.jpg
7ピッチ目をフォローするFucchiy

8P目:Fu:同じような感覚ののぼり45mを登る。
このピッチの終了点附近の大岩が今にも落ちそう。

ロープでフィックスされているがそのロープも変色しても黒くなっている。やばい!

9P目:Gr:ドンドン伸ばしてピークへ。
そこにはTAカンテを登ったIw佐さんとKo滝さん、おいちゃん、Yo谷さんが待っていてくれた。

DSCF2714_convert_20101201205227.jpg
ピークから見た矢筈岳

DSCF2716_convert_20101201205300.jpg
登ったピークの2つ上のピークにて

後第1スラブ、スーパーを登っているN原・O石、Hak田・Kaw尻さんを待ちながら写真を撮ったり談笑して過ごす。
下山は山頂方向に3ピークほど登って裏側からハイキング道を降りて駐車場へ。

DSCF2717_convert_20101201205332.jpg
Ko滝さん、Iwa佐さん
DSCF2718_convert_20101201205402.jpg
Kad脇さん、Yos谷さん

技術的に難しさの無いルートで周りの景色を見ながらののんびりした楽しいクライミングができました。

DSCF2720_convert_20101201205434.jpg

DSCF2721_convert_20101201205510.jpg
O石さん、Fuchi上さん、Nak原さん

登攀開始:9時20分~終了11時50分。下山開始13時~駐車場16時

DSCF2726_convert_20101201205540.jpg
比叡Ⅰ峰をバックに展望台にて。

DSCF2729_convert_20101201220446.jpg


時間が少しあるので道路脇のショートルート・トリハダスラブで過ごす。

FU上さんと私は天空への階段の1Pだけをトライする。


Fu上さんは核心部でゼットクリップで集中力が消滅。
私は何とかOSでき嬉しかった。

トリハダスラブも皆トライできたので宿泊地に向かう。
庵には5時到着。

庵・鹿川(シシガワ)は18年ほど前に有志で建てられた素晴らしい山小屋である。
緑に囲まれた環境の中、すぐ脇の清流のせせらぎが心地よく聞こえる。

Mオーナーが既に風呂を沸かしてくれていた。

持ってきた酒、隣で仕入れてきたビール、酒、ワインをしこたま飲んで
風呂に入るのも忘れていつの間にか寝入ってしまっていた。

11月28日:晴れ。
5時起床。いつものように腰痛体操後散歩に出かける。
標高500mのこの地は寒い。

6時ではまだ夜が明けていない。
清流の川を渡ったところで引き返す。

食事を済ませて今日は雌鉾岳に。

Fu上・Gramps、Iaw佐・Ko滝パーティーは美しいトラバースルートを。
じゃんけんで我がパーティーが先行。そしてまたじゃんけんで私が先行。

2ピッチ先に鹿児島K会の3人パーティーが先行している。

1P目:Gramps:スラブはクラックと同様あまり練習できていないので怖い。
グレード5.2(Ⅳ-)でも45mにピンが2~3本はビビリの私には怖い。

DSCF2741_convert_20101201214107.jpg
1ピッチ目をリードするGramps

2P目:Fut上:上部の枯れ木目指して5.3(Ⅳ)級を。
一箇所厳しいところがあった。

ここもピンの数は1~2個。枯れ木のすぐ上でビレー。

DSCF2742_convert_20101201214145.jpg
2ピッチ目をフォローのGramps

3P目:Gr:5.3(Ⅳ)、右上気味に登って行き、ビレー点の松木の下に来たところにピンが1個ある。
そこからほぼ直上して松の木に。

DSCF2744_convert_20101201214225.jpg
3ピッチ目をビレーするFut上さん。その下は2ピッチ目をリードするKo滝さん

この辺りから少しスラブにも慣れてきたような気がする。
先行パーティーに追いつく。

DSCF2745_convert_20101201214303.jpg
Nak原さん(ビレーはO石さん)。ずっと右はYos谷さん・Kad脇さん

4P目:Fu:5.2(Ⅳ-)、少し待ってからスタート。
このピッチのピンは2箇所か?ピンごとに待ち時間が発生。

段々と待ち時間が長くなる。
終了点を共有させてもらいビレー。

DSCF2749_convert_20101201214343.jpg
美しいトラバース4P目をリードするKo滝さん

5P目:Gr:5.4(Ⅳ+)、先行のラストがルートを間違えたりして相当時間が掛かってしまっている。

風も出てきて非常に寒い。
ダウンを出して着て待つ。

DSCF2751_convert_20101201214431.jpg
5P目をビレーするFさんとKo滝さん。待ち時間が段々増えてきた。

右に少し降り気味に下りそこからバンド上をトラバース。
1ピッチ目、2ピッチ目よりグレードが高くなっているが私にはこちらの方が随分易しく感じられる。

ビレー点が一杯なのでセカンドに待ってもらう。

DSCF2752_convert_20101201214511.jpg
6P目を登る鹿児島K会の3人パーティー

先行Pが1人になったので、Fu上さんにビレー点まで来てもらうもまたまた待機。
さむ~い!

