大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・前穂Ⅳ峰正面・屏風岩 
期間:1988.7.26夜~7.30   大阪ぽっぽ会  Gramps

Ⅳ峰・北条新村ルート、屏風岩・東稜 
    パートナー:H三郎さん

Ⅳ峰からの続き

7月29日:

2時起床。ラーメンライスの朝食後、3時30分出発。天気は晴れ。
昨夕から出ていた月もこの頃には西の空に沈んで闇夜となる。

4:35分横尾着。Na海、Fu谷さんはまだ現れず少々遅れている様子。
横尾はテント、テントで賑わっている。

我われはお先に出発させてもらう。しばらくしたら二人が追いついてきた。
横尾の岩小屋の前で梓川を渡渉。その前にFu谷、Na海さんがキジうち、私もついでに・・・

梓川の水は流石に冷たい。途中で引き返したくなる。
が引返したら屏風は登れない。歯を食いしばって渡る。

全員渡ってホッとしていたら後から後続パーティーが追いかけてきた。
ここから先陣争いである。この先陣争いが非常に大切であることが後で分かった。

ルンゼ押し出しを詰めて行く。
これが昨年9月大崩落のあった1ルンゼの下部である。

気を引き締めて登る。やがて雪渓が現れ、その右にT4尾根が張り出して来ている。
ここよりT4尾根の取り付きである。先行に3人パーティーが1組、取り付きの準備をしている。

彼らに続いて我われ2パーティーが取り付くべく準備をする。
私の準備が遅れているので、今回の編成ではないNa海、Hさんに先に登ってもらう。

トップのNa海さん、あんなに重い荷物を担いでよく登れるなあと感心。
セカンドのHさん登り始めでスリップ。思わず「手強いな」と気を引き締める。

1P目:を登ってFu谷さんを確保。先行パーティーが落石を続けて落とす。

2P目:つるべでFu谷さんにトップを交替。
FU谷さんも背中の荷物が重そう。

我われの後続パーティーは韓国・高麗大学学生3人と案内係の福岡大学の学生の1人の2パーティー。
彼らは大学の山岳部で総勢11名。

1ヶ月くらいの予定で日本に遠征に来ているとか。
今日は4人で偵察に来て、明日から本格的に登るそうだ。
4人は東稜と東壁ルンゼルートを登るようだ。

2P目の後は尾根道みたいなところとチョックストーンを乗り越してバンドを右にトラバース。
T4でNa海、Hさんが待っていてくれた。T3でFu谷、Na海さんと別れて、T2へ、

