大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

     中ア・駒ケ岳~空木岳  縦走

期間:1985.07.26夜~07.29
参加者:山ちゃん、Gramps
山行形態:テント縦走

逕サ蜒・001_convert_20111129202147
千丈敷カールの山ちゃん(バックは宝剣岳)

7月26日27日:
自宅23:00→しらび平3:00→千畳敷8:10~浄土乗越8:45~伊那前岳9:04、9:15~浄土乗越9:25~宝剣9:40、10:05~宝剣山荘10:08、10:30~中岳10:45~キャンプサイト10:55、11:30~駒ケ岳11:43、12:20~キャンプサイト12:35

快晴。
千畳敷カールは高山植物の花の数ほど観光客の賑わい振りである。

浄土乗越へは数珠繋ぎでジグザグの登山路を登っている。
登山姿以外にスカート姿、ヒールを履いた人、老若男女でいっぱいの人、ひとである。

ケーブルで簡単に来れるので完全に観光化している。
ロープウェーの人の話では今日(土)、明日(日)それぞれ4000人を見込んでいるとか。
(後でお聞きしたら実績は各日5000人来たそうだ)

逕サ蜒柔convert_20111129202209
ロープウェーの駅長さんと

カールにはミヤマキンポウゲが今は盛りとばかりに黄色い花を咲き乱れている。
黄色い花、緑。それに群青色の空とのコントラストは別天地に来ているようだ。

その真っ只中を浄土乗越へと歩を進める。
35分で乗越に到着。

ここにザックを置いて伊那前岳を往復する。
前岳からのパノラマは素晴らしい。

北アルプスの槍ヶ岳、穂高連峰、八ヶ岳連峰、秩父連山、南アルプス連峰、富士山、
近くの宝剣岳から続く空木岳。

南駒と素晴らしい展望。
やはり天気が良いという事は気分もこんなにも良いものなんだ。

逕サ蜒・004_convert_20111129202230
伊那前岳にて

乗越に戻り今度は宝剣山荘脇を通って宝剣岳に向う。
岩の宝剣。山頂は大きな岩で出来ている。

逕サ蜒・007_convert_20111129202252
宝剣岳の登り

写真を撮ったり今登ってきた前岳、
そしてその先の山々の遠望を楽しんだ後は、再び宝剣山荘の前に帰ってくる。

逕サ蜒・008_convert_20111129202320
宝剣岳山頂にて

本日の朝食分のおにぎりを間違って3人分作ってしまった。
もったいないので1人前は通り過ぎる人に声を掛けて食べれもらう。

ここからは天狗荘の前を通り中岳へ。
山頂には立派な祠がある。

これからの山行の無事を祈って駒とのコルに下りる。
コルの少し東側にキャンプサイトがあるがまだ11時前である。

設営をして空身で駒ケ岳に登ってくる。
山頂まで40分。360度の展望を楽しむ。

逕サ蜒・011_convert_20111129202341
木曽駒ケ岳山頂にて

キャンプサイトへは12時35分帰着。
あれほど良かった天気もガスが出始める。

15時夕食にかかり17時には就寝。目が覚めたら未だ21時。
外は乳白色のガスで何も見えない。
明日の天気が気がかりであるがいつの間にかまた寝入った。

7月28日(日)
キャンプサイト2:45~中岳3:00~宝剣岳3:30~遭難碑9:35~濁沢大峰6:05~檜尾岳6:50~熊沢岳8:15~東側岳9:55、10:06~木曽殿山荘10:35、11:00~空木岳12:35、13:00~空木避難小屋14:40

早く寝たせいか、否山に来るといつも早く起きてしまう。
今朝も1時に起きてしまった。

パートナーには悪いが朝食の用意にかかる。
出来上がったところで起こして外に出てみると、ガスもすっかり無くなって満天の星空。

さむ~い!慌ててテントに潜り込み朝食を食べる。
周りのテントでもぼちぼち動き始める。

2時45分出発。
ヘッドランプの光りを頼りに昨日通った道を中岳、宝剣岳へと進む。

宝剣には誰もいない。
日の出までにはまだまだ時間があるので当たり前か?

