FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

愛媛の山石鎚山・北壁、高知の岩場明戸岩    

―今夏の予定・穂高の滝谷を諦め石鎚へ- 
  
DSCF3915_convert_20080920180330.jpg
トイルート2ピッチ目の大凹角をフォローするGramps

日程:2008.8.14夕~8.16
参加者:牧師、Tom永、Gramps。

13日夜から穂高に行く予定が、牧師さんの仕事の関係で行けなくなる。
翌日、日程と天気を睨みながら西方面の石鎚に行くことにする。

8月14日(木):
16時阪急南茨木を出発。
今回は瀬戸大橋経由で向かう。
途中、新居浜に転勤しているU田君(ぽっぽ会員)と夕食を思いつき電話するも忙しそう。

新居浜に入った途端に集中豪雨のような雨に迎えられる。
レストランを紹介してもらい、我々だけで食事をする。

沢山の差し入れを貰って今日の幕営地・土小屋に向かう。
彼は来年の春には大阪に戻れそうと。早く帰れたら良いのになあ。

西条辺りから雨も上がりほっとする。
車酔いで気分の優れぬTom永君を横にして少し飲んで明日に控える。

8月15日(金)晴れ:
5時起床。屏風組の天気はどうだろう?雨でないことを祈りながら朝食を摂る。

DSCF3874_convert_20080817170120.jpg
土小屋周辺

DSCF3875_convert_20080817170149.jpg

DSCF3876_convert_20080817170218.jpg

すばらしい天気の下、6時半に出発。
今回Tom永さんは石鎚登山と散策。

そういえば石鎚は過去3回来ているが、無雪期は初めてである。

DSCF3877_convert_20080817170322.jpg

土小屋から登るのも初めてである。

DSCF3880_convert_20080817170347.jpg

DSCF3882_convert_20080817170432.jpg

一昨年冬に登った天狗岳東稜がくっきりと見える。

DSCF3884_convert_20080817170506.jpg

2の鎖小屋で休憩後、

DSCF3889_convert_20080817170657.jpg

3の鎖小屋からトラバースして北壁基部に向かう。

DSCF3893_convert_20080817170752.jpg

DSCF3892_convert_20080817170725.jpg

余り登りに来ていないのか、踏み後もブッシュでよく分からない。
一緒に来ていたTom永さんは途中で引き返して登山道より山頂に向かう。

夏山だから取り付きは簡単に見つかるだろうと高を括っていたが意外と苦労する。

鷲尾ルート:1P目(Gramps):
DSCF3897_convert_20080817170823.jpg

ここが鷲尾ルートの出だしかよく分からないままにスタート。
リングの間隔から行くと明らかに人工ルートのようだが構わずに登っていく。グレードは5級位か?

DSCF3900_convert_20080817170853.jpg

さすがに終了点まじかは被ってきてフリーでは登れそうも無い。
アブミを出してクリアー。どうももう少し左を登って右上するのではないかな?
ピンがやたらに多いのでルートが判然としない。

2P目(牧師):A2のハング超えの人工。

DSCF3903_convert_20080817170925.jpg

ここもやたらとピンがあり、グレードはA2となっているがA1くらいか?
ペツルボルトが打たれていてフリー化されているのだろうか?10mでピッチを切る。

3P目(Gramps):

DSCF3904_convert_20080817170953.jpg

このピッチはどうやら鷲尾ルートのバリュエーションを登ったようだ。
アブミの掛けかえでカンテの上部に出て、そこからフリーで終了点に。

DSCF3907_convert_20080817171024.jpg

DSCF3908_convert_20080817171055.jpg

弥山で腰を下ろしているTom永さんが見える。
試しにコールしてみると声が届いたのには驚いた。

DSCF3909_convert_20080817171127.jpg

この後、懸垂地点から下ってトイ・ルートにトライ。

トイルート:
取り付き点を探すのに苦労するも何とか見つけられた。

1P目(Gramps):

DSCF3913_convert_20080817171228.jpg

冬に登るためにはここの取り付からの小凹角基部までのトラバースをしっかり頭に入れておかないと厳しそう。
小凹角は一箇所A0してしまった。

冬は雪が付き凍ればダブルアックスが効きそうだが、そうでないと厳しそう。
ビレー点で「Tom永さ~ん!!」と大声で呼んでみたら、
直上から返事が返ってきた。

上から登ってくるところを撮ってくれるそうだ。

2P目(牧師):カンテ右の大凹角を登る。

DSCF3915_convert_20080817171259.jpg

ステミング、バック&フットを駆使して登る。面白いピッチである。
冬は雪が付いていなかったらどうして登るのかな?

