FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

    滋賀県・伊吹山縦走

期間:1985年2月23日
参加者:単独

先週の関が原の工場への出張の折車窓から見た伊吹山は麓までは雪が無かった。

やはり今日も雪は少なく登山口から3合目手前までは積雪なし。

3合目からスパッツをつけて登る。
スキー場を横切り4合目へ。

ここよりリフトに並行して登高。
ところどころ凍っているところが出てきたのでアイゼンを装着して進む。

5合目から上に、
夏道の少し右側に観測所員用に目印のポールが新設された。

これを目標に直登していく。

私の後から5人パーティーと3人の山スキーヤーが続いてくる。

彼らは決して前に出ない。
自分のラッセルについてきてくれるのは気持ちが良い。

それで頂上手前の急登はしんどかったが弱音を吐けなくなってしまった。
ただ雪が締まっていたので助かった。

5合目から約1時間15分で山頂に着く。
山頂に出た途端強い風である。

それに視界は3mくらいで何も見えない。
ヤッケの下にセーターを着込んでもまだ寒い

トイレの小屋に入り込んで休憩。

少し休んで下山開始。
5合目まではシリセードで滑り降りる。

ここへ来て急に空は明るくなり晴れ間も見えてくる。

前方右には琵琶湖が、
その向うには先日行ったマキノ北部の山の峰々がきれいに見える。

また左には霊仙山が白くくっきり見える。

本日の山行のフィナーレを飾ってくれているようだ。

来週はその霊仙山に行って見たくなる。

記録:
1/20:
自宅5:45→京都6:40(0℃)→近江長岡8:12→登山口8:23、8:40(2℃)~1合目8:57(-1℃)~2合目9:23(580m)~3合目9:45、10:20(720m,0℃)4合目10:32(800m)~5合目10:55~山頂12:12、12:40(-8℃)~5合目13:23 ~登山口14:26(4℃)→近江長岡15:17→高槻17:17→自宅17:40 

山崎→近江長岡:¥1,380(国鉄)
近江長岡→登山口:¥1320(タクシー)
スポンサーサイト