FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

沢登り・下多古本谷下部

2018.08.26

25日予定の前鬼川は一昨日の台風20号のため一日延期して26日に催行する。
6 時大阪出発、前鬼川林道入口に9 時ころ到着。

なんと通行止め。台風で崩落、陥没(3m)。がっくり!

沢通のお二人は次の候補地を考えてくれている。
小谷川。
ここも水量が多く断念して、下多古本谷へ移動。

ここの林道も通行止めのようで途中で車を止めて下部のみを遡行することにする。

DSCF8757_convert_20180828140725.jpg
下部入渓地点。                    10:37

DSCF8758_convert_20180828140759.jpg
やっぱり普段より水量が多いそうです。

30分ほどで滝に遭遇。水量、水流の2つで越せないので高巻きをする。

DSCF8760_convert_20180828140824.jpg
高巻きをリードするShokuda 君。

づるづるで結構いやらしかった。

高巻きしていたら、入渓して1時間くらいで道路に出てしまった。

DSCF8761_convert_20180828140845.jpg
ここで終了?                      11:35

よく見ると下り用?のフィックスロープがあった。よくよく探してみると手すり付き階段もある。
ここから再入渓開始。

DSCF8762_convert_20180828140906.jpg
再入渓地点。         11:50

DSCF8763_convert_20180828140928.jpg
再入渓地点から少し遡ったところ。

DSCF8764_convert_20180828140950.jpg
じゃぶじゃぶしながらの遡行は楽しいです。

DSCF8765_convert_20180828141024.jpg
左から滝のような水が・・・

「こんな滝あったかなあ?」と思案顔してた Shokuda 君。
やっぱり水量が多いのだ。


DSCF8766_convert_20180828141045.jpg

DSCF8768_convert_20180828141110.jpg
休憩 1

入渓して約2時間。

DSCF8769_convert_20180828141133.jpg
手前にあるザックは40 年前の物、渓流シューズは30 年前の物。

ダフネ・セルフさん(1928 年生まれ90歳で現役のモデルさん)の言葉
「クローゼットの中には、これまでの私の人生が詰まっている。自分の愛した洋服を長く大切に着る」


僕はこれしか無いので仕方がないけど。

DSCF8770_convert_20180828141201.jpg
胎内くぐり?

DSCF8772_convert_20180828141226.jpg

DSCF8773_convert_20180828141249.jpg
引き返し。

釜は洗濯機状態。落ちたら出られないかも?で引き返しました。

DSCF8774_convert_20180828141323.jpg
今日のメインイベント?
この滝は直登できません。

DSCF8775_convert_20180828141353.jpg
滝の右側に活路を開く。
リードするはSeghro 君。ビレーヤーは Shokuda 君。

ここからもう1ピッチ高巻いたら、祠のあるところに出てしまった。
沢へは2ピッチ懸垂したら出れそう。

でもここら辺りが下部の終了点みたいとベテランお二人の判断。

DSCF8777_convert_20180828141419.jpg
社・宗像神社の前で記念写真。          13:40

ここから少し登ったところが、中庄屋さん、吉岡さんのガイドブックにある下多古本谷の入渓地点だそうだ。
お二人ともよく知っている。

そこまで歩いてみる。約10分くらいで入渓地点の橋に到着。
ここの河原で遅い昼食。
カップうどんが美味しかった。

DSCF8779_convert_20180828141454.jpg
橋の裏側にハチの巣が並んでいた。

食事後は林道を下って駐車地点まで歩く。
途中土砂崩れがあり車は通れない。

また懐かしい下多古の岩場跡も通りました。
ツタが生い茂りハンガーが光っているだけでした。









スポンサーサイト



北ア・赤木沢:沢登り        その1

2018.08.02夜~08.05

参加者:Shokuda、Segrho、かつ、子ヨーゼフ、Porta、マー君、Jar、Tyana、Grampsの9名


日本一の美渓と言われている赤木沢にやっと行けました。

30代の頃還暦になったら行こうと思っていたところは①北岳バットレス、②雲ノ平、③赤木沢の沢登りでした。
①のバットレスは40歳で登ぼれてしまった。②③は還暦を過ぎてもずるずる伸ばしてしまっていた。

②の雲ノ平は還暦から12年経った一昨年てやっと達成できました。
その時来年は赤木沢と決めていたが台風で流れてしまった。

で満を持して今年8月に入ったら絶対行こうと決心。そして決行出来ました。

今の私の実力には丁度良い沢で、天候も最高で素晴らしい沢登りが満喫できました。

8月3日(金):

