大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

八ヶ岳・阿弥陀岳南稜~赤岳 
  
期間:1988.3.18夜~3.20(木)   Gramps
参加者:Kam田、Hig、Isi原、Abe、Gramps(all Poppo)

3月18日19日:

大阪駅22時40発の臨時急行ちくまにて出発。
Higさんが指定券を購入してくれたので、座席確保の必要はなかった。

それでも大阪駅に21時50分に着いてしまった。
指定席はスキーヤーで一杯。登山者らしき姿は我われ以外に1~2パーティーのみ。

例によってスキー客は遅くまでやかましくしゃべっている。
お蔭で全員寝不足気味である。

茅野駅に6:15分着、タクシー乗り場でTak上さんに会う。
5人で1台のタクシーに乗り込み、船山十字路までお願いしたら、とてもそこまでは行けないとの返事で、丸山地区の別荘地より歩くことになる。

「足が遅いので」と言ってKam田のお姉さんがお先に出発する。
皆に気を遣っているようだ。老練さなのか自分のペースを知っておられる感じだ。

船山十字路まで50分。ここから大きく谷を巻いた所で水補給を兼ねて休憩。
後は立場川上流を2回クロスした所で小休止して、8:40分に旭小屋に到着。

逕サ蜒柔convert_20091113214759
Abe、Kam田、Is原。Hig

20分程休憩後9時に出発。いよいよ南稜への取り付きである。今年は降雪が少ないのと南面のためか、今まであった雪が尾根上まで殆どない。

コルの少し上部より稜線上に出て、稜線通しに忠実に立場山へと向かう。年齢的にバラエティーなこのパーティーはどうしても縦に長く延びてしまう。コルと立場山の中間点辺りで休憩とアイゼンを装着する。

逕サ蜒・002_convert_20091113214830
阿弥陀岳を望む

ここで事件が発生。Is原君のアイゼンが入った袋が滑り落ち始める。彼は慌ててダイビングキャッチ。人間とアイゼン袋は偶然止まった。
ホンマにひやっとした!代わりに眼鏡だけが谷底に向かって滑り落ちていく。

幸いそれも60mくらい下のデブリ上に止った。良かった!よかった!雪山の恐ろしさを、今一度肝に銘じて欲しい。
凍っていたら死へのダイビングになっていたところだ。

ここからはだらだらした登りをラッセルも無く只ただ登るのみ。立場山山頂手前から阿弥陀岳の岩峰が見え始める。
まさに陽春そのものを思わせる暖かい日差しの今日である。ここで、またまた大休止。

この陽気にもう誰もが歩くのも嫌になってしっている。計画はP3付近幕営であるが、大きく変更して立場山辺りにしようと全員一致。

立場山を越えて少し下り再び登り返した所で幕営。
今日は本当に天気の良い一日でした。夜も風が無く、寒くも無く最高のコンディションである。

逕サ蜒・003_convert_20091113214903
幕営地点にて。Kam田、Higa、Abe、Gramps

3月20日:
3時起床、6時出発。ここから一度下って、今度は無名峰への登り。
ここもトレースが付いており、平凡な登高である。無名峰。富士山がくっきり見える。阿弥陀もその向うの赤岳も八ヶ岳連峰全部が素晴らしく美しく見える。今日も絶好の登山日和である。無名峰で記念写真を撮って出発。こんどは南稜P4前のコルで休憩する。

逕サ蜒・004_convert_20091113214928
無名峰にて。後方に富士山がくっきり見えたのだが、写真には写らずに残念。

P4、P3は雪稜を登ってる感じのところである。
P2の基部を左に回り込んで一度下って出て、このガリーを登り返す。一部氷化している部分があったが、そんなに悪くはない。

逕サ蜒・005_convert_20091113215002

逕サ蜒・006_convert_20091113215024
P3への登り

今回の山行で初めての簡単な雪の壁を登るのだという不安と期待感は見事に裏切られ、今までの経験と少しも変わらない。

逕サ蜒・007_convert_20091113215050
P3の核心部へ

念のためザイルを出して2ピッチを登る。続くP1も少し岩稜を登る。
ちょっとやばいなと思われるトラバースを越えて再び登り返す。
登った所が阿弥陀の頂上である。 

逕サ蜒・008_convert_20091113215114
阿弥陀岳山頂にて

今年は雪も少なくこんな感じで登れたが、天候によっては随分厳しい登りになるだろうと思いつつ、山頂で今登ってきたところを振り返ってみる。

逕サ蜒・009_convert_20091113215141
赤岳を望む

逕サ蜒・010_convert_20091113215204
横岳

逕サ蜒・011_convert_20091113215230
硫黄岳と天狗岳

20代から50代の幅広いパーティーで無事登れた。。快晴、四囲の景色も何ともいえない美しさ。
フリークライミング(ボルダー、スポーツクライミング)では味わえない。やはり登らなくちゃこの感激は味わえません。

