大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

奥美濃シリーズ 金糞岳(奥美濃)、賎が岳(湖北)

期間:2002.03.18~03.19
参加者:Nanohabab、Gramps(大阪ぽっぽ会)

金糞岳

18日0時30分、近江高山の二俣駐車場に到着。テント設営後ビールを飲んで寝ることにする
。これからは会社勤めもなく、今日のように平日にも山に入れるようになる。
北斗七星がきれいに輝いている。明日(本日)天気が崩れるなんて信じられない。

7時出発。晴れている。
100メートルほど入ったところに立派な新しいハウスが5~6軒建っている。キャンプ場になるようだ。
林道にはほとんど雪がない。側を流れる水音が大きい。
ここ2,3日の温かさで雪解けが一段と進んでいるのだろうか。

1時間で追分に着く。ここでブーツに履き替え中津尾根へ。
急登であるが雪もなく落ち葉を踏みしめゆっくり登っていく。この中津尾根:昔は中津尾と言ってた気がする。

そしてこの尾根も車が通おれる林道が2箇所も横切るようになってしまった。
最近のガイドブックにはその横切っているところに車を止めることができると書かれている。自然が壊されていき残念だ。

尤も積雪期には車は入れないから大丈夫である。

今日は大朝の頭で設営し時間があったら頂上に行って来る予定であったが、天気がやはり崩れはじめたので8年前にぽっぽ会山行で宴会した連状の頭に幕営して頂上を目指すことにする。

雪は概ね締まっており歩きやすい。空は段々と雲が出始めてきた。雪の中を黙々と歩いていると何故か幸せを感じる。

今日はアップダウンの苦しさは余り感じない。ただ天気だけがが気になる。
大朝の頭からの眺めは白い山やまやまが幾重にも折り重なって素晴らしい。

晴れていれば最高だろうに残念だ!最後の登り20分で山頂に。といきなり横なぐりの雪に歓迎される。
次回は白倉から八草峠に抜ける縦走をしてみたい衝動に駆られる。早々に頂上を退散する。帰りはやはり大朝の頭辺りより雨に変わる。

自然と足が速くなってきた。テントに着いた頃にはびっしょり濡れてしまった。
ゴアの雨具も2~3年もしたらやっぱり駄目になってしまう。

高いゴアよりも安いものを買って買い換えた方が得策だと考えている。テントに入って乾かして、昨日の睡眠不足もあり早々に寝る。

賎が岳

19日:晴れ。暖かーい!余呉湖の南岸魚釣り場に車を置いて出発。
管理センターで水を貰って登山口に。

整地された急坂な道を登っていくと樹間から余呉湖が見え隠れする。

明治時代に植林された杉林が日陰を作ってくれ汗もかかずに登っていける。
程なく賎が岳の合戦で戦死した茨木の中川清秀の墓に着く。

平日だからだろうか静かなところである。ここより一旦下って登り返す。
この高さまで来ると余呉湖も一望できる。急坂を上り詰めると賎が岳の頂上である。

公園のような雰囲気がある。ここからは360度の眺望を楽しめる
余呉湖が手にとるように見え、その向こうには横山岳くが白見える。昨日登った金糞岳も見える。

伊吹山くも白く雪におおわれている。
雄大な琵琶湖に浮かぶ竹生島も!ここは賎が岳の合戦に付いていろいろ説明してあり歴史の勉強になりました。(すぐ忘れてしまいますが・・・)。

天気がいいので1時間30分も過してしまった。

下りは北に尾根筋を下り琵琶湖と余呉湖の通い道の鞍部から余呉湖に向かって沢筋を下る。そして水鳥のいっぱいいる湖畔を30分くらい歩いて駐車場へ。

あたたかい春のような日差しの下のんびりとしたハイキングを楽しみました。

帰宅して山岡荘八著「徳川家康」の賎が岳の合戦のところを読み直してみる。
スポンサーサイト