大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

御在所・藤内壁・前尾根

時:1987.5.31(日)   Gramps

快晴、6時大阪中郵前集合であったが、
一人が遅れたために出発が7時30になる。

名阪経由、四日市から入り、スカイライン入り口の駐車場脇に止めて、
ここより「裏道」を1時間歩いて取り付きに10時半に到着。

先客の順番待ちで登攀開始は11時15分。Nak親子パーティーが先発。
Ki村君(ぽっぽ会)と組む。

1P目(P7):最初の登り口のクラックが少し難しかったが、まあまあでした。
上部の少し被り気味のところは、フットホールド(スタンス)に思い切って乗り込んだら、

ハンドホールドが容易に取れた。

2P目、3P目(P6,P5):余りややこしい所は無く登れる。

001jpg_convert_20080818201831.jpg
最終ピッチを登るNa君(中3)

5P目(P4):
だらだらしたガリー。6P目(P3):スラブを登る。

7P目(P3):クラックのフットジャムで足が痛かった。

8P目(P2):堡塁を思わせるような岩の形状で途中チムニーハング気味のところあり。

総体的にP7、P2以外は余り面白くない。

各ピーク間の連続登攀が無くだらだらと歩かなければならない。

002jpg_convert_20080818201853.jpg
前尾根ピークにて(Na親子。我が会のK寺君に似てませんか)

この尾根からは藤内壁の全体像が分かり、眺望も素晴らしい。

003jpg_convert_20080818201918.jpg
後列左は幻の会員になりそうなKi村さん

山頂に行ってビールを少し飲んで乾杯して、「中道」を下り帰阪

004jpg_convert_20080818201938.jpg
中道の途中にある奇岩?にて

21時帰宅。

同行者:Nakさん父子、Ki村さん。

後記:21年後の2008年7月にも登ってきましたが、随分偉そうな書き方で赤面しそうです。

ロッククライミングスクール(RCS)のパイオニア・大阪ぽっぽ会の28年目(2008年)のスクールは10月19日(日)と25日(土)の2回です。詳しくはぽっぽHP又は登山店のチラシをご覧ください。
スポンサーサイト