大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

能郷白山(1672m) 正月山行下見

期間:1985.11.16~17
参加者:K藤(L)、Hr井、Tk内、Gramps

11月16日
高槻7:54→新岐阜10:30,10:50→バス→樽見12:30、12:35→バス→能郷13:00,13:30~登山口15:30(幕営)


逕サ蜒・009_convert_20090522114642
能郷白山 山頂にて

11月17日:

朝方霙混じりの雨で目を覚ます。軽い体操後、出発。
いきなり急登を20分くらい登ると、平らなところに出た。
ここに最初のテープをつける。ここから東に向きを帰るところである。
真南下に我々のテントが見える。

逕サ蜒・010_convert_20090522114704

また登りである。今度は30分くらい登ったかな。
ここから北へと向きを変える(帰りの際に右に曲がる地点である。
まっすぐ伸びている尾根に下りていかないように注意しなければならない地点である。

逕サ蜒・011_convert_20090522114721
K藤さん、Tk内さん、Hr井さん

ここからは概ね尾根通しにほぼ北に進めばよい。
雪の量がこんなにあるとは予想外であった。

雨具の裾にテープを巻いて雪の侵入を防ごうとしたが、再三テープが外れ苦労する。
その度にやり直しているので歩くペースを乱してしまう。

逕サ蜒・012_convert_20090522114738

注意点は丸山辺りの方向転換点か。
ここを注意すれば後は雪と天候状態の問題だけだろう。

11時55分、目指す山頂へ到着。残念ながらガスっていて何も見えない。
でも感激はいつものように沸いてくる。15分ほど楽しんで下山にかかる。

下山開始して少し下ったところから山頂を振り返ってみると、何とガスが取れて山頂付近の稜線がくっきりと現れている。
改めての感激である。

逕サ蜒・014_convert_20090522114815
樽見レールバス 木知原(コチハラ)駅

正月山行のために注意深く方向を確認しながら下山。
幕営地には14:30分に帰着。

テントを撤収して、最終バスに間に合うように林道を急いで下る。

今回は予想だにしなかった雪で大変楽しい山行ができた。

逕サ蜒・015_convert_20090522114834
レールバス内

登山口出発6:40~第1テープ地点7:00~第2テープ地点7:30~山頂11:55,12:10~登山口14:30,1520~能郷16:40.17:00→バス→樽見17:20,17:35→バス→木知原(コチハラ)18:25,18:30→レールバス→大垣19:00,19:30→高槻22:20
スポンサーサイト
     親孝行?の大台ヶ原

期間:1985.11.03(日)~04(月)
参加者:母上、息子2人(12歳、10歳)、連れ合い、Gramps

逕サ蜒柔convert_20120120093551

11月3日:
自宅3:40→大台ケ原7:10、8:30~大蛇~日出ケ岳~大台ヶ原15:30、大台山の家泊
11月4日:
大台山の家5:15~日出ケ岳5:45、6:10~大台山の家6:50、
大台ヶ原9:30→自宅14:00


逕サ蜒・001_convert_20120120093630

快晴。母上を連れてきて喜んでもらい嬉しかった。

紅葉は1500m附近はもう終っていたが1000m附近ではきれいに見ることができた。

親孝行を余りしないので、効果も抜群か?(13年後他界しました)

逕サ蜒・002_convert_20120120093655