大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

冬山訓練  富士山  1987.11.22~11.23 Gramps


001jpg_convert_20080812175256.jpg
富士に向かう

002jpg_convert_20080812175317.jpg
8合目小屋前でビバーク(夜中にツェルト風で潰される)

003jpg_convert_20080812175342.jpg
23日日の出前

004jpg_convert_20080812175400.jpg
ご来光

005jpg_convert_20080812175420.jpg
山頂鳥居前(寒かった


006jpg_convert_20080812175439.jpg
富士山に笠雲(午前11時45分)この後天気が崩れてきた
富士山がうっすらと見えますか?


007jpg_convert_20080812175459.jpg
富士山と関係ない写真です。
12月5日六甲山の某山荘での納山祭
手前から幻のMori田氏、Mo利氏、Gramps、Kuma田氏
夜半から雪になり翌朝15cmの積雪となりました。
スポンサーサイト
初冬の富士山         

日程:  1987.11.21夜~11.23
メンバー:Na村・Ka下、Sa藤・Su田(当時ぐずの会)、H口・Gramps  S田さん以外ぽっぽ会々員
山行目的:3000mでのフォーストビバーグと登頂
共同装備:ツェルト3張り、ザイル3本他。

H口さんの6人用バンで運転を交替しながら富士スバルライン・ゲート前に。
ここで仮眠のためにテント設営するも、周りがうるさくスバルランドの駐車場に移動して仮眠する。

11月22日:
8時半頃ゲート前に行ってみると、既に多くの車が開門を待って並んでいる。
天気は快晴に近い。富士がすっきり美しく見える。

カメラ係の各パーティーの3人が一斉にシャッターを押す。
9時ゲートオープン。

001_convert_20081016120951.jpg

5合目駐車場まではあれが八つだとか、甲斐駒だとか、北岳だとかいつもの会話が自然に出る。
不思議なもので同じ事を何回も言っているのに飽きない。

5合目駐車場では府連のバスに遭うも、皆さんは既に出発し、5分ほど歩いたところでテントを設営している。
御互い挨拶を交わしながら我われ6人は先に出発する。

一昨日からの腰痛が治らず、10kg余りのザックを背負っての歩きがきつい。
歩くたびに腰の痛みを感じる。

パートナーのH口さんが何回も何回も気を遣って大丈夫かと尋ねてくれる。
嬉しい限りである。反面、自身が情けなく感じる。

今年で富士山の訓練も3回目になる。
来るたびに雪量が少なくなっているように思われる。

1回目は1合目から雪の中を歩いて登った。
2回目の去年は5合目までバスで来て登る。
その時は6合目辺りから雪が現れた。

今回は7合目よりやっと雪があるという感じである。
天気は過去2回に比べ抜群に良い。

まるで春山、それもぽかぽか陽気である。5合目で気温マイナス5℃(9:50現在)。
しかし、この天気とは反対に体調は全くすぐれない。

6人の中で私以外に一人歩くペースが落ちてきたので(私にとっては)大助かりである。
後方でS田さんが「こんなに軽いザックで登れるのはピクニックみたいだ」という言葉が癇に障る。
ほんとうにしんどい。

それでも気を遣ってくれているのかゆっくり歩いてくれているようだ。
皆は計画どおりに登れるかイライラしているのではと思いつつ登っていく。

本8合目で休憩を取り、服装を整え再出発した少し登った所で誰かがここでビバーグにしようと提案。
その先に適当なところはないようだ。ここで、やっと歩かなくてすむ。嬉しい限りだ。

002_convert_20081016121011.jpg
左:H口さん、右:Gramps

1時間ほど掛かってツェルト3張りを設営する。
各ツェルトに2人づつ入り、夕食はジフィーズ3人分とラーメン1人分を2人で食べる。

夕食後5合目の幕営隊と交信を試みるもうまく繋がらなかった。

H口さんのリードで3ツェルト合同で山の歌を合唱をして楽しむ。
19:00就寝するも腰の痛みでなかなか寝付けない。

テントやツェルトは少しの風でも大きな音がする。
音の大きさは経験上心配ないが、破れはしないかと気がかりである。
2時間ほどで中央の張り綱が緩みだす。

23時過ぎに寒さのため目覚めたら、ツェルトが顔の上にぴったりと張り付いている。
ポールをさしてあるツェルトの穴が大きくなりロープが下がってしまっていた。

それに加え中央の張り綱が緩み出入り口のファスナーが上がってしまっていて、開いた状態になっている。
寒いはずである。

この頃より頭痛がして来てたまらない。
ツェルトはH口さんに外に出てもらって私が内側から支えて直す。

隣のN村パーティーのツェルトも破れ始めて来たため応急処理をする。
この間、H口さん大奮闘。この一騒動後は少し眠れたようだ。 

大阪19:40→桜井SA20:40 →スバルライン・ゲート2:30→スバルランド3:00、スバルランド8:30→ゲート9:00→5合目9:40、10:30~本8合目14:30、設営15:30就寝19:00

11月23日:
3時起床、食事の用意。6人中3人が食欲がない。高度障害か?私もその中の一人。
今日は腰も痛いし、頭も痛いので、皆に迷惑を掛けたくないので、

一人下山しようかと迷っていたが、ゆっくり登れば大丈夫だろうと思って登ることに決める。
ツェルトは撤収せずに軽装備で出発。

1時間10分で山頂に到着。まだうす暗い。
風も強く寒い(マイナス11℃)。ご来光は6:20分位かな。

003_convert_20081016121036.jpg
6時22分:日の出

東の空が赤く染まり始め、その一瞬を皆同じ気持で待っているのであろう。
周りがモルゲンロートとなり日の出である。記念写真に収め下山開始。テン場には30分で到着。

004_convert_20081016121057.jpg
左からS藤、N村、後方H口、S田、Ka下、Gramps

テントを撤収して下山を開始したころ、労山の登頂隊12~3名が登ってきた。
3時半に5合目を出て来たとか。大沢を下って7合目付近で雪上訓練組に会う。

6合目からは雪もなく砂埃がひどい。
夏に登ったことがないので良く分からないが、夏の砂埃はどんなんでしょうかね?

5合目では着替えもせずに、そのまま車に乗り込み河口湖湖畔に向かう。
ここで着替えて、食事をして帰路に着く

帰りの車窓からは富士の山頂に大きな笠雲が掛かっている。
どうやら天気は下り坂のようだ。

005_convert_20081016121120.jpg
かすかに見える富士山の上に笠雲がかかりました

この2日間我われは天気に恵まれていたと感謝。
帰りの高速道路は連休の最終日とあって、天王山トンネルから48kmの渋滞に遭い

予定7時間の所9時間掛かってしまった。

起床3:00出発4:45~最初の鳥居5:20~山頂5:55、6:30~C1:7:00~5合目9:30→河口湖11:30→桜井20:00(→天王寺22:40