大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

南八ヶ岳 赤岳:天狗尾根       
           
      積雪期:新・旧人トレーニングを兼ねて

期間:2005.3.18夜~3.21
参加者:Furuchi、NanohaBab、Seiko、Sato、kobayashi、Shokuda、Gramps

積雪期の壁を登るにはトレーニング不足ということで
「尾根縦走プラス岩稜で適当なところ」ということで今回は八ヶ岳東面の赤岳天狗尾根に決定しました。

3日間とも天候に恵まれ楽しい山行ができました。
全装備を持っての縦走のため軽量化に徹しましたが何故か若干1名のみ重量化でトライすることになってしまいました。

3月18日(金)大阪より21:43分、5名。京都より2名の計7名で夜行「ちくま」に乗り込む。
残念ながらSeikoちゃんが風邪のため塩尻でリタイアされた。

それにしても既に大阪にいるときからしんどいのに塩尻まででも行ってみるという根性には敬服しました。
若いからこれからなんぼでもチャンスはあるのでここは我慢、がまん。
DSCF0002_convert_20140217215153.jpg
天狗尾根遠望
3月19日(土) 晴れ
小淵沢より小海線に乗り換え清里へ。
車窓から見える雪を冠した山々のなんと素晴らしいことか。

思わず口々に「Seikoちゃん清里まで乗ってきたらよかったのに」と。
ここよりタクシーに分乗して美し森まで10分。

服装を整え出発。既にここから雪がありプラブーツでも楽に歩けるのでラッキーである。
天気がいいので気持ちが良い。

車止めまで1時間。
そこから40分で地獄谷へ自然に導かれるように入ることが出来た。

権現、旭岳の頂上がまばゆい。
天狗尾根の大天狗も垂直の壁を見せている。
7~8個の堰堤を越え出合小屋には11:25分に到着。

DSCF0003_convert_20140217215216.jpg
出合小屋

小屋前に2人パーティーが休んでいた。彼らは旭岳東稜を登るそうだ。
休憩後右の赤岳沢に進む。20分ほどで左の尾根への浅いルンゼ状の急登を登る。

新人のSato君が最後尾から「ラッセル交替しましょ」と言って<
我われの列の横をかけ上がりあっという間に樹林帯に消えて行った。
なんとすごいパワーか!!荷物も6テンとポールを持っているのに今回は軽いかるいと言って喜んでいる。
頼もしい新人だ。

尾根に出てからは森林の中をひたすら高度を稼ぐのみ。
それでも後ろには大きな姿の富士山が、左には権現岳、旭岳がいつも見え、楽しい縦走である。
高度計の2275m地点で6テンと3テンが張れる場所があったので今日の幕営地とする。(13:50)

DSCF0004_convert_20140217215239.jpg
尾根上での小休憩

3月20日(日) 晴れ後曇り夜雪
起床3時なのに出発が5時40分と3時間近くもかかってしまった。
引き続き樹林帯を登る。途中で6人用テントが張ってあった。

ここの住人は出発はまだのようである。
森林限界手前で登攀準備。Kobayashiが何かを落とした。
幸い10mくらい下で木に引っかかり止ってくれた。
物を落とさないように注意工夫が必要と感じ取ってくれたことでしょう。

カニのハサミとはっきり分かるところを左から巻く。
少し落ち込んでいるので注意して渡る。

カニのハサミも直登出来そうだ。
少し進むと岩に突き当たりここの右にフィックスロープが付けてあったが無視してわれわれのロープを出して登る。

トップとラスト以外はユマール使用で登ることにする。
ユマールだと出だしのトラバースが登りにくかったことでしょう。

トラバース後、凍った岩を越え雪壁を25mほど登ってザイル一杯で木でビレー。

ビレー点よりそのまま20㍍ほど登り再び稜線に出て進む。
小岩壁に突き当たった。

DSCF0007_convert_20140217215303.jpg
Shokudaさん

Babさんはこれを直登したがっていたが
トップのFuruchi君が左を巻いて進んでいたので巻くことにする。

巻いた後少し下って、左壁を登り返して稜線に出るのであるがザイルを出そうかとFuruchi君に聞いたら
「要らない」との返事であったのでそのままGramps、Furuchi、Satoとノーザイルで登るも

