大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

夏山  北ア・剣岳・源次郎尾根

期間:2010.8.12夜~8.14
参加者:O島、牧師、Datte、To永、Yokochan、Gramps

TamTam君が直前に風邪でダウンで一緒に行けなくなり残念。
急遽上記メンバーに入れてもらい参加することになる。

先行きの天候が思わしくないが出発することにする。

8月12日夜,13日:
O島号、牧師号の2台に分乗して出発。
北陸道で牧師号はスピード出しすぎでレッドカード。

立山で仮眠後ケーブル、バスで室堂に。
室堂はガスが流れて出発の気をそぐ。

とにかくぐずぐずして皆行く気がない。

バスで入山の北方稜線縦走組のYa本1号、2号さん、Icchy さんを待とうとか言って中々出発しない。
待つこと1時間余、8時45分にやっと出発する気になる。

ガスも切れかかりラッキーである。
みくりが池山荘手前で雨具も脱ぎすっきりした状態で再出発。

DSCF1719_convert_20100819090908.jpg
雷鳥坂での休憩

今日の地獄谷はガスの臭いがきつかった。
雷鳥坂で2回休憩して御前小屋で大休止。

DSCF1721_convert_20100819085745.jpg
ガスの切れ間・立山三山方面

そこへYa本1号さんが登ってきたので再会の挨拶。
Ya本2号、Icchyさんは先に行っているようだ。

DSCF1726_convert_20100819085840.jpg
御前小屋前・剣岳をバックに

剣の勇姿も、明日登る予定の源次郎尾根もくっきり見えた。

ここから45分ほどで剣沢キャンプ場に到着。

DSCF1731_convert_20100819090134.jpg
剣沢キャンプサイト

先着のIcchy、Ya本さん、それに東京から来ていた雨男・Akkinも出迎えてくれた。

ここで全員失敗したのは雨男・Akkinさんが差し出したその手に握手をしてしまったことである。

今日はこれから何もすることが無いので早速宴会に突入。
テントにAkkinがいないので雨は降らずに済んだのかなあ?

DSCF1727_convert_20100819091820.jpg
テントの中1

明日の天気が心配だがとりあえず2時起床で18時過ぎに就寝。
風邪を引いて喉が痛く咳き込んで中々眠れない。

外は段々と風雨が強くなってきている。
Akkinも心配しているだろうなあ

8月14日:
それでも2時前からうとうとし始めたら2時ですよと起こされてしまった。
が外は雨が降っているようだ。

様子見で起きずに横になっている。
そのうちに熟睡してしまった。

目覚めたら5時相変わらず雨が降っている。
もう今日は絶望的である。

DSCF1728_convert_20100819085951.jpg
テントの中2

天気予報では明日も良くなる気配なし。
朝食を済ましぐずぐずしていたら北方稜線組みのYa本1、2号、Icchyさんたちは荷物を纏めて撤退決定。

我々も撤退の雰囲気になってきたが今日入山予定のUe田さんが入ってくるまで待つことにする。

が彼もなかなか現われない。

一昨日入山したSira川さんは昨日源次郎尾根を登ることが出来たようでよかった。
その彼らも今朝早々に下山して行ったようだ。

もう辺りは真っ白でホワイトアウト状態。
剣も何も見えない。

DSCF1730_convert_20100819090044.jpg
テントの中3
10時過ぎに下山決定。
Ue田君とは道々すれ違いにならないように入山してくる人を見逃さないように注意を払って下山を開始する。

