大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア 鹿島槍北壁 ピークリッジ

修正Reup

期間:1993.12.29~1994.1.4       大阪ぽっぽ会 Gramps

参加者:K玉(北斗岳友会)、Y崎、O田、M本、U山(岳僚)、I原(YCC)、Gramps(ぽっぽ会)

総勢7名で出発。僕のパートナーはI原君(現YCC、当時岳寮、元ぽっぽ)である。

12月30日(晴れ):
信濃大町5:30着。大谷原のスキー場への分岐までタクシーを利用。
ここで身支度を済ませて6:30出発。大冷沢(五月はタクシーでここまで入れた)を渡り大川沢に沿って進む。

逕サ蜒・009_convert_20090314184311

荒沢出合いまではトレースがあり楽をしたが荒沢に入った途端そのトレースもなくなりラッセルを強いられる(どうやら先行隊はここで引き返したようだ)。

後で分かったが彼らはテントポールの不具合があり購入のため松本まで引き返したとのこと。

逕サ蜒・010_convert_20090314184330

200メートルほど進んだ地点に天狗尾根の入り口の目印があった。
ここより尾根に取り付く。所々凍結しておりアイゼンを付けていて助かった。

急登は1時間ほどで後は1800メートル地点まで只ただラッセルである。
14:15分到着、M本・U山パーティーはツエルト。

残り5名は6人用ダンロップで幕営。
ツエルト組みはジフィーズ、我われは豪華な鍋料理である。

若いO田(現T梨)、I原君ボッカありがとう。

 12月31日(曇→雪):
6:30出発。既に出発していた他の会の2パーティーに30程で追いつきラッセルを交替。
ここからベースの天狗の鼻までは我われパーティーが先行して進む。

天候が悪くなるほうに進んでいるのが分かる。

第一クーロワールは30~40mの雪壁。
ロープをフィックスして登り再び尾根上をラッセル。

第二クーロワールも雪崩が心配なのでロープを出して登る。
今回のベースである天狗の鼻には14:15に到着。

天候もいよいよ崩れ始める。テント設営と時を同じくして風雪が強くなってきた。
あと30分も遅れていたらさぞかし大変であったことであろう。夜半ますます風雪強くなる。

逕サ蜒・011_convert_20090314184350
Y崎さんと

1月1日:風雪強く、即停滞と決定。
風がテントを強烈に叩く。
皆で中から支える。テントの形が次第に変形し始める。

風の切れ目も段々と短くなり、
テントも支えきれなくなって押し潰された饅頭の中にいる状態になってきた。

一番風上に寝ている私は押し潰されてしまうのではと不安も頂点に達する。
それでも正午過ぎにはこの狂乱も山を過ぎたようでほっとする。

天候も急速に回復しだしている。テントから顔を出してみたら青空が見える。
只風は相変わらず強く吹いている。が全員安堵。

外に出てみると北壁がくっきり見える。みんな食い入るように見ている。
真っ白な斜面と黒々とした岩壁、その後ろの紺碧の空が美しい。

みんな明日はあれを登るのだと高揚しているようにみえる。
ポールから外れたフックをシュリンゲで括る。

M本・U山組のフライのジッパーは吹っ飛んでしまっている。
他会のエスパーステントのポールが1本折損。

われわれのダンロップはフックが外れてしまう欠点がわかった。
ここは風の通り道のようだ。

16:00帰着予定で偵察に出かける。(U田、Grampsはテントキーパー)

1月2日(晴→風雪→曇):
逕サ蜒・012_convert_20090314184407
出発準備(背中はU山君)

