FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

不動岩      

期間:1987.12.26(土)
参加者:Gao、KKST、O島、Gramps

アイゼンワークのつもりで行ったが、東壁中央1本しか登れず、
クレッターシューズに変えて登る。

先週も今週もポカポカ陽気で汗を流しながらの練習となる。
土曜日の練習は空いていて登りたいところがどこでも登れる。

1本目:アイゼン:東壁中央 上半部はハーケンもなくアイゼンでの初めてのトップなので怖かった。

もう少しセカンドでアイゼン感覚を掴んでからでないと精神的に難しい

2本目からはクレッターシューズ。大島君も不動が2回目ということで、
とにかく登ってみることにする。

2本目:菱形ハング いつも思うことだが、ハング出口をもう少しスマートに出たい。
乗越てから終了点まで一抹の不安を感じながら登る。

O島君は快調に登ってくる。

2.5本目:菱形ハングと中央稜正面ルート(現在のハーケンルート)の中間のボルトルート(現在の重箱)をO島君がビレー点よりクライムダウンして登り返すも、
ルートを間違えて菱形に出てしまう。

2.75本目:中央稜正面ルート(ハーケンルート):クライムダウンして登り返す。

先週は案外簡単に登れたこのルート。
今回はトラバースで逡巡、最後のハングで冷や汗。

3本目:東稜リッジルート。以前はハングしている石を掴んで登っていたが
最近はその右を登っているようだ。

4本目:ナンバブラザーズ:東稜リッジルート(現在の逆L)終了点から
クライムダウンして登り返す。

ここも先週何とか登れたのに、
今日はしょっぱなからミスをして落ちる。

核心部がやはり登れない。
ハーケンを掴まずに登るのにはどうしたらよいか分からない。

5本目:ナンバブラザーズ:4本目同様核心部のムーブが分からない。
ハーケンを掴んで登ってしまった。

6本目:蜂の巣ハング:核心部まで時間がかかりすぎ。
核心部の登り方も今ひとつわかっていない。

クライムダウンかセカンドでもう一度登ってみる必要がある。

以上
スポンサーサイト