大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

   比良山縦走・地蔵峠~比良ロッジ

期間:1985年1月26日~27日
参加者:Ta柳、Gramps

比良山系今回は
近江高島からバスの終点・畑で下車。
雪が降っている。服装を整えて出発。

地蔵峠までは膝くらいまでの雪のラッセル。
ブッシュに悩まされながらの登高。

無雪期1時間のところ、倍の2時間を要す。

逕サ蜒・012_convert_20110807140339
畑から2時間やっと地蔵峠に出る

地蔵峠で蛇谷ケ峰をピストンするか迷ったが、
止めにしてそのまま武奈ケ岳をめざすことにする。

一応エスケープルートは細川越よりイブルキのコバを頭に入れて進む。

逕サ蜒柔convert_20110807140513
釣瓶岳にはなかなかとどかない。うどんで昼食とする

トレースは無く、雪量は膝くらい。
ところどころ腰辺りまで入る。

地図と磁石それに木に巻きつけてあるテープを頼りにラッセル。

逕サ蜒・013_convert_20110807140534
雪は相変わらず降りしきる

逕サ蜒・014_convert_20110807140554
進めど進めどラッセル。釣瓶岳はどこに行ってしまったか。

地蔵峠と武奈ケ岳の中間点の釣瓶岳への道は全く遠かった。
それだけに釣瓶岳の標識を目にしたときは嬉しかった。

逕サ蜒・016_convert_20110807140632
釣瓶岳。地蔵峠より3kmを5時間の苦闘。-7℃ 
愛用の温度計(このあと3月の八ヶ岳山行で赤岳頂上に忘れてくる)

記念写真を撮ってから直ぐに出発。
思わぬラッセルで時間を相当食ってしまったので

逕サ蜒・015_convert_20110807140613
だんだんと疲れてくる

武奈ケ岳は諦めてエスケープの細川越から比良ロッジに向う。

ロッジ到着は19時半。
疲れたのでテント泊は止めて、ロッジに泊めさせてもらう。

逕サ蜒・017_convert_20110807140700
比良ロッジ乾燥室・ロッジの方とTa柳さん

逕サ蜒・019_convert_20110807140741
寛ぎの一時

明日ゆっくり下山することにする。

下山日は快晴になる。

逕サ蜒・018_convert_20110807140721
比良より日の出前(6:35)。昨日とはうって変わって晴天なり

逕サ蜒・021_convert_20110807140829
武奈ケ岳を背景に

逕サ蜒・020_convert_20110807140807
比良山より琵琶湖を望む

逕サ蜒・022_convert_20110807140857
イン谷で休憩

途中イン谷口少し下ったところから琵琶湖の向うに伊吹山、その向うに白山が見えたのには感激でした。

逕サ蜒・023_convert_20110807140923
イン谷口を少し下ったところから。琵琶湖、その向うに伊吹山、白山が望めた
(写真に写っていないのが残念です)。


記録:
1/26:
自宅6:05(+2℃)→山崎6:30(+1℃)→京都7:04→近江高島7:57→
畑8:20、8:40(+2℃)~地蔵峠10:30(-2℃)~小ピーク12:00(-4℃)、12:40(-2℃)~
釣瓶岳15:45(-7℃)~細川越16:30~イブルキのコバ19:00 ~比良ロッジ19:30 
スポンサーサイト
   比良山縦走(武奈が岳)

期間:1985年1月20日
参加者:単独

5時起床。
比良山系、本日の予定は坊村~武奈が岳である。
雨が降っている。

今日の山行は取りやめかと今日のリーダに電話してみたら既に出かけているとのこと。

しかたがないので雨が止むのを待って一人コースを変えて武奈が岳に行くことにする。

12時に到着すればみんなに会えると予測を立てて行ってみた。
山頂で待つこと1時間。

彼らには会えず一人で下山する。

帰宅後電話で確認したら、
私の登頂少し前に到着していたようだ。

今日はトレースもしっかりついており楽に登れた。
幸運なことに武奈山頂にいる間だけ晴れていてくれ本当に良かった。

山頂からの北の稜線を見ているとどうしても歩きたくなる衝動に駆られる。
来週はこのコースを行ってみよう。

下山途中のコヤマノ岳からスキー場をシリセードで楽しく下れた。

記録:
1/20:
自宅7:15(プラス7℃)→京都8:50→比良駅→比良リフト前→比良山上駅10:40(-4℃)~イブルキのコバ~武奈が岳12:15(-6℃)13:15~コヤマノ岳~八雲ヶ原14:07~金糞峠14:50 (-2℃)~イン谷口15:55 ~比良駅16:23、16:32→京都→自宅18:00 
   比良山縦走(リトル比良~北比良峠)

期間:1985年1月15日~16日
参加者:単独

比良山系、今回はリトル比良から北比良峠。

記録と感想のみ。

1月15日(晴れ)
1) 出発点で薄着になっておくこと。途中での着替えはロスタイム大。
2) 着替え(下着)は1枚持参のこと。
3) 音羽より寒風峠までは雪の上を進む。ヤケ山、ヤケオ山の登りは苦しかった。夜下着が濡れていて寝ずらかった。
4) 風が相当強かった。

記録:
1/15:
自宅4:55(-2℃)→山崎5:15、5:33(-4℃)→京都6:04→近江高島6:57、7:10(-2℃)~音羽7:30~岳観音8:33(-2℃)~岳山~オーム岩10:23、11:00(-1℃)~鳥越峰11:12~岩阿沙利山12:07、12:15(-2℃)~鵜川越12:33 ~寒風峠13:48、13:58(-2℃)~ヤケ山14:30(0℃)~ヤケオ山16:05 ~釈迦岳16:41(-6℃)~比良ロッジ前17:25 

