大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

四国愛媛 石鎚山                

期間:1986.1.30夜~1.31           Gramps

1月30日、31日
30日21時ロープウェー下に幕営。
早立ちしたかったがロープウェーが9時からしか運転しないので、9時10分に上の成就駅を出発。

天気は回復傾向、登山者は私一人のようだ。
他にスキー客が10名ほどいた。

駅を出てすぐに彼等とわかれて一人旅。成就社までは林道といった感じのところ。

001_convert_20080811133654.jpg

多くの人が歩いているのか雪はよく踏まれている。
朝のため道は凍っている。

成就社から八丁坂へは緩い下りのためここでアイゼン、スパッツを付けて歩く。
ここより先は1本のトレースを辿って進む。降り切った所より今度は八丁坂の急登。

トレースがなくとも尾根筋のため道に迷うことはなさそうだ。
急登を登りつめると鎖場に、ここが前社森である。

石鎚の心臓部と書かれた標識があり、鎖が出ていたので巻き道を通らずにそのまま直登する。
登りきったら前がない。断崖である。

右側には5m先に地蔵様がある。四つん這いになって地蔵様まで登り進むも降りられない。
四苦八苦して元に戻り、先の断崖絶壁を覗いてみたら鎖があった。

岩と鎖を利用して何とか下まで降りれた。予期せぬ鎖場に精神的に疲れてしまった。

降りたところに前社森の売店がある。
ここで5分休憩して再び登りに、小ピークをトラバース気味に巻いて樹林帯を抜けると夜明かし峠である。

ここから初めて石鎚連峰がはっきりと望めた。

003_convert_20080811133806.jpg

綺麗である。これから歩く尾根の先により急激にせりあがった山容ある。
ふと先を見ると4人連れのパーティーが200m程先を歩いている。

やがて彼等に追いつく。彼等はここでもう1週間「行」をしているとか。
その中の年配の人は何十年も冬の石鎚で「行」をしているとの事。

小ピークを登った所に一の鎖場。鎖を伝って難なく乗り越える。やがて鳥居が現れる。

002_convert_20080811133727.jpg

雪で埋もれている為に這いつくばって潜り抜けると二の鎖場。
四苦八苦して登る。

手を上げすぎると鎖が太い為か腕が疲れてだるくて仕方がない。
何とか登ったものの、三の鎖場まで来たら疲れてしまった。

一休みすれば登れそうだが、帰りの時間が気になりだす。
頂上は断念しようとしたら先ほどの行者さんたちが来て、

「二の鎖を登ったら、その上は登れるから」とさかんに薦めてくれたが、諦めて下山する。

004_convert_20080811133830.jpg

二の鎖を慎重に降りて後は来た道をどんどん引き返すのみ。
夜明かし峠から振り返ってみる石鎚山の眺めは本当に綺麗だ。

「石鎚さらば、また来る日まで、彌山に光る雪の道、返り見すれば遠ざかる、瞼に残る石鎚よ」
と替え歌を口ずさんでさようならをする。

先ほどの前社森のピークは巻いて降りる。
成就社に感謝と、お礼をしてロープウェー山頂駅に到着。

記録
幕営地1/30 20:30ロープウェー下(下谷)1/31 8:30→成就駅9:10~成就社9:30~前社森~夜明かし峠~二の鎖小屋11:57~山頂小屋?12:25~二の鎖小屋12:55~前社森13:30~成就社14:20~成就駅14:40、15:00→下谷15:10、15:30→高松19:10、20:30→大阪2/1 2:00

反省:
1) ロープウェーの始発が9時ならば、
次回は最終の17:00に間に合うように到着して前日に山頂駅に登っておけば、時間的に2~2,5時間の余裕が生まれる。

2) 今回は天候に恵まれたこととトレースがあったことを考えると、普通は2日間の計画で来る必要かある。
スポンサーサイト
冬の比良山:4題              
                  大阪ぽっぽ会 Gramps

