FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

  比良山・八淵の滝~八雲ケ原~堂満岳     

日程:1984.05.13               
参加者:H井、O部、長男(10歳)、次男(9歳誕生日)、Gramps(40歳)

逕サ蜒柔convert_20110605190407
黒谷から八淵の滝への林道

本日のコースは入り口が鹿ケ瀬口ではあったが、
3月11日に初めて歩いた。その時この道を無雪期にもう一度歩いてみたい。
その思いが今回実現できました。

黒谷より出発して林道を滝道まで一気に歩く。
障子の滝を通過した地点で鹿ケ瀬口からのコースと合流する。

逕サ蜒・001_convert_20110605190432
障子の滝

3月11日の雪道のコースは大摺鉢から上流に行かずに右を巻いたようだ。

逕サ蜒・002_convert_20110605190454
3月に訪れ時はこの「障子の滝・魚止めの滝」の字のすぐ下まで雪があった。

今回はコース通りに流路を辿ってオガサカ道出合まで進む。
岩稜の登り下りで変化に富んだなかなか面白いコースである。

逕サ蜒・003_convert_20110605190514
小摺鉢の上での休憩

逕サ蜒・004_convert_20110605190536
貴船の滝

逕サ蜒・005_convert_20110605190559
貴船の滝を登った地点での休憩

オガサカ道の夏道を進んで比良ロッジへ。
途中比良山名物のシャクナゲがきれいに咲いている。

逕サ蜒・006_convert_20110605190623
シャクナゲ(オガサ道にて)

逕サ蜒・008_convert_20110605190658
シャクナゲと

うまく写真に撮れたか楽しみである。
比良ロッジから八雲ヶ原へ。

ここで昼食とする。
1月に来たあの素晴らしい一面の雪野原は見る影もないが
この時期の湿原地帯の一種特異な雰囲気は心休まるところでもある。

逕サ蜒・009_convert_20110605190722
八雲ヶ原(高山湿源地・900m)

子供たちがイモリを2匹捕らえてきた。
離してやりなさいと言われ残念そうな顔をしている。

1時間ほどのゆっくりした昼食後堂満岳を目指す。
シャクナゲを見に来ている家族連れ、団体さんが沢山いるシャクナゲハイキングコースを経て金糞峠に。

ここからは2~3度急登して30分ほどで堂満岳山頂へ。
山頂はブッシュで囲まれ周囲の展望は望めない。

逕サ蜒・010_convert_20110605190802
堂満岳山頂にて(親子)

15分休憩してイン谷に向って下りる。

3分の1くらい下りたところで、
先日捻挫した左足首をまたぐねてしまう。

完全に治りきっていないので、その部位は弱いようだ。
今度は十分治してから山に行くことにしよう。

当分好きな山行きも出来ないとなると淋しい。

下山途中で2~3箇所眺望の素晴らしいところがある。
南西に琵琶湖バレーの打見山、北には釈迦岳、東には比良の町と琵琶湖が望める。

モリアオガエルの生息地ノタノホリを通って比良駅まで2時間45分(堂満岳より)。
途中でワラビも随分取れた。

逕サ蜒・011_convert_20110605190826
比良駅・大勢のハイカーで賑わっている。

記録:
黒谷8:20~障子の滝9:20~オガサカ道10:25~比良ロッジ11:00 ~八雲ヶ原11:25、12:30~金糞峠13:05~堂満岳13:30~ノタノホリ14:55~比良駅15:50(20km) 
スポンサーサイト