大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

ぽっぽ岩登りスクール

1)1987.10.17夜~18
場所:蓬莱峡

2)1987.11.08
場所:ロックガーデン            

3)1987.11.15
場所:仁川

1)蓬莱峡:

18日は岩登りスクールのため、
自分の好きなところは登れない。

そこで前夜に出かけ、
当日スクールが始まる前の時間・6:00~9:00まで木村君と登る。

1本目:大屏風の中央Ⅲ級ルート

2本目:凹角左のⅤ+ルートをそれぞれクライムダウンして登り返す。
    初めてのトライでテンションなしで登れたのでうれしかった。

3本目:小屏風の松の木クラック直登ルート。セカンドで初登できた。

4本目:中央上部ハングルート。
今までは登れそうもなかったこのハング     
    がセカンドではあるが意外と楽に登れた。

今度は2本目、3本目のルートをトップで登れるようにしたい。

岩登りスクール 受講生:中川さん、瓜田さん

1) 大屏風中央を1本登って

2) 小屏風でトラバースで練習

3) 大屏風の緩傾斜でエイト環を使っての下降練習

4) 午後より3人で3本登って終了。

今日は自分が登りたかった4ルート中3本登れたので大満足

2)ロックガーデン
1)ブラックフェース

2)キャッスルウォール

3)サンディーモーニング

4)逆L字クラック周辺

3)仁川

午前中:ムーンライト付近で懸垂下降
練習とトップロープでのクライミング。

午後:三段壁、摩天楼でのクライミング。

以上
スポンサーサイト
北ア・錫杖岳 (中級登山学校)

左方カンテ・1ルンゼ         
1987.10.9夜~10.12朝   Gramps

10月9日:時間の都合でバスに22時頃、名神桜井PAでピックアップしてもらう。
10月10日:
バスの中では中々熟睡はできない。
5時中尾温泉口に到着。

昨年はここでゆっくりしていた為、
登攀開始が遅くなり、結果としてビバーグとなってしまった。

今年は同じ轍をふまないために、すばやく出発。
2~3番手で歩く。生徒のSu田さん(現フレンズ)はタフガイ。

相当の重量のザックを担いでいても我われと同じスピードで歩いてくる。
早くテン場に着いて、早く登ろうという意識が焦りとなっているようだ。

途中の渡渉地点も休憩なしで、
持って来たにぎりめしも食べずにテン場に。

テントを設営し準備をしていると、他のパーティーが岩場に向かい始める。
気持ちが焦っているようだ。

002jpg_convert_20080826145804.jpg
写真は2002年10月

Su田さんに「先に行くぞ」と言って出発する。
取り付き点のほぼ中間地点まで登った所で、
アブミを持ってくるのを忘れたのに気づく。

取りに帰り、また登り返しである。
今日は登る前から疲れてしまった。おにぎりをやっとほおばる。

今日の予定は左方カンテ

1P目:生徒とはいえ山のベテランSu田さんに
1ピッチ目はトップで登ってもらい後はつるべで登る。

取り付きは二のガリーより登る。思ったより厳しい。

2P目:ほぼ1ピッチ目の延長。
ハング上まで伸ばせるか不安であったので、ハング下でビレー。

3P目:15m。ハングを越してビレー。チムニー下へ。

4P目:チムニーを登る。

5P目:フェースから少し左にトラバースしてクラックを登り草付きに。

6P目:10m程コンテでチムニー下に。
チムニーの取り付きでアブミを使用。
背中を使って内面登攀?後カンテに。最後の乗っ越しが少し厳しい。

7P目:いかにも脆そうな(モナカ状)フェースクライミングを経て草付きに。

8P目:ブッシュ帯を登って終了。

西の肩を経てクリや谷を下る。
ベース到着後ビールで乾杯!後は午後の一時を双眼鏡で各パーティーの登攀を見て楽しむ。

今日も3パーティーが残業になり無線連絡におおわらわ。
残業組22:00過ぎに帰還。

取り付き8:30~終了12:00~ベース13:30
004jpg_convert_20080826145905.jpg
写真は2002年10月

10月11日:
昨夜23時就寝、3時起床は少々眠い。
おじやで朝食、月の光とヘッドランプの光を頼りに1ルンゼ取り付きに向かう。

今日もまた取り付きでミスをしてしまった。
ザイルがキンクしてしまった。原因は私の忘れ物探しの為。

1P目:トップのSu田さん、
ランニングビレーを取るところがないと盛んにぼやいている。

ハーケンを打って騙しだまし?登る。
確か昨年は楽に登れたはずのこのピッチ。

出だしが意外に嫌らしい。15mでピッチを切る。

2P目:トップ:左の壁を登り、
後はⅢ級ルートをどんどん登ってザイルいっぱいできる。

その後はコンテでハング地点に。

3P目:トップ:人工、A0でハングを乗っ越す。
人工から左にトラバースし、その上のハング乗り越しに時間を食う(核心部)

4P目:セカンド:ここからは見晴らしもよいフェースクライミング。

5P目トップ:ピナクルの左を・・・・

ここから後のメモが無い残念!

起床3:00出発3:50~登攀開始5:15