大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

層雲峡・アイスクライミング

2018.02.13~18

北海道・層雲峡氷瀑に行ってきました。
マイナス17度からマイナス7度の世界でしたが、
部屋に入れば20度のあったかい別の世界があります。

13日(火)
大阪空港12時10分発、新千歳13時55分着。
新千歳14:45→旭川16:55着の予定が大雪で予定の列車は間引かれ、途中で30分立ち往生とかありましたが、
旭川からの18:40発のバスには何とか間に合い層雲峡には20:30分に辿り着けました。

丁度「層雲峡氷瀑祭り」の花火があがり歓迎してくれいるようだ。
宿泊予定のペンションにも無事着けました。

先発組の神戸うし、MiwMiw さん、Muskaに合流。
宿のご厚意で夕食にもありつけました。

14日(水)
DSCF6858_convert_20180218182217.jpg
ホテルの部屋からの今朝の景色。

今日は全員で銀河の滝を登りに行く。
先発組は一昨日トライしているが、最後のピッチを残しているため再挑戦。

DSCF6859_convert_20180218182241.jpg
駐車場から望んだ「銀河の滝」。①
観光バスがひっきりなしに訪れている。
今年は海外からの観光客だらけの感もする


石狩川を持参した膝までの長靴を履いて浅いところを狙っての渡渉。

DSCF6860_convert_20180218192509.jpg
少しアップした「銀河の滝」 高さ180m ②

DSCF6863_convert_20180218192542.jpg
1 ピッチ目をリードする神戸うし君。

私は牧師君と組んで登る。
1 ピッチ目は牧師がリード。
ホンマは私が1 ピッチ目をリードしたかったが、
牧師の目論見があったとは後で聞かされました。

1 ピッチ目は前回と比べて、下から見ると超やさ悪しく見えたが、
トライしてみると結構登りがいがあった。

DSCF6864_convert_20180218192613.jpg
1 ピッチ目をリードする牧師。
左でフォローで登るはMiwMiw さん。

2 ピッチ目はつるべなので私がリード。
殆どスクリューを使わずに登れたので。

「3 ピッチ目もリードしましょうか?」と聞いたら
「いやいや、つるべだから、私が登ると」牧師。

で、4 ピッチ目は私の番。
4年前来た時と違って氷が今一つ発達していなく嫌らしそう。

一昨日これで先発隊は断念したようだ。
今日は神戸うし君が頑張って突破しました。

我がパートナー牧師はこのピッチが当たらないように考えていたそうだ。
ノーテンテンキな私はやっと気が付く。

だがトライしてみると、昔冬壁を登っていたようなあの感じが蘇ってきて楽しく登れた。
むしろ、その後の易しい雪壁の方が怖かった。

DSCF6865_convert_20180218192635.jpg
終了点の牧師。

ここからは懸垂下降3 ピッチで取り付き点に。

DSCF6868_convert_20180218192706.jpg
懸垂下降中の牧師。

今日の夕食は
DSCF6869_convert_20180218192926.jpg
でした。

夕食後部屋から「氷瀑祭り」の花火が奇麗に見える。

DSCF6871_convert_20180218192947.jpg
花火が部屋から見えるとはなんと贅沢なんでしょうか!

通常なら明日もアイスなんだろうが、
なぜか網走まで走って流氷を見にくことに決まる。


もう歳だから無理せずに人生を楽しもう!

私の写真もあれば後日に追加したいな。












スポンサーサイト
北海道・層雲峡(アイスクライミング)1日目

期間:2014.03.14(夕)~18
参加者:TuboKen、TuboSachi、Gramps

層雲峡のアイスクライミングに初めて行って来ました。

DSCF1639_convert_20140319154216.jpg
関空第2ターミナルからの虹(←)とピーチ

14日24時、ホテル(旭川)到着泊

DSCF1643_convert_20140319154554.jpg
ホテルから見た旭川の朝

15日(土):8時レンタカーを借りて、層雲峡のホテルに10時着。
初日は各所にある滝の見学をしました。

DSCF1646_convert_20140319154618.jpg
駐車場から見た「銀河の滝180m」

最初に銀河の滝(180m)。今回の目標の滝です。
2ピッチ試登してみました。

DSCF1649_convert_20140319154649.jpg
取り付きから見上げた「銀河の滝」

DSCF1650_convert_20140319154710.jpg
1ピッチ目を登るTuboKen

その後、滝巡りで雲井の滝、岩間の滝、錦糸の滝、パラグフォールを見て回りました。
近辺にはこの他、沢山の滝があるようです。
どの滝もスケールの大きさにびっくりです。