T2は意外や、いがい。大きなテラスである。
4人用テントも十分張れそうだ。

ここについたらHさんが焦っているとしか思えないほど急がす。
こちらは昨日の疲れか太股がだるい。

登攀意欲が湧かない上にHさんが何故そんなに急いでいるのか全く理解できない。
後続の韓国パーティーはゆっくりこちらに向かってきている。

とにかく急がされるままに確保に入る。
こんなに慌てふためいた状態で登るのは初めてである。

屏風岩・東稜

007jpg_convert_20080822092027.jpg
屏風の頭より涸沢を俯瞰

1P目:T:H:小ハングで少してこずっていたが、難なく登って「ビレー解除」のコール。
私めはまだ登る意欲が湧かない。

こんな気持で登れるのかな?ちょっと心配になる。
気合を入れて登りはじめる。案の定ハングのところで弱気がでる。
力強く登れず、めそめそと?登る。疲れる。

2P目:T:Gramps:やっと2ピッチ目より気合が入って来たようだ。
5つ目のボルトのリングが飛んで3mmシュリンゲがぶら下がっている。

思わずこの間の雪彦の残置シュリンゲが切れて墜落したことを思い出す。

「Hさん、頼みますよ」と声をかけて下を見ると、
Hさん下を向いてトップを見てくれていない。

むっとするも、再度大声で「頼みますよ」と怒鳴る。
「よっしゃ!」の声を聞いて気持も平常に戻る。

誠に単純な男である。上部を左にトラバースしてビレー。

3P目:T:H:どう登ったか覚えていない。

009jpg_convert_20080822092109.jpg
屏風の頭にて

4P目:T:Gra:人工で小ハングを越えて直上。
途中ボルトが1本飛んでいるのであろう。

上から長いシュリンゲが垂れ下がっている。
それにこわごわ乗ってシュリンゲの基を見るとヒャーとする状態になっている。

いつかは誰かが落ちるのであろうと思うとぞっとする。
上部は左にトラバースしてアブミビレー。

ふと上を見るとここより2~3m上にスタンスのあるビレーポイントがある。

高度感があり、対峙している山々。
韓国の学生ジュアン君「美しいですね。あの山はなんですか?」

「えーと、ジョウネン、チョウです」と返事。

ホンマに高度感抜群。
下の梓川沿いの登山道を歩いている登山者が蟻のように小さく見える。

Hさんを確保しながら、こんど涸沢へ子供たちを連れてきたら「父さんはあそこを登ったんだよ」なんて自慢したい気持で一杯になる。

5P目:T:H:棚を左に進むも登れそうにない。
右へトラバースしカンテを回り込んだら比較的易しい登り口を発見したようだ。
ピナクル手前でビレー。

6P目:T:Gramps:被り気味の所を人工でゆっくり確実に登る。
上部はフリーで小カンテを右にまわりこむところが少し恐かった。

登りきった所のテラスで確保。疲れました。
確保しながら左斜め下を見ると、扇岩テラスでNa村、Ka下さんが順番を待っている。思わずコール。

7P目:T:H:潅木帯を40m一杯のぼる。

008jpg_convert_20080822092049.jpg
屏風の頭にて

7P目を終了した時点で足がくたくたに、ここから屏風の頭までの長いこと。
やっとの思いで頭に到着。

大休止。ここからの眺めは疲れた身体を癒してくれる。
何年か前に来た雪の眺めとは又違った味わいがある。

ここでいつまでも休憩していたいが、時間も時間であるので涸沢に急ぐことにする。
耳までのコル、積雪期はナイフリッジになっているが、今は平凡な夏道である。

耳を越して賽の河原の横を通り抜け、最低コルへ。
ここで少し休憩して出発。

「積雪期涸沢ヒュッテから来た時はここをトラバースして来たのだがなあ」
と言いながら尾根を真っ直ぐに下っている明瞭な道を降りる。

いつまで下っても左へ(涸沢方面へ)トラバースできそうもない。
高度も小屋の高さまで下ってきた。

そのうちに1ルンゼに合流。このままでは涸沢への登山道まで降りなければならないだろう。

これからまた登り返し涸沢まではしんどい。
横尾に下ってしまうことにする(18:05)。

横尾へは19:40分に到着。
明日一日、上高地辺りを散策することにしてここに幕営する。

7月30日:
4時起床、5時半出発。徳沢園に向かう。
時間も十分あるのでゆっくり歩く。いつもここを通過するときはハイスピードである。

今日はゆったりした気持で周りの景色を楽しみながら歩く。
ここに初めて訪れたのは1966年である。

その時は確か雨の中をゆっくり歩いていた記憶がある。

010jpg_convert_20080822092132.jpg

天気快晴。それにしても滝谷へ行かなかった事に悔いが残る。
徳沢園で朝食、帰りの身支度やらで2時間過ごす。明神池を覗いて上高地に11時30分着。

タクシーで松本に。
松本は暑い。13時現在29℃。

例のお亀の湯は15時からのため信州会館へ行って風呂に入る。
15時20分「しなの80号」で名古屋まで行き新幹線に乗り換えて京都へ。

以上
スポンサーサイト
北ア・前穂Ⅳ峰正面・屏風岩 
  
期間:1988.7.26夜~7.30                      大阪ぽっぽ会 Gramps
Ⅳ峰正面・北条新村ルート(と屏風岩・東稜)     パートナー:H三郎さん(元ぽっぽ会)

7月26日、27日: 
22:05分、京都より急行ちくまに乗り込む。
Hさんは大阪より乗っている。既にビール500mlを飲んでいるそうだ。

私の差し出したビールを口で断っているが、手が出ている。

明日の行動を考えて早速寝ることにする。
3時頃高校生の団体が木曽福島で降りる。

車内は散らかし放なし。彼らは山でも同じなのか?
学校、家庭の躾はどうなっているのか?引率の先生方はどうなってんのかな?4:01分松本着。

今回は良く眠れた。
松本からはタクシー、上高地には5時過ぎに到着。

徳沢園から半パンに着替え新村橋を渡り、奥又白出合に。
天気は晴れ、大休止の後、いよいよ中畠新道の登りである。

001jpg_convert_20080822091810.jpg
奥又白出合にて(録音機に記録を録音中)