雨脚は強くなったり、弱くなったりを繰り返している。
剣御前小屋前で携帯電話がかかるようになりUe田君の家に連絡を取ってみたら

彼は何と今朝の8時に西宮の自宅を出たとか。
午前中には入山できっこない。

ということで我々はこのまま室堂まで進むことにする。
ここからの下山は風雨強く寒そう。

もう一枚着込んで下りることにする。
往きに最初に休憩した地点で休憩をとる。

後は雷鳥沢をそのまま通過して帰りは地獄谷を通らずに通常の道を登り返す。
石の階段の登りは結構しんどい。

DSCF1732_convert_20100819090207.jpg
剣岳・源次郎尾根

途中一箇所休憩を挟んで室堂へ。
ここで服装等を整理して直ぐに下山。

温泉で疲れを落として帰路に着く。

今回の山行は剣沢に行って帰って来ただけになったが、
ボッカトレも出来それに2日間ではあるが涼しく過ごせたのでそれなりによかった。


8/12夜、13:大阪21:15→大山崎→大津SA→立山3:00、6:40→室堂7:50、 8:50~御前小屋11:25、11.35~剣沢12:20
8/14:剣沢10:25~御前小屋11:05、11:30~室堂13:00

スポンサーサイト
山岳博物館 ツェルマット

ツェルマットにある山岳博物館。いつ新築されたか聞かずでしたが、入り口は地上にありその大部分は地下にある。素晴らしい博物館である。

その一部をご紹介してみたいです。


DSCF1591_convert_20100812165651.jpg
地上にある入り口

DSCF1495_convert_20100812165729.jpg

DSCF1491_convert_20100812165801.jpg

DSCF1493_convert_20100812165836.jpg

DSCF1500_convert_20100812165907.jpg

DSCF1505_convert_20100812165938.jpg
登山靴の変遷・過去~現在

DSCF1507_convert_20100812170019.jpg

DSCF1510_convert_20100812170049.jpg
カメラの過去から現在(日本製が幅をきかせていました)

DSCF1520_convert_20100812170123.jpg

DSCF1515_convert_20100812170222.jpg

DSCF1523_convert_20100812170300.jpg

DSCF1527_convert_20100812170405.jpg

DSCF1528_convert_20100812170439.jpg
運搬用一輪車

DSCF1531_convert_20100812170517.jpg
マッターホルン初登後の下山時に使っ切断したザイル

DSCF1536_convert_20100812170558.jpg
初登時の登攀ルート

DSCF1540_convert_20100812170658.jpg
以下初登時に使った道具
DSCF1541_convert_20100812170735.jpg

