大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

比良山・堂満岳     

日程:2010.01.29               
参加者:nanohaBab、Gramps

先週土曜日も武奈が岳に。雪の少なさに温暖化を強く感じました。
一週間経った今日はそれ以上に雪が無くなっている。
近い将来が恐ろしい。

DSCF0395_convert_20100130202451.jpg
先週は少し雪が残っていたが、今日は全く無かった

今日登る堂満岳・中央稜(1ルンゼの左側)。
先週は取り付きに入っていく堰堤の前と左側は雪が無かったが、
堰堤の右側は10cmくらいの積雪があった。
しかし今日は全く無く地肌が見えている。

DSCF0397_convert_20100131102949.jpg
中央稜入り口の堰堤右も雪なし

それでも中央稜には雪があると期待しながら入っていく。
う~ん!雪が見あたらな~い。余りにも少ないので稜を登ることは諦める。

DSCF0398_convert_20100130202620.jpg
間違い取り付きの岩。中央稜の取り付き岩もこんな状態

何年か前に、雪の無い稜を登ったことがある。
雪のあるルンゼを詰めていくことにする。

恥ずかしいことだが、中央稜と思っている稜の一つ手前のルンゼを詰めていた。
直ぐに気づいたが、稜をどうせ登るわけでもないので適当にラッセルしながら登り、

途中で間違った稜を乗り越え中央稜の左のルンゼに出る。
代わる代わるにラッセルしながら登る。

DSCF0405_convert_20100130202641.jpg
ルンゼを登るBabさん

久し振りのラッセルに気持ちが高ぶっている。
と同時に痛めている膝に負担がかからないか心配でもある。

恐るおそる蹴りこんでみるも大丈夫のようだ。

雪道を歩くのも楽しいが、こんな形で登る山が「登っているなあ」と実感できる。

やがてルンゼも終わり、だだ広い尾根を登る。

DSCF0407_convert_20100130202706.jpg
ルンゼも終わり広い尾根を登るGramps

ここも積雪量が少ないためブッシュに悩まされながらの登高となる。

DSCF0410_convert_20100130202727.jpg
例年より雪が少ない。いやこれが平年並み?になったのか

ロープを出したりして登る稜と違い、
ノーロープのため思ったより早く山頂に到着できた。

DSCF0413_convert_20100130202805.jpg
山頂間近のBabさん

雪の堂満岳山頂は雪の量により感じがいつも違って見える。
面白い山頂である。

好天のお陰で山頂からの眺望は素晴らしい。
記念写真を撮り、もう少し下りた風の当らない陽だまりで昼食休憩の大休止。

DSCF0418_convert_20100130202833.jpg
山頂にて

DSCF0416_convert_20100130202921.jpgDSCF0415_convert_20100130202902.jpg
山頂から眺めた琵琶湖

雪の上で風もなくお日様に当ってゆっくりできる一時は本当に気持ちが良い。
と同時にこんなんだから雪がなくなるのだ。

雪が沢山あればいいのになあと矛盾した考えが交錯する。

休憩後、金糞峠に向う。なんと雪が殆ど無い状態だ。
途中の3ルンゼもやせ細っている。

明後日の搬出訓練がここで出来るかどうかぎりぎりのところか?

金糞峠に到着。驚いたことに1週間前は雪があったのに、地肌が見えている。

DSCF0424_convert_20100130203027.jpg
峠も殆ど雪なしである。
先週のブログ写真と比較してみたらその差が歴然としていました。びっくり!

ここから青ガレまでも一部を除き雪は融けてしまっている。

DSCF0425_convert_20100130203055.jpg
峠からの下り。先週は雪もあり、一部氷化したところもあった。

青ガレも石が剥き出しである。さびしい事です。

DSCF0429_convert_20100130203116.jpg
下から見た青ガレ。青ガレもご覧の通り雪なし。

この下で少し休憩して
雪の無い道を駐車場までてくてく歩き。

嬉しいことに1週間前あれほど痛たかった膝の痛みがかなり軽減している。
怪我をして約4ヶ月、やっと回復の兆しが見えてきたようだ。


このまま快復していくことを祈りながら、今日の山行も終わりに来ました。

記録:
1月29日:
大山崎駅前7:10→イン谷公園8:15,8:45~中央稜間違い取り付き10:05~ルンゼ終了後の大きな尾根11:15~堂満岳・山頂11:50~金糞峠13:10~青ガレ14:00~公園14:50,15:30→自宅16:30  
スポンサーサイト
比良山・武奈が岳 
    
