大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・五竜岳           

日程:1986.12.27~30            
参加者:Ak松、As原、Tk柳、Hr井、Gramps 

逕サ蜒・009_convert_20090430222705
Gramps Hr井

12月27日・28日:
大阪駅発23:20分の「きたぐに」に乗るため、
年末のことでもあるし早めに行って並ぶ。

3時間半も待って乗った割には車内にはまだ空席があった。
新大阪からの酔い客が深夜まで大声で騒でいたお蔭で、全員睡眠不足気味である。

逕サ蜒・010_convert_20090430222736
         As原 Ak松 Tk柳 Hr井

今年は、全国的に雪が少ないようだが、
山頂駅を出てみると雪はたっぷりある。

スキー場のリフトの下を通って、地蔵の頭まで登り、休憩を取る。

逕サ蜒・011_convert_20090430222755

ここからは白馬三山、八方尾根が良く見えるらしいが今日は何も見えない。
小休止後、一旦コルに下りそこからは尾根への急登。

登り切ったところが一の背髪。
ここからは比較的緩い登りになる。

逕サ蜒・013_convert_20090430222834
As原 Gramps Tk柳 Hr井

二の背髪はここから約1時間で到着。
このころより、雪が降り出し視界も非常に悪くなる。

逕サ蜒・012_convert_20090430222815

トレ-スがあり助かる。
そのトレースに従って黙々と歩くのみ。

二の背髪からは、小遠見のピークには向かわずに、
右へトラバース気味にショートカットして、中遠見へのコルに向かう。

逕サ蜒・014_convert_20090430222854

こるからはまたまた登りである。
ゆっくり登り中遠見の山頂へ。

山頂を通り過ぎた辺りで少し左(南西)に下り、
大遠見のコルを目指す。

コルより再び西に向かい大遠見を目指して登る。
大遠見はどこがピークなのか分からない。

ピークだろうと思われる辺りから広々とした平地状のところに出る。

逕サ蜒・015_convert_20090430222912
As原 Hr井 Gramps Tk柳

ここに3張りテントが設営されていた。
時刻は2時40分をまわっていたので3時を目途に幕営できる場所を探しながら進める所で進むことにする。

平地状のところを過ぎて、
雪稜を急登して50メートルくらい行ったところでテントを張る。

ここをBCとする。

12/27~28:大阪23:20→糸魚川6:08、6:12→南小谷7:28、7:31神城7:57、8:20→テレキャビン山麓駅8:45→山頂駅10:00~地蔵の頭10:35、10:50~一の背髪11:45~二の背髪12:35~BC15:15

12月29日:
3:30起床。天気悪し、
風雪強く昨日のトレースは消され全くなし。

新雪は50cm位。
明るくなってから出発することにする。

今日は状況を見ながら行けるところまで行くことにして出発する。

逕サ蜒・016_convert_20090430222933

新雪のため前進が捗らない。
遂に西遠見手前のコルで前進を断念することを決める。

凄い風である。
Hr井さんと二人で西遠見の山頂まで登ってみる。

丁度9時。この天候じゃ引き返すのは残念だが致し方ない。

BCに戻ったら青空がのぞく。
五竜方面も時々明るくなり視界が開ける。

夕方までこんな天気が続く。
あのまま進んでいたら五竜まで行けたのではと思うと無念の気持が湧いてくる。

明日は下山日ではあるが天候がよければ早朝に出発して、
再度アタックをしてから下山することにして、

今日は早々と5時に寝る。がなかなか眠れない。

逕サ蜒・017_convert_20090430222957

12/29:起床3:30、出発3:30?~西遠見9:00~BC10:00

12月30日:
2時起床であったが、外は残念ながら吹雪き。
登頂アタックは諦めて3:30分まで寝ることにする。

逕サ蜒・018_convert_20090430223019

7時30分下山開始であるが、相変らず風がきつい。
これで五竜も諦めがついた。

下に降りるに従い天気が良くなってくる。残念であるが仕方が無い。
全くよい天気だ。

春の麗らかな日差しの下で山歩きをしているような錯覚に陥りそうだ。

時間も十分あることだし、のんびりとゆっくり下山する。
神城駅には12:20分に着いた。
今度またいつか登ることにする。

逕サ蜒・019_convert_20090430223038
地蔵の頭 As原 Tk柳 Gramps Hr井

12/30:起床3:30、出発7:30~二の背髪9:50~一の背髪10:20~地蔵の頭11:00、11:30~神城駅12:20、12:57→松本15:00→高槻19:40


スポンサーサイト
仁川 バットレス&納山祭

期間:1986.12.6~8
参加者:MS山(独歩)、Si水(泉州)、Gramps

仁川駅9時集合。
ムーンライトから各岩場を案内してもらいながら、バットレスに10時半頃到着。

今夜から上部のピクニックセンターで納山祭。
そんなわけでもないが今日は写真を撮ったりしながらのんびりと楽しみながら登る。


1本目:南面左クラックルート 20m Ⅳ セカンド
    最上部が少し難しかった。

img002_convert_20120705113252.jpg
中級同期のMS山君

2本目:南面右クラックルート 20m Ⅳ+ セカンド
    中央上部1か所登りにくいところがあった。

img004_convert_20120705113316.jpg
同期のS水君

3本目:南面左クラックルート 20m Ⅳ トップ

4本目:南面右クラックルート 20m Ⅳ+ トップ

img005_convert_20120705113345.jpg
Gramps

5本目:南面右クラックルート 20m Ⅳ+ セカンド

15時終了。
今夜の祭り場へ移動。テント設営およびファイヤーの準備。

昨夜2時ころまで飲んで、
今日また18時からやり始める。

高槻の仲間が20時を過ぎても現れない。
仮眠して待つことにするも目が覚めたら22時。

img006_convert_20120705113410.jpg
納山祭

もう高槻の仲間8人も来て宴たけなわのようだ。
みんなと楽しく飲みながら1時過ぎに就寝。