大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

この1年間を振り返って   

1989.3月~90.2月           大阪ぽっぽ会 Gramps

この1年間の山行回数は55回、83日:回数は平年並み、日数は平年以下といったところ。

主な山行は

89年3月  :八ヶ岳
   4月~5月:穂高岳
   8月  :甲斐駒・Aフランケ・奥壁左ルンゼ、北岳
   9月  :丸山東壁・緑ルート
  10月  :錫杖岳
  11月  :奥鐘山西壁・中央ルンゼ
  12月  :八ヶ岳
90年1月  :唐沢岳・幕岩
   2月  :涸沢岳・幕岩

で年間を通じて充実した山行ができた。どの山行も今思い出しても、思いで深いものばかりである。

3月の八ヶ岳・中山尾根、小同心クラックは陽気な東さんと楽しく登れました。しかし、それ以来彼とは登っていない。早く復帰して欲しい。

4月の穂高は飲みすぎが祟って計画どおり登れず大失敗。パートナーに迷惑をかけてしまった(パートナーN岡君)。

8月の甲斐駒Aフランケ、奥壁左ルンゼから北岳へのロングラン山行は北岳での総計18名の大勢の仲間とわいわい言いながらの楽しい山行であった(甲斐駒パートナーI原君)。

9月の丸山東壁緑ルートは途中から冷たい雨にやられ、びしょびしょになっての登攀(パートナーM崎さん)。

10月は恒例の錫杖岳前衛フェース・中級卒業山行。今年も新しい仲間ができた。

11月の奥鐘西壁は新人を連れての同じルートを3パーティー6人で登った。いつも2人で登るのとは違った難しさと岩壁での2ビバーグは忘れられない。そして高低差800mを克服しピークに辿り着いた時の感激。

12月の大同心正面右ルートは全く雪が付いておらず、アイゼンのみの練習に終わったがそれなりに楽しかった(パートナーI原君)。

1月の幕岩大凹角ルートは無雪期にも登らずに、全くの初見ルート。ルーとファインディングに手間取り遅遅と進まぬイライラで撤退(パートナーI原君)。

2月の幕岩大凹角は2度目であり登るスピードは倍近く速い(パートナーN岡君、I原君)。

昨年度はは手当たり次第に登った感あり。今年度は課題を持って年間計画を立てて登るようにしたいが・・・できるかな?    
スポンサーサイト