日程:2010.01.23               
参加者:Kit川、Yohkoちゃん、Tamtam、Gramps

大峰のアイスクライミングのお誘いにも右膝怪我で行けず、
それでも雪山に行きたい気持ち。

比良山に行かないかとの呼びかけに3人が参加してくれました。
武奈が岳には前回’08年1月に登って以来の2年振りである。

山崎からイン谷口までTamtam号で何と45分で行けた。車だと早い。

公園で服装を整え、9時20分出発。
予想に反して雪が少ない。公園辺りではうっすらとあるのみ。

DSCF0353_convert_20100125082912.jpg
出発地点の公園も殆ど雪が無い状態

青ガレまでの途中、堂満1ルンゼの雪の量が気になる。
ザックを置いて見に上がる。

近くまで行ってないので正確には分からないが中央稜は何とか登れそう。

雪も登るにつれて少しづつ増えてくる。
が青ガレは石が出ており登りにくい。

DSCF0358_convert_20100125082940.jpg
青ガレ下(堂満3ルンゼ)で休憩

金糞峠に近づくにつれて雪山の雰囲気が出てくる。
アルデのMさん2人パーティーに抜かれる。

登りは膝の調子は悪くない。それなのに早くは歩けてないのであろう。

彼とは何故かあちらこちらでお会いする不思議な縁である。
ネパール行きの飛行機の中でお会いしたこともある。

金糞峠はいつものように冷たい風が吹き抜けている。

DSCF0364_convert_20100125083010.jpg
金糞峠でいつものようにいつものポーズで!

ここを乗り越して少し降りた地点で休憩にする。
この峠を境に雪の量がぐーと増え、まさに雪山に来た感じが味わえる。

黄色いテントが一つ、77歳の青年がここで雪山を楽しんでいた。
これからはこんな山の楽しみ方も良いなあと思いつつ歩いていたら、
Tamtam君が「このあたりでテント張って見たいなあ」と言っていた。

静かな雰囲気のいいところだ。

平坦歩きの八雲が原までが意外と遠く感じる。
我々の前には一人だけ歩いたトレースがあるのみ。

バスが廃止されたせいか来る人の少なくなったようだ。

DSCF0365_convert_20100125083035.jpg
八雲が原の湿原も今は雪で覆われている

スキー場跡も小屋、リフトが撤去され、かなり自然に還ってきている。

DSCF0366_convert_20100125083127.jpg
イブルキのコバへの道

イブルキのコバで休憩して、これから武奈が岳への登り。
雪の量も多くなってきている。

DSCF0369_convert_20100125083215.jpg
イブルキのコバを出たところ

歩くペースが遅いのでTamtam君にフラストレーションが起きないよう
トレースを外してラッセルしながら登るように提案してみる。

雪の中を犬が喜んで走り回るように、
ラッセルに狂喜しているようだ、と私には思えて安堵する。

そういえば云十年前、武奈が岳に登るため前日夕方、
スキー場附近にテントを張って泊まった夜大雪になり、

翌朝トレースも全く無くなってしまい、武奈が岳まで一人ラッセルして登ったことがあったなあ。
今はもうあんなパワーは全く無い。

DSCF0370_convert_20100125083244.jpg
初めて見えた武奈が岳が美しい

DSCF0377_convert_20100125083316.jpg
武奈への急登が終わったところ

最後の登りもゆっくりゆっくり登ったら意外と楽に登れた。
とはYohkoさんの弁。

DSCF0378_convert_20100125083336.jpg
もうすぐ山頂

頂上に着いたら、時間も2時と遅いせいか、もう山頂には誰もいない。

DSCF0383_convert_20100125083407.jpg
山頂で記念写真(全員で撮れなかったのが残念)

記念写真を撮って下山にかかる。
膝を痛めている私にとっては今からが地獄か?

意外やそれほど痛みは感じない。
が歩き方はどこかぎこちない。

ぎこちない歩き方のため、身体のあちこちの筋肉に力が入る。

DSCF0390_convert_20100125083429.jpg
イブルキのコバ

登ってきた道をそのまま引き返すのであるが、
青ガレを下りてからの緩やかな下りになった辺りから膝が痛み出し辛い。

DSCF0391_convert_20100125083454.jpg
帰路の金糞峠にて

そこから終着地点の公園までの痛さは地獄である。
痛いところは右膝なのでどうしても左足に負荷がかかってくる。

特に足首の前のところとと大腿の裏の筋肉に負荷がかかっているようだ。
 
膝の調子が悪いので今日の武奈が岳は登れるか心配であったが、
どうにか登れてよかった。

4時間半かかって登っている。
前回は同じコースを3時間で(急いで登ったが…)。

やっぱり膝痛の影響と歳の所為でしょう。
でものんびり登るのもこれまた楽しいです。やせ我慢か?