DSCF1542_convert_20100812170804.jpg

DSCF1543_convert_20100812170835.jpg

DSCF1544_convert_20100812170910.jpg

DSCF1545_convert_20100812170944.jpg

DSCF1547_convert_20100812171019.jpg

DSCF1550_convert_20100812171056.jpg
夏山  北ア穂高岳・西穂高~天狗のコル~岳沢  

期間:2010.8.6~8.8
          

8月6日:
晴れ。新大阪7時半発のバスで高山へ。
途中渋滞で予定していた乗り継ぎバスに間に合わず。

新穂高のロープウェーは最終一つ前の16時に乗れた。
が終点近くに来たらガスがかかり何も見えなくなってしまった。

霧の中をに西穂山荘に向う。
途中一回休憩をして1時間で山荘に17時25分に到着。
今夕は明日に控えアルコール無しで就寝。

新大阪7:30→高山12:50,13:40→新穂高口15:35,16:00→西穂高口16:20,16:25~西穂山荘17:25

8月7日:
晴れ。起床3時半。満天の星空の下、ヘッドランプの明かりで4時に出発。

DSCF1690_convert_20100811213001.jpg
丸山は未だ暗かった

周りは徐々に明るくなってきた。

1時間少しで独標に到着するも相方が少ししんどそう。
15分休憩して出発。

DSCF1695_convert_20100811213035.jpg
独標にて。少し明るくなってきた。

DSCF1698_convert_20100811213105.jpg

ピラミッドピークで少し休憩を取り更に歩を進めるも、速度が落ち始める。

DSCF1699_convert_20100811213136.jpg
ピラミッドピーク

何度か休憩を取りながら2時間50分で西穂高山頂に到着。

DSCF1700_convert_20100811213211.jpg
西穂高岳山頂。天気も良く気持ちが良い。ここで45分の休憩

それでも何とか参考コースタイムで来れた。
ここで調子が悪いので引き返すと相方。

とにかく休憩をして様子を見ることにする。

そこへKuriさん所属のS模の山の会の3人娘?にお会いする。
彼女らは前回雨で縦走を断念。

今回その雪辱に来られたようです。
45分の休憩後とにかくエスケープルートのある天狗のコルまで行ってみることにする。

DSCF1701_convert_20100812090316.jpg
振り返って見た西穂高岳

時間は関係なく出来るだけゆっくりと進む。
いくつもの小ピークを越へ1時間ほどで間の岳のコルに。

DSCF1702_convert_20100811213239.jpg
コルで休憩中に記録をとるYさん

ここで少し休憩を取り再びゆっくりと間岳の登りに掛かる。
間ノ岳の登りは我々としては意外と早く30分で登れた。

DSCF1703_convert_20100811213310.jpg

今度は目の前の小ピークを越えて間天のコルへの下りである。
反対方向から来る若いペアーに声を掛けられびっくり。

DSCF1704_convert_20100811213342.jpg

こうもり谷のU津さんの弟子。お互いここで会った事にびっくり。
少し会話を交わして分かれる。

このコルから見る天狗岳の登りは厳しそう。
逆層の岩に長い鎖が掛けられているが靴底全体でフリクションを効かせて登れば楽に登れたが、
濡れていたら厳しいだろうなあ。

DSCF1705_convert_20100811213412.jpg
天狗岳に向う

天狗岳で大休止。と後から6人パーティーが登ってきた。
元S嶺のF川さんたちであった。久し振りの再会である。

DSCF1706_convert_20100811213442.jpg
天狗岳にて

休憩後もうコル以遠は無理と相方。
とにかくコルに着いてからまた考えようと、とにかくゆっくりと下りにかかる。

コル手前の鎖場は垂直でロッククライミングの心得がないと
鎖に頼ってしまい厳しいだろうなあと思いながら下りる。

コルに10時25分到着。参考コースタイムは6時間。
我々は休憩を含めて7時間30分。

休憩時間が通常より50分多く取ったがそれを引いても6時間40分掛かっている。
疲れているから休憩を多く取っているのであるからこんなことを考えても仕方がばいが…

ここまでで時間にして6割方進んできた。
ビバーク装備も完璧だからビバークしてでもゆっくり行こうと説得にかかるも応じてくれない。

ここまで来れたことに感謝、ここから岳沢に下りようと相方。
ということで縦走はここで断念。

今朝早くわが会のT田さんたちが
岳沢からここを通って奥穂高~前穂~岳沢を周回縦走しているとこだ。

15分休憩して下りにかかる。
下り始めはザレており厳しい。

DSCF1707_convert_20100811213517.jpg
天狗のコルからの下り

DSCF1708_convert_20100811213545.jpg

その下ももこういう下りに慣れていないと結構下りにくいところである。
長いながい時間をかけて(3時間)15時ジャストに岳沢ヒュッテに到着。

と向うから顔を覗き込むような近づいて来るお嬢さんが、T田さんだ。
びっくりしているようだ。

「どうしてここに?」が第一声。
理由を説明したら納得。彼女たちは今から小梨平へ下山するそうだ。

DSCF1714_convert_20100811213615.jpg
新築の岳沢小屋にて

先ずはビールで乾杯!
ここまで安全に来れたことに感謝と大自然をそれなりに楽しめ満足。

西穂山荘400~独標5:10、5:25~ピラミッド5:50~西穂高岳6:48,7:35~間の岳コル8:32,8:40~間の岳9:09,9:15~天狗岳10:25,10:50~天狗のコル11:30,11:45~岳沢ヒュッテ15:00