omT永さんと牧師さんに写真を沢山撮ってもらいながら登り終える。

DSCF3929_convert_20080817171329.jpg

ガチャを整備して下山に掛かる。

DSCF3931_convert_20080817171358.jpg

DSCF3936_convert_20080817171425.jpg

弥山で記念写真を撮ってもらい、土小屋に向かう。

DSCF3938_convert_20080817171452.jpg

途中からかえりみる石鎚の雄姿が忘れられない。

DSCF3949_convert_20080817174548.jpg

天気が良いとこんなにも気分も良いものか。

DSCF3940_convert_20080817171520.jpg
 
土小屋で一服した後、明日の天気予報を携帯で見ると、
よさそうなので「100岩場」で近くの岩場を物色してみる。

ここより高知県に少し入ったところに「明戸岩(ミョウトイワ)」がある。
DSCF3959_convert_20080817171641.jpg

早速そこに決めて近くの川原のキャンプ場に向かい幕営。
直ぐにビールを買いに走り乾杯。

DSCF3960_convert_20080817171711.jpg

夕食は近くの食堂で済ます。

8月16日(土)晴れ:
明戸岩

5時半起床。昨日来た道を少し引き返して上り口を探す。

DSCF3943_convert_20080817171549.jpg

岩場は道路より少し登ったところにあった。
「100岩場」のトポによると夏は涼しいとあるが、やっぱり暑い。

それでもじっとしていると暑くは無い。
とにかく今日は一日ゆっくりと登ることにする。

1)ベルサーチ:5.9:
①:牧師:MOS

DSCF3969_convert_20080817171752.jpg

②:Tom永:トップロープ。
 
DSCF3970_convert_20080817171823.jpg

③:Gramps:OS

DSCF3974_convert_20080817171855.jpg

2):フェラガモ:10c:
①:Gramps:ワンテン。

DSCF3981_convert_20080817171929.jpg

②:牧師:ワンテン。

DSCF3987_convert_20080817172032.jpg

③:T永:トップロープ

DSCF3991_convert_20080817172130.jpg

④:Gramps:RP。 

DSCF3982_convert_20080817172002.jpg

⑤:牧師:RP。 
DSCF3995_convert_20080817172232.jpg

⑥:T永:トップロープ

 このルートは 核心部のホールドが分りつらい。

この岩場にも蜂の巣ができていた。
DSCF3994_convert_20080817172159.jpg
今年は蜂の当たり年なのか?あちこちの岩場で見かける。

3)証拠隠滅:10b:

①:牧師:2つ目のハングまで。

DSCF4001_convert_20080817172303.jpg

②:Gramps:2テン。

DSCF4011_convert_20080817172400.jpg

③:T永:TR

DSCF4019_convert_20080817172501.jpg

④:牧師:2テン。

DSCF4002_convert_20080817172333.jpg

⑤:Gramps:RP。

DSCF4012_convert_20080817172431.jpg

2つのハングを越えて登って行くルート。
グレード10bは辛すぎるが面白いルートである。

三ツ星!!牧師さん次回はRPできそうだが、
次回はいつ来れることでしょう?素敵な岩場でした。


15時に終了して、風呂を探しながら帰路に着く。

DSCF4021_convert_20080817172539.jpg

今回予定の滝谷には行けなかったが、
2日間天候に恵まれ充実した山行ができ満足しました。

高知からの距離は近くなったと牧師さんの弁ではあるが私は乗り物疲れがでました。
 
記録: 
8月14日(木):
16:00 南茨木→19:00新居浜着、 20:30 新居浜→22:00土小屋着:駐車場で幕営

8月15日(金):
5:00起床、6:25土小屋~7:35 2の鎖小屋~8:30 鷲尾取付き着 9:07 鷲尾登攀開始~10:40 登攀終了。
12:05頃 トイルート登攀開始 ~12:23 Gramps1P目終了~13:08トイルート終了~13:40 石鎚山頂小屋発 ~15:05 土小屋着→池川町キャンプ場17:00


8月16日(金):
5:30起床、7時30→8:30明戸岩、15:00出発→土佐市で温泉→
22:00南茨木→22:40自宅 


ロッククライミングスクール(RCS)のパイオニア・大阪ぽっぽ会の28年目(2008年)のスクールは10月19日(日)と25日(土)の2回です。詳しくはぽっぽHP又は登山店のチラシをご覧ください。
スポンサーサイト