逕サ蜒・012_convert_20111129202359
宝剣岳を登るGramps

ここからは岩稜を下りたり、小ピークを登ったりしながら進んでいく。
4時頃になると東の空が明るくなり始める。

ご来光を迎えるために岩稜のピークで20分ほど待ってみるも出てこない。
4時10分くらいが日の出と思っていたが間違いのようだ。

ご来光の見える場所を探しながら前進してみる。
三の沢岳分岐でも未だ上ってこない。

広い尾根の西側を足早に進んで島田娘の頭でやっと日の出を見ることが出来た。

4時50分丁度。
それまで静かに動かずにじっとしていた目の前の雲の海が、日の出と共に微かに動き始める。

赤く染まった影を作った雲海に斜めから射す光りの線。
写真ではこの一瞬の素晴らしい景色は写し出せない。

逕サ蜒・013_convert_20111129202419
山ちゃんと雲海

ここからは右に三の沢岳、右後ろにはモルゲンロートに輝いた御岳。
左に南アルプスの影絵的な連山を見ながらの雲上散歩である。

濁沢大峰を越えてコルに下り、
ここから3~4回小ピークを越え檜尾岳へ。

何故かここは寒い。
3人パーティーに出会う。

彼らは昨日ここの沢を詰めて避難小屋に泊まって今日は越百まで歩いて下山するとのこと。

15分ほど休憩して出発。
稜線上のアップダウンを繰り返して進む。

この辺りからパートナーの足が遅くなり始める。
登りはそうでもないが、下りが辛そう。

足が「つった」のである。ファイトの持ち主。
何とか頑張って歩く。

申し訳ない。自分も経験がある。
どんなに辛いことか。そのときになってみないと辛さは分からない。

熊沢岳には8時15分着。
大きな岩が10ケほどある。

ここでも南から来た3人パーティーに会う。
情報交換をして別れる。20分ほどの小ピークのアップダウンで東川岳に到着。

逕サ蜒・018_convert_20111129202506
東川岳のGramps

ここで写真を撮ろうとしたが何故かフィルムが巻けなくなってしまった。
残念だがここからは写真が撮れなくなってしまう。

東川岳から空木岳へは天狗の大下りのように谷底へ下りるようにして、
そこから再び登り返さなくてはならない。

東川岳から木曽殿越の鞍部まで標高差160mを直降する。
コルから見上げるといかに急かびっくりする。

また南側のこれから登ろうとする空木岳へもうんざりするほど長い登りに見える。
標高差350mの直登である。

木曽殿越小屋で30分ほど休憩して空木岳への直登の出発である。
出来るだけゆっくり登る。時間が経てば頂上へ着くのである。

のんびり登るだけである。
途中に岩稜地帯もあり登りの単調さを救ってくれている。

1時間30分程で空木岳山頂に到着。
今回の最終目的地に着いた。

靴を脱いで素足になり大岩に寝そべる。
気持ちが良い。

逕サ蜒・017_convert_20111129202439
山ちゃん

ささすがに前駒といわれるだけあって雄大である。
駒ヶ岳の賑わいに比べ静かでのどかである。

30分休憩して避難小屋に下る。
途中ヒュッテでビールを飲んで進むも山頂から見た小屋までの距離が歩いてみると思ったより長い。

小屋の着いたのは14:40分。
休憩後食事をして18:00就寝。

逕サ蜒・002_convert_20111129202548
千丈敷カールと宝剣岳

7月29日:
避難小屋4:10~大地獄6:30~マセナギ7:15~池山小屋8:10~三本木地蔵9:40~駒ヶ根グランドホテル前10:10→バス→しらび平

前日後半より山田さんが足を痛めている。
本日は下りのみなので苦痛を相当覚悟してもらわなければならない。

時間が相当かかりそうなので、早朝に出発する。

総体的に下りであるが途中3~4箇所崩壊地点やちょっとした岩稜帯(大地獄)が変化を与えてくれるが、
総じてだらだらした尾根である。

それにしても相棒は良く頑張ってくれた。
ありがとうございました。

駒ヶ根で風呂に入り今回の縦走も無事終る。
避難小屋~ホテル前5時間40分(ガイドブックのコースタイム3時間20分)



スポンサーサイト
北ア室堂~太郎平小屋 縦走

期間:1985.07.17夜~08.20
参加者:Tk柳、Gramps
山行形態:テント縦走

7月17日18日:
大阪23:20→室堂8:40、45~一の越9:30、9:50~富山大研究所10:20、30~鬼岳東面11:40~獅子岳12:20~ザラ峠14:20~五色ケ原15:00

