大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

夏山山行北ア剣岳・八ツ峰Ⅵ峰・Dフェース・富山大ルート                

期間:2000.08.11~08.14  
       
8月11日:
東京単身赴任中、新潟出張の延長でそのまま富山に入いり、
富山地鉄終点の立山でビバークして、大阪組みを待つ。

8月12日:
朝一番5:30発の整理予約券を得る為に4:30分より並ぶ。
Yam本1号さんよりテレが入る。

彼らは今駐車場にいることが分かる。
一番ケーブルに乗ってバスに乗り継ぎ室堂入り。

バスの荷物券はコンパクトにしていたので私のみ払わずに済んだ。
室堂では時間が十分有るためゆっくり準備して8:00に出発。

2回程休憩を入れて剣御前小屋に10:00に到着。
ベースである剣沢には10:30に到着する。

テント3張設営し終えた頃にO見さんが到着。
これで7名、後大阪よりバスで直行のKis川さんだけとなる。

早速宴会モードになるも疲れている人はすぐに昼寝。
Kis川さんがなかなか来ないので心配になる。

2時頃迎えに行ったO見、I東と元気な姿で到着。先ずは一安心。

飲んで眠っているMiy本君(ミヤモ)を起こして明日登攀する予定の平蔵谷中谷ルートの取付点の確認に出かける。
どうにか取付き点は分かった。

往復3時間弱の行程であったが飲んだ後の3時間はしんどかった。

8月13日:
天気予報によれば、午後から雨とか。
中谷ルートは9ピッチ有り時間も掛かりそうなので行くべきかどうか迷う。

結局午前中で登れる6峰Dフェース富山大ルートを登ることに決定。
このルート7年前に登ったことがある。

あのときは熊の岩にツェルとを張って、Ban東さんと岳僚のSakur田君と登った。
元此花のHayasさん、元豊中のSyou司さんもいた。

彼らは前日八峰Ⅰ峰から縦走して遅く帰幕したため、
我々が富山大ルートを登るこの日は休養日としていた。

我々が登っていた時ラジオを聞いていたHayasさんがⅤⅥのコルよりⅥ峰まで駆け登ってきて、
上から岳僚の三人がグランドジョラスで遭難したと知らせてくれた。

我々は急遽登攀を中止して帰阪したことがあった。

今日はこのルートをMiyamoと再登。
今年は残雪が多い。岩壁の取付き点へは二重の雪の壁が出来ていた。

なかなか取付けず岩壁をヘツッテやっと到着できた。

富山大ルート

1ピッチ目:top:Gramps:Ⅳ+:濡れている。
被り気味の岩を越えて凹角沿いにやや左上した後ピッチを切る。

フォローのMiyamo を確保していたら指先がジンジンしてきた。
今登った岩の冷たさのためだ。

2ピッチ目:T-Miyamo:Ⅲ:凹角を左上してかぶった岩を左から巻いて上がったところでビレー

3ピッチ目:T-Gramps:Ⅲ:2P目を少し手前で切ってしまったため、5m登ってビレー。

4ピッチ目:T-Gramps:Ⅳ+~Ⅴ-:少し左に移動して立った岩を登る。
Ⅴ-とあるがピンが沢山あるので脆くても安心感がある。

高度感があり登っていても気持ちの良いピッチである。
セカンドのミヤモホールドが一箇所抜けビビリ。

5ピッチ目:T-Miyamo:Ⅲ:左上バンドに沿って登りDフェースの左端に出て、直上5m位してビレー。

6ピッチ目:T-Gramps:Ⅳ:リッヂをどんどん登っていく。
Ⅳ級グレードとなっているが、Ⅲ+程度の気がする。

7ピッチ目:T-Miyamo:そのままDフェースの頭まで行って終了。

隣のCフェース組(O見-Kit川、I東-Ima立)パーティーも終了している模様。
Dフェースの頭に集合して。下山開始。

ⅤⅥのコルへの下山路。
どこでどう間違えたのか、通常のルートからルンゼ1本北側に懸垂で降りてしまった。

O見、I東の健闘で無事ⅤⅥのコルに到着。

下山に4時間も費やしてしっまた。
今日の登攀の核心部は下山路となってしまった。

これから長ーいながいベースまでの道のり。
それでも5時には帰着できた。

夕食前の一時メロンあり、オレンジあり勿論ビールありで楽しく過ごしテントの人となる。
スポンサーサイト
つづら岩 関東・奥多摩

期日:2000.08.05               
参加者:Ahchan、Mr崎さん、Gramps

8月1日、我が家・本八幡で東京在住のMr崎さん、Ahchanと3人で東京支部発足。
第1回例会と銘打って水炊きパーティーを開く。

残念ながら飲みすぎて何を話し合ったかは記憶に無い。

無論Mr崎さん、Ahchanも帰宅できず我が家に泊まっていかれた。

ただ1つ、今週末は私が帰阪しないからどこかへ行こうとと言うことになり、元ぽっぽ会のIs原君を賛助会員に勝手に決めて、奥多摩のつづら岩に行くことに決定したことだけは憶えていた。
 

