FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

比良山・武奈が岳 
    
日程:2010.01.23               
参加者:Kit川、Yohkoちゃん、Tamtam、Gramps

大峰のアイスクライミングのお誘いにも右膝怪我で行けず、
それでも雪山に行きたい気持ち。

比良山に行かないかとの呼びかけに3人が参加してくれました。
武奈が岳には前回’08年1月に登って以来の2年振りである。

山崎からイン谷口までTamtam号で何と45分で行けた。車だと早い。

公園で服装を整え、9時20分出発。
予想に反して雪が少ない。公園辺りではうっすらとあるのみ。

DSCF0353_convert_20100125082912.jpg
出発地点の公園も殆ど雪が無い状態

青ガレまでの途中、堂満1ルンゼの雪の量が気になる。
ザックを置いて見に上がる。

近くまで行ってないので正確には分からないが中央稜は何とか登れそう。

雪も登るにつれて少しづつ増えてくる。
が青ガレは石が出ており登りにくい。

DSCF0358_convert_20100125082940.jpg
青ガレ下(堂満3ルンゼ)で休憩

金糞峠に近づくにつれて雪山の雰囲気が出てくる。
アルデのMさん2人パーティーに抜かれる。

登りは膝の調子は悪くない。それなのに早くは歩けてないのであろう。

彼とは何故かあちらこちらでお会いする不思議な縁である。
ネパール行きの飛行機の中でお会いしたこともある。

金糞峠はいつものように冷たい風が吹き抜けている。

DSCF0364_convert_20100125083010.jpg
金糞峠でいつものようにいつものポーズで!

ここを乗り越して少し降りた地点で休憩にする。
この峠を境に雪の量がぐーと増え、まさに雪山に来た感じが味わえる。

黄色いテントが一つ、77歳の青年がここで雪山を楽しんでいた。
これからはこんな山の楽しみ方も良いなあと思いつつ歩いていたら、
Tamtam君が「このあたりでテント張って見たいなあ」と言っていた。

静かな雰囲気のいいところだ。

平坦歩きの八雲が原までが意外と遠く感じる。
我々の前には一人だけ歩いたトレースがあるのみ。

バスが廃止されたせいか来る人の少なくなったようだ。

DSCF0365_convert_20100125083035.jpg
八雲が原の湿原も今は雪で覆われている

スキー場跡も小屋、リフトが撤去され、かなり自然に還ってきている。

DSCF0366_convert_20100125083127.jpg
イブルキのコバへの道

イブルキのコバで休憩して、これから武奈が岳への登り。
雪の量も多くなってきている。

DSCF0369_convert_20100125083215.jpg
イブルキのコバを出たところ

歩くペースが遅いのでTamtam君にフラストレーションが起きないよう
トレースを外してラッセルしながら登るように提案してみる。

雪の中を犬が喜んで走り回るように、
ラッセルに狂喜しているようだ、と私には思えて安堵する。

そういえば云十年前、武奈が岳に登るため前日夕方、
スキー場附近にテントを張って泊まった夜大雪になり、

翌朝トレースも全く無くなってしまい、武奈が岳まで一人ラッセルして登ったことがあったなあ。
今はもうあんなパワーは全く無い。

DSCF0370_convert_20100125083244.jpg
初めて見えた武奈が岳が美しい

DSCF0377_convert_20100125083316.jpg
武奈への急登が終わったところ

最後の登りもゆっくりゆっくり登ったら意外と楽に登れた。
とはYohkoさんの弁。

DSCF0378_convert_20100125083336.jpg
もうすぐ山頂

頂上に着いたら、時間も2時と遅いせいか、もう山頂には誰もいない。

DSCF0383_convert_20100125083407.jpg
山頂で記念写真(全員で撮れなかったのが残念)

記念写真を撮って下山にかかる。
膝を痛めている私にとっては今からが地獄か?

意外やそれほど痛みは感じない。
が歩き方はどこかぎこちない。

ぎこちない歩き方のため、身体のあちこちの筋肉に力が入る。

DSCF0390_convert_20100125083429.jpg
イブルキのコバ

登ってきた道をそのまま引き返すのであるが、
青ガレを下りてからの緩やかな下りになった辺りから膝が痛み出し辛い。

DSCF0391_convert_20100125083454.jpg
帰路の金糞峠にて

そこから終着地点の公園までの痛さは地獄である。
痛いところは右膝なのでどうしても左足に負荷がかかってくる。

特に足首の前のところとと大腿の裏の筋肉に負荷がかかっているようだ。
 
膝の調子が悪いので今日の武奈が岳は登れるか心配であったが、
どうにか登れてよかった。

4時間半かかって登っている。
前回は同じコースを3時間で(急いで登ったが…)。

やっぱり膝痛の影響と歳の所為でしょう。
でものんびり登るのもこれまた楽しいです。やせ我慢か?

お付き合いしてくれましたTamtam君、Kit川さん、Yohkoちゃん、
それに留守宅を引き受けてくれましたHassie君どうもありがとうございました。

記録:

1月23日
山崎駅8:00→イン谷公園8:45,9:20~青ガレ下10:20~金糞峠11:05~八雲が原12:00~イブルキのコバ12:20,12:40~武奈が岳が最初に見えるところ13:20~山頂13:50,14:00~イブルキのコバ14:45~金糞峠14:45~公園17:05,17:50→上牧19:20  
スポンサーサイト