その1:武奈が岳
1986.1.26     

今日の山行は全コーストレースがついており楽であった。
天候も穏やかで、トレーニングには物足りなさを感じる。が、のんびり出来た。

逕サ蜒・009_convert_20090317170104 逕サ蜒・010_convert_20090317170126
武奈が岳山頂

全体にだらだら山行になってしまった。
休む所で休んでといったきびきびしさが欲しかったかな?
山頂まで一気に頑張ってそこでゆっくりするとか。

自宅6:35→高槻7:15→京都7:41イン谷口9:05~比良山荘11:50、13:00~武奈が岳14:50、15:00~中峠15:50~金糞峠16:35~イン谷口17:45、18:15→バス→比良駅18:30、18:40→高槻19:45

逕サ蜒・011_convert_20090317170149

その2: 音羽山~釈迦岳
1986.2.9

逕サ蜒・009_convert_20090317172744

昨年と比べ雪の量は少ない。
観音岳手前までは殆ど雪がない。
オーム岩少し先までまではつぼ足で進めた。

この辺りまでは快晴で気分爽快に歩けた。
オーム岩を過ぎ鳥越峰から少し雪も多くなり、ワカンをつけて歩く。

岩阿沙利山(気温0℃) 

しかし岩阿沙利山の下りから南面はまた少なくなり、トレースもついておりワカンを外して歩く。

逕サ蜒・014_convert_20090317172919
ヤケ山(気温零下2℃。昨年は0℃)

ヤケオ山辺りより何故か急に家に帰りたい衝動に駆られる。

逕サ蜒・015_convert_20090317172936
ヤケオ山(気温零下4℃)

釈迦岳に到着したら頭の中は帰る事のみになってしまった。
大津ワンゲル道を下ってイン谷口に。
ワンゲル道ではアイゼンを持っていなかったので、2~3ヶ所苦労する。
今日の山行は何故か疲れました。

逕サ蜒・016_convert_20090317173005
シャカ岳(気温零下2℃。昨年は零下6℃)

自宅5:00(-1℃)→山崎5:15、5:32(-2.5℃)→京都6:04(-0℃)→高島6:57、7:10~音羽7:24、7:30(-0℃)~観音岳8:15、8:25(+2℃)~オーム岩9:41、9:53(+4℃)~阿沙利山11:27、11:35(0℃)~鵜川越11:50~寒風峠13:11、13:20(-2℃)~ヤケ山14:00(-2℃)~ヤケオ山15:29、15:35(-4℃)~釈迦岳16:21(-2℃)~大津ワンゲル道~イン谷口18:15→バス→比良→高槻20:40

その3:八雲が原~武奈が岳  
1986.2.15~2.16

2月16日:前夜八雲が原に幕営。
移動性低気圧の影響か夕方より風雪強まる。
6時起床。新雪が20cm位積もる。
スキー場を横切ってイブルキノコバへ、ここまではトレースもはっきり付いていた。

ここより谷川筋を夏道伝いに進む。少し進んだ地点で先行パーティー3人が休憩していた。

この3人がトレースを作ってくれていたのだ。それから先はラッセル。夏道を避けて右の尾根伝いに進む。

ワカンを持参してこなかったことを悔やむ。雪は膝くらい。
ところによっては腰辺りまで潜る。

尾根通しにどんどん登る。途中で赤布に出くわすもそのまま真っ直ぐに登り続ける。

かなり登ったと思われるところで直角に交わって走っているトレースに出くわす。
コヤマ岳からのトレースのようだ。このトレース地点で右に折れ、トレース通りに下る。

武奈からのイブルキ方面と中峠方面の分岐にテントが一張りあった。
ここで休憩して、一枚着込んで武奈に登りはじめる。

樹林帯を抜けるとトレースもなくなり、その上ガスで何も見えなくなる。
それでも時おりガスが取れ山頂が見える。
頂上には誰もいないようだ。
いつも山頂で休憩する風下側は雪庇が出来ており休憩できない。
10分ほど休憩して下山開始。

