大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

 シルバーウイーク  北ア・錫杖岳& 小川山 

錫杖岳編
              大阪ぽっぽ会 Gramps

日程:09.09.18夜~09.23              
参加者:牧師、Fk田、イッチー、Yokoちゃん、Ym中、Gramps

このシルバーウイークに韓国インスボンに誘われていたが、
行けば会のメンバーとの山行が出来なくなってしまうので悩んでいました。
結局インスボン行きは諦め会山行に参加。

ところが不幸にして10日前に膝を捻挫してしまい行けるかどうか危うくなる。
牧師さんの一言「Grampsさんの荷物ぐらい上げれますよ」。
メンバーの友情で荷物は持ってもらえる言葉に甘えて参加することにしました。


錫杖岳:
9月18、19日:
前穂穂・高屏風岩行きのHassy号と2台に分乗して阪急南茨木を21時15分出発
(Hassy、Ym中、Gramps)。
平湯でHassy号と別れ牧師号に6人乗って新穂高に向かう。

仮眠後、荷物を皆に持ってってもらい10kgの軽い荷物で錫杖岳ベースに向かう。
それでも膝は痛むが何とかなるだろと楽観。
先に出発したがやはり追いつかれ抜かされていく。

中間地点の渡渉点で休憩しながら待っていてくれた。
皆は大汗かいているのに・荷物が軽いのと早く歩けないので全然汗は出ない。
申し訳ない気持ちである。

DSCF8863_convert_20090925092932.jpg
渡渉点で朝食休憩 6:27

テンバに着いた時にはもうテントも設営してくれていた。
ありがたいことです。
数年後には・こんなんになるのかなあ・なんて思わず想像してしまいました。
皆に荷物を持ってもらってまでも山に行く価値があるのかなあ?

今日の登るルートは「左方カンテ」。
牧師・新人Ym中、女性つるべパーティーYokochan・Fk田、イッチー・Grampsの3パーティーの編成である。

DSCF8866_convert_20090925093230.jpg
3ピッチ目のFk田さん。10:38

我々の前に石川県のパーティー、後ろにはなんと昨年お会いした静岡の三島パーティー。
その後も続いているようで大盛況である。

DSCF8870_convert_20090925093301.jpg
3ピッチ目をフォローするイッチー 11:13

何故か岩登りは痛めている膝も全然痛まない。
イッチーもこのルート今回で2回目だそうで軽やかに登ってきました

DSCF8872_convert_20090925093334.jpg
3ピッチ目終了点から見た穂高方面 11:32

Ym中君は本ちゃんデビューである。
歩いている時も、登っている時も「しんどいとか登られへんとか」とにかく何かぶつぶつ言っている。
それでも結構難しく、なかなか面白いと言っていた。

DSCF8876_convert_20090925093405.jpg
6ピッチ目フォローの新人・Ym中君 13:35
この出だしフリーで登りきった。見事!


Fk田さん・Yokoちゃんの女性パーティーはつるべで完登。
女性パーティーのみの登攀は唐沢岳幕岩・大凹角のBab・Hachanと
確か北岳のKt川・O橋パーティー以来である。

DSCF8879_convert_20090925093437.jpg
6ピッチ目のチムニーをリードするYokoちゃん 13:45

今回もナチュプロでトライ。
上部のチムニーの出だしがどうしてもセットできない。
誰か良い方法をご存知の方は教えて欲しい。

<a href="http://blog-imgs-32.fc2.com/t/o/y/toyotakayamajinsei/DSCF8882_convert_20090925093507.jpg" target="_blank">DSCF8882_convert_20090925093507.jpg
懸垂下降のFk田さん 15:53

下山は烏帽子の西の肩経由はせずに懸垂で下りてきた。
膝の悪い私はみなさんより先に下山・テンバへ出発させてもらう。
やはり膝にかなりの負担がかかっている。

明日は早めに下山と決めて、登攀ルートは3ルンゼに決定。
牧師さんの登攀負担が大きいので参加することにして就寝。


9月20日

DSCF8887_convert_20090925093538.jpg

出発用意、今日は三ルンゼ。 5:36

4時起床。昨夜膝が疼く。
申し訳ないが今日は登攀不参加で一人早く下山をすることにした。
打ち合わせどおりに牧師さんがトップで「4人を引き上げ方式」にして行ってもらう。
もう一つのテントが寝過ごしてしまい出発は6時前となる。