8月8日:
曇りのち晴れ。起床5時、

DSCF1716_convert_20100811213645.jpg
岳沢小屋を振り返る

DSCF1717_convert_20100811213711.jpg
下山途中にある風欠。ひや~とした風がとても気持ちが良かった

ヒュッテ6:10~岳沢入り口8:00
ヨーロッパアルプス マッターホルン他

ブライトホルン、オーバーロートホルン、
ゴルナグラート、アラリンホルン


期間:2010.07.12~23

今回の山行はマッターホルン登頂が主目的であったが、
残念ながらパーティーの力量不足で登れずに断念して他の山に登りアルプス登山を満喫してきました。


7月12日:
関空10時15分発、KLM航空で出発。
途中アムステルダムで乗り換えジュネーブ空港に。

アムステルダムで他の飛行機事故もあって
1時間機内待機となりジュネーブに着いたのが20時となる。

寝たのが11時。
今日は26時間労働となる。機内で眠っておくべきであった。

起床4:00→関空8:00、10:15→アムステルダム・スキポール空港14:55、18:35→ジュネーブ空港20:00→ジュネーブ(ユースホステル)21:00

7月13日:
5時起床。昨夜は風呂にも入らずに寝たので早速シャワーを浴び体操後、
レマン湖畔を散歩。

DSCF1375_convert_20100809151901.jpg
レマン湖の朝

対岸からの日の出を見ることが出来ラッキーであった。
今日はツェルマットまでの移動日。

今日も登山電車故障で1時間半の遅れ。
ツェルマットのホテルからはマッターホルンが良く見える。

DSCF1401_convert_20100809151945.jpg
ホテルの窓から見たマッターホルン

夕方6時頃はマッターホルンの頂稜部は雲がかかっているが雨・雪は降っていないようだ。
食事を終えた21時半頃のにはもう雲も無くすっきりした頂を見せてくれていた。

起床5:00、ジュネーブ8:36→ビスプ11:10→ツェルマット13:30→ホテル

7月14日:
5時起床。昨夜は2時間毎に目覚めてしまった。
マッターホルンがくっきり見える。

DSCF1413_convert_20100809152017.jpg
マッターホルンのモルゲンロート(6時2分)

6時前にはモルゲンロートに染まった素晴らしい頂が見えた。快晴である。
今日は高度順応にブライトホルン(4160m)に登りに行く。

今日はキャビンがシュバルツゼー向わずに、
昔のようにフーリーで乗り換えてクラインマッター駅に。
ここで服装を整え白銀の世界へ。

DSCF1416_convert_20100809152046.jpg
雪原から見たブライトホルン(4165m)

ブライトホルン山頂には11時15分・2時間30分掛かった。

相棒が少し疲れている様子。15分ほど景色を楽しみ下山開始。
下りもやはり疲れ気味の相棒。どうしたのかな?

DSCF1420_convert_20100809152119.jpg
ブライトホルン山頂にて

風もきつくなってきた。
そしてガスが立ち込めてきた。この後下山までこの状態が続いた。

起床5:00、7:15→バス→ツェルマット→クラインマッターホルン8:00、8:45~ブライトホルン11:15、11:30~クラインマッタホルン13:15→ツェルマット14:50

7月15日:
5時半起床。体操をして町に繰り出してみる。
6時代の通りは何故か日本人ばかりである。

DSCF1433_convert_20100809152157.jpg
通りから少し入ると・・・

7時半部屋に帰ってみると相棒はまだぐっすりと眠っている。
起こして朝食に。疲れているとのこと。

今日はヘルンリ小屋までなのでゆっくりと出かける。
途中シュバルツゼーのホテルのテラスでマッターホルンを眺めながら昼食を摂りヘルンリヒュッテに向う。

DSCF1448_convert_20100809152234.jpg
シュバルツゼーのホテル前のカフェー

チェックイン後取り付まで行ってみる。

起床5:30、10:45→バス→ツェルマット11:00→シュバルツゼ12:30~ヘルンリヒュッテ14:45、夕食19:00、就寝20:00

7月16日:
3時起床。今日はソルベイ小屋までのルート偵察。

意外と登る人が少ないようだ。
我々の出発は殆どの人が出た後である。

取り付からしばらくは順調に進む。
我々の後からはガイドレスパーティーが2組追いつき追い越していった。

最初に出てきた表示灯辺りでルートを難しい方をとったようだ
(この辺りが崩壊したところだろうか)。

しかし稜線上にはところどころビレー点が取れるようになっていて4級-位のグレードであるが、
やさしいルートはもう少し左のようだった。

出発して5時間半ソルベイ小屋手前にやっと到着し正規ルートに入れた。
パーティーの力量不足を痛感。

DSCF1458_convert_20100809152309.jpg
マッターホルンにて(1)