Hさんの「後2時間」の言葉を頼りに急登を喘ぎ、あえぎ登る。
奥又白への最後の登りの宝の木の辺りで道を間違えブッシュ・ヤブコギのアルバイトを強いられる。

コルのようなところを乗り越すと、
景色が一転して平地の中に静かな池とコバイケイ草の群生。

そこにはテントが3張り。全くの別天地に来たようだ。
この頃より曇ってきて、今にも降り出しそうである。散々迷った末Ⅳ峰に登ることにする。

002jpg_convert_20080822091836.jpg
クライマーの別天地・奥又白池

奥又白池より1時間強で、奥又白本谷の雪渓最上部へ、
ここからはC沢への雪渓トラバース。

軽アイゼンは慣れていないため不安が残る。
チョックストーン前のガレを右上して取り付きに。
取り付き探しに少々手間取る。

003jpg_convert_20080822091857.jpg
奥又白池畔にて

登攀開始である。

Ⅳ峰正面・北条・新村ルート

1P目:トップ(T):H:Ⅲ級ルートとはいえ、ハーケン等ランニングビレーを取るところが無い。
凹角ではなく、むしろリッジ通しに登る。

2P目:T:Gramps:そのまま登っていくと、懸垂用残置シュリンゲの所へ。
このまま真っ直ぐ登るのは、どう見てもⅢ級ではない。

右にトラバースかと移動してみるも、ルートらしくない。
Hさんの声で一旦降りて左より登ってみる。

凹角を抜けてハング下に。
40m一杯。ここでビレーとする。

3P目:T:H:右にトラバースして右上する。
そこから3m登った所でスタンスの20~25cm大の石がずっこけて落石。

Hさんもびっくりしたことだろう。
ザイルも伸びてビレー解除の声。雨もしとしとしだした。

006jpg_convert_20080822092004.jpg
4ピッチ目の確保

4P目:T:Gramps:5mくらい右上していきなりハング。
慎重になりすぎてランニングビレーと力を使いすぎる。

ハングを乗っ越した後バンドを右上して、ハングの切れ目をフリ-とA0を使って登る。
雨脚が強くなってきている。

丁度ツエルトを張るのに適当なテラスがあったので、ここでピッチを切って、Hさんが登ってくるのを待つ。
相談の結果ここでビバーグと決定。

雨が強くても傾斜のきついところは、スリップしないようだが次のピッチはⅢ級のフリーでは不安が大きい。
これ以上登るのを止めて正解だったのか、

それとも登って5・6のコルまで行ってしまった方が正解だったのか・・・

005jpg_convert_20080822091938.jpg
4ピッチ目のフォロー

ツェルトを張り終えた頃一時雨も止んだが、
17時頃からは間断なく降り続く。

ラジオで天気予報を聞こうとするのだがNHK第2放送しか入らない。
18時半、就寝。19時半には寝ている背中の下を水がざあざあ流れ始める。

ザイルを敷いた上で寝ていてもシェラフカバーを通して水が背中まで。
寒さで寝ておれず、水のかき出しをしなくてはならない。

出しても出しても全然追いつかない。起き上がりツェルトの下に溝を堀り、入ってくる水がそのままツェルトの下に流れるようにして寝る。

2時間もするとまた、背中辺りの冷たさで目覚めてしまう。
こうして朝が来るのを待つのみ。

7月28日:
3時半起床:メタでラーメンライスを作って食べる。
外は相変らず降り続く雨。

この雨ではたとえ登っても、
5・6のコルを経由して降りても本谷の雪渓がガスでトラバース地点が分からないだろうから、

懸垂で降りることにする。
残念だが止みそうも無いので仕方が無い。先々週の雪彦といい、懸垂下降ばかりかと思いつつ・・・

6時半に懸垂下降を始める。
Hさんがヘルメットを落とす。2ピッチで甲南バンドに着地。
