大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・丸山東壁 緑ルート

修正Reup

期間:1989.9.14~16                   Gramps
パートナー:Mur崎

丸山東壁は積雪期の剣岳への継続登攀の出発点として有名である。
夏、初秋は暑いためあまり登られていないようだ。

今回も登っていたのは我われともう一組だけであった。

黒部ダム駅でIs原君(元ぽっぽ会)と別れて
黒部川沿いに下流へ1時間ほど歩いたら左に岩小舎が現われる。

ここがハシゴ谷への分岐である。
分岐点にキャンプサイトがあったが、

そこより10分ほど登ったところの1ルンゼ押し出しに幕営することにした。
アプローチも少し楽である。

ここは東壁の全景が見えるナイスビューポイントである。

逕サ蜒・009_convert_20090630114151

中央壁はすっきりした素晴らしい壁である。
この1ルンゼを登っていけば取り付きは簡単であったのに、

目の前に壁を見ているために直登して思わぬ藪漕ぎのアルバイトを強いられてしまった。

(取り付き10:00)

9月14日:
1ピッチ目::リード:Mr崎。濡れていてフリーは嫌らしいがフリクションが意外と効いた。
超満員の夜行列車のためかいつものあのMr崎さんらしいリズムカルな登りがみられない。(曇り)

2P:Gramps:アブミのかけ替えであるが
最後の垂壁はピン遠く苦戦する。(薄曇り)

逕サ蜒・010_convert_20090630114213

3P:Mr崎:続いて三日月ハングまで登ってアブミビレー。(晴れ)

逕サ蜒・011_convert_20090630114237

4P:Gramps:三日月ハングの高度感を楽しみながら登る。天気も良くなり高度感がたまらない。ルンルン気分である。
I原君も縦走を楽しんでいることでしょう。アブミビレー(晴れ)

逕サ蜒・012_convert_20090630114257

5P:Mr崎:続いてアブミで直登。
前ピッチ5メートル手前でピッチを切ったため40メートル一杯伸ばす。(晴れ)

逕サ蜒・013_convert_20090630114317

6P:Gramps:このピッチ登りだしたらにわかに曇りだし降り始める。
5メートルほど登ったら頃からひどい降りになり上が全く見えなくなる。

眼鏡を掛けているものの辛さ。
今まで何の苦もなく見えていたハーケンが見えない。

ここから右へトラバースのようだがその先のハーケンが見つけられない。
ぐずぐずしているうちに雨脚はますます強くなってきた。

思い切って3メートルほどトラバースしてみたらハーケンが1本見つかった。
ここからまた直上のようだ。

40メートル一杯で草付きに到着。
随分時間を食ってしまった。寒さでMr崎さんのイライラ最高潮に。ここでビレー(雨)

逕サ蜒・014_convert_20090630114338

7P:Mr崎:確保している間中歯がガチガチしてとにかく寒い。
草付きを20メートルほど登って中央バンドに到着、ビレー(雨)(15:20)

逕サ蜒・015_convert_20090630114402

今夜はホテル丸山でビバークを決定。
3~4人が精一杯の岩小舎である。

先客2名のザックが置いてあった。
早い夕食を取ってホテルの半分にツェルトを張って寝る。

逕サ蜒・016_convert_20090630114421

ホテルとはいえ端に寝た私には雨垂れが掛かって冷蔵庫に入ってるようだ。
寝入ってら3時間後寒さで目を覚ます。

ここで「岳人」の懸賞で当たったホカホカ座布団を使う。
なんとその後はぐっすり眠れました。優れものです。

逕サ蜒・017_convert_20090630114441

9月15日:
5時起床。
雨のため当初の予定である頂上越えは断念して
2Pのハング越えのみしてアップザイレンで下降することに決定。

核心部のハングをどちらが登るかじゃんけんで決める。
幸いにも?核心部はMr崎さんとなる。(取り付き7:00)

8P:Gramps:「出だしが嫌らしい」と昨夜ホテルの同居人に言われていたので慎重に登る。
ハング下でビレー(曇り時々雨)

9P:Mr崎:ハングは3段。
下から見ていると着実に登っていけばそんなに難しそうではない。

このとき右岩稜を50センチ大の石が2度大きな音を立てて落ちて行った。
雨で地盤が緩んできたのか緊張が走る。

Mr崎さんハングを越して5メートルほど行ってザイルが伸びなくなる。
呼んでも返事が返ってこない。

どうなっているのか下からは見えず心配と緊張する。
寒さで震えだしてきた。

昨夕の登っていたパーティーのコールが届かず泣き出しそうな叫び声を思い出す。
10~15分でやっとザイルが動き出し同時に「ビレー解除」のコール。一安心。

逕サ蜒・018_convert_20090630114503

フォローしてハングを越えビレー点近くに辿りついてびっくり。
最後の一歩が濡れていてしかも適当なホールドが見つからない。

シュリンゲを垂らしてもらいやっとビレー点に到着できた。
ほんまにMr崎さん「ようのぼった!」(9:15終了)

ここから1P懸垂で中央バンドへ、
荷物を纏めて6Pの懸垂下降で取り付きに着地。(11:30)

ベースに戻って昼食。
残念ながら肉は腐ってしまっていたので肉なしの水炊きと牛とマトンの焼肉2食分を一気に食べる。
(14:00昼食終わり)

逕サ蜒・019_convert_20090630114523

帰阪予定は明朝だが荷物を纏めて帰ることにする。
帰りのバスで百瀬慎太郎の「山想えば人恋し、人想えば山恋し」の詩が流れていた。

扇沢でKw上さん(当時ぽっぽ会々員、中級受講中雪彦山で怪我をして入院中に彼氏が出来結婚して山やめました)に声かけられびっくり。

何故か今回は松本でも風呂に入らずにその日中に帰阪しました。
Mr崎さんは翌日も不動に出かけたとか!!!

この夏は3つの壁(甲斐駒Aフランケ・奥壁、北岳、丸山東壁)が登れて大満足でした。

9/14:大阪21:30→信濃大町5:05→TAXI→扇沢5:30、6:30→ダム6:45~BC9:00~取り付き10:00~岩小舎15:20

9/15:起床5:00~取り付き7:00~終了9:15、9:20~終了11:30~BC12:00、15:00~ダム16:00→大町17:33、17:35→松本19:15→高槻23:00


また行ってみたくなりました。
スポンサーサイト