急行「きたぐに」にて富山入り。
列車はがら空きでゆったりした気分で富山へ。

そこから富山地鉄に乗り換え。車窓から剣岳を眺めながら立山に。
ケーブル利用で美女平へ。

シーズン前のためここでバス待ちを1時間した後、室堂には8時40分に到着。

これから行く一の越方面はガスっている。
案の定一の越近くになるとガスって何も見えない。風も強い。

2年前のOr部さんたちの山行の二の舞になるのではないかといやな予感がする。
眺望もきかないので予定の雄山取りやめて五色に向かう。
ここからは雨具をつけて歩く。

風と霧の中では景色は殆ど見えず、只ただ歩くのみ。
所々に高山植物の花が咲いており歩くだけの退屈さを紛らわせてくれる。

鬼岳の肩からの雪渓トラバースはピッケルを持っていなかったので恐ろしかった。

逕サ蜒・001_convert_20090808133625
獅子岳にて

鬼岳東面、獅子岳は記念写真を撮っただけで前に進む。
ようやくザラ峠手前でガスが切れてきた。

逕サ蜒・002_convert_20090808133648
ザラ峠にて。後ろは後立山

今日初めて景色が見られた。昨年歩いた針ノ木岳、スバリ岳がはっきり見える。急いで写真に収める。この感激はやはり山に来た者でないと分からないですね。
30分くらいで五色が原ヒュッテに到着。山小屋のご主人たちが愛想良く迎えてくれる。がテント泊と分かると急に無愛想になり、不愉快であった。

テント指定地には大学生パーティーが2張り設営していた。
設営が終わった頃には夕日が周囲の山々を照らし美しい。

18時就寝するも20時頃寒さで目覚め、
その後は風の音と寒さで何度も目覚める。

逕サ蜒・003_convert_20090808133707
五色が原

7月19日:

五色が原4:05~五色が原山荘4:30~鳶岳5:05~越中沢岳6:35、7:00~
スゴの頭7:45~スゴ乗越小屋8:55、9:25~間山10:425、10:30~北薬師岳12:00、12:10~薬師岳13:20、35~太郎平キャンプサイト17:00
(薬師~キャンプサイト:遊び1時間、ロスタイム1時間を含む)


2時過ぎ起床。朝食を摂って4時過ぎに出発。
昨夕の天候状態から今日は晴れるだろうと思いきや、起きてみたら星一つ見えない。

曇天の下雪渓を横切り山荘前に出て、
ここより緩やかな斜面を30分ほど登ると鳶岳に。

ガイドブックによるとここからの五色の眺望は素晴らしいそうであるが残念ながら何も見えない。
また向かう正面には薬師の勇姿が見えると書いてあるが見るべくもない。

逕サ蜒・004_convert_20090808133726
越中沢岳を望む

それでも鳶岳を越え、
下り始めたらガスも切れ始め天気も良い方向に向かい始めてきたようだ。

越中沢岳手前のコル辺りでは薄日もさし始めてきたが、
ガスは出たり消えたりの繰り返しが続く。
越中沢岳には6時半頃に到着。

逕サ蜒・006_convert_20090808133744
越中沢岳よりスゴ乗越、北薬師岳を

ここで大休止してスゴの頭に向かって進む。
この下り見た目より急で長く30分も掛かる。

ここから20分ほど登るとスゴの頭である。
本日初めての人との出会いである。スゴ乗越小屋から来たとのこと。

逕サ蜒・007_convert_20090808133805
スゴの頭にて

スゴの頭を過ぎて下りはじめた頃より雨が降り出す。
樹林帯を通り抜けてコルに。

5~6人の学生パーティーに会う。彼らは北に向かっている。
このコルから20分登るとスゴ乗越小屋である。

ここにも4~5人の雨具を着けた北行きパーティーが休憩している。
我々が到着したのが潮時のように出発する。

小屋で30分ほど休憩して雨の中を再び出発。
樹林帯を抜けてなだらかな登りを進んでおよそ1時間で間山に到着。

間山からの北薬師までは非常に長く感じられた。
北薬師近くに来ると岩稜地帯に変わってくる。

この頃になると再びガスも切れ右前方に有峰湖も見えたが、
残念ながらすぐにガスの中に消えてしまった。

逕サ蜒・008_convert_20090808133822
北薬師岳にて

北薬師岳を後にして再び岩稜地帯を薬師岳に向かう。
ここで「薬師岳で滑落して骨折したが自力で登り返し薬師岳山荘まで助けを求めて、ヘリで運ばれた」
という遭難ニュースが入ってくる。

