大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・杓子岳双子尾根~唐松岳・八方尾根

期間:1987.4.28夜~5.02朝
参加者:Tk柳さん、Gramps  

逕サ蜒・001_convert_20090822125824
猿倉荘 6時30分 気温10度

連休の前半、29日からの山行。天気も素晴らしく良く、我われ以外殆どいない静かな山行であった。トレーニング不足か背中の荷物も重いし、疲れも早い・・・しかし今回も楽しい山行でした。

4月28日29日:
21:30大阪発ちくまに乗り込む。岳僚のM本さんが岳友を見送りに来ていた。
車内はクロスシート1ボックスに2人平均と空いている。

話し込んでいたら23:30を過ぎてしまっている。
明朝4時に松本着なので慌てて寝る。

白馬駅で登山届を出して一番のバスで猿倉へ。
猿倉からは殆どの人が白馬大雪渓に向かう。

双子尾根に向かったのは大学ワンゲルパーティーと我われの2組のみ。

逕サ蜒・002_convert_20090822125843
白馬岳を望む。杓子岳双子尾根の支尾根より。9時34分

鑓温泉登山口でいきなり雪の落とし穴にはまり込む。
慌ててスパッツを取り出して付けて再出発する。

我われの足は決して速くはないのにワンゲルの連中との間が離れ、彼ら中々登ってこない。
どうしたんだろうか?

やがて広い台地上に出る。ここより気持左(南)に向きを変えて進む。登山口より1時間ほど歩いたところより、双子尾根へは南に方向転換をするのだが、時間短縮を考えて双子尾根に向かって直登する。

逕サ蜒・003_convert_20090822125905
双子尾根より杓子・鑓を望む

ワンゲル部員は小日向のコルに向かったようだ。
直登は下から見たよりも急登である。

上部はあちらこちらに亀裂が入っており不気味だ。


登るほどに右下の長走沢が深くなっていく。
快晴に近い天気のもと周囲は白一色でなんと素晴らしい眺めか!

11:15分双子尾根上に出る。4時間かかった。
これより少し登った所で休憩。

逕サ蜒・004_convert_20090822125935
双子尾根より八方尾根・不帰を 11時30分
杓子岳や鑓ケ岳の写真を撮り再び登りはじめる。
やがて尾根が大きく右に廻ってその先が断崖になっている地点に到着。

ここにテントが2張ある。この地点より東に大きく下り、
中央に樺の木が1本ある広い雪原のような所を横切って再び急登にかかる。

この広い尾根上の上部に岩稜帯がある。脆い危なっかしい岩である。
フィックスロープが掛かっているがあまり信用できないだろう。

逕サ蜒・005_convert_20090822130006

約30mの岩稜帯を登り終えたところで休憩(14:10)。
この時にもらった夏みかんの美味いかったこと。

これからジャンクションピークまで何回休んだことか。
なかなかしんどい登りである。

15:00、今日中に山頂までは行くのは無理と判断して、登りながら幕営地を探す。
ジャンクションピークより2つ目の小さなコル上に設営する。

今夕のメニューはTk柳コックの作った焼肉。
またもや私のコッフェルの蓋が真っ黒にされてしまった。

よく食べた、そしてうまかった。
夜中に落石の音と、強風に悩まされる。

逕サ蜒・006_convert_20090822130028
双子尾根にて幕営

大阪21:30→松本4:01、4:27→白馬→猿倉6:00、6:30~猿倉台地8:00~双子尾根上11:15~幕営地16:00・就寝20:00

4月30日:
3時30分起床。テントの少し先に亀裂が入っていたが、大丈夫であった。この亀裂もいつかは雪崩れるのだろう?餅入りラーメンで朝食。

逕サ蜒・007_convert_20090822130049
双子尾根最上部のGramps  7時30分

逕サ蜒・008_convert_20090822130114
双子尾根最上部のTk柳さん  7時31分

今日も上天気のようだ。すぐにナイフリッジの雪稜。
ここにもフィックスロープがあったが殆ど雪の下になっていた。

どうにかノーザイルで登れそうなのでそのまま登ってしまう。

逕サ蜒・009_convert_20090822130133
白馬岳  8時40分

頂上直下10mは急登であり、凍っている。
10本歯の前爪の無いアイゼンなので登高に苦労する。

7:30分登頂。頂きの西側は殆ど雪がなく夏道がでている。

逕サ蜒・010_convert_20090822130153
白馬岳山頂にて  9時36分

ザックを置いて白馬岳をピストンしてくる。
空身はやはり楽である。

白馬山頂で、休憩しながらあの山、この山の当てっこをする。

逕サ蜒・011_convert_20090822130214
白馬岳の雪庇

逕サ蜒・012_convert_20090822130233
白馬だけより旭岳を望む   9時44分

10:50分再びザックの置いてあるところに戻る(白馬往復もアイゼン無しで行けた)。アイゼン無しでスタートした途端杓子岳のトラバースで苦戦。思わぬ時間を食ってしまう。鑓ケ岳の頂上には12:50分到着。