DSCF1654_convert_20140319154741.jpg
「雲井の滝」240m

DSCF1657_convert_20140319154813.jpg
「神削(シンサク)の壁
柱状節理

DSCF1662_convert_20140319154859.jpg
「錦糸の滝」150m

今日はこれで終わり、
上川までTubSachiを迎えに行く。

北海道・層雲峡(アイスクライミング)2日目
              
                  大雪山・黒岳登山

期間:2014.03.14(夕)~18
参加者:TuboKen、TuboSachi、Gramps

16日(日)2日目は銀河の滝の登攀予定が・・・黒岳登山に。

DSCF1667_convert_20140319161233.jpg
ロープウェーから俯瞰した「層雲峡・氷瀑まつり」会場

4時起床、5時出発。
ホテルから「銀河の滝駐車場」まで車で10分。近い!

目の前に見事な滝がある。
薄暗いと白い滝が垂直に突っ立って見える。

明るくなるのを待って行動開始。
誰も来ていない、我々のみのようだ。

先ずは石狩川の徒渉が待っている。
持参した膝までの長靴でぎりぎりセーフ。

取り付きまでは15分くらいのラッセルで行け、
ほんまに楽に取り付けるので、膝故障中の私には助かる。

徒渉し終わって、装備を装着していたら、グローブを忘れたとTuboKen。
再度渡渉をして、車の中を調べに行ったが見つからない。

もう今日は諦めて、
明日気持も新たに再チャレンジとする。

今日は天気も午前中はもちそうなのでさっちゃんも加わってもらい、
大雪山系・黒岳(1984m)登山に変更。

DSCF1670_convert_20140319161303.jpg
大雪山系・黒岳(1984m)

ローブウェー、リフトを乗り継ぎ1520mまで。
ここから生まれて初めてスノーシューでの登山

(実はレンタルのスノーシューはここより上部は使用禁止だそうだが、
なぜか今日は特別に貸してくれました)。

DSCF1673_convert_20140319161333.jpg
ペアリフトのお二人(KenとSachi)

我々の前には一人だけ。
スキー板のトレースが1本だけ。

晴れた日の広大な白い雪稜を歩くのは気持ちが良い。

DSC00572_convert_20140327164034.jpg
ひとりさびしいGramps

スキーのトレースの跡をスノーシューで歩くと谷側が崩れがちになり歩きにくく工夫がいる。

我々の後に10名くらい登って来た。
全員スキーかスノボーを担いでいる。

DSC00575_convert_20140327164055.jpg
初めて履いたスノーシューで

純然たる登山は我々のみのようだ。

今日は午後から天気が悪くなる予報なので11時を限度に下山することにする。
11時少し前に肩に到着。

DSCF1676_convert_20140319161402.jpg
スノーシュー履いて頑張るお二人

スノボー 組もスキー組もほぼ全員ここから滑り下りるようだ。
明日のクライミングも体力的に気になるので、
これ以上登らずに、下山することにする。

DSCF1677_convert_20140319161434.jpg
黒岳の肩でお遭いしたプロガイド氏?

下山時、傾斜のきついところはスノーシューでは滑り落ちそうで怖い。
脱いで「つぼ足」で降りる。

リフト降り場の少し前に到着した頃から雪になって来た。
下りのリフトは使えないので、スキー場を歩いて下山。
楽しいスノーハイクが出来ました。
北海道・層雲峡(アイスクライミング)3日目

期間:2014.03.14(夕)~18
参加者:TuboKen、TuboSachi、Gramps

17日(月):銀河の滝の再チャレンジ。
天気予報は晴れ。4時起床、5時出発。徒渉、登攀準備。
星も見える。絶好のクライミング日和。

DSCF1679_convert_20140319165403.jpg
銀河の滝取り付より
先ずは写真に収めてから

1ピッチ目:TuboKen、なんと1ピッチ目を登り出したら、
俄に曇って来たかと思ったら、雪が降り出す。本降りである。

一昨日試登していてビレー点も確認済み
(一昨日はビレー点が分からずにスクリューを打ち込んでビレー。
手前で切ったため2ピッチ目のビレー点までローブが届かずクライムダウンして降りる)。

