大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・明神岳東稜~主峰~Ⅴ峰~西南稜’  

2005.05.07岳沢・コブ尾根~天狗のコル       大阪ぽっぽ会 Gramps

期間:2005.04.28(木)夜~05.05.04
参加者:牧師、NanohaBab、K林、Kitsu、T谷、Yukko、Shoku田、F地、I丸、Wassi、Gramps(11名)

DSCF0001_convert_20090414214904.jpg
          
今回の課題は
1)新人、準新人を含め明神東稜を11名という大所帯で成功させる。
2)春山経験の浅い2人を入れてコブ尾根を完登する。

明神岳東稜

4月28日(木)晴れ:
1時間遅れの22時30分3台に車で大阪を出発。

4月29日(金)晴れ後時々小雨:
沢渡に5時頃到着。服装を整えタクシーにて上高地入り。
朝食を取って明神に向かう。
橋を渡って養魚場横を通り沢に入る。

何年か前に来た時はこのあたりから雪がびっしりあったのに今回は殆ど見当らない。
やっぱり温暖化なんだ。
途中で右方向に行くところを注意しながら沢をどんどん詰めて行く。

時々小雨が降り始めるも大して気にはならない。
やがて樹林帯も過ぎ開けた宮川のコルに到着。

一服していたら偵察に行ったと思っていたKitsuさんは例によって随分先のほうに行ってしまっていた。
広い沢をトラバースしながら徐々に急騰になって、やがてひょうたん池のある幕営地に到着。

時間は11:20であるが大所帯のためと前夜の疲労を考えて今日はここで泊まることとする。

DSCF0004_convert_20090414215034.jpg

4月30日(土)晴れ:
2パーティーが先行したようだ。
稜線伝いに登ったり、雪壁を登ったりでらくだのコブに到着。

途中1箇所、急な雪壁で不要とは思ったが一応安全のためにフィックスを張って登る。
ここでガイドパーティーを抜き去る。

何故からくだのコルで先行していたパーティーが我われに先を譲ってくれた。
このコルは5~6張りはテントが張れそうだ。

いよいよバットレスの登りである。
ロープ1本でリードして2番手以下はユマールを使って登る。

3㍍くらいののっぺりした凹角状の岩であるが良く見ればホールド、スタンスともあり無難にこなせた。

次の2ピッチ目の雪壁もロープを使う予定であったが
そんなに難しそうでもなかったのでそのままアイゼンを蹴り込みながらで主峰の肩までノーロープで行く。

ここから岩稜帯を5分くらい登ると主稜の頂上である。

DSCF0005_convert_20090414215922.jpg

前方には前穂、奥穂。後ろにはこれから進む2峰~5峰が指呼の間に見える。
2峰の登りは昨日先行していたパーティーが登っている。

ピッチを切って2ピッチ登っていたが実際行って見たら
1ピッチで行けそうだったので伸ばしてみたら十分余裕で登れた。

丁度その頃我われの後半のパーティー(Kitsu、Yukko、T谷、Shoku田)が主峰の肩に到着した。
彼らは日程の関係上、主峰から別れて奥明神沢を下って岳沢泊りである。

2峰から5峰は殆ど雪が付いておらず尾根を忠実に辿って下りる。
予定では5峰泊まりであったが時間も十分あるので(11:30)そのまま西南稜を下りることにする。

西南稜は只ただ下るのみ。
途中から雪があったので沢筋に方向転換して岳沢への登山道と合流するところまで下りる。(13:40)

DSCF0006_convert_20090414215954.jpg

ここで大休止をする。
2日に帰阪する牧師、F地、K林の元気組みは岳沢を登り返して翌日コブ尾根を登って帰ることに予定を変更する。

我われ(Bab、Wassi、I丸、Gramps)は予定通り一旦小梨平に下りて一泊してデポ品を回収し、
岳沢に向かうことにして別れる。

時間に余裕があるのでゆっくりと散策しながらテンバに向かう。
小梨平でのビールは安い(500ml:350円)。

安いから飲みすぎて合計金額は同じくらいになってしまった。
明日は岳沢に入るだけなのでのんびりして疲れを取る。

DSCF0007_convert_20090414220026.jpg

これからは休養を入れながら
ゆっくりとした無理のない山行を楽しむようになるのだろうなと思いつつ寝袋の中に潜る。

全員無事明神岳東稜を終了してよかった。
(この後の岳沢コブ尾根は別紙)

行動記録:
4/28、29:大阪中郵(22:25)→沢渡(4:50、5:15)→上高地(5:40、6:50)→
明神(7:45、8:10)→宮川のコル(10:10)→小尾根(10:35)→ひょうたん池(11:20)


