大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

京都北山・愛宕山 

時:1984.02.25

水尾の民営駐車場に車を停めて出発(料金300円)

愛宕神社に向う最初の表示(神社への)は
不明瞭なため2番目の表示板(学校の北側を通る道)に従って進む。

いきなり急坂になるが出来るだけゆっくり登るようにする。
スローペースで登ったのでそんなに疲れずに登れた。

この急坂の登り始めから雪が残っている。
大勢の人に踏まれてアイスバーン状態である。

アイゼンをつけて登ったので苦労せずに登れる。
この南斜面のところどころは日当たりも良いので地肌の見えているところもある。

1時間ほどで表参道との合流点に到着。
ここに真新しい休憩所が出来ていて一服するのには最高の小屋である。

逕サ蜒柔convert_20110517162052
愛宕山・表・裏参道出合(後:愛宕山山頂へ、右:清滝方面、左:水尾方面)

表参道からの参拝客は結構多い。
丁度三重県から来られたという3人の方にお会いする。

3人とも地下足袋姿(1足1200円だそうだ)で息を切らせて登って来られている。

ここから社務所までは両側に除雪された雪が相当の高く積まれている。

2人の女の方と、1人の老人が社務所前の休憩所で休んでおられた。
2人の女性は3年前から毎週参詣されているとのこと。

老人は驚くことに83歳で目も耳も良く、
一見60代にしか見えない(私は40歳)。

皆さんと少し話したあと本殿へ。
本殿では火が焚かれており、12~3人の参詣客、登山者。
格好の休憩所になっている。

参詣後昼食を取って、12時30分地蔵山に向う。
階段を下りたところより左に折れ、少し進む(本殿の北側)と雪の量が俄然多くなる。

雪も殆ど踏まれていないので白さが美しい。
この辺りからの眺めは素晴らしい。

晴れ渡った空の下に比叡山、少し北側の比良連峰の峰々が白く雪を被って光っている。

逕サ蜒・001_convert_20110517164701
愛宕山北側より北方を望む

しばしの眺望を楽しんで再び地蔵山に向う。
首切り地蔵別れより4~5分のところが三叉路になっており、
地蔵への道がどちらか迷った末右の道をとる。

結果は正解であった(道標が欲しいところか?)。

その辺りから雪で押さえられている木々の枝の下を潜り抜けたら
左前方は視界が急に開け沢の急斜面に出遭う。

木々も無く一面の広い雪の斜面。
スキーで滑ったらさぞかし気持ちが良いだろな。

ここを回り込んだとことに地蔵山入り口の道標が立っている。

ここを進んで5分、今度は下り坂になっている。
一面雪の世界。

メルヘンの世界へ誘われた感じ。
しばしメルヘンの世界で遊んだところ、2人の青年が引き返してきた。

その先はもう道が無いとのこと。
そんなことはお構い無しに先へと進んでみる。

ところが少し先に進むとそこは潅木・ブッシュの世界と変わる。
雪の重さで木々の枝が垂れ下がったブッシュが行く手を遮る。

雪面と木々の枝の間が30cm。
ザックを下ろして匍匐前進の繰り返し。

地蔵山手前1km位だろう所で、また引き返してくる人に会う。
これからこの状態がづっと続くそうだ。

それでも前進を続けたが地蔵山手前3~400mのところで断念。
残念ながら引き返すことにする(来週は三頭山よりトライを決めて)。

帰路は地蔵山入り口より右折して原方面の道をとって水尾に帰着。

記録:
家8:00→水尾10:00~愛宕神社11:45、12:30~地蔵山分かれ~地蔵山手前約3~400m地点14:30~地蔵分かれ~原分かれ~水尾16:45(6時間45分)
スポンサーサイト
六甲山・東お多福山 

時:1984.02.18
人:単独

今日は午前中出勤になる。

神戸の仕事での行き帰りに見える六甲山の中でユニークな山がある。
遠くから見ると禿山。

昨年の暮れから今年にかけて冠雪しており、
遠く尼崎からもはっきり分かる山。

南北に尾根を持ったこの山に一度登って見たいと思い、
地図で調べてみると東お多福山であった。

実は今日は比良山に行く予定であったが仕事の関係で午前中出勤となってしまった。
そこで仕事が終った昼からでも登ってやろうと麓の大谷茶屋まで車で出かける。

車中で服装を整えロックガーデンへ。
猪の親子6頭に遭遇してびっくり。

下より老夫婦が餌を持ってきたのだ。
聞くところによるとどうやら餌付けをしているそうだ。

箕面公園の猿の餌付けの二の舞にならないか心配である。

ロックガーデンから雪道を一路風吹岩へ向う。
風吹岩で少し休憩。

ここからの眼下の眺望は素晴らしい。
午後からの登山とあって誰一人とあわない。

気温の上昇とともに雪も腐ってきて歩くのには少し気を遣う。

ゴルフ場を横切って登りきったところに広場があり、ここが雨が峠。

ここよりお多福山が一望できる。
一面雪を被り春先の武奈が岳のようだ。

お多福山を一気に登りきり、
山頂で15分休憩して今来た道を引き返す。

楽しい雪道山行でした。

記録:
大谷茶屋13:30~ロックガーデン~風吹岩~雨ケ峠~東お多福山15:30、15:45~雨ケ峠~風吹岩16:20、16:25~大谷茶屋16:45(3時間15分)
高槻の山・ポンポン山 