DSCF8893_convert_20090925093606.jpg
登攀組みが出発した後の錫杖岳全景 6:17

DSCF8896_convert_20090925093642.jpg
なんとなく寂しそうな後に残ったGramps。

皆を見送った後に河原で見かけた人をがいる。
クッシー、Ko松ちゃん、Sk口さんである。
挨拶を交わしていると、その向うから声がかかる。

兵庫のYs岡さんの4人パーティである。
昨夜遅くなったので今日はのんびりして下山だそうで、
ついついお茶などをご馳走になり談笑に加わって自然の中でのんびりしたひと時が過ごせた。

8時半、下山開始。
30分ほど経って錫杖を振り返ってみると、
なんと3ンルンゼにわが会のパーティーが米粒みたいではあるが登っているのが見える。

すぐにシャッターを切る。写りました。
その後聞こえないとは思ったが大きな声で「ぽっぽコール」をしてみる。

DSCF8900_convert_20090925093713.jpg
振り返って見た3ルンゼ(下から3分の1のところにいる) 8:35

中間地点の渡渉点で30分ほど休憩。
秋の日の下、渓流のせせらぎを聞きながらののんびりしたひと時。

これからは元気な時もこんな山行をしてみたいものだ。

DSCF8909_convert_20090925093857.jpg
秋の木漏れ日がまばゆい。 8:52

DSCF8916_convert_20090925093815.jpg
渡渉点ではのんびりと一人秋を満喫 9:36 

普段なら1時間強で下りているところをおよそ2時間半かかって下山。
怪我をするとこんなにも辛いものですね。

下りて先ずは露天風呂で汗を流した後散策。

DSCF8937_convert_20090925093958.jpg
河原にある露天風呂 11:05

皆もそろそろ下山かと待つこと9時間、
いろいろあったようですがとにかく無事下山してきました。

良かった、よかった。
今日は遅くなったのでここで泊まることにする。

DSCF8938_convert_20090925094025.jpg
槍ヶ岳、大喰岳、南岳 11:06

テントで食事中に誰かが「Grampsさん、ぽっぽコールしたよね」と、
えっ!じゃあ聞こえたんだ。あの時のコールが。すごい!

DSCF8923_convert_20090925093926.jpg
登山道途中にて 10:20

シルバーウイーク・小川山(カテゴリー小川山)に続く
スポンサーサイト
 シルバーウイーク  北ア・錫杖岳& 小川山 

小川山編
              大阪ぽっぽ会 Gramps

日程:09.09.18夜~09.23              
参加者:牧師、Fk田、イッチー、Yokoちゃん、Ym中、Gramps

小川山:

DSCF8994_convert_20090927151819.jpg
兄岩、弟岩、サイコロ岩

9月21日:今日は錫杖岳より小川山に移動。
途中野辺山駅前で昼食を摂り小川山・廻り目平に到着、幕営。

今日からは8人用のファミリーテント。ゆったり出来そう。

設営後近くのエリア・左岸スラブへ

1本目は昨年オンサイトした「トムといっしょ10a」を登る。

「このルート初めてだ」と牧師さん。
Yokoちゃnに「7月にこのルートオンサイトしたでしょう」と指摘され、

「あっ、そうか」でした。ちょっとおかしいか???牧師。

DSCF8944_convert_20090927150626.jpg
「トムといっしょ」2ヶ月前の7月には登れず宿題として残るYokoちゃん。
今回は2トライ目に見事RP!復活著しい。


2本目は「あせらずにいこう11b」にトライ。何とかMOSが出来た。

3本目は「ジャーマンスープレックス10c」。スラブ。ワンピン目プリクリップで登る。2ピン目でもうだめ。
核心部は真直ぐ直上でなくとも良いようだ。

ちょっと練習すれば行けそうだ。待てよ、それは甘いかも!

