FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

初めての冬のテント泊
時:1984.01.01~02

今朝未明から太閤道~若山神社初詣・初日の出を終え、
今夕からは子供たちの冬のテント泊経験。

家族からの止めろ、やめろの気狂い呼ばわりをされながらも子供2人をお菓子で釣ってのテント泊

河川敷グランドは日暮れまで子供たちが凧揚げやらして遊んでいる
日没を待ってテント設営。

子供たちが寝るマットレス、布団を持ち込み一旦家に引き返して夕食を取る。
午後7時過ぎ寝袋、シェラフカバーを持ち込んでテント泊の始まり。

野犬がいるとのことで野球用バットも持ち込んで万全を期す。

床に入ってから長男が一人しゃべっていたが、
夕食のアルコールのせいか8時過ぎには眠くなってきた。

3人とも一斉に寝入ってしまった。

目が覚めて時計を見たらまだ11時。
いろんな夢を見た気がする。

明日見た夢をノートにでもと思ったが、いつも翌朝には何を見たのか忘れている。

メモでもしておこうと思うも寒さのため億劫でメモはできない。
案の定翌朝には何を見たのか思い出せない。

そのうち又寝入ってしまった。
とテントの中に野犬が一匹入って来た。

仰向けに寝ている私の足の上に乗り右ひざを噛もうとしている。
とっさに足を動かそうとするが動かない。

近くに置いていたバットを取ろうとするが取れない。
その瞬間に目覚めた。

子供の足が私の上に乗っている。
夢だったのか。

時刻は丁度1時。
テントが開いていないかそっと見ると大丈夫開いてなんかいない。

と又寝入った。
今度はトイレに行きたくて目覚める。
3時だ。

しかし寒いので寝袋から出たくない。
家の中ならこのまま我慢して寝てしまうのだが、
トイレに行かないと眠れない気がする。

仕方無しに起き上がりテントの外へ。
先ほどの野犬がいないかと脳裏を掠める。
幸い野犬はいない。

風も無く満天の星がきらきらと輝いている。
案外寒くない。

すんだ後の満足感でテントに戻り寝袋に入る。
寝袋に入って「何度かな?」と思うも温度計は手の届くところにはない。

シェラフから出るのは億劫だ。
そのまま眠ろうとするもなかなか眠れない。

考えてみたら8時から寝ているので、
もう7時間も眠っているのだ。

しかしそのうちに又うとうとし出した。

今度は友人のKとタクシーで家に帰る夢を見る。
誰もが夢で経験する現実からの超越。
この夢もしかり。

自分の家も、友人の家も現実の家ではなく昔住んでいた家である。
そのタクシーには友人とは全く関係のない私が勤めている会社の人の子供が2人乗っている。

しかもこの子供2人に私は会ったことがないのである。
先ずその子供たちを家に送り届けなくてはならない。

このタクシーの中で河川敷でのテント泊にに付いて話を聞かせている。
離し終わったところで目が覚めた。

当然目覚めたところは寝袋の中。
5時である。温度計を外に出して計ってみたら零下4度C。

もう一度眠ろうとしたが腰の周りが冷え込んで眠れない。
5時半、子供たちは相変わらずぐっすり眠っている。

気温は1℃下がって零下5℃になっている。

一人起きて昨夜約束したカップヌードルを作るため外でお湯を沸かし始める。

6時ジャストに目覚まし時計が勢いよくなる。
子供たちはなかなか起きない。

少しして兄が目覚め「お父さん、おとうさん」と呼んでいる。
「お父さんがいないぞ」と弟に伝えている。

「おしっこに行ったんとちゃうか?」と弟の半分寝ぼけたような声が聞こえてくる。

テントを開けてみると兄が反対側に座っている。
「何しているんだ?」と聞くと「あっそうか、出口はそっちか」と寝ぼけていた。

ラーメンの出来上がり。
3人で朝食の真似事をして、しかし美味しかった。

今回初めての冬のテント泊も無事終わりました。

スポンサーサイト
   初日の出 太閤道~若山神社
日程:1984.01.01

例年初日の出は山の中腹にある近所の若山神社(若山さん)で見ることにしている。
今年は高槻より太閤道を歩いて若山さんで初日の出を拝む計画をしてみた。

母は山歩きをせずに直接若山さんに向うことにして
残りの家族4人で計画を実行することにする。

31日、子供2人と私は午後8時半に就寝、
連れ合いは紅白を見て午前1時過ぎに寝たとか。

3時10分前目覚ましのベルで飛び起き皆をたたき起こす。
連れ合いは2時間の睡眠で大丈夫だろうか?

水無瀬駅から一番電車に乗り込み高槻へ。
京都での初詣の帰りの人たちで車内は混雑している。

高槻駅から歩き出す。
およそ40分で太閤道入り口に到着。
3分間の休憩でパンを半分食べる。

ここからヘッドランプを点けて一列で進む。
金竜寺までの3分の2くらいのところで道標を見落としたのかきこり道へ迷い込んでしまったようだ。

急坂を登りつめたところで踏み跡がなくなる。
長男の「引き返そう」の声で退却。

道標を見落としていた。
時間的に若山さんで初日の出が見れるかちょっと不安になってきたがとにかく前に進むことにする。

金竜寺に5時半に到着。
ここで休憩がてら残りの半分のパンを食べる。

金竜寺から10分ほど急坂を登る。
振り返ってみると高槻の街の夜(朝)景が美しい。

名神高速も見える。午前6時前なのに車のテイルランプの赤、ヘットライとの黄色が帯をなしている。
さすが1月1日・元旦の朝だ。

この辺りから道は歩きやすくなり、
若山神社への道標も沢山立っている。

ヘッドランプの明かりを頼りに前へまえへ進むのみ。

「若山神社まで後57分?」の道標あり。
この辺りから次男が先頭になって進む。

時刻は5時50分。
日の出は7時10分頃急げば間に合いそう。

みんなの足が自然に速くなる。
辺りも明るくなってきた。

やがて桂川、宇治川、木津川の3川合流がはっきり見える地点に到着。
ここからも初日の出は良く見えるようだ。

が若山さんには母が待っているのでここからの静かな初日の出は諦めて歩を進める。

昨日の残雪、今朝の霜柱を踏みしめながらゴルフ場の横を通り過ぎ若山さんへと。
最後の急坂を下りたところで小学生の団体20名位に遇う。

先ほどの3川合流地点が見えるところに行くようだ。

急坂を下りたところが若山神社である。
初日の出に間に合った。

びっくりしたことに例年にない人、ひと。
新聞で紹介されたためかな?

静かに初日の出も拝めなくなりそう。
宮司に聞いたら直ぐ下に公団が出来たためとのこと。
「うちは嬉しいですよ」の言葉は本音。

例年のごとくお参りを済ませて初日の出を待つ。
2~3年前から地元のボーイスカウト、ガールスカウトもここに来るのが恒例になっている。

この団体で1等地を占領しているので少し不満である。

7時10分女学生の歓声で東を見ると初日が雲の上に現われた。
何故か知らないが今年の初日の出には感激があまりなかった。

帰宅して雑煮で新年を祝い12頃まで寝る。

長男11歳、次男9歳、私40歳の元旦でした。