お付き合いしてくれましたTamtam君、Kit川さん、Yohkoちゃん、
それに留守宅を引き受けてくれましたHassie君どうもありがとうございました。

記録:

1月23日
山崎駅8:00→イン谷公園8:45,9:20~青ガレ下10:20~金糞峠11:05~八雲が原12:00~イブルキのコバ12:20,12:40~武奈が岳が最初に見えるところ13:20~山頂13:50,14:00~イブルキのコバ14:45~金糞峠14:45~公園17:05,17:50→上牧19:20  
備中・長屋坂

期間:2010.01.09~01.11
参加者:Hassie、NanohaBab、Yohkoちゃん、Gramps

今回の3連休も、膝故障で好きな雪山には入れず、フリークライミングとなる。

9日(土):8時阪急南茨木集合。長屋坂には11時頃到着。
「ニューエリア」に行きたかったが、Hassie君が「ストライクバック」のRPのかかっているため、今回も長屋坂エリヤに決まる。

DSCF0164_convert_20100112204636.jpg
女王様をトライするIsa父さん久し振りにお会いしました。

ストライクバックはHassie君とYohkoさんが今回の課題としてトライする。

先ずプラナンでアップするも後ろの岩に足を出しての登り。
続いてザグも核心部ではまってしまうていたらく。

私は目標もないので先回11月にトライした「カウントダウン」をトライすことにする。

先ずはヌンチャクがけ。
先回トライしているのに出だしのムーブを全然覚えていない。

四苦八苦してやっと離陸できた。
ヌンチャク掛けのため疲れないようにテンションをまじえて登って行くも、核心部手前のレスト地点ではヨレヨレである。

核心部のムーブが起こせずにダウン。

再度休憩後トライ。
今度は核心部手前の休憩地点までノーテンションで行けた。

ここで大レストして核心部にトライ。
どうしても一手が上手く行かない。明日再度トライすることで降ろしてもらう。

最後にクールダウンで朝嵌ってしまったザグを登って、本日は終了。

その足で買出しに行き、キャンプサイトへ。
夕食時にいつものパターンどおり、ちょっと飲み過ぎてしまった。

DSCF0167_convert_20100112204705.jpg
夕食1

DSCF0168_convert_20100112204733.jpg
夕食2

DSCF0178_convert_20100112204828.jpg
明日は頑張るぞ!

DSCF0170_convert_20100112204756.jpg
いつもニコニコお酒が美味い???

10日(日):今日も長屋坂。
Hassie君、Yohkoさんは今日も「ストライクバック」。

今日のアップはザグから。今日は何とか登れた。
続いてプラナン。後ろの岩を使わずに登る。

DSCF0183_convert_20100112204850.jpg
ザグでアップのBabさん

DSCF0185_convert_20100112204919.jpg
プラナンでのアップのYohkoちゃん

さて、昨日ヌンチャクを残して来たカウントダウンのトライ。
核心部手前までノーテン。やはり核心部が越えれない。

A0で越えて残り2本ヌンチャクを掛けて降ろしてもらう。

十分休憩後再トライ。
やっぱり核心部が登れずにA0。自信喪失。
ヌンチャクを回収しながら降ろしてもらう。

そういえばこのルートを封印している人が多いそうだ。

カウントダウンの核心部はボルダーチックのため苦手なルートである。
最近殆ど行っていない人工壁に通って修行が必要か?

最後に「ミセスリエコ」でクールダウン。
ここでも疲れているのか厳しさを味あわせてもらう。

今日はHassie君も「ストライクバック」ワンテンでRPできず。
RPできてたら明日は「ニューエリア」に行けたのになあ。

夜は小屋泊まりのお馴染みさんたちががテントを訪問してくれました。

DSCF0187_convert_20100112204941.jpg
テントを訪問してくれたお客様たちと1

DSCF0188_convert_20100112205000.jpg
お客様たちと。その2

DSCF0189_convert_20100112205025.jpg
お客様たちと。その3

11日(月):萌えているのはHassie君のみか?Yohkoさんも?

DSCF0192_convert_20100112205050.jpg
あのSunnyちゃんが「スプリング」でテンション???

