大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

屏風岩と涸沢周辺 
                     春山合宿     
期間:1995.4.29夜~1995.5.6           Gramps

4月29日・30日:

大阪21:03発→松本4:02→(タクシー)→上高地5:15,6:15~明神池7:00、7:25~徳沢8:05、8:35~横尾9:30、10:00~屏風岩T4尾根取り付き12:00~屏風岩T416:00、設営終了18:00。

逕サ蜒・002_convert_20091128190010
北穂高岳山頂にて

Y良君と二人で先発する。
上高地より既に雨が降り出し雨の中、横尾まで歩く。

この辺りで雨はあがるも、今後の天気予報はよくないこと分かっていたが、T4に向かうことにする。
岩小舎辺りで梓川を渡渉。

運良く立ち木が横たわっていたのでバランスを取りながらその上を渡る。濡れずにすんだ。
重荷を背負ってのT4尾根の登りは辛かった。

逕サ蜒・005_convert_20091128190126
Gramps、I東、Hachan、Mieちゃん

T4近くの雪の状態はこの正月より悪そうだ。雪を削ってツェルトを張る。
落石を避ける為、岩にできる限り近づけて設営する。(夕食はキムチピラフ、マグヌードル、生姜湯、コーヒー)

5月1日:雨。

一日停滞。

時々落石あり、フライシートが破れる。
朝食はキムチリゾット、コーヒー、お茶。昼食は抜き。夕食はカレーピラフ(リゾット風にアレンジ)、お茶。一日中気圧を計っていたが悪くなる一方。

5月2日:雨のち曇り。

雨も小降りになってきたので登るか、撤退するかを考えたが、

1)落石が続いていること。
2)上部の雪の状態を考慮して撤退することに決定。

撤退に当り落石に最大の注意を払う。梓川も増水中。運良く1ヶ所スノーブリッジが残っており、渡渉せずにすむ。

逕サ蜒・010_convert_20091128190343

涸沢に着いたけど登攀具から寝具までずぶ濡れになってしまったので今夜はヒュッテに泊まって乾かすことにする(素泊まり5000円)。
(朝食ガーリックリゾット、コーヒー。昼食:行動食。夕食:きのこリゾット)わびしい!

5月3日:

奥穂高岳。
8時まで晴れ、11:30まで曇り、16時まで雨、以降曇り。今日は天気がよい。

北尾根縦走にしようかと考えたが、昼から後発隊が入山してくるので、奥穂高岳をピストンすることに決める。

逕サ蜒・011_convert_20091128190415

快晴は出発して1時間のみ。それ以降はガスの中、とにかく頂上目指して登ってきただけ。帰りの奥穂山荘のうどんは美味しかった(600円)。

11時半頃より雨になる。涸沢の場所取り(3箇所)。次から次へと登ってくるパーティーでテント地がどんどん埋まっていく。

雨の中、後発組みを待つ事2時間半、15:30分に到着。
早速テントの設営にかかる。雨も上がり始め、明日は期待できそう。

逕サ蜒・001_convert_20091128185949
涸沢小屋のテラスにて

起床5:00、出発7:00~奥穂山荘8:40~奥穂高岳9:40~ヒュッテ11:30

5月4日:北穂東稜
今日は北穂の東稜から頂上へ。総勢12名。3班に分かれて行動する。
東稜は初級バリュエーションルート。雪山初めての人もいて少し緊張していたが、全員楽しく無事に登攀できホッとしました。

逕サ蜒・004_convert_20091128190055
北穂高岳・東稜

ベースにいるMoさんとも交信しながら楽しい一日でした。
本日は曇ってはいたが視程はよく遠望も楽しめた。16時頃より雪に変わる。

起床3:00出発5:20~北穂高岳10:30~BC11:50

5月5日:散策&ラッセルトレ

昨日降り始めた雪が今朝も止まず、一日で積雪も15cm位になる。
岳稜の連中が作ったイグルーを訪問して歓談して一時を過ごす。

逕サ蜒・007_convert_20091128190241
Nk岡君と(イグルーにて)

9時半頃より雪も止み、一転快晴となる。ラッセルトレを兼ねて、屏風の頭まで行くことにする。
Moさん、Y1号さんはテントキーパー。

雪崩を警戒しながらトラバース気味に最低コルを目指す。
クラストしていれば最低コルまでは短時間で行けるのに、本日は意外に時間を要した。

ルートファインディングの拙さもあり、時間切れで屏風の頭は諦め最低コルより引き返す。
雪山歩行訓練になったかな?私自身は体力トレが出来満足でした。

起床3:00出発10:40~北尾根最低コル14:30~ベース16:00

5月6日:下山

逕サ蜒・014_convert_20091128190621

下山日なのに天気がよく残念だが、雨であれば尚悪いと思って諦める。
Moさん先頭に行進が続く。

上高地まではボッカトレをする。意外と早く到着した。
松本でいつものお亀の湯に入り1週間の汗を流す。

番台のおばちゃんにやっと初孫が出来たそうだ。その後駅前の江戸屋で打ち上げ。帰路に着く。

逕サ蜒・017_convert_20091128190813
打ち上げ
起床5:00出発8:00~上高地12:45~松本14:00、16:04→大阪

今回の山行で感じたこと:
1) 前半の山行であのまま屏風が登れたのでは?やめた要因は

イ) 上部の雪の状態が不安であった。
ロ) Y良君と荷揚げシステムの練習をしていなかったこと。
ハ) 落石の危険。

2) 雪山を既に経験している人はこの山行をトレーニングの場として自分自身にもっと積極的に負荷を加えて欲しかった。

3) 雪山初の人は、教えてもらう意識から自分で学ぶ意識を持って欲しい。雪山に付いていろんな本を読んで知識を深めて欲しい。

4) 夏山、冬山に続いて今回も大勢で山行が出来たことに感激。

5) ピンチヒッターで参加してくれたMoさん、Hi口さんありがとうございました。

6) 今回参加予定していて、参加出来なかった牧師さん、Mr田さん、Oz沢さん、Koteちゃn、次回は是非ともご一緒しましょう。
そしてサリン事件の影響で参加できなかったアーちゃん、次回は参加できるように祈っています。

参加者:
1号さん、美ちゃん、Mieちゃん、Kurichan、Yu山、初ちゃん、Moさん、Hi口、Yu良、Banちゃn、O見、I東、Gramps。
スポンサーサイト