時:1984.02.12
人:隆、文、Gramps

昨日11日(土)は風邪引きで雪山はお休み。
今日近所の山であるポンポン山も雪があるということで子供とハイクをかねて行くことにする。

ついでにアイゼンも履いてトレーニングも兼ねる。

神峰山寺(カブサンジ)駐車場に車を置いて出発。

本山寺手前より雪道となり山頂まで一面の雪化粧である。
途中で積雪を計ってみたら15cmもあった。

ポンポン山からの帰りは神峰山寺までの間は雪が降り通しになる。
楽しいハイキングになる。

神峰山寺駐車場に置いた車の屋根にも雪が4cmも積もっていた。

近くで雪に接する機会のあることは山好きにとっては嬉しいことである。

(近年比良山にしろ高槻界隈にしろこのような雪が降ること(積雪)は殆ど皆無になってしまった。2011年)
  比良山・八淵の滝 
    
日程:1984.02.04               
参加者:H井、Gramps

一昨日新雪のため積雪量が今季最高になる。

従って今回予定の鹿ケ瀬→八淵の滝→比良ロッジのコースは
最初から断念して行ける所までラッセルして引き返す行程に出発時の変更する。

近江高島に着いたらタクシーを利用するつもりであったが、
大量降雪のためタクシーはこの時間営業を休止していた。

バスにするも、1時間待ちでロスタイムとなる。

バスの中でスパッツ、ヤッケ等服装を整え出発準備完了。

鹿ケ瀬口より寒風橋100m手前までは除雪されており、
雪降る中も歩きやすく助かった。

相変わらずの速いペースのH井さん。
自分は自分のペースを守って歩く。

途中でおばさんが軒下の雪を掘っていたので何をしているのか尋ねてみると
その下に溝がありそこを水が流れているので、

その水をせき止めて道路に流すようにしているとのこと。

そうして道路の雪を融かすのだそうだ。
まさに生活の知恵と感心する(豪雪地帯ではいろいろ試みているようですが)。

しかし今の我々とっては雪が融けてぐしゃぐしゃになって歩きにくくおまけに水がしみ込まないか心配である。

ここで生活をしている人たちはそれど頃じゃない。

車に雪を積んで山の方に捨てに行ったり、
屋根の雪かきと大変な重労働を強いられているのだ。

そんな光景をあちらこちらで歩きながら見ていると、
なんだか雪山に登ること自体が悪いような気がしてくる。

しかし会う人たちは意外と明るく向うからも声を掛けてくれたりするのでほっとする。

その中の一人「どこまで行くんだ?」
「八淵の滝まで行きます」
「ワッカ持っているようだが、とても無理じゃぞ」。

そんな会話も残して行ける所まで行くことにして歩を進める。

寒風橋手前100mからは除雪されていない。
ここから先は生活道路ではないのだろう。

早速ワカンを着けて歩き始める。
と一歩進むともう脚の付け根までもぐってしまう。

これじゃとても八淵の滝どころかキャンプ村までが精一杯だろう。

雪道(林道)も不思議に何メートルも雪が積もっているのに轍の跡が残っているのには驚いた。

H井さんが先頭に立って進む。
途中で交替するも直ぐに疲れてしまい交替。

H井さんのラッセル力はすごい。

彼が言うのにはラッセルにもコツがある。
全行程の多くをH井さんにお願いしたことが悔しい。

1時間くらい進んだところで進む道をどうやら間違えているのに気づく。

まあどうせこの雪だからどこへ進んでもそう進めないから、
このまま登ることにする。

除雪してあった終点辺りから一匹の犬が我々にづっと付き添ってきている。
雪の中を歩く(走る)姿はあたかも水中を泳ぐがごとくで全く上手?なものだ。

12:20昼食にして、ここ取引返すことにする。
ツエルトを張って食事。

件の子犬は外で恨めしそう?に待っている。
ここまで一緒に来てくれたのでパンをやるとおいしそうに食べてくれた。

食事後H井さんはもう少し上まで行ってみたいというので、
ここで別れて私はゆっくり下りることにする。

1時間ほどで先ほどの間違った地点まで下りてきた。

間違った原因はラッセルで前方を良く見ていなかったことのようだ。

そして道路の轍を頼りにその轍の進む方向に登ってしまったためである。

結果目的とする道の別れに気がつかなかったようだ。

H井さんが帰って来たのでここからは2人で鹿ヶ瀬まで歩く。
一緒について来ていた犬もいつの間にかいなくなってしまった。

途中でヒッチハイクをして近江高島に帰着。

帰りの車中で来週予定の11日、12日の武奈・蛇谷ケ峰はこの雪では不可能なので中止とする。

記録:
京都6:04→近江高島6:57,7:59→バス→鹿ケ瀬口8:40~寒風橋手前左折~林道~400m 地点折り返し12:20 ~近江高島16:00