「もし事故が起きたら」なんて途中で心配になりザイルを出すことにする。
Shokuda君に登って来てもらいここよりロープで登りフィックスを作る。

直登してくればここにでられる。

次の小岩峰までFuruchi君にトップで進んでもらう。
この小岩峰はどこからでも登れそうであったが、
右から登りやはり安全を考えてシュリンゲを鎖状にたらして登ってもらう。

DSCF0008_convert_20140217215323.jpg
新人Sato君

このあと、いよいよ大天狗である。
もちろん我われは大人数のため直登を避けて右から巻くルートを取る。

右巻きルートも最初5㍍ほど岩を登らなければならない。
乗っ越しが少し被り気味でいやらしく見えたが良く見ればホールド、スタンスもたくさんあり、
そんなに難しくはなかった。

そのあと大きく右にまわりこんで稜線に出る。

小天狗、竜頭峰が美しい。
竜頭峰がえらく高く遠くに見える。
あそこまで行くのがしんどそうだ。

先ほどまで曇っていた空に薄日が差し始めた。
稜線に出たら風がきつい。

DSCF0010_convert_20140217215346.jpg
Babさん

バランスを崩されないようお互い注意しながら進む。
編笠山からの縦走路と合流する地点で休憩する。

今、後にした大天狗やツルネ、旭岳、権現、編笠山。
遠くには御岳、左には富士山がでっかく見える。
至福の一時である。

やがてわれわれの後続パーティーの東三河ハイキング山の会の2人パーティーも到着。
彼らはここよりツルネ経由で美し森まで帰られるそうだ。

これから竜頭峰、赤岳と大変だがゆっくり景色を満喫しながら縦走である。

赤岳山頂には11:05に到着。
風も強く寒いので記念写真をとってすぐに下山開始。

DSCF0011_convert_20140217215411.jpg
新人Kobayashi君

赤岳の下山であのスーパー新人:Sato君が下山に弱いことを発見。

みんなで新人Kobayashi、Sato君に歩き方講習をしながらの下山となる。
さすがお二人とも若さのせいか?のみ込みも早く、すぐに旨く歩けるようになってしまった。

Sato君は力が余っているのかラッセルトレもしながらの下山である。
いつの間にか行者小屋に着いていたという感じ(12:40)。

行者小屋は閉まっていた。
時間も十分ありのんびり過ごす。

夕方にヘリが飛来して赤岳山頂付近でホバリングしてピックアップしていた。

事故があったようである。
水場からの水も取れず今日も夕食は水つくりからはじまった。

各自工夫したメニューでの食事を楽しむ。

先月2月はここでIchimaruさんの豪華メニューで食事したのとは大違いであるが、
ベース方式と縦走方式での食事の差はしょうがない。

今日も鼾組は(俺はかかへんって?)3テンへ移動して就寝。

DSCF0013_convert_20140217215439.jpg
Gramps

3月21日(月)晴れ
4時起床。昨夜は風、雪と少し荒れたようだ。
今朝の気温は零下13℃。

今日はスクリューも持っていないので南沢大滝、小滝を見学して帰阪することで出発。
小滝についたら幸い誰もいないのでトップロープで少し遊んで帰ることにする。

各自2回トライしたら3時間はあっという間に過ぎてしまった。

アイス初体験のKobayashi、Sato君はじめみんな満足して美濃戸口に向かう。

美濃戸口で風呂に入り、Furuchi、Shokuda両君の金持ちグループは新幹線利用の電車で、
その他4名は茅野からバスで帰阪することになりここで解散とする。

バスグループは3連休の最終日ということもあり、
大阪には2時間30分遅れの23:15分に到着(高槻組の高槻バス停には1時間10分遅れ)。

DSCF0014_convert_20140217215458.jpg
Furuhi君

私にとって今回の山行は89年新人を連れて6人で奥鐘西壁中央ルンゼに壁で2泊して完登したのと
97年甲斐駒Aフランケ、奥壁にこれまた新人のChirotaさんとBabんの3人登攀できた時のように大満足の出来た山行でした。