なんと、ヘルメットがそこで待っててくれた。

コンテでC沢を下り、雪渓の下降、
雪渓のトラバースは2本のロープを繋いでアンザイレンしてロープ一杯まで伸ばす。

2ピッチで渡り終える。
昨日来た奥又尾根への道が分からずに右往左往した末にやっと分かって一安心。
雨の中奥又白池に帰着。

004jpg_convert_20080822091917.jpg
奥又白池にて

先ずはビールで乾杯(何の乾杯や?無事帰還の乾杯でした)。
食事をしながら今後の行動予定を決める。

雨も止みそうも無いので、前穂東壁・Aフェースは止めて
明日、明後日の2日間は屏風1本に絞り、本日はこのまま徳沢経由横尾まで下りることにする。

雨に濡れたザイル、登攀具、ツェルト、シェラフカバーは本当に重い。
最初から予定が狂ってしまい意気消沈である。

疲れが倍加する。それでも本谷出合いでは晴れ間が出てきた。
新村橋に着いた頃には快晴に近くなる。

またまた、予定を変更して今夜は徳沢園に止ることにする。
徳沢園で濡れた物を全部乾かし、明日の天気を期待して、
キュウリとめざしとソーセージでいっぱいビールを飲む。

17時頃、Fu谷・Na海パーティーが上高地より入山してくる。
夕食のかれーの残りを食べてもらいながら情報交換をしながら一時を過ごす。

彼らは横尾で泊まる予定のため、明朝、4時半に横尾の橋で落ち合うことにする。19時就寝。

7月29日屏風岩に続


こうもり谷、仁川
         
期間:1988.7.16~18 
参加者:Kt野、Ns埜、Gramps

Kt野、Ns埜君共に元ぽっぽ会員でした(Kt野君は中級同期、Ns埜君は一年後輩)。

大阪中郵前に16日22:00集合。
Kt野君のランドクルーザーでこうもり谷に向かう。
今では考えられないが、千年家からこうもり谷に向う橋を渡った少し先で、明日を語らい楽しく幕営できた。
ビールを少し飲んで12:00頃就寝。

5時起床。朝食はお決まりのラーメンの予定が、ねぎは持って来たが肝心のラーメンを忘れてしまった。
Kt野君にパン1個と引き換えにラーメンライスを半分分けてもらう。

テントを撤収して6時取り付きに向かう。6時40分右岸壁左フェース(当時は「哲学の道」の辺りをこのように呼んでいた)に到着。

上部は凄いハング・・・(こんな風に感じていたんです)。
当時はアブミの練習のためにここに通っていました。
哲学の道はその当時からフリ-ルートとしてありました。

1本目:トップKt野:セカンドNs埜、ラストGramps。
左フェース右ルート(「哲学の道」の右辺りを登り「レインボー」を左上して抜けるところまで)にトライ。

中段のバンドまではピンの間隔が所々非常に遠い所がある。
3段目に登ってやっと届くくらい。

トップのKt野君が苦労している。バンドからは前傾してくるのでスピードがなかなか上がらない。
最初の内は汗も一粒一粒落ちてきていたが、今では二粒づつ落ちてくる。

悪戦苦闘しながら登り切る。続くNs埜君、最初のピンで苦労している。本当に遠い。
しかしながら4本目くらいからスムーズに登りだす。
がハングの中段辺りで悲壮な声を発し、動きも極端に悪くなる。

ラストは私。中間バンドまでは比較的楽に登れた。
バンドにはあの雪彦を思い出させる忌まわしい残置シュリンゲが掛かっている(雪彦山のⅢ峰正面の前傾壁で2本目の残置シュリンゲにアブミをかけた途端スリングが切れ墜落した)。

だから、これには絶対掛けないぞと自分に言い聞かせてしんどくともボルトにアブミを掛ける。
ここからはハングってきている。

今まで登ってきた垂壁とは感じが全然違う。スタミナ切れか疲れがどっと出てきた。
1回、1回フィーフィで休む。
フィーフィの長さ調整がイマイチのせいかどうもしんどい。