4/30:ひょうたん池(4:40)→バットレス基部(6:55)→登攀開始(7:20)→
主峰の肩(8:00)→主峰山頂(8:15)→2峰登攀開始(8:40)→2峰直下(9:10)→
4峰直下(10:15、10:45)→5峰(11:30)→岳沢への登山道合流地点(13:40、14:30)→小梨平(15:30
)
DSCF0008_convert_20090414220059.jpg
スポンサーサイト
不動岩・冬虫夏草ルート(12b)

          2005.04.24            大阪ぽっぽ会 Gramps

「冬虫夏草」は不動岩の東壁にある。
有名な「ウリウリ(11d)」と下部を共有していて途中から左右に別れている。
どちらも長いルートである。

前日の23日にはKa中さん(ピトン)がウリウリを
レッドポイント(一度もロープにぶら下がることなしに登り切ること)目指して頑張っていた。

もう何回もワンテン(そのルートを登りきるのに1回だけロープにぶら下がる)が続いている。
レッドポイント(RP)はすぐそこだ。

今日24日はそのウリウリをMi本君(凍稜会)が一人でトライしていた。
彼はまだまだのようだが秋には登って見せると頑張っていた。

ウリウリは元ぽっぽ会のO田君がオンサイト(何の情報もなく初見で登りきること)
狙いを目論んでいるルートでもある。

冬虫夏草はあまり登られていないようで今日も私一人だけであった。
1月下旬に備中で歯を怪我してからロープが歯でくわえられず
(登攀中にロープを手繰り寄せてカラビナに引っ掛ける時にロープが足らない場合、
手繰り寄せたロープを一旦口に銜えて再度手繰り寄せてカラビナに掛けます)

ということで、リードクライミングも出来ないので、
遠くに行けずホームゲレンデの不動岩で楽しんでいました。

2月の下旬からトップロープ方式(ロープを上の終了点から2つ折にして垂らして一方を登る人に結んで、
もう一方を確保者が確保して登る方法。

この方法で登れば力尽きて落ちても、ほぼその位置で止まり落下距離は殆どない)
方式でこの冬虫夏草にトライを始める。

事故から2ヶ月、歯を固定していたギプスも取れたがまだ安定していないので恐るおそるリードクライミングを始める。

リード初日3回目でワンテン。これはいけると希望を秘め次回に。
ところがその後2テン、3テンと続きまたワンテンと何時になったら登れるのか希望も段々としぼんでいく。

細かいホールドのため4月には入るとその日の天候によって大きく左右されるようになってきた。ちょっと暑いと滑めって(ヌメッテ)しまい全然登れなくなってしまう。

そのため2時過ぎにならないとルートも日陰にならず登れる環境にならない。
毎回2時から2本のトライで終わる。

毎回同じことばかり繰り返しているので使われている体の部分の疲労が溜まってきて段々と痛み始めてきた。

10日間休養して24日もいまいちモチベーションも上がらぬままに不動岩に来てしまった。
何故か今日は日曜日なのにぽっぽ会の会員は西壁の方に2人とこちらに2人の4人だけ。

モチが上がらぬままに中央壁で「タイコ11c」を初めてアップとして登ってみる。

引きあげるロープが重く感じる。今朝起きたてに感じた背筋痛が影響しているのだろろか。
登る気が起きてこない。

アイゼンを練習していた凍稜会のMi本君がウリウリに登るために「ヌンチャク掛けてきた」と。
それを聞いて俺も冬虫夏草をやってみようかなという気になってきた。

1時半Mi本君がトライ開始。苦戦している。やはり滑(ぬめ)るのであろうか?

14時:今度は私の番だ。ルートもようやく日陰になったところだ。
Mi本君の手の汗がホールドに残っているのか最下部のフェース部分で少し滑った。

それから中央部のウリウリとの分かれ目までは難なく登れた。

ここでレストしていよいよ核心部へ。
左手でジャム気味に、続いて右手をピンチで、それから左手を左上方に伸ばしてホールドを掴んだ途端「ヌメル!」あかん!それでも次のホールドを、それもヌメル。