奥鐘は新人の女性1名含んだ6名(現ぽっぽ在籍はMurasanと私のみになってしまいました)
で高低差800mのルートを3パーティーで連なって登るということで
多くの人に反対されながらの登攀でした。

トップのパーティーに私が、新人を中間パーティーに入れて、
しんがりパーティーにMurasanパーティー編成で全装備を背負っての3日間の登攀でした。

季節も寒くなる11月のため軽量化と防寒で悩みましたがこの時も徹底的に軽量化を図りました。

甲斐駒は1年目のChirotaさんを含めての登攀で
Aフランケはアブミビレーもしなくてはならないところもあり3人パーティーの編成は厳しいルートでした。

奥壁ではルートファインディングに失敗して大苦戦しました。
下で確保しているChirotaさんの「Grampsさん死んじゃう!死んじゃう!」の必死の声が今でも聞こえてきそうです。

大分横道にそれてしまいましたが、
みなさん今回の山行ありがとうございました。

DSCF0001_convert_20140217215126.jpg

スポンサーサイト
八ヶ岳:赤岳・天狗尾根 感想(3)

期間:05.03.18夜~03.21     

DSCF0007_convert_20140218172049.jpg

Shokudaです。
出発の日、何故か仕事でトラブルが続き家に帰るのが遅れた。
晩飯の弁当と切符買ってホームへ走っていくと、丁度急行ちくまが入ってきた。

ぎりぎり乗れて本当に良かった。この山行、一番の核心だった(かも)。
ちくまはボロい車両で、変な音も響いて全然眠れず。

おまけに小太りの私には丁度狭い。
19日の朝、塩尻でいつも元気なSeikoさんが熱のため帰ることに。

熱燗を飲んで寝るという荒療法?の甲斐も無くまったく残念。
小淵沢へ向かう途中、一昨年ぽっぽ岩登りスクールに参加したという男性が声を掛けてきた。

この方も八つの赤岳とのこと。
小海線に乗り換え、列車が八ヶ岳の裾野をじわじわ登り始めると目指す赤岳や南アの甲斐駒そして富士山が車窓に現れる。

快晴も手伝って素晴らしい景色。
山登りは止めて、このままずーっと眺めていたい気分(嘘)。

清里は観光地化され過ぎて変な町になっていた。
出合小屋までは単調な歩きだったが、
権現、旭の雪襞の山稜が常に目の前にあるので退屈しなかった。

雪は少なく潜っても膝ぐらい。
堰堤を幾つか越していくと、やがて天狗尾根の大天狗が見えてくる。

予想以上に大きなドーム状の岩峰で、
あんなん登れるの?と少し思う。

天狗尾根へは赤岳沢を100m程入って取り付く(トレースあり)。
短いが登りはきつかった。四つん這いで駆け登るSato君が羨ましい。

尾根から旭岳東稜を登るパーティが見えた。
いつかは登ってみたい。

2300m付近で幕営。他パーティが一張。
雪を溶かしてみんなで楽しく水作りに励む。

夕食が終わると即シュラフへ。
Kobayasi君、即いびき。

20日も晴れ。樹林帯を登っていくとテントが一張りあった。
振り返ると崇高にして美しい富士山の姿が。

陽が昇るにつれ、権現と旭が薄紅色に染まる。
やっぱり山はいいな、来て良かったとしみじみ思う。

カニのハサミは左から簡単に巻く(でも落ちるとやばい)。
ハサミの真中も登れそう。第一岩壁で初めてロープを出す。

会長がトップで登る。
右へ5mほどトラバースした後、雪壁を直上。ルート中ここが一番緊張した。

大天狗は右上気味に登り、
バンドに出ると簡単に巻けた。

小天狗は右に見てやり過ごすとやがて主稜へ達する。
登ってきた天狗尾根が一望出来る。

あ~ラッセルが無くて良かった。
主稜線は西風が強く顔が痛かった。

赤岳頂上で記念写真を撮って文三郎尾根を下山する。
行者小屋でテント設営。強風に晒された為か少し頭痛がする。

六テンで水作りをしてみんなで夕食。

最終日も快晴。下山するのが勿体無いくらい。
