FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

ダイヤモンドトレール(40km)縦走 

1986.10.26   大阪ぽっぽ会 Gramps

もうすぐ恒例のダイヤモンドトレール縦走の日ですね。
昔はよく参加していましたが、近年はご無沙汰でした。

今年(’08年)は久しぶりに歩いてみようと思っていましたが、
思わぬ怪我で断念しなければなくなりました。

過去の歩いた記録を探してみましたが1件だけしかありませんでした。
最高記録が出たので記録していたのでしょうね。

大概は7時間15分位かなと記憶しています。


          二上山駅  葛城山  水越峠  金剛山
前回(’84年 )  7:20      10:00    10:30   11:50
今回(’86年)   7:30       10:00   10:30   11:40


           千早峠 行者杉 紀見駅    タイム
前回(’84年 )   12:50    13:05   14:30   7.10
今回(’86年)    12:30    12:50   13:59   6.29


長距離縦走の目的は何かを考えた場合、
1)ハイキングを楽しむ、
2)とにかく完走を目指し自分の体力をみたり、完走そのものの満足感を味わう、
3)それ以上にタイムに挑戦し満足感をえる、
4)長距離ボッカのトレーニング、
5)山岳会のお祭りとしてとらえる、
6)その他。

みんな人それぞれにいろんな目的を持って参加していると思います。
私自身の参加目的は3~5かな。

多くのマラソンランナーがレースそのものが最終目標の感があるように思われるのに対し
私は40km縦走そのものは山行へのトレーニングの一つとして考えて参加しています。

今までは「少しでも早いタイム」を出すためにを目標に参加していました。
今回は趣向を変えてある程度負荷を与えて歩くつもりでいました。

前夜泊(テント)でと思っていましたが、他に誰も行かなくなってしまったので、
今回も例年のようにタイム中心の縦走に変更。

そのために登山靴からランニングシューズに代え、
荷物もできるだけ軽くして望みました。

前半はいつもに比べスピードアップしたつもりだったが前回と比べて余り時間短縮ができていなかった。
不思議である。

前半のハイペースが祟ったのか、それとも休憩をしていきなり走り出したためか、
葛城山の下りのやや登り気味のところで足がつってしまった。

それから何度も何度もつりそうになっては休んでの歩行であったが
これまた不思議なことにトラブリながら走った今回の方が、前回よりもタイムが良くなっていた。

それと前回一緒になって走った雑木の会のN島さんと今回も偶然一緒になり併走させてもらった。
偶然とはいえ面白いものだ。

16時45分帰宅。足の筋肉ががたがたである。
水風呂に入り冷やしたが2~3時間経つと元の木阿弥である。

この足のガタガタは翌日になってようやく落ち着いてきた。(42歳の秋
スポンサーサイト