ニューエリヤへのお誘いもあったが、今日はHassie君のRP応援。

アップはザグ。Hassie、Yohko、Bab、Grampsの順で登る。まるでモチの高い順のようだ。

今日は「カウントダウン」にはトライする意欲がなくなっているので適当にお茶を濁して、HassieのRP応援にまわることにする。

2本目は「スプリング」。久久し振りのトライである。
フラッシングのような感じで登れる。

DSCF0207_convert_20100112205209.jpg
スプリングのGramps。  最初は良かったが・・・

このルートは昔OSしたのだが、今回は厳しく感じる。
出だしは何とか越せたが、核心部でワンテン。

もうなんとなく登る気持ちも失せ来てしまっている。
Hassie君の今日2回目のトライのRPを信じて、登り初めから写真を撮りまくる。

上部核心部で無念のフォール。あ~あ!

DSCF0204_convert_20100112205118.jpg
ストライクバックをトライするHassie。オッシィー!フォール!この後見事涙のRP!

「フリッカー」にヌンチャクが掛けてあったので、すこし登らせてもらう。

テンション掛けながら4ピンまで登って降ろしてもらう。
このルートも室内壁に通って練習してトライすれば登れそうな?面白いルートのようだ。

これで私の今回のクライミングは終わっていた。

DSCF0205_convert_20100112205146.jpg
Shimoちゃん、ストライクバックを見事FL

Hassie君は、本日3回目の「ストライクバック」のトライ。今度は見事RP!

おめでとう!!!おめでとう!!!

DSCF0213_convert_20100112205240.jpg
スプリングのBabさん
   初めての・北八ヶ岳  
    縞枯山荘~縞枯山~白駒池~高見石小屋~山中峠~渋の湯                       
日程:2009.12.29~12.31
参加者:NanohaBab、Yohkoちゃん、Gramps

今年は腰痛、膝の怪我等で好きな雪山もだめかと諦めていた。
腰の調子もイマイチだが、どうしても雪山に行きたい思いでどなたかにお付き合いを頼んだら、Babさん、Yohkoさんが付添い人で行ってくれることになった。

北八ヶ岳は私にとっては初めての山域である。

1月29日:(晴れ
阪急梅田8時半発のバスで出発。
およそ6時間後の午後2時半に茅野に到着。

ピラタスのロープウェイ最終便16時に間に合うため、タクシーを利用。
ロープウェイ山頂駅を降りたらもうそこは銀世界。

DSCF0054_convert_20100108213424.jpg
山頂駅前の風景

身支度をして出発。30分位で今日の宿泊地に到着。

DSCF0057_convert_20100108213505.jpg
縞枯山荘前にて・yohkoちゃん、Babさん

DSCF0066_convert_20100108213534.jpg
今日の宿泊者は17名。夕食は和食でした

1月30日:(曇り、夕方より雪)
6時40分が朝食時間。今まで山に来てこんなにゆっくりの朝食は初めてか。

DSCF0069_convert_20100108213602.jpg
縞枯山荘を出発

7時50分出発。写真を撮ったりしてゆっくり歩き1時間半で縞枯山山頂(2403m)に到着できた。

DSCF0071_convert_20100108213628.jpg
縞枯山々頂(2403m)

そこから見る天狗岳が美しい。次回登ってみたい衝動に駆られる。
ここから80mほど下った後60mほど登り返すと茶臼山(2384m)である。

DSCF0076_convert_20100108213702.jpg
茶臼山々頂(2384m)

茶臼山は展望も無く山頂には思えない。ここから30mほど西に行ったところに展望台がある。
ここからの展望は抜群である。が、すごい強風で長居は出来なかった。

DSCF0077_convert_20100108213730.jpg
茶臼山展望台からみた天狗

写真を撮って早々に退散。
天気が良ければ素晴らしいところである。

ここから150mほど急降下したところは中小場。
振り返ってみると今登った茶臼山、縞枯山が綺麗に並んで鎮座している。

ここから15分弱で大石峠。
出逢いの辻方面からスノーシューを履いた2人組がのんびりと歩いてきた。

こちらはそれ以上にのんびりした歩きである。
30分位で国道にひょっこり出た。国道は冬季雪で通行止めのようだ。

DSCF0088_convert_20100108213757.jpg
麦草ヒュッテ

そこは麦草峠。そばに麦草ヒュッテがある。
ここで大休止をして白駒池に向う。

白駒池は氷が張りその上に雪が積もり今は真っ白な大野原のようだ。
白駒荘は営業をしていない。
人間は我々3人のみの全く静かである。

DSCF0099_convert_20100108213820.jpg
一面雪に覆われた冬の白駒池

少し引き返して左(西)に緩やかな登りを進む。少し行くと丸山との分岐だ。ここで写真休憩。
その前にも時間はが十分あるので、写真を撮ると言っては何回も休憩を取っていく。

