大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

     南ア白峰三山(北岳他) 縦走

期間:1985.09.20夜~09.23
参加者:Hi井、As原、Ta柳、Ma、Yo井、Gramps
山行形態:テント縦走

9月20日21日:曇り、霧

大阪22:10→米原23:55→塩尻4:22、5:48→甲府7:15、7:29→バス
→芦安8:30→タクシー→広河原9:30、9:45~大樺沢・二俣(16℃)12:05、
12:20~白根御池小屋よりの合流点14:00 ~北岳肩の小屋15:00


夜行くろよんにて塩尻へ。
ここで1時間余待って甲府に向う。

ここからはバスで芦安で入り、タクシーに乗り換え広河原に到着。
丁度9時半。服装を整え45分いよいよ出発。

逕サ蜒柔convert_20111211151304
広河原にて

野呂川を渡ると直ぐ広河原ヒュッテにでる。
ここで水を補給して大樺沢左岸を登っていく。

逕サ蜒・001_convert_20111211151327
野呂川を越えて

背後には鳳凰三山がはっきり見える。
「今写真を撮っておかないとチャンスが無いぞ」と誰かが叫ぶ。が何故か撮らなかった。

大樺沢二俣へは12時過ぎに到着。
水場はこの辺りまで十分あった。

ここより右俣に入り樹林帯の中のジグザグ道を登っていく。
後ろを見返すと随分と高度を稼いでいた。

大樺沢が下のほうに見える。
この辺りからの北岳バットレスはその威容を誇っているらしいが
、残念ながら今はガスで見えない。

小さなカール状の草地を過ぎて、再び登りにかかる。
この辺り7月下旬ならばお花畑でさぞかし美しいことだろう。

逕サ蜒・002_convert_20111211151345
大樺沢を登る

その後稜線上にでる。
ガスも時折切れる。

黄葉した草花が一瞬見えるも直ぐに見えなくなって写真の撮る間もない。

逕サ蜒・003_convert_20111211151404
コルにて

風が出てきた。

肌寒さを感じる。
急いで長袖を1枚着て進むも、もうそこは今日の宿泊地・肩の小屋である。
17時夕食、18:30分就寝。

逕サ蜒・004_convert_20111211151420
肩の小屋

9月22日:

起床3:40、肩の小屋(6℃)5:30~北岳山頂(6℃)6:03、6:15~北岳山荘7:05 、7:15~間の岳(7℃)9:00~農鳥小屋(8℃)9:55、10:10~西農鳥岳(8℃)11:05~農鳥岳(8℃)11:50、12:20~大門沢下降点12:47~大門沢小屋15:00(15:30)

3時40分起床。霧雨の中を出発。
肩の小屋脇を抜けて直ぐ登りにかかる。

先月の双六小屋から樅沢岳の登りもこんな天気で、
こんな登りだったなあと思いながら登る。

ゆっくりしたペースで登ったが40分ほどで山頂に到着した。
ガスがかかっていて何も見えない。

逕サ蜒・006_convert_20111211151452
北岳山頂にて

しかしHi井名ガイドの説明で千丈岳、甲斐駒岳、鋸岳、農鳥岳、塩見岳、
それに富士山の360度の想像の展望を満喫できた。

早々にして次の3000m峰・中白峰・間の岳に向う。
途中北岳山荘に寄って、再び登りにかかる。

逕サ蜒・007_convert_20111211151512
北岳山荘

2番目の3000m峰・中白峰は止まらずに通過。
とにかく雨の中の山歩きはただ下って、登っての繰り返しだけ。

いつの間にか3番目の3000m峰・間の岳に着いた。
気温も余り上らないようで未だ7℃だ。

ここからはまた下り。
景色も何も見えやしない。

ただ真実一路。50分下って農鳥小屋へ。
ここで休憩することにする。

ここの親父さんは商業主義に徹しているのか「休憩ですか?」。
休憩でも料金を徴収する勢い。

幸い雨も止んだので外で休憩。
トイレでは鴨居に頭をぶつける。

休憩料くらい払えばよかった。

15分休憩して第四の3000m目指して出発。
当然また登りだ。

天気もよければルンルン気分で登れるのだが…楽しく登るためにできるだけ口数を多くして登る。
しかしながら、こんなに変化が無いとついつい無口になり頭の中で考え事をしてしまう。

「なぜ山を歩くのだろうか?素晴らしい景色を見るためだろうか?
歩くことそのものが好きだからだろうか?

あの山、この山に登ったと自己満足のためだろうか?
登った山を自慢したいためだろうか?

実社会からの逃避だろうか?」
なんて考えかんがえ登っていく。

しかし答えはでない。
多分全部正しい気がする。

この結論は突然の「もう一度天気の良い日に歩いてみたい」の誰かの声で決まった。

山に登りたいときは思い切り登ったら良いのだ。
厭になればやめたら良いのだ。

そんなことを考えながら登っていたらいつの間にか西農鳥岳に着いた。
11時5分。気温8℃。

逕サ蜒・008_convert_20111211151529
西農鳥岳

写真を撮って直ぐに農鳥岳に向う。
40分ほどで今回最後の3000m峰・農鳥岳に到着。

ここも気温8℃で変わらず。雨でずぶ濡れになったせいか寒い。
そのせいでここでの30分休憩は辛かったが温かい紅茶を飲んだら身体も温かくなった気がする。

逕サ蜒・009_convert_20111211151548
農鳥岳にて

これからは下りのみ。
大門沢下降点まで30分。

ここからは急下降30分で大門沢小屋に到着。幸い雨も小止みの中で幕営できた。
今日の夕食は野菜炒め。19時就寝

逕サ蜒・005_convert_20111211151435  逕サ蜒・010_convert_20111211151606
夕食準備 

9月23日(月):

起床3:00、大門沢小屋5:35~発電所8:30~奈良田8:45、11:20→バス→身延駅13:10、13:55→静岡→京都18:10→高槻19:15

3時起床。
5時35分、今朝も雨は降ったり止んだりの中を奈良田に向って下山開始。

大門沢を渡り返して右岸にトラバースしながら下りていく。
やがて吊橋。

逕サ蜒・011_convert_20111211151625

最初の吊橋は恐かった。
本流は3つ、枝沢は2つの吊橋を渡り少し進むと発電所の前に出る。

ここからは舗装された道を15分歩いて待望の奈良田に到着。
町営の温泉がそこにはある。

安い!250円で入浴できる。
1時間たっぷり浸かって疲れを落とす。

白旗史郎の写真集が資料館にあり観覧する。
残念ながらバス乗車の時間が来てしまい十分に見れずじまいに終ってしまう。

バスでおよそ2時間身延駅に。
ここでも余り時間が無く大急ぎで昼食を摂って車中の人となる。

今回の山行は展望コースであったが3日間とも天気悪く何も見えず残念であった。
またの機会に訪問したいところである。
スポンサーサイト
搬出訓練 蓬莱峡

1985.09.01


002jpg_convert_20080812150953.jpg
背負い(その1)


001jpg_convert_20080812150924.jpg
背負い(その2)


003jpg_convert_20080812151014.jpg
ザイル担架


004jpg_convert_20080812151035.jpg
自己脱出(その1)


005jpg_convert_20080812151057.jpg
自己脱出(その2)

006jpg_convert_20080812151119.jpg
チロリアン・ブリッジ

007jpg_convert_20080812151140.jpg
某百貨店屋上にて打ち上げ。ほんまの大ジョッキー!!