逕サ蜒・012_convert_20091113215254
阿弥陀岳山頂にて(Isi原、Abe、Kam田、Gramps、Higa) 

10:00山頂を後に赤岳に向かう。

逕サ蜒・013_convert_20091113215320
阿弥陀岳の下り

山頂から急降下して中岳を登りまた下って赤岳の登りである。

逕サ蜒・014_convert_20091113215351
中岳手前にて

ゆっくり、ゆっくり登っていくのであるがやはり年なのかしんどい。

逕サ蜒・015_convert_20091113215415
阿弥陀岳を振り返って

Isi原、Higa両君は若さか駆け登っていく。

逕サ蜒・016_convert_20091113215440
赤岳への最後の登り

赤岳山頂で大休止後、縦走は断念して地蔵尾根を下ることにする。行者小屋前でIsi原君持参のコンデンスミルクと甘納豆でミルク金時を食す。余りの美味しさで喰いすぎた。

それにしてもKam田さん(最高齢者)の歯の強さには驚きである。
虫歯は1本も無い。もちろん入れ歯も無いそうだ。直径4cmもあるツララをボリボリ、ガリガリと食べている。

行者小屋から赤岳鉱泉までの間、大同心、小同心あたりのルートを見ながら赤岳鉱泉到着。
今日はここで幕営とする予定を変更して帰宅することにする。

4:45出発~小松山荘に17:00.山荘のご主人に茅野駅まで送ってもらう(5000円)。
3年前までは3000円であったが、しょうがないでしょう。茅野から塩尻で乗り換え、名古屋からは新幹線利用で帰阪。