6:00出発。最低コルよりロープを出して約120mをトラバース。
ピークリッジ取り付き7:30。

M本、U山組は更にトラバースして直接尾根に向かう。
われわれはI原・Gramps(P2)、
とK玉・Y崎・O田(P3)とそれぞれ分かれて登攀開始。 

1P:T・Gramps:雪壁を50メートル登って木でビレー。

2P:T・Is原:左の尾根通しか右のルンゼ状の所を登るのか迷ったがルンゼ状を登る。

垂直に近くダブルアックスで登るもいつ崩れてもおかしくない状況のところを
時間を掛けながらも着実に登っていったI原君には敬意。

逕サ蜒・013_convert_20090314184427
2ピッチ目をフォローするGramps

3P:T・Gra:ハイマツ上の薄氷とその上に積もった不安定な雪の上を右に左にと40メートル伸ばす。

逕サ蜒・014_convert_20090314184447
3ピッチ目のリード

4PT・Is:ハイマツから雪壁へと40メートル。

5P:雪壁を大きくトラバースした後稜上に出たいのだがふかふか雪のため乗っ越しが出来ない。

さらに2メートルトラバースして木登りをする。
途中ノ―ビレーのためスリップしたら30メートルは滑落である。

必死の思いでテラスに到着、ビレー。(ゴーグルを潰してしまった)

6P:再び雪壁を40メートル直上して岩壁基部にてビレー。

逕サ蜒・015_convert_20090314184510

7P:岩壁を10メートルほど直上して右に6~7mトラバースするもピンを打つところがない。

トラバースは何回経験しても嫌なもんだ。ここからは7~8mのチムニー。
ハーケンを打ったら岩が崩れてしまう。

また適当な場所を探して打つ。今度は崩れない。しかし余り効いていない。
50cm上の草付きにウォートホッグを念のために打ちたす。

落ちたら2本とも効かないだろうなあと思いつつ、
いつものように「I原君、頼むぜー!」「ハイィ!」と頼り甲斐のある返事が返ってくる。

いつもやばいところはこの声で登らせてもらっている。
チムニーを越えて3mくらい登ったところで確保。

逕サ蜒・016_convert_20090314184530

8P:そのまま5mほど直上後右上して稜に出、再び直上。

9P:雪稜を直上してコルに。(P3パーティーと合流)

10P:4級クラスの岩登り。1ヶ所シビアーなところあり。いずれにしても岩が脆い。

11P:雪稜を50mザイル一杯伸ばす。

12P:荒沢の頭に向かってザイルいっぱい伸ばす。

この頃より私の足の動きが鈍り始める。
荒沢の頭ではP3パーティーが待ってくれていた。
(15:50)甘い紅茶で乾杯した後天狗尾根を下る。

逕サ蜒・017_convert_20090314184553
無事完登を祝う左からO田、K玉、Y崎、Gramps

2度目の懸垂下降地点でトラブリ4時間も掛かって19:50ようやくベースに帰着できた。
(3ピッチ~9ピッチまで風雪)

1月3日(晴→雪→曇→雪):
今日は天狗尾根を登って鹿島槍往復の予定であったが
直接尾根を徹夜で登っているM本・U山パーティーと連絡が取れないため取りやめて、万一に備える。

10時に迎えのためテンバを出発。
14:00天狗尾根と東尾根の分岐より東尾根へ50m下ったところに2人を発見。

我われがあと10分遅れていたら彼らと出会えていただろうか?
彼らは天狗尾根を下りるべきところを東尾根へ入り込んでしまっていたのだ。よかった!

お互いの完登を祝福。と2人の夜を徹しての登攀、体力、気力には畏敬。

逕サ蜒・018_convert_20090314184610
つかの間の晴れ間の鹿島北壁をバックに(ベースの天狗の鼻)

1月4日(雪→曇):
6:45下山開始(帰途に向かう)。他会のパーティーは昨日中に下山。
昨夜からの雪でトレースは全くなし。今日中には下山は難しそう。

交替でラッセルし2つのクーロワールは懸垂で通過する。

逕サ蜒・019_convert_20090314184628

途中一ヶ所迷ってロスタイム。それでも1800m台地には12:00に到着できた。
今日中に帰れる目途がたちみんなほっとする。

大谷原14:30~山荘15:00→タクシー→信濃大町→大阪22:00。無事帰阪できました。

充実した山行でした。帰りの車中では来年の正月山行の大きな話がもちあがった。
酒が入ると話も大きくなっていくのが常のようだ
スポンサーサイト