大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

八ヶ岳・縦走、中山尾根、赤岳主稜 
   
期間:1995.12.29夜~1.3
参加者:Yu良、Kuri、NanohaBab、O見、I東、Eno本、Ko寺、Banri、Gramps

12月29日、30日:
大阪駅21:03発・ちくまにて茅野着6:15分。7:00タクシーにて美濃戸口7:40、8:00出発~行者小屋に13:00到着。

テント設営後、釈尊稜取り付きを偵察に行く。
晴れから曇り後雪。

Babさん初めてのツエルト生活。
夜非常に寒かった。

12月31日:快晴 
4時起床。7時出発。今日は縦走。
ゆっくりした歩みで赤岩の頭へ。

稜線は風がきついが快晴のため見晴らしは抜群。
富士山もくっきり見え最高の縦走日和であった。

14:00頃、阿弥陀岳南稜縦走隊が到着。

出発7:00~赤岩の頭~硫黄岳~横岳~地蔵尾根~ベース13:30

1月1日:中山尾根
今日は釈尊稜隊と中山尾根隊に別れて登攀。

釈尊稜隊はO見、Eno本、Ko寺、I東、Banriの5名。
中山尾根隊はYu良・Kuri、Bab・Grampsの4名。


昨夜より時おり雪が降っていた。
起床時はガスっていた。出発時もガスの中。

今回は2番手。順番待ちの寒さを避けるためにできるだけゆっくり歩くように心掛ける。
先発隊はその気持が通じずに、上部で我々を待ってくれている。

我々の目論見が無駄になる。
取り付き地点に着いた頃、天候は益々悪くなり、風雪も時折り強くなる。

Yu良君が例によって「やめようよー!」とYu良節をうなる。
それをしばし無視の体勢でいる。

諦めて登り始める。

2ピッチで雪稜へ、その後はコンテで上部岩壁帯へ。
核心部:先行のセカンドKuriさんがてこずっている。

サゼスチョンをしながら、続いて登る。
チムニーを越えて3mくらいのところでビレー。

セカンドが少し登ったところで、ザイルが動かなくなる。
先行パーティーもトップとセカンドの連絡がうまくいってないようだ。

こちらもコールするも、笛を吹くも全く連絡がつかなくなる。
ロープサインをするもだめ。

どうしたものかと心配になってくる。
この間約30分。

ようやくロープが動き始めホッとする。
後で聞いたら、ウォートホッグが回収できなかったようだ。

このウォートホッグは先行パーティーが打ち込んだもので、
セカンドが外すことができなかったのでそのままになっていたものである。

本当にご苦労様でした。
やっとのことでビレー点に到着。

「すみません。寒かったでしょう?」と聞かれると、おかしなもので急に寒さを感じ始める。

続いてつるべで登ってもらう。
最後の岩壁の前でビレーをしてもらい、続いてつるべで終了点へ。

コルでビレーして待つこと20分。
登攀終了。

嬉しかった!完登できたのだ。

逕サ蜒柔convert_20100930102730
中山尾根終了点附近

この頃より天気も回復。
今朝の天気が嘘のように快晴となる。

Yu良君に写真を取ってもらい、4人でベースへ下山。

小屋でビールを飲みながら釈尊稜隊を待つ。
Ko寺、I東君が元気に帰着。

続いて疲れた顔の万ちゃん。
今登ってきた所を思い出しているようなEno本さん。

最後にいつものパターン:他のパーティーとわいわい言いながら帰って来たO見君。
釈尊隊は取り付きが分からず無名峰を登ったようだ。

2ピッチ登って引き返してアイスクライミングに変更したとか。

出発5:40~ベース帰還14:00

1月2日:赤岳主稜、小同心クラック

小同心へはO見・I東。
赤岳主稜はYU良・Banri、Ko寺・Eno本、Bab・Grampsの6名で出発。

今朝は快晴。
今日もラストのためできるだけゆっくり歩いて取り付きに向かう。

取り付き下降点まで1時間。
案の定先行2パーティーはその地点で我々を待っていた。

昨日と同じ状態になってしまった。
ゆっくり行く訳を言っておけば良かったと反省。

取り付き点で待つこと1時間。
寒くて2回ももよおす。

そのたびにハーネスを外さなくてはならず情けない。
7時半スタート。

1ピッチ目:Grampsリード。
何年か前と比べて今日は易しく感じる。
雪が着いていないせいだろう。

2ピッチ目:フォロー。

3ピッチ目:トップ。

4ピッチ目:フォロー。
ここまでは雪が少なくガラガラの石の上を登る。
時々ロープが擦れて落石を起こす。

5ピッチ目:トップ:
先行パーティーが苦労しているので右に回り込んで、
リッジ通しに登って先行パーティーを追い越す。

続いてKo・Eno本パーティーも我々に追随して登って来る。
このピッチでBabさん握りこぶし2つ分くらいの石を引っこ抜きビックリ。

人のいない方めがけて放り投げる。

6ピッチ目:フォロー:

7ピッチ目:トップ:このルート実質登攀終了。
ここよりコンテ。

逕サ蜒・001_convert_20100930102805


記録がここまでしかない。残りは記憶もないので山行文ここで終了。

 

スポンサーサイト