大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

雪彦山・地蔵東稜、地蔵正面カンテルート
    
期間:1987.6.20夜~6.21                       大阪ぽっぽ会 Gramps

現地公民館泊。23時頃まで明日の打ち合わせ。
明け方より雨。

5時の起床時も止まず、6時半頃までぐずぐずしてたら、
小止みになったので昨夜の計画を変更して全員9名で地蔵の東稜が登れたら登ることで出発。

7時40分取り付きに到着。
岩はやはり濡れている。まだ霧雨も降っている。

判断に苦しむも登ってみることにする。3人パーティーの3組の編成にする。

1本目:地蔵東稜セカンド:過去に2回登っているが、セカンドとはいえ濡れているので嫌らしい。

チムニーを登る頃から日が射してくる。
岩肌もだんだん乾いてきた。この後はルンルン気分で登れる。

最後のピッチのトラバースも難なく登れた。

(登攀開始8:00~終了10:30)最終組は11:30分終了。

この後もう1本登るか迷ったが、登ることに決定。
2組が地蔵正面カンテルート、残り1組は加古川ルート。

2本目:地蔵正面カンテルート:トップ:

1P目:登り始めのトラバースのところは、
下から見るとバンドをすいすいトラバースできるように見えるが、
その場所に行くとバンドなんか全然無く嫌なトラバースである。

2P目:外傾した階段状のところを登る。

3P目:リッジをそのまま登る。突風が時々襲う(冬の登攀はこんな感じやなと思いながら登る)。

4P目:つるべ

5P目:コンテ

(登攀開始13:30~終了15:30)

ぽっぽの誰と一緒だったか記録と記憶なし。
スポンサーサイト
百丈岩・不動岩・堡塁岩・蓬莱峡・仁川


百丈岩、不動岩
期間:1987.06.13
参加者:MS山、Gramps

百丈:東稜リッジ:トップ
不動岩:
1)西稜西:アブミ トップ
2)テスト岩:アブミ トップ
久しぶりの人工練習でなかなかうまくいかなかった。

不動岩
期間:1987.06.14
夜半より雨。なぜか3人用テントの私のところだけ雨の被害。
朝になっても雨が止まず、ぐずぐず過ごしていたらそのうちに止んだのでテスト岩で人工の練習をする。

午後東壁中央を生徒の野地さん、真崎さんと2本登る。

不動岩
期間:1987.06.27夜~28
参加者:阿部、西埜、Gramps

1本目:東壁中央ルート Ⅲ 1P:トップ、2Pセカンド。2ピッチ目の中央テラスからの直登途中から右のルンゼに逃げる。

2本目:蜂の巣右のカンテ:トップ:カンテ終了点間際のスタンスがよくわからない。

3本目:同ルートをセカンドで登る

4本目:東壁凹角:トップ。久しぶりの登りでF1、F2の乗越が初めて登るような感覚であったが、以前より楽に登れたような気がする。

5本目:東稜リッジルート:トップ、かなり楽に登れるようになった。

6本目:松の木リッジルート:トップ、核心部でA0してしまい残念。

堡塁岩  
期間:1987.07.04
参加者:阿部、Gramps

1本目:南面右クラック:3~4m登ったところで墜落。地上に仰向けに落ちる。ザックを背負っていたのと、念のため左の木にビレーを取っていたのが幸いして石に強打しなかったのが幸いでした。

1本目:中央稜右カンテ:Ⅲ+ セカンド 落ちたショックか最後の登りにもビビりが出ている。

2本目:電光クラック:トップ、先ほどの墜落時に腕がパンパンになったため、力が入らず登るのに手こずる。

3本目:ちびっこハング:トップ、ハング下まで登ったが自信がなく右のクラックに逃げクラックを登る。

4本目:ビスケット左:トップ、フリーで登れず、トップを交代。セカンドでA0で登る。やはり先ほどの怖さが残っている。

5本目:西稜中央クラック:トップロープで登る。意外と易しかった。

6本目:西稜ハングルート:トライするには2年?早いかって感じでした。

蓬莱峡
期間:1987.07.11夜~12
参加者:阿部、Gramps

本日はオールセカンド

1本目:大屏風中央      
2本目:大屏風S字クラック
3本目:大屏風凹角     
4本目:大屏風凹角左カンテ左
5本目:大屏風レイバック?  
6本目:小屏風松の木クラック左トラバースルート

仁川
期間:1987.07.26

1本目:バットレス 南面左クラックルート Ⅳ セカンド
2本目:バットレス 南面右クラックルート Ⅳ+ セカンド
3本目:三段壁 中央リッジルート Ⅳ セカンド
<文字色span style="color:#0000ff">4本目:三段壁 左ルート Ⅳ+A1 セカンド
5本目:三段壁 シャドールート Ⅲ A2 セカンド

左手指関節が芳しくないので、本日もセカンドで登らせてもらう。
4本目の凹角はA0で開脚がポイントのようでした。
5本目のA2はなかなか手間がかかりました。
 
高尾山・ボルダー
   
(現在登攀禁止)

期間:1987.06.07(日)

今日も快晴。昨日に続き今日も暑い。
風があるので少しは楽だ。

パートナーはMRI田君。

img014_convert_20120812100930.jpg
北壁 セカンドを確保するMRI田君

1本目:北壁滑り台 Ⅴ+ セカンド 凹角部で少し手間取ったが何とか登れた。

img015_convert_20120812101010.jpg
正面壁をフォローするHGT君


2本目:
北壁ブルーベリー トップ 2番目のハングで怪我をしている左指を痛めて登れず。右に巻いて登る。

img016_convert_20120812101043.jpg
昼のひと時

3本目:北壁フランケ証券ルート Ⅵ- 最初の左手のホールドが分からずA0で登ってしまった。森田君も苦労していたが、やはりA0で登ってきた。

img017_convert_20120812101116.jpg
ドーム・スローダンサー5.11をトライするNRMさん

痛めた指が腫れてきたのでここでリタイアー。
六甲山・杣谷~摩耶~天狗道
   

平岡さんの定年送別ハイキング

期間:1987.06.06(土)
快晴。社内の有志で平岡さん送別ハイクをすることになる。
総勢11名である。

阪急六甲駅より杣谷を通って、
杣谷峠にゆっくりとしたペースのハイキングである。

それでも主役の平岡さんはしんどそうである。
連日のお別れパーティーと最近はあまり歩いていないとの両方の理由だそうだ。

とにかく昨日、今日と太平洋高気圧がどっかりと張り出してきて、
真夏に気圧配置になっている。
山上で測ったら33℃もある。

杣谷峠で食事をして記念撮影後摩耶山に向かう。

ここで1時間ほど昼寝や歓談をした後、
ロープウェーで下山する予定であったが、

みんなの元気回復して、
体調も良いので歩いて下山することにする。

天狗道をゆっくり市が原へ下り、
布引経由で三宮に。

ここで最後の晩餐会をして平岡さんを送るハイキングの終了。
平岡さんお疲れ様でした。

こんなのんびり山行も良いですね。