少々ルートを間違えてもそんなに難しくないので
どんどん登れる実力があれば時間もそんなに食わずに行けそうだ。

ここで体力限界のためギブアップして下山することに決める。
ここより正規ルートで下山するも疲れている身体には厳しい。

この頃登頂したガイドパーティーが下りてきている。
次から次と追い越していく。

小屋帰着は15:20分。
何と上り下りで11時間30分も要してしまった。

DSCF1456_convert_20100809152343.jpg
マッターホルンにて(2)
今日はソルベイ小屋までのルート偵察であったが、
この状態では明後日のアタックは諦めることにした。

今から下りてもゴンドラは終了しているので、
小屋からは2時間かけてゆっくり歩きシュバルツゼーのホテルに泊まることにする。

このホテルリニューアルしてなかなか美しい部屋である。

7月17日:
5時半起床。体操、散歩、シャワー、7時朝食。
相方は疲れていたので昨夜は風呂にも入らずに今朝7時までぐっすりと寝入っている。

日本での生活の疲れがここまで持ち越されてきているようだ。
8時半ゴンドラで下山して9時15分ホテルに帰還。

天気予報ではあまり良くないと出ているが今にところ悪くない。
とにかく今日は休養日にする。

DSCF1484_convert_20100809152425.jpg
近くの山から見たツェルマットの街

11時過ぎ近くの岩場を見に行くも岩場が見当たらない。
帰り道で昼食を済ませて山岳博物館に寄ってみる。
新築され一見に値する博物館である。

DSCF1489_convert_20100809152505.jpg
ツェルマットの街で一番古いレストランの一つの親父さんと

7月18日:
5時20分起床。いつものように体操、散歩後朝食。
今日はオーバーロートホルン(3415m)へ行くことにする。

ツェルマットからスネガまでメトロ。
ここからゴンドラでブラウヘルトを経てウンターロートホルン(3103m)へ。

DSCF1608_convert_20100809152617.jpg
ウンターロートホルンにて

ここから眺めるマッターホルンは素晴らしい。
望遠鏡でどこまで登ったかを必死に探す。

今日の目的の山・オーバーロートホルンは
ここから見る限り只の砂(土)山に見えて行く気をそがれたがのぼってみてびっくり、

DSCF1614_convert_20100809152659.jpg
オーバーロートホルン

360度の大パノラマが展開されている。
マッターホルンを始め四囲の山々を眺めているだけで直ぐに1時間が経ってしまった。

DSCF1615_convert_20100809152737.jpg
オーバーロートホルンから見たマッターホルン

DSCF1623_convert_20100809152818.jpg
振り返ってみたオーバーロートホルン

下山は登り始めたウンタローとホルンを通り越して食事の美味しいフルアルプ(2606m)へ下りる。
ここはリンプフィッシュホルン(4198m)への基地でもある。

DSCF1631_convert_20100809152850.jpg
マッターホルンをバックにフルアルプのレストランにて

食事をしていたらスイス山岳会の若い人たち9名が登り終えて帰って来た。
往復12時間掛かったそうだ。
ここからブラウヘルトまで楽しい散策道である。

DSCF1640_convert_20100809154448.jpg
途中駅スネガのレストランテラスにて

ツェルマット9:16→スネガ9:21、9:27→ブラウヘルト9:30、9:41→ウンターロートホルン9:46、10:12~オーバーロートホルン山頂11:32、12:40~フルアルプ14:07、15:00~ブラウヘルト15:35→スネガ???(アイスクリーム)???→ツェルマット???

