大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・涸沢岳西尾根~涸沢岳~北穂高岳~大喰岳~槍平

期間:1999.12.30夜~’00.1.3
参加者:Kotetu 、O橋、NanohaBab、Gramps

12月30日、31日 
大阪からいつもの急行ちくまにて松本入り
タクシーに掛け合って安くしてもらい新穂高入り。

時間を稼ごうとして奥に行けるだけ入ってもらうようにお願いする。
駐車場入り口辺りより雪が現れ、やがて轍も深くなりタクシーの腹を擦りながら進む。

大丈夫かなあと心配していたら、100mも進まぬうちに轍もなくなりついに立ち往生。
Uターンも出来ず全員降りて押しながらバックさせる。

あと20mで雪がなくなるところまで来て動きが取れなくなってしまった。
近くにいた登山者2人に助けを求めやっと脱出できた。

思わぬ時間のロスとなる。駐車場で服装を整えて出発。

2回の休憩を入れて涸沢岳西尾根の取り付きに到着。
いきなりのしんどい急登で先が思いやられる。

今日の日程は余裕があるので、ゆっくりしたペースで登りはじめる。
途中、九州は八幡から来た賑やかなパーティーを追い越す。

中2人は転勤とかでで横浜から来て合流したとか。
単身赴任で東京にいる私も「どこから来たんですか?」と聞かれると「大阪から」と答えて、

その後直ぐに「東京に単身赴任してますから・・・」つい聞かれていないのにしゃべってしまう。

その後福島労山パーティーに出会う。
大阪でちょこちょこ会っているのに、山で会うとなぜか懐かしく思える。

直ぐに休憩談笑となる。
しんどいからついつい休憩も長くなてしまうが、

そうもしていられないので出発。
何度かの休憩を入れながら登ること3時間。

上部より「ぽっぽ~!」の声が聞こえてくる。
昨夕より新穂に泊まっていた「ぽっぽ奥穂組」のMoさん、Yukko、O島、Yam本パーティーが

2,400m地点で幕営準備をしている。

われわれも少し時間が早かったが、今日はここで泊まる事に決める。
今日は時間が余った分飲みすぎたようだ。

1月1日
起床3:00。奥穂組に遅れること30分。
5時30分出発。福島組はまだまだ夢の中のようで。

天空の東半分が星と月、西半分はガス。
時おり雪混じりの風が頬を打つ。

蒲田富士手前で明るくなり、上方を奥穂組が登っていくのが見えコールしあう。
ここでKotetu君がキジうちの為、20分休憩。寒い!

蒲田富士の雪稜はほぼ水平で気持ちよく歩ける。
ここからの登りの左側は絶壁となっているがなぜか雪庇がでていない。

まもなく涸沢岳山頂に到着。風が強い。
直ぐに引き返し北穂への急な下降点へ。

そこは鎖場である。
気を遣いながら下りるのが面倒くさいと言うことですぐさま懸垂下降に変えて降りる。

ここは数年前ぽっぽ会山行で屏風岩―前穂東壁―滝谷の継続登攀中、
落石事故に遭ったところである。

その後北穂高岳までの道で
「ここは滝谷4尾根から登りきって出てくる所かな」、

「ここがドームあたりかなあ」とか「
松涛岩だ」これは登ったぞとかしゃべりながら進むうちに、

いつの間にか北穂のピークに着いた。
縦走も楽しい。

北穂高に近づくにつれて風も弱くなってきた。
それでも北穂小屋周りは強い風が吹き抜けている。

13:30冬季小屋に到着。
少し早いが仕方がない。今日はここに泊めさせていただく。

小屋の中は温かい。有りがたいことだ。
我われ以外の宿泊組は2パーティーである。

1月2日
4:00起床。餅入りラーメンで朝食をすませ、6:00出発。

小屋からはいきなりの急降下のため、
明るくなってから行動を開始する。

最初の7~8mが厳しそうである。
Kotetu君に先行してもらい、
テープを繋げて補助テープをつくりO橋、続いてBabが下りる。

B沢のコルまでに不安のある個所はザイルを出して下降する。
自分はロープなしでも下りれると思うところでも

他の人はどうだろうという判断はきわめて決めにくいものです。
もしロープ無しで失敗したらという気がついつい出てしまい、

安全に、安全にということでロープを出してしまいます。
パートナーはこんな時どう思っているのでしょうかね。

皆さんはこんな時どのように判断されてやっているのでしょうか?
パートナーに問うのでしょうか?