逕サ蜒・013_convert_20090822130254
杓子岳、鑓ケ岳を望む。 杓子の左に延びている尾根が双子尾根

逕サ蜒・014_convert_20090822130321
杓子より鑓ケ岳を望む。  11時44分

のんびりしすぎか、今日中に唐松岳まで無理となようなので、
大休止をしてコーヒータイムとする。

逕サ蜒・015_convert_20090822130344
鑓ケ岳への途中にて休憩。 杓子岳、白馬岳を望む

鑓ケ岳からの眺めもいつか来た夏山同様素晴らしい。疲れて疲れて登った山の山頂での気分は格別なものを感じる。

逕サ蜒・016_convert_20090822130408
鑓ケ岳山頂にて。 後ろに見えるは白馬岳

鑓ケ岳から天狗の頭まで緩い起伏の尾根上を進むのであるが、
実際その場所に来て見ると結構きついアップダウンである。

逕サ蜒・017_convert_20090822130426
鑓より南方を望む。 遠くに槍ヶ岳も見えた。
ここで1時間ほど休憩してコーヒータイム



今日の行程はできる限り天狗の大下りの所まで近づいて幕営することに決める。
天狗の頭より2コブ南に設営。

今日も上天気であった。顔がヒリヒリする。
明日の天気は良くなさそうなので、できるだけ早く不帰のキレットを通過しなくては・・・

起床3:30出発6:35~杓子岳頂上7:30~杓子夏道7:45~白馬山頂9:30~杓子夏道10:50鑓直下コル11:50、11:55~鑓頂上12:50、13:45~天狗の頭南側コル15:45

5月1日:
出発間際より小雪が舞い始める。
昨日我われの前を歩いていた青年が引き返してきた。

不帰Ⅲ峰が雪で通れないということで大雪渓まで引き返して下山するそうだ。

逕サ蜒・018_convert_20090822130443
不帰の剣

とにかく我われは行ってみることにする。
天狗の大下りは一部氷化していたが雪は殆ど付いていない。
夏道通しに下る。

逕サ蜒・019_convert_20090822130500
天狗の大下りのコルから見た不帰の剣

Ⅰ峰は夏道を登ってⅡ峰に。ここよりザイルを出して通過する。
雪は岩に付いてはいるが、ところどころ乗ったら踏み抜きそうな感じのところがあった。

逕サ蜒・020_convert_20090822130525
天狗の大下り  不帰Ⅰ峰より

ランニングビレーを取りながら慎重に進む。
最後の乗っ越しは荷物の重みを加味してⅣ級くらいか?
通り過ぎてしまえばスリルがあって面白かったが・・・

逕サ蜒・021_convert_20090822130551
不帰Ⅱ峰 北峰

引き返してきた彼の言うⅢ峰はここのことのようだ。
やはりザイルが無いとこの雪の状態では恐い思いをする。

逕サ蜒・022_convert_20090822130616
不帰Ⅱ峰 南峰から北峰を望む

Ⅲ峰への登りは雪がべっとり付いた、踏み抜きそうな感じのする所である。
とにかく核心部は通過出来た。

唐松岳に12:40分到着。へとへとに疲れている。
山頂には誰もいない。寒い!すぐ下山、小屋に向かう。

明日の天候を考えてというよりも自分の疲れ具合を考え、
今日下山することにする。

逕サ蜒・023_convert_20090822130632
唐松岳山頂にて

八方尾根は3年前に来た時と比べて、雪の量が相当少ない。
あの時ベースにした雪洞の場所は今年は登下降の通路になっている。

逕サ蜒・024_convert_20090822130659
八方尾根上部より唐松岳、不帰を望む

八方山荘の方にゴンドラの最終時間が余り無いことを教えられ大急ぎで下山。

白馬駅には17時着。下山届を出して松本へ、
例によってお亀の湯に入り、回転すしを食べて夜行で帰阪。

逕サ蜒・025_convert_20090822130720
あ~あ 疲れました。満足!睡眠不足をここで解消

幕営地6:25~天狗の大下り7:15~不帰Ⅰ峰8:15~Ⅱ峰(北)取付10:10~Ⅱ峰(北)頂上11:10~Ⅱ峰(南)11:30~Ⅲ峰12:10~唐松岳12:40~唐松小屋13:05、13:15~下の樺少し上14:40~八方山荘15:50~ゴンドラ16:25→白馬駅17:05、17:47→松本19:30、1:02→高槻8:30

以上
スポンサーサイト
宝塚新岩~蓬莱峡

期日:1987.4.19             Gramps

4月9日(土):
朝7時半、K村君から電話を受け、新岩に誘われる。
二人とも初めての岩場である。宝塚より少し入った霊園とゴルフ場入り口辺りをうろうろしてやっとこさで、岩場への入り口を探し当てる。
武庫川の河原よりガイドブックを見ながら新岩全体をイメージして登攀練習会を開始。