今日は日没間近で終了。
幕営地に帰ってきたら、ジャスト屏風岩組のAkkin、Hassyさんが到着。

今夕のテントはやはり昨夕までと打って変わり賑やかを通り越してうるさい、喧騒。
何とかならないかなあこの状態…。

それにしてもよく食べました。
昨夜飲み過ぎたので今夜は控えめにしました。

DSCF8955_convert_20090927150707.jpg
テント生活(その1)

DSCF8956_convert_20090927150739.jpg
テント生活(その2)

DSCF8958_convert_20090927150808.jpg
テント生活(その3)

9月22日:今日はソラマメスラブ方面と、リバーサイドと2班に別れ、登りに行く。

牧師さん、Fk田さんと私の3人はリバーサイドに。

1本目「ブラックシープ5.9+」なかなか面白いルートであった。MOS

DSCF8966_convert_20090927150950.jpg
ランデブーをトライする牧師

2本目は今日の目標の「ランデブー11a」。2ピン目取ったあとでテンション。
悔しい!下ろしてもらい、直ぐに再トライ。

今度は上手く登れた。MOSできずくやし~い。
それでも適度な緊張感のあるルートで面白かった。RP

DSCF8968_convert_20090927151017.jpg
ランデブー2ピン目手前のGramps

3本目は「アウト・オブ・バランス5.8」。楽しく登れた。OS

DSCF8974_convert_20090927151048.jpg
アウト・オブ・バランスを登るFk田さん

4本目はその隣の「マダム・バタフライ10b」。

1ピン目が遠いので隣のルート終了時にプリクリップして登る。
丁度良いグレードでした。OS

DSCF8984_convert_20090927151222.jpg
マダム・バタフライの牧師

DSCF8986_convert_20090927151254.jpg
マダムバタフライのGramps

みんなのモチが上がらずこれで今日のクライミングは1時過ぎに終了。

DSCF8989_convert_20090927151319.jpg
西股沢渡渉点

DSCF8992_convert_20090927151347.jpg

テンバに戻り昨日まで使ったテント3張りも乾いたので撤収。
一杯飲んだあと風呂でゆっくりしたりしてのんびりした午後を過ごす。

DSCF8995_convert_20090927151416.jpg
シルバーウイーク最終日前日夕方になるとテント数も相当少なくなってきた。

DSCF8961_convert_20090927150838.jpg
テント生活(その4)

DSCF8960_convert_20090927150921.jpg
テント生活(その5)

9月23日:
高速道路も混んでいるだろうということで朝から帰ることにする。

DSCF9010_convert_20090927151454.jpg
全員揃って記念写真

お盆に来た時の最終日は11時まで登り12時出発で帰ったが、
全然混んでいなかった。

とはいえ今回の混み具合は分からない。
登りたい者とのモチの違いがあるのかもしれない。

DSCF9013_convert_20090927151536.jpg
東京から来ているAkkinはここ信濃川上駅でお別れ!
私も東京単身赴任時代にこんな光景がありました。分かれる時はさびしかった。

早く出発したせいか殆ど渋滞もなく帰阪できた。助かった。

今回の山行は体調不十分で出かけたために皆さんにお世話になりました。
ありがとうございました。

自分としては体調不十分もあり、
思い切りやれなかったので不完全燃焼に終わってしまいました。

物足りなさが残るシルバーウイークでした。
これからはこのくらいの山行を良しとしなければならなくなるのかな。



留守本部を引き受けてくれたこてっちゃん、参加した皆さんありがとうございました。
雪彦山(中級登山学校)

5日:地蔵岳東稜・東面スラブ~滑り台~凹角~地蔵岳山頂、地蔵岳正面・右カンテルート
6日:地蔵岳正面・右カンテルート

期間:2009.09.04夜~06             大阪ぽっぽ会 Gramps

今年も10月に実施される錫杖岳・終了山行のプレ終了山行として雪彦山に行って来ました。

ここ数年ヒルに悩まされていましたが、今年は意外と少なかったので助かりました。

代わって蜂の数が異常に多く、過去20余年ほぼ毎年この時期に訪れていますがこんなに蜂の数が多かったことは初めてでした。3人が刺されました。

刺された場所は友人登路終了点より少し上がったところにです。そこには巣もあったのではといわれています。

9月5日(土):

