大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・唐沢岳幕岩 明峰ルート

あ~あ!今回も登れなかった「S字ルート」      Gramps

日程:2007.07.30(月)~08.02(木)
参加者:NanohaBab、O串、Gramps、

土曜日の夜から出発の予定であったが、
今年はまだ梅雨明けしておらず雨模様のため月曜日までずらした結果、
天候には恵まれた山行になる。

7月30日:
南茨木を午前8時出発の予定を今日も一日降るようなので10時に出発を延ばす。
大町のスーパーで買い物をして七倉に着いたのが16時頃。

雨は降り続いている。テン場探しに苦労する。
諦めて大町に戻り旅館泊まりとする。

これで初日にテント泊をしなかった山行が3回も続く。
歳とともにこうなって行くのかな?

7月31日:
明け方まで降り続いた雨も止んだ。 
5時に旅館を出て七倉に向かう。

ここからはタクシーを利用して高瀬ダムへ。
冬はいつも歩いて行かねばならないのに楽チン。
いよいよ幕岩に向けて沢に入って行く。

昨日までの雨のせいでブッシュをかき分けて進むところはビショビショになる。
水量も多めで場所によっては渡渉も苦労する。
やっと大町の宿(岩小舎・BC)に着く。

壁を見るとがっくり。
北壁のためビショビショに濡れている。
モチベーションもぐーと下がる。

用意の手も自然と遅くなる。
それでもツェルトを張って、取付まで行ってみることにする。
濡れているが何とかトライしてみる。

1P目:人工で上り始める。
3~4ピン目?の右上が遠い。
アブミだけでは届かない。

そこで右足を濡れて滑りそうな右上の引っかかりにスメアー気味にして手を伸ばすもまだちょっと足りない。
身体を一杯伸ばした瞬間、スリップしてフォール。

支えていた左手指はアブミと岩に挟んでしまい激痛。

2P目:続いて人工。
トポでは小ハング2つとあるがホンマに小である。

カニのはさみの乗っ越し部は初めレイバックで乗っ越そうとしたが
フィーフィーが引っかかり上がれずに冷や汗。

再トライして乗っ越すもきつかった。
フォローのBabさんが登って来て、土に隠れたハーケンを発見。

簡単に人工で越えて来た。
その少し上にもピンがあった。
良く探してみたが見つからなかったのに・・・

3P目:ここからは左から登るのか(左にピンが2本あり)
右からか迷ったが右から登ることにする。

フレークを乗り越してから左に移動してブッシュの中に入って右上気味に登る。
どこでビレーを取っていいか迷ったがそこそこな所に適当な木を見つけビレー。

4P目:3mほど登るとボルトが3本?ありビレー点らしきところに出る。

そこを通り越しなおも凹状を右上気味に登り
行き詰まったところで右に出るとルンゼに出た(ここまでブッシュ)。

ルンゼの右側のカンテを右上気味に登る。
ロープが一杯になったので解除してもらいコンテで登る。

めちゃくちゃ重く引っ張られるので快適なカンテもピンが無いので恐い。
カンテ終了点の木でビレー。70m位登ったかな?

今日はここまでで終わりとする。
がこれから先のルートがさっぱりわからない。

あすの目途が立たない。
あーだ、こーだと検討するも確かな答えは出てこない。

時間も時間なので一応目途?をたてた事にしてロープ3本フィックスして下りる。
最初の懸垂中15~6m下りた右側にビレー点を発見。
明日はここから先を考えることにする。

8月1日:6時ユマーリング開始。
どうもタイブロックの調子が悪く上手く登れない。

1P終わりごろにセットが拙い事に気づく。
ユマーリングに思わぬ時間を食ってしまった。

5P目:ここからはS字ルート。
この時点ではまだS字に行くつもりでルートファインディング中である。

ここから3級位のところを右上をしてブッシュに入り尚も右上トラバースをして50m伸ばし、
お二人に登って来てもらう。

6P目:ここから先はルートらしくなくなる。
テンションを掛けながら少し下りて右方向を偵察。

トップが登れてもフォローが難しい。ということで途中まで引き返す。

7P目:Babさんにビレーしてもらいノーピンのカンテらしき所を登りその上の偵察。

カンテを登り切ったところからボルトラダー。
しめた!行けると思ったのは6ピン目まで登った所まで。

その上は何も無い。
そのピンに古びたテープがある。このルートもやはりここまでか。

捨てビナをしてクライミングダウンで下りる。
(ここまでGrampsオールトップでしたがトップの責任を果たしきれなかった)

遂に諦めて明峰ルートに転戦を決める。
集中力も切れたので、ここからO串さんにトップを交替してもらう。

明峰5P目:出だしやや悪も直ぐにピンが出てきてA1。
O串、Grampsがアブミ最上段に乗って気持ちよく登れるピッチである。

少しだけ背の低いBabさんは苦労しながらの人工登攀となる。
ブッシュまで直上後右にトラバース。

ピンがなくなったところでブッシュに直上して入るのであるがここんとこが悪い。
コケコケの上に濡れている。

上の木の枝が掴めれれば強引に一気に引っ張りあがってブッシュの中に入り込めそうだが、
恐いのでなかなか思い切りが出来ない。

長いこと掛かって突入できた。
がブッシュに阻まれ前進が厳しいようだ3mほど登り行き詰まる。

その先が分からんとのこと。
とにかくそこまで行って「3人よって文殊の知恵」を出し合う。
とそこにはピンが1つ壁にあるではないか。

6P目:そのピンを頼りに右トラバースに成功。
その後3級の岩を6~7m左上してビレー点に。(ここまでO串さんトップ)

