大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

八ヶ岳・阿弥陀北稜、赤岳主稜 
     
期間:1993.1.14夜~1.17
参加者:I東、O見、Gramps(ぽっぽ会)、Ao木、Nk川(OWCC)、Hys(此花)

1月14日、14日:

仕事の都合で22時29分に米原より乗る。
車内は混んでいたが、私一人分の場所を確保してくれていた。

O見、Ao木さんが1升瓶を開けて飲んでいた。私にも勧めてくれたが既に会社の人の送別会で飲んでいたために辞退する。
とにかく寝るように意識が向いている。通路は既に荷物と人で一杯のため、寝転ぶことはできない。

隣の車両を見に行くと、上手い具合に一人分寝るスペースがある。
早速陣取って寝る体勢に入る。しかし今夜はなかなか眠れない。

それでもうとうとしていたら寒さで目が覚める。列車は木曽福島駅に停車している。
ドアが開けっ放しされていたのだ。外の寒気がもろに入ってきている。
閉めに行く気力もなく、我慢しているうちにまた寝入ってしまう。

乗り過ごしそうな夢を見て目覚めたら3時である。
あと45分で塩尻着なので、起きて元の車両に移動する。

他の4人はまだ眠っている。(Nk川さんは明朝、大阪を出発の予定)。
塩尻駅の待合室では、毎度おなじみのパターンで、次の茅野方面行き1番列車まで2時間の仮眠を取る。

茅野からは殆ど待たずに6:35分発のバスに乗れ美濃戸に向かう。
隣に座ったおばちゃんが今年の5月~7月の3ヶ月でK2の隣の何とか言う8000mの山へ行くとか。羨ましいことです。

美濃戸口に着いたら生憎、雨。傘をさしての行軍となる。
道は所々凍結しているのでアイゼンをつける。

小松山荘で朝定食(1000円)をゆっくり取る。
お世話になっていた山荘の若旦那が昨年9月に突然脳溢血で亡くなられたのをおじいちゃんから聞かされショック。

山荘を後にして、再び雨の中を南沢に入る。
途中、Ao木、Hysさんは大滝でアイスクライミングをしていくことになる。

残る3人・O見、I東、Grampsはそのまま行者小屋に向かう。
暫くして雨が雪に変リ始める。
O見君のパワーはすごい。3年前と比べびっくりするほどに成長。
さすが若い(私と17歳の差)。

行者小屋のテン場に着くや、すぐに装備を着けて、阿弥陀北稜に向かう。
文三郎分岐よりトレースもなくなりラッセルが始る。この時点で13:00。

今日は阿弥陀の頂上までは無理のようだ。ラッセルの練習を兼ねて、登れる所まで行くことにする。久し振りの山行とラッセルで体力の衰えを痛切に感じながらの登高。

尾根上へ出てからのラッセルは、正に雪山を登っているという実感が湧いてくる。
O見、I東の両君が遅れながら登ってくる。
多分背にしている荷物の重さの差であろう。15:30分、北稜核心部手前のところで引き返すことにする。

登りにあれだけの時間を要して登ったのに、下りは早い。16:30分ベースに帰還。

Hys、Ao木さんがテントを設営してくれていた。
夕食の用意も始めてくれている。本日のメニューはすき焼き。
酒あり、ウイスキーあり、果実酒ありで、ようこれだけ担ぎ上げたものだ。

第1回のすき焼きを食べ終わった頃、Nk川さんが到着する。
全員揃った所で再度乾杯!飲んで、食べて、語って、就寝。錫杖組は今頃どうしているのかなあと思いつつ夢の中へ(20:15)。

1月16日:

3時起床。私が常に目覚まし役と自負?していたが、Ao木さんは私より上のようだ。
2人の目覚まし時計では皆起きざるを得ないだろう。
朝食は生うどん。外は雪が降っている。気温0℃位で温かい。

6時30分。Ao木・Nk川・Hys(ANH)パーティーはショルダー右。
I東・O見・Gramps(IOG)パーティーは赤岳主稜の予定で出発。
トレールに従い進む。先行していた3人パーティーの2組に追いつく。

この2組も主稜を登るとのことなので、我われは3番目ということで文三郎尾根ゆっくり、ゆっくりを登る。
視界が悪く主稜の取り付き点へのトラバース地点が全パーティーとも分からずに苦労する。
適当と思われる地点よりアンザイレンしてトラバースを開始。

ANHパーティーもショルダー右の取り付き点に行けず、結局6人全員で主稜を登ることにする。

ここで編成替え(Ao木・Nk川・I東、Gramps・O見・Hys)して登攀開始。

トップGrampsとセカンドO見、Hysの形でつるべで登る。(○印:トップGramps)

①P。2P:雪稜。③P。4P:雪稜。⑤P:雪稜。ここまでつるべ。
⑥P:核心。7P:雪稜。⑧P:岩、雪稜。9P:雪稜。⑩P:雪稜。

初心者コースのこのコースも核心部は風雪の下では結構厳しかった。
時間記録できず。今夜は水炊き。19:00就寝。

1月17日:

4時起床。7時出発。9時南沢大滝。トップロープで下部を1本登ったところで、Ao木氏が墜落。右足骨折。搬出→茅野中央病院へ搬入。23時30分帰宅。
以上
スポンサーサイト