大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

富士山高所登攀トレ 
         
日程:1990.11.22夜~11.25        大阪ぽっぽ会 Gramps

11月22日,23日
スバルライン・ゲート前に午前2時半到着。早速テントを張って仮眠に入る。
7時起床。快晴。富士が白く輝いている。9時開門であるがスカイラインの一部が凍結しているため20分遅れで開門となる。

白銀の富士を仰ぎながら、高度を上げていく。5合目の駐車場には10時に到着。服装を整えて今日のビバーグ予定地の8合目に向かう。20~25kgの荷物はボッカ用。

6合目辺りから雪が現れる。7号目位からO見君のペースが落ち始める。
高度障害かトレーニング不足か分からない。遅れがちである。休憩地では休憩しているというより腰を落として喘いでいる感じ。様子を見ながらゆっくりと登る。

8合目に到着。前日からの幕営組のテントが2張り設営してある。その向うに2人用ツェルトを張る。風が急に強くなる。ツェルトの中にもぐり込む。入り口のファスナーが故障してしまい、どうしても閉まらない。風が容赦なく入ってきて寒くてしょうがない。フライで塞いだら風も入らなく具合が良くなる。これで今夜は助かった。

今夕の食事のメニューは:O見君はジフィーズのすき焼き。Is原君は赤飯にすき焼き。私は五目飯にマグロの缶詰。

19:30分就寝。二人用ツェルトに3人は非常にきつい。2時間ほどしたらどうにも息苦しくて起き上がる。それからは起床時間の3時までまんじりとも眠れず辛かった。

大阪20:00(桜井PA20:50)→スバルラインゲート前2:30起床7:00出発9:20→5合目出発10:15~8合目14:30就寝19:30

11月24日
3時起床。餅入りラーメンで朝食を取り、5時出発。ヘッドランプの明かりで頂上を目指す。
前日同様、O見君が遅れだす。やはり高度が影響しているようだ。

9合目付近でO見君を暫く待つ。東の空が真っ赤に染まり始め、やがて日の出である。
ビデオを持って来ていたのを忘れていた。日が完全に出てしまってから慌てて撮って見る。

後で見たらまあまあ上手く取れていた。ここから30分で頂上。先に登ってIs原君、O見君が登ってくるところをビデオに撮る。

「えっ!もう頂上?やったー!」Is原君の歓声。O見君は遅れ、おくれでシンドそう。小屋の横の陽だまりでどっかり腰を落としてすぐ朝寝になる。

Is原君も横で朝寝に付き合う。私は折角重い目をしてビデオを持って来たのだからと、この間40分ほど山頂を歩き回ってビデオを撮りまくる。

8時、お鉢の南東面の登攀に向けて出発。2つコブを越した地点(お鉢の東面)よりザイルを使って下降して、その後南面にトラバース。

お鉢の中は嘘みたいに風がない。しかし壁は北面(お鉢の南東面)のため日が当たらず寒い。
反対に落石、落氷の恐れは少ない。2時間くらい掛かって取り付きに到着。

やさしそうな所を選んで登攀にかかる。勿論ピンなどは1本もない。

1P目:T:Is原上り始めて意外と苦労している。10m程のところをアブミで乗越し、そして20mくらい登ったところの氷化した壁をダブルアックスを使って乗越す。

40m一杯でピッチを切る。セカンドO見:最初の10m程のところ(Is原君がアブミを使用した場所)を右にトラバースして試登したが難しく、元に戻って直登。

2P目:T:Gramps:5m程登ったら後は雪稜。40m伸ばしてビレー。

3P目:T:Is原:ダブルックスを使って40m一杯雪面をトラバース。
ここからアンザイレンして、50m程歩き稜線上に出る。少し休憩してBCに戻る。18:30就寝。

起床3:00出発5:00~9合目6:15~山頂7:00、お鉢に向かう7:40~お鉢への下降開始8:40~下部より登攀開始10:00~登攀終了13:00~山頂B2、就寝18:30

11月25日:
7合目付近で確保の練習を3時間ほどして下山する。天気が良かったので一昨日より雪の量が少なく見える。今回はボッカ、高度での登攀訓練。

起床3:00、出発5:15~7合目:確保訓練終了9:00~5合目10:00、11:30→桜井PA19:00

スポンサーサイト