それでも何とか、本当に何とか登れた。登り終えたと同時に腰をついて休憩。
ものを言う前にとにかく水、ポカリを取り出し一気に飲む。

「今日はもうこれでお終いだ。ほんまにもう良い、ここで寝たい」。

Ns埜君も「俺山に向いてへんのかな?」と溜息(その彼は今は山岳ガイドになっている)。
Kt野君だけが意気軒昂。

今まで我々3人だけだったのに突然下の方から賑やかな声が聞こえてきた。2~30分休憩したら疲れも少し取れたのでもう1本登ることにする。

尾根を登っていき廻り込んで下降路(「もういいですよ5.9」の上方)より取り付きに戻ると、おるは、おるは、壁はザイルで簾状態である。

人工とフリーの練習が入り混じり賑やかである。
登ろうとしていた鷲鼻ハングはフリーのトップロープをセットしようとしており空いていない。
空いているのはその右のルートのみである。

2本目:やはりオーダーは同じで登る。今度は先ほどより相当楽に登れる。

3段目に乗ってもハンドホールドがあり、そんなに苦労せずに登れた。
上部は直登せずに少し左に回りグレードアップしてのハング越えを試みる。

ハングのところでマジックフィーフィの初使用。なかなかいけそうな代物である。
マジックフィーフィのテープはロープよりテープの方が使い勝手が良いようだ。
しかしハングの乗り越しにはやはり苦労した。

やっと登り終えて今日の練習はここまでと思いきや、上で私を待っている間に2人してこれから仁川に行くことに決めていたようだ。
こちらも疲れてはいたがそう言われりゃ44才の意地(彼らは私より10才~15才若い?)。

「行きましょう!」の返事一言。明日(仕事)があるのにと後悔しながら・・・

16時仁川の摩天楼に到着。トップロープで右側と中央側の右左を4本登って本日の練習は終わらせてもらった。

帰宅して早速風呂に入り、ビールを飲む。美味しいことこの上ない。
疲れているのか直ぐに床に入る。
12時半頃目覚めたら体中が痛い。それでも朝起きた時には心配するほどのことも無く、いつもより少し筋肉が張っている程度に回復していたのでほっとする。

山の楽しさを忘れてしまっているのか、山に取りつかれているのか自分でも分からない今日この頃である。
練習しないと何故か不安になる。

しかし、来年からは本来のゆったりした楽しい山行に心掛けたい。
雪彦山 
三峰正面ダイレクトルート                                   

期間:1988.7.2夜~7.3                                
参加者:Mo利、O島、Mur崎、Gramps、Kit野、Fuk谷、
Nar海、Sai藤、Hi口、Nis埜、Isi原、Kum田、(オールぽっぽ会々員)

7月2日(土)、3日(日):
土曜日は快晴。H谷、N海さんはこの快晴の下で登っている。
私も仕事が滞っていなかったら、行けたのに。天気が良いだけに口惜しい。

21時大阪中郵前に集合。10人2台の車で出発。
23時公民館に到着。H谷、N海さんは既に寝ている。

明日の組み合わせをして寝る(飲み足らない人は1時近くまで飲んでいた)。

良く眠れないいまま5時起床。
曇っている。雨はもう時間の問題となる。朝食後各岩場に向かう。

パーティーはK野・I原、H口・N埜・M崎と3パーティーで
三峰正面ダイレクトルートを登ることにする。


取り付き点に7時到着。
最初にK野パーティー、続いてM利・Gramps。

K野さんは左のピンの遠いルートにトライ。かなり苦戦を強いられる。
あのK野さんが苦しい顔をしたのを見たのは初めてである。

それでも1ピッチ終了の確保点に到着。続いてセカンドのI原さん割に楽に登っている。
セカンドと上背の差もあるのでしょうか?