先ほどの分岐点で20分休憩して帰路はスキー場の横を下ってベースに帰る。
ここからはダケ道を下りイン谷口に。
バスも満員で乗れないと思うので歩いて比良駅に。

自宅2/15 11:35→京都13:40→比良駅14:30→バス、リフト、ケーブル→比良山頂駅~八雲が原(幕営)2/16 8:25~イブルキノコバ~武奈が岳山頂12:00、12:10~スキー場~八雲が原13:15、15:00~ダケ道~イン谷口~比良駅17:35→自宅20:00

その4:八つ淵の滝    
1986.2.23
同行者H井さん

一昨年、昨年と毎年雪の量が少なくなってきている。
今年は鹿が瀬口より寒風橋まで雪がない。
昨日歩いたと思われる、つぼ足のトレースを辿って行く。
つぼ足トレースは障子の滝を過ぎ大きく左に折れる地点より分かれてわさび谷へと下りていった。

逕サ蜒・010_convert_20090317173054

我われはここよりワカンをつけて大摺鉢へ。先ほどのトレースもここに廻り込んで来て再び合流する。

ワカンを再び外して屏風滝、貴船の滝を通過。昨年より雪の量が少ないのが幸いして屏風の滝も貴船の滝も美しく見える。

七遍返しのところまで来たら、トレースの主・お2人がラッセルしていた。
ここより再びワカンをつけて先行パーティーに追いつく。

先行の2人は女性パーティーであった。我山岳会にもこんな女性が欲しい。

2人を追い越してオガサ道の尾根に取り付く。
雪量が少なくヤブコギを強いられながらの登りである。

12:10稜線上に出る。稜線上手前から気にしていた左膝辺りが痛み出す。
大事を取ってロープウェーで下山する。

逕サ蜒・009_convert_20090317173114

今回の山行でT中氏と待ち合わせ場所を間違えて申し訳ないことをした。彼は一人で地蔵峠より縦走をしたとのこと。

来週は一度山行きを休んで休養としようかと思っているが、どうなることでしょうか?

自宅6:05→山崎6:42(0℃)→京都7:06→近江高島7:58、8:01→バス→鹿が瀬口8:20~青少年旅行村9:10~障子・魚止めの滝9:45~大摺鉢9:55~稜線12:10、12:35~→イン谷口13:35→比良駅14:00、14:15→高槻

付録
六甲山 四十八滝 
1986.3.9

逕サ蜒・009_convert_20090317173144
Grampsの息子ども(左弟10才、兄12才)

有馬に車を駐車して紅葉谷~白石谷~最高峰~魚住道~有馬温泉と歩いてきました。
白竜滝の高巻きが面白かった。
北ア・西穂高 ~上高地 
  
期間:1986.1/14夜~1986.1.18朝
              大阪ぽっぽ会  Gramps
参加者:Tk柳、Gramps

1月15日:
快晴:ロープウェーから見る景色は素晴らしい。
天気によって景色はこんなにも違うものか。

こんな素晴らしい景色はきっと一冬にそう何度もないであろう。
笠が岳、錫杖岳、穂高連峰、遠くに少し頭を出している槍ヶ岳。

逕サ蜒・009_convert_20090610162303
新穂高温泉ロープウェー山頂駅前より笠が岳・錫杖岳を望む

歩き出す前から心がウキウキ状態。
頂上駅でゆっくり時間を取って服装を整える。

気温はマイナス12℃。
風もなく寒さを全く感じさせない。笠、穂高の写真を取って出発。

逕サ蜒・010_convert_20090610162324
穂高連峰を望む

トレースは全くない。とにかく行ける所まで行くことで進む。
25kgの荷物はやはり重荷である。

幸いにも山荘往復組の4人(一人は山スキーを装着)パーティーと一緒になる。
彼等は空身のためラッセルを積極的にやってくれた。

逕サ蜒・011_convert_20090610162341
穂高連峰をバックに(山頂駅~西穂山荘間にて)