前回よりも快調な登りでビレー点に。

DSC00579_convert_20140327164130.jpg
1ピッチ目フォローのGramps

2ピッチ目:Gramps、1ピッチ目をフォローして、そのままノープロテクションで雪壁を登り、
氷壁へ40m伸ばし、残置のアバラコフ2ヶ所を利用させてもらいビレー。

雪は相変わらず降り続いている。

TuboKenがフォローで登って来た.

1ピッチ目で回収したスクリューを私が全部持っているので、
そのまま3ピッチ目も私がリードしようと思ったが、
ツルベ原則でTuboKenに行ってもらうことにする。

DSCF1680_convert_20140319165448.jpg
3ピッチ目をリードするTuboKen

3ピッチ目:Tuboken、こんな大きな滝に我々2人きりでなんと贅沢なクライミングか。

比較的傾斜の緩いところを右岸の壁目指して左上してゆく。
時々チリ雪崩のように雪が落ちてくる。

ビレー点手前は少し傾斜が強くなり、
その後雪の被さったところを5m登ってビレー。

DSC00582_convert_20140327164809.jpg
3ピッチ目フォローのGramps

4ピッチ目:Gramps、雪も止んで、強い風が吹上てくる。寒い!
このルートの核心か?このピッチに当たりラッキー。

DSC00585_convert_20140327164835.jpg
4ピッチ目リードのGramps

傾斜は70度くらいのところあり。
概ね壁沿いに登って40m。

ビレー点あるも、
頼りないのでスクリュー2本とアックスでバックアップを取りビレー。

DSCF1684_convert_20140319165557.jpg
4ピッチ目をフォローするTuboKen

5ピッチ目:TuboKen、
傾斜のきついところを5~6m登り、少し右上して回り込む。

DSC00587_convert_20140321111744.jpeg
5ピッチ目フォローのGramps

この辺りから姿が見えなくなる。
ここからはもう雪の上を終了点まで7m進んで終わり。

このピッチ目は意外と短かった。
登攀時間は丁度4時間。

完登を祝し握手。記念写真を撮って下山開始。

DSCF1685_convert_20140319165633.jpg
登攀終了の記念写真(1)

DSCF1687_convert_20140319165702.jpg
登攀終了の記念写真(2)

登った通りに懸垂をかけ1時間で降りる。

DSC00589_convert_20140327164921.jpg
懸垂下降中のGramps

DSCF1689_convert_20140319165729.jpg
無事帰って来ました!
長年の夢が叶ったそうです。よかった
私も3か月前から行きたいと思っていた近年の夢?が叶いました

DSCF1690_convert_20140319165807.jpg
登った跡をトレースをしてみました

道具を片付けホテルへ帰還。
温泉に入り部屋で宴会。

夕食は外食でイタ飯。
その後氷瀑まつりを見学して帰還。もう一度飲み直しをして、就寝。

DSCF1694_convert_20140319165841.jpg
氷瀑まつり(その1)

DSCF1695_convert_20140319165945.jpg
氷瀑まつり(その2)

DSCF1698_convert_20140319170014.jpg
氷瀑まつり(その3)

DSCF1700_convert_20140319170039.jpg
氷瀑まつり(その4)

DSCF1702_convert_20140319170105.jpg
氷瀑まつり(その5)
北海道・層雲峡(アイスクライミング)4日目

期間:2014.03.14(夕)~18
参加者:TuboKen、TuboSachi、Gramps

18日(火):4日目:今日は帰阪日。朝から雪。
旭川でレンタカーを返し、

DSCF1704_convert_20140319174900.jpg
サッポロビール庭園にて

DSCF1705_convert_20140319174925.jpg
KenとSachi

DSCF1706_convert_20140319174949.jpg
私もスタッフにお願いして

札幌で途中下車をして、サッポロビール庭園でジンギスカン食べ放題、飲み放題をして空港へ。
飛行機の出発が1時間遅れた。

帰宅は最終電車に間に合いホッとする。
これで今回の山行も終わりました。
楽しかったです。来年も行きたいです。