今回はラッセルも無く、Higa、Isi原、両君にとってはパワー発揮のチャンスが無く残念な山行であったが無事山行ができた。




スポンサーサイト
  不動岩  
            
期間:1988.3.13
参加者:Murasan、NR海、Sai藤、Ya倉、Nisi埜、Hira谷、Gramps

Ya倉Nisi西埜、Grampsで登る

DSCF6330_convert_20121025124138.jpg
道場駅前大北商店から見た夕焼けの中に虹(左下は不動岩)2012.10.18撮影

1本目:東稜リッジ:トップYa倉。
直登で登る。続くGramps登れない。
おかしいなあ登れたことがあるのに登れない。

Nisi埜君に交代するも彼も登れない。
再度Gramps挑戦するも登れない。

今度Nisi埜君トライ、根性で登る。

これ以上挑戦すると次が登れなくなるのでハング下を回り込んで登る。

2本目:重箱:Ya倉君初めてのトップでトライ。
核心部で一度休憩したが難なく登る。素晴らしい。

セカンドのNisi埜君、核心部のところでザイルが交錯して
、カラビナを外そうとした瞬間にフォール。再び登り返す。

ラストのGramps、細かいホールドを辿って登って行くが、
なぜかぎこちない。

これではトップ登るのは、まだまだ先のようだ。

3本目:
ハーケンルート:ここよりNisi埜君と2人パーティーになる。

クライムダウンして登り返す。
過去3~4回トライしているが、今回は全くダメ。ハーケンに2回も触れてしまった。

4本目:エイリアン:初トライ:
クライムダウンして登り返す(核心部のみ)。
最初のところは勢いで登るも力尽きてテンション。

ジャミングがうまく使えない。2回ほどテンション。
最後のところは勢いよく登ると上手くいきそうだ。

5本目:あばたもえくぼ:初トライ:
出だしは一つひとつ丁寧にホールドを探して行けば登って行けるが、

アンダーホールドを使うところからは、
なかなか容易く登らせてくれない。ワンテンション後、カンテに出て一休み。

再びトライ再開。最後のところは力で登った感じ。

肝心なところを省略してしまっている。次回ゆっくり挑戦してみよう。
奈良明日香ひなまつり古代マラソン   

時:1988.03.06

ハーフならどうにか走れるだろうと思いつつ21時に床に入る。
3時には目が覚めてしまった。やはりどこかで興奮しているのだろ。

それから1時間ほど眠れず。

9時半に会場に到着。スタートは11時半である。
受付を済ましテント設営場所に向かう。

小学生の運動会で徒競走の前のあの興奮を覚える。
何故か歩いていても足が地に着いていない感じである。

これではいかん、走る前に疲れてしまうぞと自分に言い聞かせるも、
どうしようもない状態である。

とにもかくにもこのような大会に出るのは初めてのため興奮するのは当然か。

Hig口さんがいつもの如くみんなの世話をしてくれている。
私も彼の特製のスペシャルドリンクを頂いた。

あちらこちらで皆思い思いにウォームアップをしている。
我グループはAk松君を除いてウォームアップを積極的にやっている人がいない。

ハーフは別にしてフルを走る人はこれで大丈夫なのだろうか?
あれやこれやと喋っているうちに11時30分のスタート時間になった。

スタート地点から最初の折り返し地点・4kmまでは、だらだらと一本調子の登りである。
できるだけゆっくり走るように努める。

こんなに大勢で走るのも初めてである。
大勢で走ると自分のペース作りが難しい事がわかる。

スタートしてまだ間が無いのに既に長―い列になっている。
速い人は本当に速いんだなと感心しながら走る。

20分経過した頃には速い人はもう折り返してきている。
次から次えとすれちがう。

我々グループは誰が一番で折り返してくるのかなあ?と思いながら走っていたら、来ました、きました。
Ak松君がトップで、少し遅れて中村さんが続いている。

後は分からずしまい。探すのもなかなか難しいもんだ。
折り返し地点で25分(4km)。予定の20分を5分オーバーしている。

登りだから仕方がないか。
折り返して今度は下りだから
8km地点の予定タイム・40分にどのくらい近づけるなと考えたりして走る。

結果8km地点は42分くらいで通過できた。

ここからコースは遊歩道にそれる。
Kum田さんが何故かうろうろしている。

どうしたのかと聞いたら「ネーチャー コール オン ミー」とか、「場所がない」と。
「そこらでしたら」と言い残して先に進む。(彼は2年後にサブスリーになった)。

次から次へと続いてくる列の脇で実行するのも
若いKum田さん(私と同じ歳)には勇気のいることだろうと思いつつ走っていたら、

今度はKak下さん(女性)に追いついた。
今度はホンマ?に若い人だ。

42km走るなんて大変だなあと・・・おもわず「頑張って!」と言いながら抜き去る。
「元気ね!Grampsさんは」の返事を後ろで聞いた途端

「俺は果たしてこのペースで走りきれるのか」と不安がよぎる。
その後、自動車道の歩道を走ったり、野道を走ったり、

アップダウンのある道を右へ、左へと折れたりでちょっと普通のマラソン道とは違う。
クロスカントリー風である。ただ、ただひたすら走る。

第二の折り返し地点を折り返してきた我グループのトップはやはりAk松君。
相変らず速いペースである。5分遅れで中村さんが追走している。

今度は向うが先に見つけてくれて声を掛けてくれる。
続いて、O島さん、Nis本さん、Mur崎さんとすれ違う。

すれ違い様の声掛けも楽しいし、
掛けられると元気もでる。

第二折り返し地点を過ぎたところでKum田さんが「給水所で待っているから」と
訳の分からないことを言いながら追い抜いていく。

余裕のある走り振りである。

給水所でKum田さんが魔法の粉(ブドウ糖)を水に溶かして飲んでいた。
こちらは立ち止まったらそれで終わりのような気がして、

そのまま補給所で立ち止まることなく走り抜ける。
ここより少し先で、フルコースルートは左へ、
ハーフコースは直進と分かれる。

ハーフの2~300m先でまた合流して右折。
この辺り(ゴール約7km手前)で2人の女性ランナーが私を追い越して走っていく。

追い越されて急に競争心が湧いてくる。
ペースアップして必死に追走する。

と同時にこんなスピードで走って大丈夫だろうかと不安も増す。
しかし一度アップしたペースは意識的に落とせない。

1km、2kmと何とかついて行けた。
後5km、ここまで来たら、行ける所まで行ったれの気持になってきた。

そう思ったら追走から並走に変わる。
登り坂にかかったら二人のペースが急に落ちてくる。

こちらは自分だけの変な意地も加わりそのままのペースで走り続ける。
この辺りから他の人のペースが落ちてきているのか、

次から次へと追い抜いて行けて気分が良い。
後2kmの標識を通過。

「ファイト!ファイト!」と言い聞かせて走りつづける。
ゴール手前に来たら両側に人垣が出来ている。

その前を走るのは気持がいいやらはずかしいやら。
ゴール前の最後の登り坂も気力で頑張れた。

しかし走り終わってみたらやはり疲れたのでしょうか頭痛がする。
Ak松君はら3時間を切る目標で走っていたが残念ながらハイペースが祟ったのか30km地点でリタイヤー。

今も足が痛いと言っている。
南大阪にあるダイヤモンドトレール(40km)を5時間そこそこで走れる彼もやはり調子の波はあるんだな。

一緒に来た皆さんには申し訳ないが、彼と一緒にお先に帰路に着く。
来年はフルマラソンにとは思うが、

ハーフでこんな具合ではとても無理な気がする。でも頑張ってみよう。

記録:
フルマラソン:          ハーフマラソン:
Nak村:3H37’05         Nis本:1H33’30”
Kum田:3H40’           Gramps:1H48’30”
Hig口:3H45’           Kaw端♂:2H16’26”
Is原:4H15’            Tak田兄:2H15’35”
Kak下:4H21’
O島:4H28’
Fuk谷:4H28’           Ak松:30km地点でリタイヤー
Tut橋:4H58’           Mur崎:30km地点でリタイヤー
Nis埜:5H10’

(Tak田兄、Ak松以外ぽっぽ会員)