未明にアルペン村に到着2時間半の仮眠。
折立には8 時前に到着。

DSCF8517_convert_20180806104254.jpg
8 時過ぎ出発。

今回は小屋泊まりなので荷物も軽いのが良い。

急登をゆっくり登る。
かつ君が後ろでイライラしているのが分かる。先にどうぞと言った途端韋駄天?の如く登っていく。
Porta さんも後に続いて追いかけて行った。

この二人は太郎平小屋まで遂に一緒できなかった。

登り始めて2 時間半有峰湖の見える地点で2度目の休憩。

DSCF8518_convert_20180806104322.jpg
2度目の休憩。         10:26

DSCF8519_convert_20180806104347.jpg
有峰湖も奇麗に見下ろせました。

傾斜も緩くなってきてもう直ぐ太郎小屋か?

DSCF8521_convert_20180806104412.jpg
太郎平への木道

出発して3 時間半で太郎平小屋に到着。

DSCF8523_convert_20180806104442.jpg
太郎平小屋にて。
かつ君は2時間、Porta さんは2 時間半で到着してひと眠りしたとか・・・

DSCF8524_convert_20180806104516.jpg
我々は3時間20分かけて到着しました。     11:27

今日は薬師沢小屋までなので
ここ太郎平でのんびりと50分ほど休憩をしてして出発は12時15分。

DSCF8526_convert_20180806104552.jpg
大休憩後の出発。

DSCF8527_convert_20180806104618.jpg
振り返って太郎平小屋。    出発して10分後の12:24

DSCF8529_convert_20180806104647.jpg
途中の沢で疲れた足を浸す。             12:54~13:06

DSCF8531_convert_20180806104714.jpg
薬師沢小屋へは丁度半分位のところ。      13:14

DSCF8532_convert_20180806104741.jpg
後ろを振り返って。             13:14

太郎平小屋から2 時間で今日の宿泊地薬師沢小屋に到着しました。

DSCF8533_convert_20180806104813.jpg
薬師沢小屋に到着。              14:13

DSCF8534_convert_20180806104837.jpg
無事到着記念写真。                 14:23

この後荷物を部屋に置いて河原で乾杯!17時の夕食まで飲んびりと過ごす。
明朝は5 時出発のため朝食はお弁当を作ってもらっておく。

記録:
2日:大阪23:00➙
3日:➙立山アルペン村15:30、7:00➙折立7:40、8:07~太郎平小屋11:27、12:15~薬師沢小屋14:13
   (所要時間6時間6分)





北ア・赤木沢:沢登り        その2

2018.08.02夜~08.05

参加者:Shokuda、Segrho、かつ、子ヨーゼフ、Porta、マー君、Jar、Tyana、Grampsの9名

8月4日(土):

DSCF8538_convert_20180806151045.jpg
赤木沢出発前   薬師沢小屋テラスにて  4:55

朝はまだ寒い!これで水の中に入れるのだろうか?少し心配である。
だが歩きだしたらその心配もなくなった。

赤木沢までの黒部川は渡渉が3回、高巻き1回でした。

DSCF8542_convert_20180806151122.jpg
1 回目の渡渉。 この渡渉は浅くて楽でした。5:30


DSCF8543_convert_20180806151150.jpg
赤木沢出合い近くのへツリ。        6:02

DSCF8544_convert_20180806151223.jpg
赤木沢分岐。         6:15

DSCF8545_convert_20180806151253.jpg

DSCF8547_convert_20180806151325.jpg
初めて出会う赤木沢。         6:21

赤木沢に入って朝食休憩とする。

DSCF8548_convert_20180806151404.jpg
休憩中は寒いので雨具を着ました。    6:24

DSCF8550_convert_20180806151438.jpg
小屋で作って頂いた朝食の中華ちまき。  とても美味しく且つ食べ易かった。  6:27

DSCF8551_convert_20180806151509.jpg
最初の2段10mの滝。  右から登りました。  6:46

DSCF8553_convert_20180806151558.jpg
登り終えて。            6:50

DSCF8554_convert_20180806152039.jpg
続いてのナメ滝が美しい! Segrho君     6:51

朝日が後ろからなので写真が撮りやすい。

DSCF8555_convert_20180806152146.jpg
ニッコウキスゲも軍政ではなく所々に咲いています。   6:51

DSCF8557_convert_20180806152221.jpg
先ほどのナメ滝。 Segrho君、Prtaさん、かつ君

DSCF8558_convert_20180806152252.jpg
同じナメ滝を登る。 かつ君、マー君、Jar さん    6:52

DSCF8559_convert_20180806152322.jpg
お風呂よろしく浸かる Prta さん。                 7:06

DSCF8560_convert_20180806152412.jpg
                                        7:19

DSCF8562_convert_20180806152454.jpg
                                               7:43