先頭のスキーを履いた人が途中まで頑張ってくれたので非常に助かる。
我々と同行した4人組は時間の関係で山荘まで行かずに途中で引き返した。

西穂山荘まで丁度半分のところで上からラッセルをして6人組が降りてきたので、
御互い感謝して別れる。

これからはトレースがついており楽に登れる。
2人だけのゆっくりした冬の山歩きとなる。

逕サ蜒・012_convert_20090610162359
穂高連峰をバックに

山荘に到着したが誰もいない。
小屋の前にテントを設営し終わった頃、丸山方面より小屋番の2人がスキーで下りて来た。

余りにも天気がよかったのでお花畑まで散歩に出かけてたとか。
4時に天気図を取る。

明日はもう天気が崩れるようだが大崩はしないだろう。
夕日がとても綺麗だ。20時就寝。

大阪23:20→富山5:04、5:53→猪谷6:45、6:47→奥飛騨温泉口7:21、7:25
→バス→新穂高温泉口8:30→ロープウェー→西穂高口9:50、10:15~西穂山荘13:30
 

1月16日:
昨夜は全く風がなかった。山でこんな夜は珍しい。
寒さの為早く目覚める。

ゆっくり朝食の準備に取り掛かり、明るくなって出発。
曇っているせいか周りが暗い。

逕サ蜒・013_convert_20090610162416
独標への途中にて

逕サ蜒・014_convert_20090610162445
東の空に一筋の光線が縦に走っていた不思議な光景でした

独標までゆっくり進む。
独標からの眺めはいつも山に来て思うことだが、「来てよかった」である。

明神、前穂、ピラミッド、西穂、笠、錫杖と素晴らしい眺めである。感激。

逕サ蜒・016_convert_20090610162522
独標にて。バックは笠が岳

逕サ蜒・017_convert_20090610162540
独標にて、背景は前穂高岳・明神岳

逕サ蜒・018_convert_20090610162705
ピラミッドピーク、西穂高をバックに

30分ほど休憩して北へ進むもこの独標の降り口でビビッてしまう。
ザイルを出してTk柳さんが先ず先に下りる。

この後ピラミッドピークまで3つ程の小ピークを越えて進む。
ピラミッドピーク手前で突然ガスられ、これ以上進むことに不安を感ずる。

果たして進んでみたものの帰りが大丈夫か心配になり、
相談の結果今回は、引き返すことにする。

逕サ蜒・019_convert_20090610162723
ピラミッドピークからの帰り道

逕サ蜒・020_convert_20090610162739
独標への登り返し

独標まで帰ってきたら昨日たった1人小屋に泊まった千葉の人に会う。
本日初めて人に会う。独標で一休みをして、ゆっくり来た道を引き返す。

逕サ蜒・021_convert_20090610162756
焼岳(写真では見えないが噴煙が上っている)

お花畑に来た頃、急に晴れ始め昨日と同じくらいに晴れ渡る。

逕サ蜒・022_convert_20090610162822
丸山より振り返ってみるピラミッドピークと西穂高

残念、これならば西穂まで行けてたのに!と悔やむ。

逕サ蜒・023_convert_20090610162840
明神岳と千葉の人

陽春のような日差しの中の稜線漫歩である。

逕サ蜒・024_convert_20090610162859
西穂山荘と我々のテント(左端)

テン場で缶ビールを1本飲んでテントを撤収。

逕サ蜒・025_convert_20090610162922
雪の中の山荘

逕サ蜒・026_convert_20090610162943
無事帰還

これからラッセル覚悟で上高地に向けて出発。
多分上高地までは行けないので途中でビバーグだろう。

急坂を降りて大きく右に曲がって電線と出合うところまで進む。
後はその電線に沿って只ただラッセルして進む。

Tk柳さんとは何回目の山行であろうか?
雪のラッセル山行は比良山縦走以来。

「あの時は日が暮れてしまい、道にも迷って行ったり来たりしたなあ」と思い出しながら。
だが今日は頼みの電線がある限り大丈夫。何回も何回も落とし穴にはまりながら進む。