I原君が中ほどまで登ったので、私も登りはじめる。

1P目:最初のピンが遠い。石を台にしてやっと届く。
アブミに乗った瞬間に体が壁から離れる。被っていることが良く分かる。

2番目のピンからはさほど遠いのはない。
中程より傾斜が少し緩くなり、その後再びハング状になる。

この辺り連続して残置シュリンゲが残っている。
アブミの最上段に乗らないとリングに届かないからだろう。

最初の残置シュリンゲにずぼらしてアブミをかけ慎重にそっと乗ってみる。
大丈夫だ。次も残置シュリンゲ。

こんどは慎重の「慎」の字も忘れてアブミを右手でかける。
下のアブミから右手のアブミに乗り移った瞬間、

自分の身体は無重力状態になり抜けたようにどこかへ落ちていく。

「何故だ」、頭と足が逆さまになっているのがはっきり意識の中にある。
恐ろしさ、恐さは一切無い。

むしろ何ものからも開放された快楽を感じながら、
「このまま地上まで落ちていくんだなあ」と頭の中で考えている。

そして何の抵抗も無く止った。次の瞬間、
逆さ宙吊から一転ふわーと頭が上になり、正常な宙釣り状態でぶら下がっている。

上から見ていたK野君の話では岩角すれすれに落ちて行き、
そしてザイルストップの反動で起き上がったように見えたそうだ。

確保していてくれたM利さんは木の枝のため上の様子が見えなく、
N埜君とおしゃべりしながら確保していたら、突然、強いショックがあったようだ。

正常な状態に戻った。
気持は余り動揺していないと自分では思っているがやはり幾分はあるのでしょう。

そのまま下ろしてもらう。
反省:
1) 残置シュリンゲは絶対信用しない。
2) アブミは予備を一つ持つ。
3) ワンピッチ、ワンピッチ気を抜くな

H口君パーティーに先に登ってもらい、我われは最後に登ることにする。
H口さん、確実に登って行く。セカンドのM崎さん、フリーの様には上手く登れずに苦労しながら登っていく。

最後にN野さん、新しく買い換えたと言うアブミで快適に登っていく。

我われの番になる。
こんどはトップをM利さんに交替してもらう。

さすがベテランの味かフォームが美しい。
上のビレー点が満員のため、少し待って登りはじめる。

セカンドのためできるだけスムーズにアブミの掛け替えができるように心掛ける。
どうも手と足がちぐはぐの感じがする。

先ほどの残置シュリンゲのところに来て「ちゃんと頑張ってリングに掛ければ良かったのに」と思いつつ通過する。
このピッチ最終部分のトラバースがちょっときつい。

2P目:そのままつるべで登っていく。
セカンドからトップに代わりたてで少しビビッているようだ。

このピッチもなかなか厳しい。この辺りより霧雨が時々顔を撫でる。
バンドに辿り着き、左にトラバース。

まだ岩は濡れていないが、ぽつりぽつりしだしたのでスリップしないかと心配になる。

先行パーティーのH口さんは3P目のクラックを登っている。
「雨が降り出したのでどうしよう?」「大丈夫やろー」を繰り返しているうちに本降りとなる。

ルート隊長のH口君の決断で、「登攀中止、懸垂下降で下りることに決定」。
クラックを登っていたM崎さんが、クライムダウンで我われの所まで下り、

続いてH口君が懸垂で下り、全員3P目の登り口に集合。

2P目は左にトラバースしているので、右に移動してボルトを打つ。
最初にH口君が下りる、1P目の終了点までの懸垂である。

下りていった彼からなかなかコールが無い。
ホイッスル吹いて「ピー」で到着。「ピー、ピー」で次下りろと決めたが、

「ピッ、ピッ、ピッ」の非常事態を決めるのを忘れたのを悔やむ。

30分ほど経って、やっと「ピー」の笛。
それから10分後に「ピー、ピー」の合図。

ホッとする。続いてM利さん、程なく「ピー」「ピー、ピー」。
続いてM崎さん、1P目の下降用ザイルを持って下降。

これなかなか「ピー」が来ない。M野君と気をもむ。
大分経って「ピー」が聞こえ安心する。

次は私の番である。下りて行って、見てびっくり!
相当ハングしている。そのまま下りたら、目指すスタンスには届かない。

最初に降りたH口君の悪戦苦闘が初めて分かった。
私がこのスタンスに到着した時、M利さんは既に地上に、続いてM崎さんが下降を始める。

続いて私が降りる。N埜君、H口君と続いて降りる。H口君お疲れ様でした。
全員降りてしまうと、こんどは第一パーティーのK野・I原パーティーが上で待っていやしないかと心配になる。

とにかく公民館まで帰る事にする。帰る途中御互い完登出来なかったけど「中味の濃い登攀だったなあ」と言いつつ・・・

もちろん12名全員無事帰阪できました。