DSCF8564_convert_20180806152533.jpg
Gramps。      頑張っています。 7:44

DSCF8568_convert_20180806152617.jpg
                                                 7:53

DSCF8569_convert_20180806152701.jpg
大滝手前の滝。                                      7:53

DSCF8577_convert_20180806152754.jpg
30m大滝の前で。           8:05

DSCF8580_convert_20180806152830.jpg
大滝前での休憩。          Nanoha bab さんもやって来ました。  8:13

大滝の少し手前の左岸を高巻く。
ロープを出さなくても登れました(グレード2級くらいか)。

大滝を越えてからもいっぱい小さな滝があり楽しい。

DSCF8582_convert_20180806152909.jpg
大滝を越えてからの歩き。            8:38

DSCF8585_convert_20180806152941.jpg
水流はず~と続いています。            8:51

大滝を過ぎてからは左俣を進んで中俣乗越に出ることにする。

DSCF8586_convert_20180806153014.jpg
稜線が近くなりやっと水流がなくなってきました。  

DSCF8589_convert_20180806153136.jpg
なんと最終章は雪渓が残っていました。  素晴らしいフィナーレです。9:21

DSCF8590_convert_20180806153210.jpg
雪渓で楽しむ子どもたち。           
  
DSCF8598_convert_20180806153314.jpg
稜線到達は9:29です。  雪渓で遊んだ子供たちも到着しました。

DSCF8599_convert_20180806153352.jpg
大休止。      後方の山は2578 m 峰  9:37

30分ほど休憩して、私を除いて皆さん黒部五郎岳い向かう。
10時出発で太郎平小屋には14時帰着予定???

DSCF8601_convert_20180806153446.jpg
五郎岳に向かう皆さん。             9:56

私は太郎平小屋に向かう。
最初の登りが結構きつく感じた。
マイペースを保って歩く

約1 時間半で北の俣岳に到着。

DSCF8605_convert_20180806153520.jpg       
北の俣岳にて。                             11:26

DSCF8606_convert_20180806153559.jpg
素敵な有峰湖も眺められます。                   11:29

DSCF8607_convert_20180806153637.jpg
遠く槍ヶ岳も見れました。                            11:43

DSCF8608_convert_20180806153709.jpg
お花畑も残っていました。                    11:44

中俣乗越から2 時間40分でやっと太郎平小屋に到着しました

DSCF8612_convert_20180806153740.jpg
太郎平。  2年前に来た時と同じ風景である。  12:40

黒部五郎岳に向かった皆さんは14時に帰着できるでしょうか?
絶望ですね。
案の定3時間遅れの17時帰着でした。

捜索隊出さずに、ビールを飲んでのんびりた一時が過ごせました。

夕食後もう一杯飲みたいということで戸外で乾杯、歓談。
寒くてビールを残してしまいました。

DSCF8616_convert_20180806153844.jpg
歓談のひと時。  寒~い!     19:28

その少し前に素晴らしい夕陽を見るとができました

DSCF8614_convert_20180806153817.jpg
夕日。もう少し前だともっと奇麗でした。

日が暮れたら富山の街が輝いてきました。花火も打ち上げられていました。

今回の赤木沢は全てのコンデションに恵まれ素晴らしい沢登りができとても満足います。

記録:
薬師沢小屋5:00~赤木沢出合い6:15(朝食)6:30~30m大滝8:05、8:0~稜線9:30、10:0~北の俣岳11:26~太郎平小屋12:40


8 月5日(日):
今日は下山日。5時半朝食、6時半出発。

DSCF8620_convert_20180806153914.jpg
小屋の御主人に撮って頂きました出発前の記念写真。     6:33

かつ君とPorta さんが先頭に立つと先に行ってしまうので、私が先頭でペースメーカーなる。
途中1 回休憩を入れて、折立へ。

DSCF8621_convert_20180806153939.jpg
下山しました。          8:43


この後風呂に入って、お寿司をよばれて帰途につきました。

記録:
太郎平小屋6:33~折立8:43➙お風呂➙寿司屋➙南茨木18:0