丸山分岐から高見石小屋まで10分。
午後1時に着いてしまった。

DSCF0108_convert_20100108213915.jpg
高見石小屋前にて

今日もほんとにのんびりした山歩きが出来た。
小屋でしばし歓談した後、お二人は横になっていた。

DSCF0117_convert_20100108213938.jpg
高見石小屋の夕食は洋食であった

私は何やかやとして時間を費やす。その一つ東京の還暦を迎えられた方のお話を聞かせてもらっていた。
彼は子供の頃から八ヶ岳に来られていて今回が確か834回目だとか。びっくりしました。

八ヶ岳以外にもいろんな山に行っているようです。

1月31日:曇りのち風雪
5時半に目覚め布団の中で腰痛体操。
朝食は6時半から。7時50分出発。我々が最後である。

今日のメイン中山の登り始めは樹林帯から。

DSCF0118_convert_20100108214003.jpg
中山への道

樹林帯が無くなる前で防風のため着込む。

案の定、右(西)からの強烈な風が襲い始める。
表面はクラストしているが踏みぬけてしまう。

山頂はいま少し先で、山頂から左(東)に折れると地図をに入れていた。
トレースは無く、曇ったメガネのままラッセルしながら進むもどうもおかしい。

少し後から来たパーティーが真直ぐではなく左折方向の赤布があることを知らせてくれたので引き返す。

頭に入れていた地図は間違いで、山頂手前を左折して尾根らしきところを少し進んだところが山頂であった。
もっとしっかりと地図を見ておくべきであった。

DSCF0119_convert_20100108214033.jpg
中山々頂。
右のお二人は件の八ヶ岳を800何回登っている方の知人で毎年末山小屋での忘年会のため登ってくるそうだ

山頂からは40分ほどで中山峠に到着。
天候が荒れていなかったらここから天狗だけをピストンしたかった。

DSCF0127_convert_20100108214058.jpg
黒百合ヒュッテ

ヒュッテの前の温度計は零下19度を示していた。

DSCF0128_convert_20100108214126.jpg
零下19度Cこのブログの写真でははっきり読み取れませんね。

DSCF0129_convert_20100108214158.jpg
孫に見せるための写真。

ここからは渋の湯まで概ね下りのみで約2時間弱で降りれた。

DSCF0138_convert_20100108214228.jpg
渋の湯温泉

バス時間まで3時間程あるので温泉に入ったりして時間を潰す。
浴槽も洗い場も木作りで風情のある温泉である。

浴槽から出ると直ぐに冷えてしまうほど今日は寒かった。
渋の湯に到着した頃から雪が降り出し、風呂から出た頃には横殴りの風雪となる。

この分ではバスも遅れてくるだろう。
しかし10分遅れくらいで出発してくれた。

このバスに乗れば定刻到着ならば6分後に茅野から大阪への高速バスに乗れるのであるが、
そんなに上手くは行かないから、今晩は茅野泊まりで明朝6時40分発の高速バスで帰る予定にしていた。

どちらも同じバス会社のため、ダメモトで乗れるか聞いてみたら、最初は無理でしょうとの返事であった。
しかし電話で交渉してくれて何とか乗れることになった。

本当に親切な乗務員さんでした。ありがとうございました。

帰りは途中雪のため1時間20分遅れでの帰着でした。
今回の山行きにお付き合いしてくれましたBabさん、Yohkoさんありがとうございました。

そして留守宅を引き受けくれました橋本さんありがとうございました。

記録
12/29:梅田8:30→高速バス→茅野14:25,14:40→タクシー→ピラタス 15:20,15:30→ロープウェー→15:40,15:45~縞枯山荘16:25

12/30:小屋7:50~縞枯山・雨池分岐8:00~縞枯山頂8:35~展望台への分岐8:55~茶臼山9:20~中小場9:50~大石峠10:00~麦草峠10:30~白駒池11:45~丸山への分岐12:50~高見石小屋13:00

12/31:小屋7:50~中山山頂9:40~にゅうへの分岐10:00~中山峠10:10 ~黒百合ヒュッテ10:30~唐沢鉱泉分岐11:15~渋の湯12:20渋の湯→バス→茅野16:00,16:00→バス→大山崎21:25