3時間余の仮眠で出発。今日のルートは
1)地蔵岳東稜・東面スラブ~滑り台~凹角~地蔵岳山頂
2)地蔵正面・右カンテ


メンバー:Yos野さん、Ta中さん、Gramps

P9050059_convert_20090909193821.jpg
東面スラブ1ピッチ目(Ys野、Ta中、Gramps) photo by Kuri

DSCF8734_convert_20090909192533.jpg
東面スラブの上部(Gramps) photo by Ysi

東面スラブから滑り台へ

P9050062_convert_20090909193920.jpg
滑り台を登るGramps by Kuri

残念ながらこの後フォールしました。このルート通算RP率3勝1敗になりました。

DSCF8745_convert_20090909192607.jpg
滑り台上部  by Yosi

前回ワンテンのYs野さん今回はノーテンで登られました。Ta中さんはA0でした。 来年はA0無しで登りましょう。

滑り台を終えて少し歩いて今度は地蔵正面の左端の凹角に向かう。

DSCF8749_convert_20090909192640.jpg
凹角を順調に登ってくるTa中さん。

DSCF8750_convert_20090909192741.jpg
続いて余裕のYos野さん

DSCF8752_convert_20090909192812.jpg
地蔵山頂手前から東の峰々を望む

DSCF8754_convert_20090909192841.jpg
凹角終了点間近のTa中さん。 余裕の顔か?緊張の顔か?

DSCF8757_convert_20090909192909.jpg
こちらは余裕の顔!!!

DSCF8760_convert_20090909192941.jpg
地蔵岳山頂にて(Yos野、Ta中)。

少し休憩して、今度は地蔵正面・右カンテルートへ。

山頂より一般道を下り、正面取り付きに。今度はYos野さんにリードをお願いする。

DSCF8762_convert_20090909193011.jpg
右肩手術後リハビリクライミングのKuriちゃん(地蔵正面)

DSCF8764_convert_20090909193038.jpg
地蔵正面右カンテルート1ピッチ目をリードするYos野さん。

P9050067_convert_20090909194009.jpg
少し余裕の出てきたTa中さん(1ピッチ目) by Kuri

P9050069_convert_20090909194104.jpg
セカンドのためトレを兼ねて軍手、ジョッギングシューズで登らせてもらいました。
by Kuri

DSCF8766_convert_20090909193107.jpg
1ピッチ目終了点から東を望む

右カンテを登り終えベースへ向かう。

DSCF8768_convert_20090909193145.jpg
一日の登攀を終えて早めの夕食(その1)

DSCF8770_convert_20090909193212.jpg
長い夕食時間。日も暮れてきました。(その2)

昨夜の睡眠不足と明日は地元の雪彦山遭難対策協議会の救助訓練があるため早寝、早起きして壁に取り付くことにする。

9月6日(日):

3時半に起床してゆっくり用意をし、5時出発。
今日は地蔵正面・右カンテルートをさっさと登って、

消防隊の救助訓練開始前に登りおわる様にしなくてはならない。パートナーはSiroちゃん。


P9060101_convert_20090909194250.jpg
展望台から見た地蔵正面
右カンテルート・1ピッチ目のGramps
Photo by Kuri
右端に昨年の蜂の巣が見えます。昨年ここでSiroちゃんが刺されoiwaになりました。

DSCF8774_convert_20090909193240.jpg
写真用ポーズ

DSCF8775_convert_20090909193315.jpg
右カンテ・2ピッチ目スタートのSiro ちゃん

DSCF8778_convert_20090909193342.jpg
2ピッチ目を順調に登るSiroちゃん

DSCF8780_convert_20090909193413.jpg
3ピッチ目終了点間際をフォローで登る

DSCF8786_convert_20090909193447.jpg
地蔵岳山頂にて

DSCF8787_convert_20090909193520.jpg
同じく山頂にて

早く登れたのでもう1本登れそうだが、今日は消防隊の訓練があるので山頂で寛ろぐ。
天気もよくのんびりしたひと時を過ごせた。


DSCF8788_convert_20090909193551.jpg

DSCF8792_convert_20090909193622.jpg
下山途中の展望台から見た地蔵岳正面
加古川ルート、紅菱会ルートを登っているのが見える。

DSCF8793_convert_20090909193714.jpg
消防救急隊による地蔵岳取り付きからの搬出訓練が始まる。

P9060104_convert_20090909200119.jpg
皆揃って記念写真

今年も無事に雪彦山トレは終了しました。残るは10月連休の終了山行のみとなりました。

2009年度ぽっぽ会スクールのお知らせ
ロッククライミングスクール(RCS)のパイオニア・大阪ぽっぽ会の29年目(2009年)のスクールは10月4日(日)と18日(日)の2回です。詳しくはぽっぽHP又は登山店のチラシをご覧ください。