FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

  比良山・武奈が岳 
    
日程:1984.01.29               
参加者:Gramps一家4名、京都市交通局山岳部員2名

朝起きたら家の周りは一面雪化粧。
前の道路は5cmも雪が積もっている。

6時20分出発。
こんなに雪が積もっているのであれば、
わざわざ比良まで行かなくとも良いんじゃない?なんんて冗談を言いながら
京都より湖西線に乗り込む。

スキー客、登山客で車内はほぼ満席である。
比良駅より満員のバスでリフト下まで。

リフト待ちはおよそ30分。
時折激しく降る雪に思わずフードを被る。

リフトは13分間の所要時間だそうだが、
もっと長く乗っていたように感じられた。

リフトからケーブルに乗り換え山上駅に。
ここで服装を整えている時に京都市交通局の山岳部の方2人に声を掛けられて、
武奈が岳までご一緒させてもらうことになる。

皆さんアイゼンを履かれたが、
脚力養成?を兼ねてわたしは履かないで行くことにする。

こんなに沢山の雪を見るのは初めての子供たち(11歳、9歳)はうきうきしておる様子。

生憎天候は晴れずに、
時折激しく雪に見舞われる状況となる。

スキー場を通り抜けイブルキのコバまで歩く。
今月8日に来た時より雪の量は相当多く道標も埋まってしまっている。

ここで5分ほど休憩して出発。
ここより雪の量が俄然多くなり、
予定していた水汲み場の谷水は水は見えるが2mも下でとても汲みにいける状態ではなく諦める。

雪の量は多いが所謂?「比良銀座」なのでトレイルはしっかり付いており、
難なく歩ける。

アップダウンを繰り返しながら進むと
「山と仲間」2月号の表紙の写真とそっくりな景色の樹林帯を通り抜け、

やがて目指す武奈が岳を目前にしたところで突然雲が切れ晴れてきた。

武奈が岳の全容を目の当たりに見ることが出来た。
8日に訪れた時は始めから快晴であったためその雄姿は素晴らしかった。

今回は見ることが出来ないと思っていたところに
突然その姿を現してくれたのでその喜びは瞬時とはいえ倍増である。

山頂は実際より高く見える。
子供たちが登るのは厳しいく否だと言わないか心配していたが杞憂に終ってよかった。

さて最後の登りにかかったら上から15~6名の大学生らしいパーティーがワカンをつけて下りてきた。
ワカン無しで登れるか少し不安になる。

そこから少し登った所で腕章をつけた老人が
「稜線は吹雪いているから気をつけろよ。西へは絶対行くな。
トレイルが分からなくなったら、わしのグループがいるから彼らに聞け」と親切に忠告してくれる。

案の定稜線に出るや、強烈な風が吹いている。
直ぐにロープを出して歩くも、20mも歩いた頃に猛吹雪に変わり視界は零。

顔についた雪は直ぐに氷と化し、
急激に寒さを感じ始める。

この急変で弟の文はびっくりして泣き出す。
山の天気の怖さを知らされる。

全員一時呆然と立ち止まり吹雪のおさまるのを待つ。
頂上まであと30~50mのところであるが子供のことを思うと行く気にはなれず、
慎重に引き返すことにする。

稜線を過ぎ、
下りにかかると風も弱まり子供たちも再び元気を取り戻しはしゃぎ始める。

登ってきた道をそのまま引き返してスキー場辺りで食事と思ったが
意外と風も強く諦めてお菓子を少し食べてケーブル駅まで我慢する。

がここでも食べずに比良駅までリフト、バスに乗りついで一気に下りてしまった。

駅前でバーナーを取り出して京都市交通局の山脇さんが肉うどんを作ってくださった。

おまけにビール、酒までおよばれしてしまった。
食事したのが15時。熱いうどんの美味かったこと。ありがとうございました。

記録:
京都駅7:40→比良駅→バス→リフト・ケーブル9:40~スキー場~イブルキノコバ~武奈が岳~イブルキのコバ~スキー場~ケーブル上13:50→リフト→バス→比良駅14:45、15:32→京都→家17:10
スポンサーサイト