上高地から100m程上部と思われるところで、
例の電線とは別方向に、はっきりしたトレースをTr柳さんが発見。

高度もかなり下がったし、トレースもはっきりしていることだし、
と話し合って電線とは別の楽そうなトレースの方に行くことにする。

これが本日の失敗の巻き。

多分電線に沿って降りていったら日没までに平坦地まで難なく出れたと思う。
トレースは夏道通しにあったと思えるが、

いつの間にか玄丈沢の中に入り込んでいることに気づき、左の尾根伝いに登り返す。

相当きついラッセルを強いられる。
日も暮れて来たので適当な場所を探してビバーグの用意。

テントを設営して食事を終わったら22:00.天気予報を寝ながら聞いて3時に起床。

テントサイト6:30~独標7:58~ピラミッドピーク9:30~独標10:00~テントサイト11:55、13:30~上高地手前のビバーグ地点18:00

1月17日:
樹林帯の中なのか、天候のせいか昨夜は静かであった。
5時間の睡眠時間はちょっと眠い。

大事を取って明るくなってから出発。
とにかく尾根を下れば目的地・上高地につくと思えば気が楽である。

天気は朝から雪。少し下るとあの懐かしい電線に再び会えた。
45分強で西穂登山口に無事到着する。

逕サ蜒・027_convert_20090610163002
昨日のラッセル&ビバーグの後やっと登山口に到着。これで一安心

下山届を出して木村小屋へ。
小屋を覗いて何か温かいものを頂こうと思って入ったら、誰もいないようだ。

諦めて出ようとしたら奥から小屋の主人が現れる。
再び中に入る気もなくなり外での立ち話となる。

聞くところによると、昨日単独行の人が2日間ビバーグして下山してきたとか。
多分あのトレースはその人のものであろう。

完全に沢に入り込んでしまっていたら危ない所であった。

木村小屋手前の上高地の冬景色は正月と違って静寂そのものである。
春から秋にかけてのざわざわした一切のものを消して全く素晴らしい。

20年前の上高地の思い出が甦ってくる。あの静けさである。

逕サ蜒・028_convert_20090610163020

逕サ蜒・029_convert_20090610163038
雪の上高地・梓川

ここより林道を一路沢渡まで4~5時間歩かなくてはならない。

逕サ蜒・030_convert_20090610163056
大正池その1

逕サ蜒・031_convert_20090610163334
大正池その2

途中大正池の冬景色、釜トンネルの巨大なツララ、川岸の氷柱を眺めながら沢渡に到着。

逕サ蜒・032_convert_20090610163129
釜トンネル(上高地側)

逕サ蜒・033_convert_20090610163145
釜トンネル入り口

逕サ蜒・034_convert_20090610163203
梓川の氷柱

バスは出た後、タクシーは来てくれない。
西村屋に来た洗濯屋の車に6000円で松本まで乗せてもらう。

松本では例のお亀の湯に入って夜行で帰阪。

起床3:00出発6:30~登山口7:25~木村小屋8:00~釜トンネル~沢渡12:30、13:15→松本14:30、1:07→高槻(翌朝)9:00

大阪→猪谷        6600円(5400円+1200円)
猪谷→奥飛騨温泉口    400円
奥飛騨温泉口→新穂高温泉 1200円
新穂高温泉→山頂     1500円
沢渡→松本(白タク)   2000円(6000円/3人)
松本→京都        6200円(5000円+1200円)
合計           17900円

気温:1/15 2:00am 外:マイナス14℃ テント内:マイナス8℃
   1/16 3:00am 外:マイナス12℃  テント内:マイナス8℃