大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

  不動岩 ビバークトレーニング             

期間:1988.8.20夜~21
参加者:ISHR、Gramps(Muraさん・当日)

22時道場駅に到着。既にISHRが待ってくれている。
彼は15時から来て一人で練習していたとか。

今夜は2人でビバーク練習をする.

ISHR君の案は百丈岩のローソクを登って、
テラスでビバークする。

「これからローソクを登るの?」「そうです」
「ローソクを夜登るのは恐い」「じゃあ、不動岩の東壁中央テラスにしましょう」。

23時、ISHR君がトップで
ヘッドランプの明かりを頼りに中間テラスまで登る。

続いてフォローで登る。
意外と登り易い。

30分でテラスに到着。
下の浄水場の明かりでテラス付近は薄明るい。

幸運にも空には星が輝いている。

時々流れてくる霧が幻想の世界へと誘ってくれる。

「ああだ」「こうだ」と試行錯誤しながら
ビバーク態勢を何とか30分かかって設営。

ビバーク終了時間は4時。
これから4時間、膝を抱えて我慢の時間がに入る。

途端に空腹を感じる。
食べ物は下に置いてきてしまった。

「ISHR君、ウイスキー持ってきた?」
「下に置き忘れた」万事休すである。

それでも雪山のこと、ぽっぽスクールのことやら山のことばかり、
なんや、かんやと1時間ほどしゃべっていたが、

眠気がきていつの間にか2人とも眠りに陥る。

膝を立てたままじっと座っているのはしんどい。
うとうとすると頭が前へがっくりと落ちる。
首が痛くなる。

固定ザイルにテープシュリンゲを括り付け、
それを顎に引っかけて減ると30分くらいは眠れる。

何度かの目覚めでようやく待望の4時。
早速起きて下降準備。

4時半懸垂下降を始め5時帰着。

そのまま道場駅に直行。
早速ラーメンを作って朝食を摂る。

Muraさんは8時に道場に来る予定なので、
6時から2時間仮眠にはいる。

8時きっかり、Muraさん到着。
3人で再び不動岩へ。

今日の登るスケジュールは
1)ナンバブラザーズ、2)重箱、3)ハスラー、4)ハーケンルート

一番目のナンバに行ったら、
すでに他のパーティーが取り付いていたので「あばたもえくぼ」に変更。

Muraさんと2人でトップロープをセットしに行くも相当時間を費やしてしまった。

先ずはISHR君:上部でもたもたしてなかなか登れない。
右のカンテを使って登り、クライムダウンして先ほどの核心部の再トライ。
今度は上手く登れ満足そうな笑み。

続いてMuraさん:やっぱり核心部でもたもたしていたが、ISHR君とは別のムーブで解決。

最後に私:核心部はムーブが起こせず。右のカンテを使ってのぼる。

今度はナンバブラザーズ。
最初にISHR君勢いに乗ってリードで登り始める。

さすがのISHR君も疲れているのか、
上部核心部でもたついている。

何回もテンションを掛けながら、
負けず魂でトライしているが遂に諦めてA0で抜ける。

Muraさんも核心部でもたついてA0で抜ける。

私は2人の登りを待っているだけで疲れてしまった。
寝不足と暑さのせいかと言い訳をしつつも、
やはり核心部は抜けれない。

A0で抜ける。
力だけでは登れない事が分かっただけでもよかった。

今日は寝不足、暑さのためこれでリタイアーをする。

ISHR君、Muraさんはその後も頑張って登っている。
すご~い!

今回のビバーク体験は良かった。
スポンサーサイト