7P目:ここからトップはBabさん。
出だしから6~7mの乗り越しは思い切りがいるか?
そこからやや左上して行く。

ピンが少ないのでトップは気が抜けない。
やがて大岩テラス5m手前くらいにピンが1つ出てくる。

トップはそこから更に左上気味に登りトラバースして木にビレーを取り大岩に登っていった。
かなり厳しそうなので、
セカンドの私はピンのところでヌンチャクを回収して一旦下がって左上して大岩に向かう。

8P目:ピン間隔の遠いピッチのトップはもう良いというBabさんに義務だ押し付け登ってもらう。

9P目:ここからGrampsがトップ。

このピッチも人工。
アブミノ最上段で丁度次のピンが届きルンルンである。
トップとしてこのルート始めての快適な登りができた

10P目:ビレー点より少し右に移動してクラック、カンテ状を登る。

途中にビレー点があったが余りにも短いのでやり過ごして登っていく。
とビレー点らしきものが見当らない。

そのまま上まで抜けてしまおうと思ったが、
最後のピッチは順番どおりO串さんと決めていたのでハング下の左寄りに登って行って木でビレー。

11P目:ビレー点より少し右下より登ってもらう。
5~6m登ったところでBabさんから「もう終了したんじゃないの」のコールで、

ここで登攀を終了して懸垂にかかる。
半分も下りた頃から日は沈み真っ暗になる。
ヘッドランプの明かりを頼りに取付まで下りる。

下降路は暗いとやばい所があるので慎重に下りて大町の宿に帰還。
予定のS字ルートはルートファインディングができず残念でした。

疲れはしたがそれでも充実感で一杯のうちに遅い夕食を楽しく済ませて就寝。

8月2日:
みんなぐっすり眠れたよう。
今日は下山のみ。ゆっくり朝食を済ませて下り始める。

いつものように途中で何回か振り返り、振り返り、高瀬ダムに到着。

記録
7/30:
南茨木10:00→大町15:00→七倉16:00→大町17:00
7/31:大町5:00→七倉5:30→高瀬ダム6:00~大町の宿(岩小家)8:40、9:40~S字取り付き~4P終了15:30、16:30~懸垂終了19:00~
大町の宿19:50就寝21:0
8/01:起床4:00、出発5:20~取り付き6:00~4P終了点9:15~偵察2回~明峰5P目11:55~終了17:30~懸垂4P目19:00~懸垂終了20:30~大町の宿21:40、就寝23:008/02:起床6:00下山開始8:20~高瀬ダム11:10→高瀬館12:00、12:45→  大町食事後出発14:30→南茨木19:30→自宅20:15
スポンサーサイト
雨男(A山さん)の雪彦山・Ⅲ峰正面・姫山ルート

2007.07.01                      
大阪ぽっぽ会 AMEOTOKO(A山

丸山東壁トレーニング第5弾として雪彦に行ってきました。

ちなみに1回目駒形でちょっとアブミ、2回目不動で少しアブミ、3回目駒形でがっつりアブミ、4回目雪彦でいやんなるほど人工です。

前日の土曜日、A山は会社の組合の文化講演会、ラグビーHi尾Se二さんの話を聞かないといけなかったので、中郵集合14時という手前勝手な設定にもかかわらず、全員で8名という満車状態での出発となりました。

ちなみにHI尾君(!)は私の後輩で、“おっ!Hi尾やんけ”“あつ、A山さんじゃないですか”という関係です。。。。なわけないので、今回の8名の中に山岳部現役ぴちぴちを2名いれておきました。

東屋にいてはるGrampsさん一行に挨拶し、そのままキャンプ場に行き、18:00ごろから宴会開始。
A山がキリンの懸賞であてた生ビールサーバーを囲んで、蚊取り線香の煙の中22:00就寝。

翌日、4:00起床。まだまだ眠い。東屋に移動して、Ⅲ峰正面に移動。学生は地蔵正面へ。

今回ルートはⅢ峰正面姫山ルートに行きました。パートナーは栗田さんと上田さんです。

このルートは昨年川端さんといったときに3P目リード中に岩がはがれて墜落。落石で川端さんを殺しそうになった因縁のルートです。
また、そのときは現地に2時入り、4時起きで朦朧となりながら行ったので今回は万全を期して挑みました。
しかーし、継続で不行の温故知新に行くつもりが雨天コールドになりました。さすがAMEYAMAです。

以下内容。
☆Ⅲ峰正面 姫山ルート 

 1P目(A山リード)25m。まっすぐ行くつもりが右上右上といってしまう。
   右上への動きはフィフィのかきかえが苦しい。まっすぐいけるルートもあるそう。 
  
  2P目(A山リード)25m。凹角状のフェース。白い壁の基部まで。

  3P目(A山リード)25m。もろもろの白い壁を登る。ためらいもせずハングでアブミ使用。ボルトも近く、なんてことはない。

  4P目(A山リード)50m。途中雨が降ってきたので一気に上まで行こうとし、ロープを伸ばすも、重い重い。でも濡れた壁をトップで登るのは勘弁してほしいので我慢していく。案の定ビレイ中に本降りになってきた。

  一般路をたどり懸垂し、そのまま下山。東屋にはヒルをハンマーで叩き潰したり、ロウ付けしてイタぶる人たちが待っていました。

ヒルに合掌。