FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

確保訓練

時:2010.09.26
場所:百丈・櫓


photo by Kori

今回の訓練は以下を実施しました。
1)3分の1引き上げシステム
2)トップの確保技術(墜落率約0,3)
3)セカンドの確保器検証
4)自己脱出
5)セカンド確保の基本

1)3分の1引き上げシステム

cf69_convert_20100928163405.jpg
新人を中心に1/3引き上げシステムの講習

クレパス、断崖からの引き上げ方法。

36f3_convert_20100928163508.jpg   47a2_convert_20100928163630.jpg
今回はプーリー、ユマールを使用しました。

2)トップの確保訓練

4d00_convert_20100928163703.jpg
高さ約15mの確保専門の櫓を使っての訓練
最上部の丸い物体が錘

80c4_convert_20100928163729.jpg
右側の新人が確保体制に

84f0_convert_20100928163755.jpg
この錘を引き上げて上から落とす。
落ちる際に錘がぶれないようにガイド両脇にがある。

356b_convert_20100928163820.jpg
ウインチでこの錘を引き上げる

5078_convert_20100928163853.jpg
新人が確保体制に入る

3)セカンドの確保(テンションが掛かった時のリリースの検証)
 ルベルソ、ルベルソキューブ、ATCガイドの3種類で検証

9cfb_convert_20100928163921.jpg

            25fc_convert_20100928163952.jpg
                ぶら下がってもらっての引き下ろし検証
ルベルソは体重差があるときつい。
ルベルソキューブはカラビナでスムーズに下ろせた。
ATCガイドはカラビナが入りにくく取説通りに細めのスリングをタイオフしてルベルソの方法でリリースした。

この作業でで当たり前で一番肝心なことだが末端側のロープは絶対に離さない事。

体重差については別の機会に個人的に実験しましたが、10kgまでできました。(シチュエーションはアブミビレー状態で墜落者は空中浮遊状態)

その他4)自己脱出、5)セカンド確保を実施しました。

298a_convert_20100928164023.jpg
訓練を終わっていつものように道場駅前で・・・・
もう日も暮れてしまいました。
スポンサーサイト