6P目:Fu:5.5(Ⅴ-)、先行Pのラストが行き詰まって思わず「テンション」を発声。

トラバース中なのでびっくり。
幸い1mくらい落ちた地点で運良く止った。

このピッチは中央バンドへのトラバース。
クラックを少し直上して右上して中央バンドをトラバース。

7P目:Gr:10b(Ⅴ・A1)、40m、RCCボルトが連打。
立っていてホールドも乏しい。

今の実力じゃとてもフリーでは登れそうも無い。
がとにかく試してみる。

直上はとても無理なのでやや左から登り左で細かいホールドを掴んで
右上の小さな穴を取りに行くのであるが悲しいかな今ちょっとで届かない。

DSCF2753_convert_20101201214636.jpg
7PめをフォローするFさん。
落ちたら振られる。それにRCCでは怖い。

諦めてクライムダウン。

これで吹っ切れて後はA0を入れてどんどん登っていく。
一箇所遠いところがあった。

8P目:Fu:10a(Ⅳ・A0)、ここもA0を使いぱなしで樹林帯へ。

DSCF2754_convert_20101201214714.jpg
8P目をりーどするFさん

9P目:Gr:樹林帯を5m登って突き当たりを右に5m伸ばしてビレー

DSCF2755_convert_20101201214822.jpg
7P目をリードする後続のIwa佐さん

10P目:Gr:5.3(Ⅳ)ワイドクラックを登り右にある凹角を歩いて3m、
そこから右折2mでビレー。

スラブの5.3とは違ってうそのように易しい。

11P目:Gr:5.4(Ⅳ+)クラックを登って二の坊主の山頂へ。
素晴らしい景色。

DSCF2758_convert_20101201214906.jpg
二の坊主山頂にて

ここで記念写真を撮って懸垂30mで9ピッチ目の樹林帯に。
ここで休憩しながら後発隊を待つ。

下山路は左の踏み跡を辿り途中フィックスロープを使ったりして20分で取り付き地点に。
ここから30分で駐車場に。

登攀開始9時45分、終了13時55分(待ち時間約1時間)

今夕はMオーナー、Yos村さんとご一緒に宴会。
楽しい一時を過ごしました。

DSCF2775_convert_20101201214954.jpg
「庵・鹿川」にて
DSCF2785_convert_20101201215052.jpg
Mオーナー

11月29日:晴れ

DSCF2795_convert_20101201215134.jpg
庵・鹿川の玄関前で記念写真

今日の登攀終了時間が11時半。12時帰阪出発時間となっているため昨夜からどこを登るか揺れている。

4時半起床。結局全員でⅡ峰下部岩壁のショートルートに決定。
ということで庵・鹿川をゆっくりの7時半に出発。

Ⅱ峰下部岩壁:3本を皆で登って楽しむ。
臼杵に向って11時半出発、

DSCF2811_convert_20101201215233.jpg

DSCF2797_convert_20101201215328.jpg

DSCF2800_convert_20101201215409.jpg

DSCF2805_convert_20101201215446.jpg

DSCF2807_convert_20101201215522.jpg

DSCF2817_convert_20101201215834.jpg

DSCF2821_convert_20101201215913.jpg


14時到着、風呂に入りフェリーにと往路を神戸、大阪に。
今回の比叡山山行は南茨木23時20分で終了しました。

参加者:Iaw佐、Yos谷、Ko滝、Fuc上、Kad脇、Kaw尻、Nak原、O石、Hak田、Grampsの10人

名張・香落渓谷の岩場 第一岩壁

期間:2010.11.23

DSCF2696_convert_20101126134451.jpg
プルトニュームを登るM旗さん

今月13日に続き今日は2回目。
曇りから晴れの予報であったが、少し時雨れたりした一日曇り空でした。

それでもこの岩場は登れました。

渡渉に21年前の11月奥鐘西壁への遡行に使用したパンストを持参
(物持ちが良いというよりたまたま引き出しの中にあったのを見つけただけ)。

DSCF2700_convert_20101126134529.jpg
高田屋を登るN尾君

片脚に履いて試してみたが素肌と比較して効果は薄かった。

我々より先に2人渡渉していた。
なんとN君(元ぽっぽ)とN尾君(北斗)であった。

久し振りの再会である。

1本目:直登Ⅴ+・10a:
先回よりマシかと思ってトライしたが前回より悪くなっているのに愕然。

DSCF2705_convert_20101126134605.jpg
プルトニューム攀じるにゅうちゃん
「クラックはやはり向いていないのかなあ」としょ気ていたら

新人・そして私のクラックの先生である大塚君に「始めは私もめちゃ痛かったですよ」と
叱咤激励を受けながら次に。

2本目:サキサカ下部Ⅵ+?・10a?:
もうどう登ったか覚えていない。

PB232956_convert_20101126134709.jpg
サキサカをフォローするGramps

3本目:花Ⅵ+・10a:
4年前2トライ目にRPしたルートであるが、やっぱり難しい。
それでも先回、今回では一番やさしかったか?

PB232980_convert_20101126134739.jpg
花を登るGramps

4本目:これなんですかⅦ-・10a:
これも4年前オンサイトトライでワンテンしたルートであるが、

今日はTRのためノーテンでいけた。先回、今回で初めてのノーテン。
段々登るのが楽しくなってきたか???

DSCF2706_convert_20101126134638.jpg
プルトニュームのカツオ君
5本目:プルトニューム10c:
大塚師匠がTRでトライするのでついでに私も登らせてもらう。

PB233005_convert_20101126134810.jpg
プルトニュ-ム下部を登るGramps

下部のフェースで手が滑ってワンフォール。
上半部の出だしが難しくカットして進む。

スタッキングして登っていくと比較的楽に登れそうだったが
くるぶしがすれて痛くて途中断念。

次回はくるぶし対策をして登ってみたい。

帰りの渡渉はパンスト無しで、そして例のアルコール抜きで王将に。

今日は5本も登って満足とは師匠・大塚君の弁。

参加者:カツオ、Sunny、にゅう、Gramps(N岡、N尾、Mi旗)