8月5日:前日Mr崎さんは福島出張で帰宅が遅くなる。
私も先輩の定年送別会で帰宅が零時、就寝が1時となり、
何故か眠れずに朝5時起床は厳しかった。

Mr崎さんも帰宅が1時半だったとか。
それでも2人とも何とか遅れずに最寄の駅・JR本八幡駅に6時15分集合できた(Mr崎さんと私は偶然にも住まいが5分とかからない所に住んでいる)。

コンビニで朝食弁当を仕入れて、Ahchanとの待ち合わせ場所の新宿駅に向かう。

ふっくらしたあのニコニコ顔のAhchanも予定より早くついたようで、
ホ-ムでぶらぶらと時間待ちしていた様子。

ここから武蔵五日市に向かう。
快速に乗ったところで携帯にMy本君からメールが入る「帰国したぜ。大阪は暑い!登頂でけへんかったが6600mまで登った・・・満足!」

彼は南米ペルーのトクヤラフ山に行っていたのだ。
早速返事「おめでとう!??、こちらは、ぽっぽ東京支部初例会で1000mの岩場に向かっているのじゃ」と。

次にNanohaBabさんからメール「山にいけていいですね、気をつけて!」「ありがとう」の返信。

Babさんは先月末唐沢岳幕岩を最後に連れ合いの介護で山にいけないのだ。

五日市からはバスに乗り換える。
睡眠不足で早速舟をこぎ始め、Ahchanの「降りますよ」の声で、慌てて飛び降りる。

目指す岩場はここから徒歩2時間の急登・標高1000mの地点・山頂部にあるそうだ。

睡眠不足か、歩き出しは調子が出ずしんどい。
それでも汗が出るに従い体も戻ってくる。

Ahchanはトレーニングと称し重量ボッカ。
軽量化のMr崎さん、Grampsは先にどんどん進む。

途中2~30mの滝の前で休憩。

ここからは尾根上の急登。
つづら折れで登ること30分、目的のつづら岩南壁の基部に到着。

汗びっしょりであるがさすが1000mの高さ、汗は直ぐに引いた。
ここまで来ることで今日の課題は半分こなせた。

十分休憩して用意を始めたら、「靴が無い!」とMr崎さん。
私も昨夜は相当飲んでいるが、お陰で私がトップの栄光に。

1本目:胎内くぐり:
胎内では後ろにぶら下げたジョッギングシューズと前にぶら下げたペットボトルのせいで、抜け出れなくなり焦る。

Ahchanは「胸がつかえて・・・」何とか言っておりました。
Mr崎さんもやはり大変だったようで、汗びっしょりでビレー点に到着。

ビレー点がコル少し手前のためで風の流れ道に少し足りずビレーしていても暑い。
それでも初めてのところは本ちゃん気分が味わえて楽しい。

2本目:
クラックを左上して(少し嫌らしい)、直上。
上部は外傾気味でビビリが入るところがあった
(両手を伸ばして、両手ともアンダーホールドを取り、そのまま少し上がって右手アンダーのまま左手を見えない先に伸ばしてのホールド探しは厳しかった)

トポではⅣ級となっているが、途中でⅤ級のルートに入ったため上記のポイント通過になったようだ。
Mr崎さんがスニーカーで苦戦、頑張っている。AhchanはA0パワーでクリアー。 

ここで昼食。私は先週の幕岩の行動食の残りとおにぎり、パン。
Ahchanからボッカ用缶詰を頂く。

さすが関東のガイドさん、良いものを持っている。「ありがとさん」。
疲れたから止めようと言うのに、「2本じゃ大阪本部に報告書を出せないよ」という声にもう1本登ることにする。

3本目
外傾気味の出だしから左上後直登して15m程で、
左にトラバースと直上のルートに分かれていたが、
トラバースのほうは易しすぎる感がしたので直登ルートをトライする。

剥がれそうなフレークが4m続く。
レイバックでこなすんでしょう。1mくらい登った所にピンが1つある。

その後はノーピン。剥がれそうなフレーク、怪我したら損とマイナス意識が働き、
降りて左にトラバースして5mくらいして、左上した辺りでロープが急に重くなり登り辛くなってしまった。

少し降りてピッチを切り、2人に登って来てもらう。
直上のつもりでランニングビレーを取ったため、ロープの流れが悪くなってしまったのだ。

2P目はそのまま直上して終了。

帰りの下山路は疲れているせいか登りよりも長く感じられた。
予定していた最終バスに乗り遅れ20分先のバス停まで追加歩行。

帰路新宿で牛タンとビールで乾杯。天候が急変して外は豪雨、内は激飲。またまた飲みすぎだ。

帰ったら着替えもできず、そのまま寝入ってしまう。
気が付いたら3時半、風呂の水(お湯を入れたつもりがスイッチの入れ忘れ)がざあざあ流れっぱなしでありました。 「東京一人暮らしの巻き」

以上