我々も身を引き締めて気をつけて歩くようにする。
薬師岳手前の金作谷カール付近で大休止。

逕サ蜒・009_convert_20090808133852
金作谷カールにてガスで何も見えなかったが、休憩中に突然ガスが切れ見えたカールに思わず写真を撮る。

コーヒーを沸かして昼食とする。
食べ終わって出発しようとしたら急に霧がとれ見事なほど金作カールが眼前に開ける。

今まで何も見えなかったところに、登ってきた北薬師も越中沢岳もはっきり見える。

つかの間の眺望であったが、それだけに感激も一入である。
また雨が降り出した。10分ほどで薬師岳山頂へ。

不思議なことに登った瞬間にガスが切れ青空が広がる。
まさにミラクルである。Tk柳さん早速薬師如来様に感謝する。

逕サ蜒・010_convert_20090808133917
薬師岳にて後ろは北薬師岳と金作谷カール

逕サ蜒・011_convert_20090808133944
薬師より見た北薬師岳、スゴの頭、五色が原、後ろ立山連峰の唐松・五竜

これで心の霧もすっかり晴れ、周囲の景色を撮りまくる。山頂のひと時を15分ほど楽しんだ後、なだらかな山稜を遭難碑まで進み、ここでまたまた休憩。

逕サ蜒・012_convert_20090808134004
非難小屋より。(太郎平~折立コースを見る)手前に薬師岳山荘、奥に太郎平小屋・有峰湖

この待ち望んだ青空が二人にとって嬉しかったのでしょう。
あれが黒部五郎だ、雲ノ平だ、鷲羽だ、水晶岳だと何時までたっても飽きない。

1時間ほど楽しんでやっと出発する。

逕サ蜒・013_convert_20090808134022
避難小屋前

ざらざらした下りをジグザグに下り薬師岳山荘の前を通り越し薬師平へ。
これから沢沿いに下るのであるが途中で道がおかしくなり引き返す。

引き返すと言うことは登り返さなければならない。精神的にも肉体的にもしんどいことである。
途中の分岐の目印まで引き返しタオルが掛けてあった方に行ってみる。

相当下ってみたが途中よりここも道らしくなくなってきた。
再度引き返す。今度は薬師平まで引き返して再度チェックし直してみると、
最初に進んだ道しかないと結論を出して下ってみる。

100m程下ったところに道標があった。
最初はそれを見落としていたのか?とにかく一安心と同時にがっくり。

17時にやっとキャンプサイトに到着。
1時間のロスタイムになる。19時就寝。

逕サ蜒・014_convert_20090808134055
太郎平にて

逕サ蜒・015_convert_20090808134118
太郎平キャンプサイト
7月20日:

太郎平キャンプサイト4:00~太郎平小屋4:15、4:20~三角点5:40~折立6:45、7:20→バス→有峰口9:30、9:48→地鉄→富山10:30、11:25→京都14:50

天気曇り(大阪晴れ)。
3時半起床予定が2時に起きてしまった。
Tk柳さんには申し訳ないことをした。

朝食はラーメンのため寝ていてもらって準備に掛かる。
3時朝食4時出発。Tk柳さん曰く「いつも我々が一番早い出発やなあ」と。

逕サ蜒・016_convert_20090808134138

ヘッドランプの明かりで小屋までだらだら登り15分。
ここからは歩きにくいだらだら下りである。この辺りはニッコウキスゲの群生地である。

逕サ蜒・017_convert_20090808134157
ニッコウキスゲの群生

三角点からは急勾配の下りと覚悟していたが、
木の根っこなどがあり階段状になっていて、さほど下り辛くはない。

下り辛かった。
折立からは臨時バスが出たため40分ほど早く有峰口に着いた。
ここからは地鉄で富山に、そして雷鳥で京都に。

今回の山行も無事に終わるも何か今ひとつ物足りなさを感じた山行であった。
晴れ間が少なく変化に乏しかったせいであろうか?
  六甲山・大月地獄谷~稜雲台~宝塚

期間:1985年7月14日
参加者:Ta柳、Gramps

夏山に向けての歩荷トレーニングを実施。
歩荷だけではおもしろくないので沢登を兼ねて大月地獄谷(3級)を経由して山頂から宝塚までとする。


9時10分御影駅を出発。
西谷橋を左折して大月地獄谷へ向うも、
堰堤が築かれていて渓流が見られるところまでには幾度と無く堰堤を越えなくてはならない。

今回は歩荷が主体なので大きな滝(F1,F2,F3)は全て高巻きをしたが、
直登はおもしろそう
(10年前、私の近所に住んでいる某山岳会の女性がここの直登でスリップして骨折したことを思い出す)。

近いうちに再度訪れてみたい。

14時前に稜雲荘の駐車場に到着。
少し休んで2時10分宝塚に向け出発。

途中雨に遭ったが何とか18時20分宝塚に到着。
足の裏が焼けて痛かった。

来週17日から北アルプス(室堂~折立まで)の縦走.
楽しみである


記録:
阪急御影9:10~稜雲荘14:00~阪急宝塚18:20
六甲山・山田川・石楠花谷

時:1985.07.06

裏六甲の谷・石楠花谷の沢歩きに行ってきました。逕サ蜒・003_convert_20111119133401

逕サ蜒柔convert_20111119133425
ゴルジュっぽいところで美しかった。

逕サ蜒・001_convert_20111119133445
岩登りの要素もあり楽しい

逕サ蜒・002_convert_20111119133525