1月16日(晴れ)
北比良峠が未だ先と思い込んでいたため、
コースを間違えて下山路に入ってしまった。(註2011/08/05 現在意味不明)。

本日は諦めてこのまま帰ることにする。

記録:
比良ロッジ6:00~北比良峠~大山(ダケ道)~イン谷口7:45

就寝時の気温(比良ロッジ前)
19:15:テント内(-2℃)、テント外(-10℃)、
01:30:テント内(-2℃)、テント外(-04℃)、シュラフ内(+8℃)、
06:00:テント内(-2℃)、テント外(-04℃)、


食事メニュー
15日:
昼(クッキー1袋、チーズ、チョコ7ケ)、
夜(α米2/3、ビーフシチュウ、紅茶、生姜湯、チューハイ)

16日:
朝:(もち2個入りうどん、ねぎ、味噌汁、茶)
昼:(クッキー半袋、チョコ7ケ、紅茶)


就寝時着衣・装備:
靴下3枚、テントシューズ、パッチ、ニッカズボン、ヤッケ、
下着シャツ、ジャンパー、ヤッケ、目出帽、手袋
シェラフ、シェラフカバー
どんとぽっち?(懐炉か?)
断熱マット、空気マット、テント(外張りなし、フライ付き)、
  
    京都北山 桟敷ケ岳

期間:1985.01.13

今年は恒例の鍋開きが比良にて出来なかった
(イン谷口の山小屋が老朽化して使用不能の)ため、
今年は桟敷ケ岳山行に変更した。

この山は昨年3月22日に単独で行ったことがある山で、
その時の積雪量は相当なものであった。

今回も期待してワカンも持参していったが雪の量の少なさにがっかり。

雲が畑を出発して岩屋不動、
薬師峠の2箇所で休憩した他はただ歩くのみ。

しかしながら、途中ところどころにある雪も子供たちにとっては遊びの対象物となり、
その時そのときで即座に自分たちの遊びに変えていくバイタリティーには感服する。

山頂へは12時前に着いた。
雪がある無しでの所要時間がこんなにも違うのに驚きである。

到着して食事に取り掛かろうとしたら子供が手の痛みを訴える。
登ってくる途中での雪遊びを薄手の手袋でやっていたためだ。

コンロで沸かしたぬるま湯で温めたりしていたら痛みがなくなってきたようだ。
よかった!

昼食後は祖父谷出合までの急坂の下りである。

昨年は積雪量も多くまた平日であったために、
踏み跡も硬くなく凍っていなかったのであまり苦労せずに下りれた。

今回は雪も少なく踏み跡が固められてしまっているためにつるつる状態になっている。
降りるのに相当労力を要す羽目になる。

祖父谷出合到着後は沢筋に沿って一路雲が畑へと歩を進めるのであるが、
途中雪のあるところでスノーボードで楽しんだり、
暖を取ったりして一時を過ごす。

雲が畑には15:45に帰着。

記録:
家7:00→四条河原町7:45~三条京阪8:00、8:40→雲が畑9:30、9:40~岩屋不動10:00~薬師峠10:25~桟敷ケ岳11:45~祖父谷出合~雲が畑15:45、16:40

昼:
ラーメン(肉、ねぎ、かまぼこ入)、チョコ3ケ、クッキー4枚、
ウイスキー2カップ、チューハイ2口、するめ2切れ、ういろ1切れ、みかん半個、コーヒー1杯。
     湖西三国山~赤坂山 縦走

期間:1985.01.02~01.03
参加者:As原、Nan場、Gramps
山行形態:テント縦走

1月2日:

京都10:19→牧野12:00~三国山堰堤下15:40幕営、18:30就寝

12時牧野小雨10℃、
1:00amテント内0℃、寝袋内20℃。
3:30am テント内0℃、外気零下2℃粉雪、無風

湖西線マキノ駅下車。
民宿の送迎用バスに乗せてもらいマキノスキー場へ。

多くの人がスキーを楽しんでいる。
第一ゲレンデを横切って取り付きに掛かる。

今日の行動は4時までと時間を決めて出発。
新雪のためワカンをつけていても膝まで沈んで前進が思うように出来ない。

逕サ蜒柔convert_20101228175839
テントサイトにて

15:40堰堤にでる。
これより進んでも幕営には時間的に適地が無いと判断して今日はここまでとする。

1月3日:

幕営地6:45~三国山10:30~赤坂山11:15~スキー場15:40 

3:30起床。4:00Asa原さん、Nan場さんを起こす。
6:45出発。送電線を目印に直登を試みる。

逕サ蜒・001_convert_20101228175901

5万1の地図と雪のため地形判断を再三再四ミスして苦しいアルバイトを強いられた山行となる。
それでもどうにか目的地まで進めた。

装備:テント(フライ付き外張りなし)、シェラフ(3シーズン)、シェラフカバー、シェラフの中にセーター1枚、銀マット2枚、エアーマット、

上:下着(ウール)、カッター。
下:ニッカ、パンツ、靴下(ロング1枚、ショート3枚)。
首:タオル

食料:
2日:昼:サンドクッキー(1/2袋)、コーヒー1杯
  :夜:スープ、紅茶、生姜湯、ウイスキー、チーズ1切れ、
        中華丼(ジィフィーズ)
3日:朝:うどん、モチ1ケ
  :昼:サンドクッキー(1/2袋)、チーズ1切れ、生姜湯
        チョコ7ケ(ロッテ)、チョコ2ケ(グリコ)。
 
逕サ蜒・002_convert_20101228175920