FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北アルプス剣岳 源次郎尾根

期間:2001.08.13
参加者:NanohaBab、Gramps       大阪ぽっぽ会 Gramps

8月11日,12日と天候が悪かったため
13日も目的の源次郎平蔵谷の岩壁が濡れていたので源次郎尾根を縦走することにした。
天気が良かったので楽しく登れた。


剣沢を4:45分に出発。源次郎尾根末端取り付き5:50。
すでに大勢の人がいる。20名以上か…

尾根を30㍍登ったところの最初の岩場(木登り)で渋滞。
聞けば我々の前に3つ大学のワンゲルが連なっている。進まない。

これじゃ剣の頂上経由で剣沢のベースに戻れるか心配になる。

2番目の岩場(Ⅲ級)で昨日顔見知りになった九州のA大が先に行かせてくれた。
樹林帯の尾根を只ただ登るのみ。

そして歩きながらお友達になった栃木のB大が次の岩場で先を譲ってくれた。

B大も先行の関西のC大の遅さにはいらいらしている様子。

C大は現役とOBの混成部隊で新人が2人はいっているとか。
「すいません」と最後尾のOB氏。

我々も決して早くはないが、
C大は正直言って新人に岩場のぼりをもう少し練習させてきて欲しいというのが実感である。

「Ⅲ級の岩場をうまく登れない新人に登山靴を履かせて、
その上手袋つけさせて登れ」はないと思うが…

そんなしょうもない事を思いながら我慢しながら後をついて登る。

広い岩場でC大を抜いた(B大もC大を抜いて来た)ころには
樹林帯から開放され周りの景色も見えるようになってきた。
 
Ⅰ峰手前の中谷ルート終了点である広い台地で休憩。

いつの間にか山の懐に入っていく気分になってきた。
後続との差が開き静かな山旅に戻ったせいかな。

続くⅠ峰でものんびり休憩。
八つ峰Ⅵ峰の側壁を登っているクライマーのコールが聞こえてくる。

剣本峰もかなたに見える。山頂に人が見える。

Ⅰ峰からⅡ峰はあっというまである。
懸垂地点には3パーティーが順番待ちしていた。

NanohaBabさんは地蔵さんよろしく岩に腰掛けて昼寝。

1時間待ちの後ようやく我々の番がきた。
30メートルの懸垂を終えこれから頂上までは約1時間とか、

山頂に向かう途中で振り返ってみると4~50人は下らない人の懸垂待ちとなっていた。

最後の人が懸垂を終えるのは一体何時になることか。 

山頂で休憩していたらOWCCのTr居ファミリーが
別山尾根より上がって来た。

剣沢のベースでは我々のテントの隣人である。
山頂での再開はまた格別の感激がある。

途中で泣きべそをかいた3年生のK介君も
父さんからエベレスト最年少記録を作ろうてな話を聞かされたら、

「帰ったら不動岩で練習する」と急に元気になった。

下山は別山尾根を、やはり梯子場で渋滞。
45分待ちでした。剣沢には14時帰着。

なんと雷鳥平へ移動中のHネパールトレ隊に会う。
今日は剣沢に留め置き一杯飲むことに決まる。

そこそこ飲んだ頃Ao木OWCC隊、Tr居ファミリー隊も到着。
楽しい1日でした。
スポンサーサイト