B沢のコルで御嬢さんたちがお花摘みタイム。
その間Kotetu君は周りの景色を写真に収めていた。

私はこれから向かう稜線を何気なく眺めていたら南岳を一人で登っている人が目に入ってきた。
なぜか、トレースがついている左側を歩いている。

目を左に転じて滝谷を眺める。
次回は登ってみたい衝動に駆られる。

クラック尾根を目で追ってみる。
ルートは判然としない。

お花摘みを待つこと20分。再出発。

天気も良かったので大キレット下降もそんなに無理せずに降りれた。
後は南岳の登り。

見上げるとぞっとする高さだ。
はしごを2回登り、

その後は2~3級の岩稜を登って南岳小屋に11:45分に到着。
風が強い。

風のあたらないところを探すも周辺に適当な場所が見つからないまま大休止。

この頃より太陽も陰り始め、
天候が下降気味になってきた。

今回の幕営予定地はここ南岳にしていたが、
時間もまだあるので大喰を目指すことにする。

この辺りからは単調にただ雪上を歩くといった感じである。
朝見た南岳を単独で歩いていた人がトレースの左側を歩いていた訳が分かった。

トレース上は歩くたびに足を取られるため、
まだクラストしているところを歩いていたのだ。

南岳山頂を過ぎた辺りからKotetu、O橋のペースが急に速くなり、
あっという間にその差が開いてしまった。

こちらも一生懸命歩いているのだが、
その差が縮まらない。

中岳手前で休憩をお願いする。
中岳の登りは大したことのないように見えたが、

実際登ってみると思ったより長くきつい。

トップのKotetuがゆっくりゆっくり登ってくれたので助かった。

中岳からの下りは梯子と2~3級の岩稜で、
下り終えるとすぐに大喰岳への登りへと続いている。

ここも雪稜である。
今度の登りは自分のペースで先行してみたら比較的楽に登れた。

Babさんが続く。
すると今度はO橋、Kotetuが遅れ始める。

二人は我われ年寄りに気を使ってくれているのかな?
大喰岳山頂は広い台地状のため、

吹雪かれたらルートファインディングが厳しくなるだろうなあと思いつつ14:00に到着。
ここで槍をバックに記念写真を撮り、天候を考えて今後の行動予定を検討する。

今晩より崩れるのは間違いなさそうなので、
槍行きは諦めて大喰岳西尾根を下山することに決定。

下りながら「悪天下の槍を登って、そしてラッセルして帰れば冬山なんだがなあ。いやいやそんな実力なんてありゃしないぞ。そんなことをしたら初出勤に間に合わせんぞ」

といつも途中で撤退した時に思うことが今日も頭の中で考えている。
16:30分槍平冬季小屋に到着。

今夜も小屋の中で暖かく寝られる。やっぱり雪が降り始めてきた。

1月3日:
5:00起床(私のみ。公式記録は5:45)。
8:00出発。昨夕より降り始めた雪は今も降り続いている。

我われより先に2パーティーが出かけているのでトレースが少し残っている。
苦労せずに進める。

2時間半で穂高平小屋に到着。
甘党のO橋さんはぜんざいを、

他の3人は温かいミルクティーを飲んで一息入れる。
新穂高温泉に着いた(11:50)頃には雨混じりの雪に変わっていた。

風呂に入りタクシーで松本に。
松本からは皆と分かれて一人単身赴任先の東京へ。

今回の山行は前回11月下旬の西穂~奥穂に続いての縦走であったので、
槍まで続けたかった。

残念。でも満足した山行でした。

12月31日:新穂高温泉7:30~穂高平小屋8:30~白出小屋9:40~涸沢岳西尾根1780m地点10:30~2035m地点12:00~2400m地点12:40
1月1日:2400m地点5:30~涸沢岳9:00~北穂高岳冬季小屋13:30
1月2日:小屋6:00~大キレット登り梯子10:30~南岳小屋11:45~大喰岳14:00~槍平冬季小屋16:30
1月3日:小屋8:00~穂高平小屋10:30~新穂高温泉11:50
スポンサーサイト