1本目:一の壁 Ⅲ+:3級ではあるが初めてのところであるため、ウキウキドキドキと高揚しながら登る。

2本目:前の壁 逆V字ルート:Ⅴ:セカンドの気安さかなんとなく登ってしまった。
途中ハング気味の凹角からは左にトラバース気味に登る。

3本目:前の壁 Take off Ⅰルート Ⅵ- :2本目を登ってからクライムダウンして登り返す。
途中細かいホールドのところで落ちそうになったが、何とか登れた。手がパンパンになる。

4本目:前の壁上部 Ⅳルート Ⅳ:ルートは短いが4級でもしんどかった。

スタートが遅かったせいもあるが3時に遅い昼食を取る。

5本目:二の壁 Ⅳ+ セカンド:上部バンドよりバリュエーションルートのフェースに挑戦。ごまかし、ごまかしでどうにか登る。

6本目:三の壁 Ⅳ+ ルートを間違えたのかⅢ級のような所を登ってしまった。

登り終え頂上に向かったが下山路が見当らず、今登ったところを引き返して下山。17:05岩場を出発。出発点まで20分。

生瀬駅前で食糧を買い込んで蓬莱峡へ向かう。

4月20日(日):
橋の下で墜落時の脱出訓練を10時までして、大屏風へ移動して、緩傾斜での歩行練習と小屏風でのトラバース練習。
大屏風中央三級ルートと小屏風松ノ木クラックⅣ+ルートの2本を登って今日の練習を終わる。
不動岩

日程:1987.04.12
参加者:Kaki下、Gramps山

昨日の土曜日は都合が悪くなり山に行けなくなる。
今日は午後から総会のため午前中だけ。

パートナーはぽっぽのKaki下さん。

1本目:東壁中央ルート Ⅲ トップ。毎回思うことだが、1本目は緊張する。今日も中央部のハングを避けて登ってしまった。

2本目:東稜ハングルート(逆L)Ⅳ+ トップ。久しぶり。1つ目の凹角ハングで苦労する。

3本目:松の木リッジルート Ⅴ- トップ。先週の課題であるこのルートを始めて登る。
核心部:右足の細かいホールドに乗ればその上部のガバホールドに届くため案外楽に登れた。

次回は蜂の巣ハングと中央稜正面ルートをセカンドでも良いから挑戦したい。
近畿ブロック搬出訓練 百丈岩      
                    
期間:1987.04.05

搬出訓練は誰のためにするのか?

昨日に引き続き本日も快晴である。暑いくらい。
こんな上天気に2日間も一人外で遊んでいて良いものか?
家族に対してちょっと気が引ける(長男14歳、次男12歳)。

今日の搬出訓練は昨年同様近畿ブロックの集まりとなる。
高槻から3名の出席。70名の会で3名の出席はさびしい。

ハイキングで仲間が負傷した時あなたはどうしますか?
対応できますか?

搬出訓練を受けているかどうかで対応も変わってくるでしょう。
搬出作業がいかにしんどいかが分かるだけでも、
山行中の行動も今までとは違ったものになるだろう。

こんな偉そうなことを言える立場ではないのだが、
訓練に参加するといつもこのことが頭に浮かびます。

山行中に負傷した時、
仲間に搬出技術の心得のある人がいる、いないで助かるか、助からないかが分かれる時も出てきます。

搬出技術を習得するということは一緒に行く仲間に対しての義務だと考えます。

これからもできるだけ参加するようにしたいと思っています。

今回の講習内容:

午前の部:広場で

1) 一人搬送(肩乗せ背負、ザック使用の背負い、ザイル使用の背負い)。女性でも結構できていた

2) 二人搬送(ザイルループ方式、組手方式)

3) ザイル担架の作り方午後の部:ハイキング組、縦走組、岩登り組の形態別に分かれて搬送の実地訓練をおこなう。

15時より反省会:


1) 出席者の多くが繰り返しての技術習得が必要

2) いかに搬出がしんどいものか分かった。
  よって怪我をしないように細心の注意を払って行動をすること等々がでました。

不動岩

日程:
1987.04.04
参加者:MS山(独歩)、Gramps

久しぶりの快晴。ぽかぽか陽気を通り越して暑いくらい。

1本目:東壁中央ルート Ⅲ トップ。中央部のハングをトライしたがダメでした。右にトラバースして直上する。

2本目:東稜リッジルート(逆L)Ⅳ+ トップ。ハングのところで手間取る。

3本目:東壁ルンゼルート Ⅳ+ セカンド。初トライ。セカンドのためか、上部フェースも比較的スムーズに登れた。

4本目:フライトクラック(蜂の巣ハング)Ⅴ トップ ハング地点の登り方が分からず失敗。宙づりに。右手の握力がなし。5分ほど休憩して、再トライ。とにかくがむしゃらに登る。次回再トライしてみたい。

5本目:中央稜左壁ルート~松の木 トップ 水平に出た松の木あたりが少し難しい。

6本目:蜂の巣ハング右カンテルート セカンド。なかなか面白いルート。

次回は蜂の巣ハング、松の木リッジルートを登ってみたい。