7月19日:
DSCF1647_convert_20100809152956.jpg
今朝6時のマッターホルン

起床5時半。今日はゴルナグラート(3089m)に行って展望を楽しみながらゆっくりすることにする。
快晴。何時まで続くのかこの天気。

素晴らし眺望。ブライトホルンが目の前に見える。
それから左へリスカム(4527m)、モンテローザ(4634m)、リンプフィシュホルン…

DSCF1650_convert_20100809153306.jpg
ゴルナグラートにて(バックはモンテローザ(4634m)、リスカム(4527m)方面)

機会があったらブライトホルンからモンテローザまで縦走してみたい気持ちになる。
厳しいだろうなあ?

DSCF1655_convert_20100809153340.jpg
ゴルナグラート(3089m)の賑わい

ゆっくりしたつもりが結構疲れた。
ツェルマット~ゴルナグラート間の車窓からの眺めも素晴らしい。

DSCF1663_convert_20100809153418.jpg
DSCF1664_convert_20100809153504.jpg
某5つ星ホテルのトイレマーク

ツェルマット9:12→ゴルナグラード9:46、12:43→ツェルマット13:27

7月20日:
今日はアラリンホルン(Allalinhorn)4027mの雪山へ。

なんと今日も快晴。
ツェルマットから電車、バスに乗り継いでそこからゴンドラ、

ゴンドラそして最後のメトロ。

メトロといったら私の感覚では地下鉄。
そうか2991m~3454mでも地下を走ればメトロか。

ここミッテルアラリンホルンを下りればもうそこは銀世界・スキー場である。
ここで服装を整えて出発。

マイペースで登りはじめる。
結構急な登りである。

フェーチヨッホ3810mのコル。
ここに来ると突然マッターホルンが見え疲れを癒してくれる。

DSCF1676_convert_20100809153538.jpg
フェーチヨッホでの大休止。後方にマッターホルン

ここで大休止をしていよいよアラリンホルンへの登りにかかる。
山頂が綺麗に見えるもかなり急登のようだ。

DSCF1677_convert_20100809153608.jpg
コルから見上げたアラリンホルン(4027m)

ゆっくり登れば何とか登れるだろう。
途中何箇所かクレバスが口を開けている。

11時35分登頂。

DSCF1679_convert_20100809153642.jpg
アラリンホルン山頂にて

今回の山行はどこを登ってても360度の展望が得られ素晴らしい楽しく登山が出来た。


帰りはクレバス、一部氷結しているところもありアンザイレンして下りる。
相棒も今日は下りも楽に下りれた。

疲れが取れてきたか。
ザースフェーで昼食を摂って帰還。

ツェルマット6:13→ストールデン7:12.、7:19→ザースフェー7:55、8:10→ミッテルアラリン8:40、9:10~コル10:35~山頂11:35、12:05~コル12:25~ザースフェー14:05、15:26→スタルデン16:01、16:36→ツェルマット17:34~ホテル17:45

7月21日:
今日は帰国ジュネーブまでの移動日。

DSCF1683_convert_20100809153716.jpg
ジュネーブに向う車中にて

ジュネーブのユースホステルに入った後
レマン湖畔を散歩して夕方より相方の良く知っているすし屋で夕食。

22時就寝。それにしても毎日、毎日の好天。
17日の夕方本お少しぱらぱらとしただけである。

明日から天気は下り坂になるとのすしやさんの弁。

ツェルマット9:39→ジュネーブ13:24

7月22日・23日:
タクシーでジュネーブ空港に。
ここは搭乗券を自販機で各自買ってから荷物預けに並ばなければならない。
自販機の操作が何回やっても上手く行かない。

その自販機は故障していたのだ。
隣の自販機でやったら簡単に出来た。

アムステルダムで乗り換え食事を頂いてからは
時差ぼけにならないように日本時間に合わせて眠たくない身体をだまして目をつむり眠るように努力。

23日午前8時帰国。

起床5:30、散歩、食事、出発8:00→ジュネーブ空港8:20、10:50→アムステルダム空港12:30、13:55→関空8:00

DSCF1647_convert_20100809152956.jpg