そして次のホールドを取ったがあかん止まらない。あえなくフォール。

ルートは陰っているがまだ岩は熱せられたままなのだ。ここから2~3回テンションして最上部まで抜けたが絶望的である。終わったのは14:30。

もう季節的にだめなんだろうかな?もう1回トライしてだめならば涼しくなる秋まで封印しようとパートナーのBabさんに漏らす。

次のトライは2時間はレストしないと登れない。その時間は16時30分だ。

Mi本君は3時半にトライして帰らねばならないと言い出した。ということは無理を言っても私のトライ時刻も30分早めて16時にスタートしなくてはならない。

1時間30分のレストしかない。
まあ良いか!で気持ちを切り替えるように努力する。

いよいよ「ウリウリ」Mi本君2回目のトライ開始。
上半身裸になって気合が入っている。先ほどテンションした最下部のフェースも綺麗にクリアー。

ルート中ほどでテンションするもかなり旨く登っている。
この頃より気温が急激に下がり始めてきた。

じっとしていると寒さを感じるほどになってきた。彼は何回かテンションをしながら最上部まで登っていった。

16時:私の「夏虫冬草」2回目のトライ開始。
冬虫夏草とウリウリの分岐まではルートが同じである。

「そこまでの登り方が違うところを見ておきや」とMi君に偉そうに言ってスタート。
滑らない。やはり気温と湿度が滑り具合にこんなにも影響するのだなあと思いつつ分岐点に到着。

真上を向いてビレーしてくれているBabさんに「下向いてて良いよ」と言ってここで大休止。

いよいよここから核心部である。
コンセントレーションのためいつも大声でしゃべっているMi本君に静かにするように言って、いざスタート!

一手、二手、三手目が掛かる。滑らない。4手、5手、6手目(核心部の核心)が取れた。

すぐに7手目を取って、踏ん張ってクリップ。
続いて9手、10,11手、12手、13手、14手。15手目で体を起こして、
16手目で水平クラックのアンダーをしっかり保持してクリップ。

ここまで息する暇もなく一気に登りつめなくてはならない。
クリップしてやっと墜落からの不安から開放される。だが思うに任されるようなレストは出来ない。

ここからが第二核心部
パンプしている両手、両指には厳しい。

ここから1手、2手、3手を取ってからの乗り込みが核心。
ワンテンのときはいつもここで墜落である。

今回は1手,2手,3手も旨く取れ乗り込みもスムーズに出来た。
いけたと実感した。後は根性のみ。

テラスに辿り付きクリップして大休止。

この後最後の第3核心が待っている。
疲れた指には辛いトラバース後の登りである。

2手目が取れればほぼ成功だ。
スタート!1手目で疲れていると感じ、とても2手目は取れない。

瞬時に戻れと大脳が指令。戻って再レスト。

再びトライ今度は1手目十分ではないが行けそう。
脳の酸素が欠乏したのかスタンス(足の置き場)が分からない。

落ち着け!分かった。2手目が取れた。
すかさず3手目を取って、ガバホールド(大きなホールド)の4手目をキャッチ。ここでクリップ。

後は残り3メートルを慎重に登って終了点に。やった!RP!

ビレーヤ―のBabさんありがとう!それに下で温かく見守っていてくれたMiy本君、Kaw端さん、Mat本さんありがとうございました。

ロッククライミングスクール(RCS)のパイオニア・大阪ぽっぽ会の28年目(2008年)のスクールは10月19日(日)と25日(土)の2回です。詳しくはぽっぽHP又は登山店のチラシをご覧ください。
ポンポン山(その2) 

2005.04.19

K枝さんと参加された皆さんありがとうございました。
昨年の福寿草鑑賞ぽんぽん山山行以来の参加でした。

昨年は雪のポンポン山でしたが
今年は天気に恵まれ素晴らしいカタクリ鑑賞山行をさせて頂きました。

ついでに春山トレもでき、東向日駅の「安加郎」での打ち上げも楽しかったです。
来年もまたよろしくお願いします。

明日も平日クライミングを烏帽子でやってきます。

DSCF0010_convert_20080623172148.jpg

ポンポン山(その3)

 2005.12.

ポンポン山(その4)

 2006.01.21(土)

ポンポン山にアイゼン・ボッカ(17kgじゃボッカじゃない?)をしてきました。
先月のボッカは麓からで往復18kmでしたが、

今日は車で本山寺駐車場まで利用できました。
往復8.8kmでした。

678.9mの山頂は見晴らしがよく素敵なところです。
風がきつく寒かったのでテントを張って持参したラ-メンなどを作って1時間くらいゆっくりしました。

帰路の途中では視程がよく遠く京橋、梅田、弁天町のビル街や紀伊半島まで望めました。
最近腰痛の影響か荷物を担いて歩くと歩き始めに脚の裏筋肉が痛みます。

辛いです。
阿ジャ梨じゃないけど歩いて歩いて歩きとおして治してしまおうと思っています。