南沢小滝に寄り道してアイスクライミングを楽しむ。

大滝には泰史と妙子(山野井夫妻)がいたらしく、
その登りを拝みに行きたかった。

八ヶ岳山荘で四日振りに風呂に入る。
湯上りに生ビールがあれば最高だったが、
Furuchiさんと私は電車で帰る為、皆さんと別れバスで茅野へ。

塩尻で1時間程待ったがその後は順調で、
自宅に夜の7時半頃到着。

その他:
天狗尾根のルートのポイントは第一岩壁(と自分で思う)。
その次の第二岩壁の通過も雪が多ければいやらしいかも。

大天狗はバンド手前の垂壁が少し難しい。
雪の状態にもよるがこの時期ピッケル又はバイルは一本でよい。

水作りに漏斗と茶漉しは必携品。
行動中、Grampsさんを会長と呼んではならない。

久々に山を登った~という感じがした。
年に一度はこういう山行をしてみたい。
次回は私がリード出来るよう頑張ります。(天狗尾根限定?)

DSCF0013_convert_20140218172247.jpg

Grampsです:
トレーニング時間もあまりなく、ちょっと心配でした。
特に新人の装備等の打ち合わせが足りなかったと反省しております。

何はともあれ天気に恵まれ計画どおりに完遂できたことで満足しております。

フリーの最高グレードを登った時よりも
雪山のあの雄大な山を登れた時の達成感はやっぱり特別のものがあります。

雪山は楽しい。(フリーも面白いです)

皆さんのパワーを目の当たりにして自分の体力の衰えを感じました。
それでも体力相応に今後も山に向き合っていきたいと思っています。

皆さんよろしくお願いします。

DSCF0002_convert_20140218172014.jpg
八ヶ岳:赤岳・天狗尾根 感想(1)


期間:05.03.18夜~03.21 

DSCF0002_convert_20140218172014.jpg
    

Seikoです。
出発当日、珍しく発熱してしまい、一晩寝れば治るかも?と塩尻までは行ったものの、良くならず帰ってきました。

『山に入ると意外と治るもんやで』とか『荷物持ってあげるよ』などと皆に暖かい言葉をかけてもらってたのですが、
大事をとり断念しました。

行きたかった、カニのはさみ…
PS.一人で塩尻の温泉なんて行ってませんよ、念の為。

DSCF0010_convert_20140218172158.jpg

NanohaBabです
初めての八ヶ岳東面、静かで、いつもと違う景色や雰囲気の中、
好天に恵まれすっきり気持ちのいい、充実した山行でした。

白く輝く甲斐駒、富士山がずっと背にあり、神々しいまでに美しかったです。
とりわけ富士山の秀麗さ、その迫りくる巨大な存在感は圧巻。

やっぱり富士山は別格だなあ。
赤岳天狗尾根は初級のバリエーションと言われているが、
みんなで行くには面白い、なかなかいいルートです。

権現岳東稜や旭岳東稜を見ながら、
次はあっちを登ってみたいと思ったものです。

今回、新人のSatoさん、Kobayashiさんはもちろんのこと
ShokudaさんやFuruchiさんとも初めての山行でそれもとても新鮮でした。

みんなパワフルで頼もしい!楽しかったです。
Seikoさん残念でした。次の機会に。

トレーニングからずっと6人(本番5人)を率いたGrampsさん、お疲れ様でした。

DSCF0011_convert_20140218172224.jpg

小Kobayashiです(新人)
今回は初のアルプス級(3000m)の冬山デビューということもあり3月末ではありますが、
厳しいのではないかと半ば覚悟をして参加しました。

ところが、蓋を開けてびっくりと言う感じで3連休は概ね天候に恵まれ積雪も思った程なく、
終わってみれば1月に行った明神平とあまり変わらず
近郊で雪山ハイクを楽しんでいるといったおもむきでしょうか。

圧倒的に違うのはアルプスならではの雪景色ですね。
富士山、南・北アルプスが一望でき久しぶりに自然の雄大さを実感しました。

又、今回は初の八ヶ岳ではありますが、ボッカあり、登攀あり、
最後には少しですがやってみたかったアイスもさせて頂き結構楽しめました。

楽しい山行を計画して頂きありがとうございました。
山行の詳細な感想は季刊誌に提出する分に記載します。
八ヶ岳:赤岳・天狗尾根 感想(1)

期間:05.03.18夜~03.21     

DSCF0008_convert_20140218172136.jpg

Satoです(新人)。
久々の冬山でしたが、おかげで楽しい山行でした。

3/18:
9時に大阪駅着 Grampsさんより今回のテーマが軽量化であると
うかがっていたのでかなりびびりながら軽量化しておきました。

2泊分とはいえ60㍑で15kgくらい?冬は荷物が重いのが厭だったのですが逆に不安なくらい。
電車では即熟睡。寝癖野郎となる。

3/19:
塩尻でSeikoさん風邪のため撤退。
前日から体調悪そうでしたが、本当に撤退できるところが大人だなと思いました。

いい決断だったと思います。
好天の下仰ぎ見る甲斐駒や八ヶ岳は最高に恰好良く、
とても気持ち良くアプローチ出来ました。

早めのキャンプ設営後外で権現を眺めながら午睡。
それぐらい暖かで条件良かったです。

3/20:
朝、バリエーションの登攀にどきどきしながら装備を身につける。
難所をGrampsさんのリードで越える。頼もしい。

ロープに頼らないことを考えてみると相当怖かったです。
クライミングもっと上手くなればより動作に余裕持てると思います。

計三回ザイル出してもらい、
ガンガン高度稼いで赤岳に登頂。
風も無く周りの山の眺め素晴らしかったです。

3/21:
計画に対して割合余裕のあるスケジュールでキャンプに。
やはり初心者ということで相当リーダーに負担かけていたようです。

ありがとうございました。
軽量化について真面目に考えたのは今回がはじめてでしたが、効果絶大でした。

ただし背負っても登れるだけのトレも相応に大事だと思いました。
より安全に、より速くなるために先輩の動き(たとえばBabさん)盗みたいと思います。

DSCF0014_convert_20140218172305.jpg

Furuchiです。
八ヶ岳東面は雪が多く静かな雪稜登攀が楽しめると知り、
以前から行ってみたいと思っていた山域でした。

今回はその代表的なルートの天狗尾根。
期待が大きい反面、本番の山行が久しぶりの私はテント泊装備を担いでの縦走形式に体力的な不安もあり、
徹底的に軽量化して臨みました。

結果は、思いのほか余裕を持って行動することができ、
登攀具が少なく荷物が軽かったことと、
1日の行動時間が短かったおかげだろうと思っています。

期待の天狗尾根については、率直な感想は、
アプローチが長い割にメインの登攀部分はあっけなかったという気がします。

おそらく3月で、天気も良く、
主な岩場はすべて巻いたせいだろうと思います。

これが真冬で、ラッセルを交え、
岩場を登攀していたとしたら感じ方はずいぶん違うのでしょう。

しかし、岩場でのロープを出す判断や支点の取り方など、
Grampsさんが行動されるのを見てとても勉強になりました。

初めに先頭を任された時に私が考えていたのはその岩場が登れそうかどうかぐらいで、
ここで落ちたらどうなるか、

他のメンバーはどうかなど、
結局は何も考えていなかったと反省しています。

眺望や楽しさに浮かれず、
そういった危険にしっかり対処する事が何よりも大事なのだと肝に銘じました。

3月はまだまだ冬山だと思っていましたが、
日差しは暖かく、一足早く春山の雰囲気でした。

不動でのアイゼンワークから始まって、
Grampsさん、Babさん、Shokudaさん、Satoさん、Kobayashiさんと過ごしたこの山行はとても楽しく、

1年近く休んでいた私にとっては、
山の良さを改めて感じ、勉強になった山でした。
ありがとうございました。

PS:Seikoさん(体調不良)本当に残念でしたね。
次はきっと良い山行ができますよ。また行きましょう。

DSCF0002_convert_20140218172014.jpg