大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

カナダ・スコーミッシュ(その1)      

日程:2011年6月29日~7月13日          
参加者:Yossie、Ei、Sonoちゃn(フリー)、Koji(かじか)、Ina Taka(みなと)、Gramps(ぽっぽ会)。

DSCF1094_convert_20110715163602.jpg
Squamish In On The Waterの庭から望んだChief

スコーミッシュはクラックの岩場でその名が通っている。
行く前に練習をしなければと思いつつもなかなかその機会が持てず、
いらいら状態が続いていた。

そうだ向うへ練習に行くのだと考えを切り替えたら気持ちも落ち着いた。

6月29日(水):
伊丹12時発で羽田に。
そこからリムジンバスで成田に向う。

成田発17時10分発でバンクーバーに向う。

バンクバーには現地時間29日午前10時着。
空港のレンタカー会社で車を借りて12時頃スコーミッシュに向けて出発。

途中バンクーバー在住の従兄弟の娘から聞いていた99号線沿いの美味しいコーヒー屋さん、ガリレオで休憩。

DSCF1088_convert_20110715163425.jpg  DSCF1084_convert_20110715163333.jpg
コーヒーと軽食の店 Gallileo

曇り時々雨、薄日が差したりの不安定な天候のため、
今日は幕営を止めてスコーミッシュ・インに泊まる事にする。

その後Chiefのすぐ側のキャンプサイト、岩場探索。スーパー、リカーショップへ。

DSCF1089_convert_20110715163522.jpg
岩場見学(Smoke Bluffs 入り口)

明日も、明後日も天候は今日の様で余り期待できない。
天候回復は7月2日(土)くらいの予報が出ている。

DSCF1095_convert_20110715163656.jpg
今夕の夕食の一部

6月30日(木):
5時半起床。体操と散歩。7時15分現在気温16℃。涼しく気持ちが良い。
今朝は少し青空も見えるもどんよりと曇っている。

周りの山々の山頂付近には残雪が残っている。

今日の予定はキャンピングサイトを探した後ウィスラー少し手前の岩場に行くことにする。

ところが訪れたキャンピングサイト・Aliece LakeのテンバはFullの表示。

諦めて次を探しに行ったところはParadise Valley。
ここの管理人曰く「今日(木)一日ならばOKで金、土、日はFullでだめ」。

それじゃ話にならないので、また次を探すことにする。少々焦る。

今度はKlahanie Camp Groundを訪れてみる。
管理人室は「2時からで」不在。

入り口の前に書類にかいて投函しておいてくださいとあるが、
少々心配なので既に滞在している人に聞いてみたら、

少し向うの建物いるメンテをしているおばさんに聞いてみてはとサゼスチョンを受け、
そこのおばちゃんに聞いてみたら、

「先ず空いている区画に設定してそれから事務所に行って書類作成してしんせいすればOKです」。
これに従い空いている区画をさがし、

テントを設営して事務所に行ったら、係りのお嬢さんがいた。

「そこはだめです」
「おばちゃんに聞いてそのようにしたんです」

「おばちゃんは、何も知らないんです。そこは予約済みのところです。
この週末はカナダ独立記念日を含めて3連休でキャンプ場は全てFullです」。

泊まる所が無くちゃどうすることも無いので何とかして欲しいと食い下がったら、
どこかに電話してくれキャンプ場内の3箇所を案内してくれた。

DSCF1101_convert_20110715163742.jpg
やっとテントが設営でき、寛ぎの一時

その内の1箇所でテントの設営ができた。
ここからはShannon Fallが良く見える場所だ。

実に大きな水量豊富な滝だ。

やっと今日から6日間の宿泊地が確保できた。
完了したのが3時になってしまった。もうどこへも行けない。

今日も降ったり、曇ったり、薄日が差したりと不安定な一日となる。

今から買出し、夕食。
早くから始めたために日本から持参した日本酒を4合も飲んでしまった。

DSCF1145_convert_20110715164404.jpg
テントの前に現われたウサギさん。

7月1日(金): 
5時起床、今日も一日曇り時々雨の予報。
何故か他の人も6時に起床。

雨が降っている。昨日よりも雨脚は強い。が7時頃雨が止んだ。

8時頃ダメモトで雨でも濡れないスポートクライミングエリアのCheakamusに出かけてみる。

幸運なことにその後雨は殆ど降らず。
先ずはCircusエリアで登ってみる。

1)#72:Boy’s Pie 5.8 12m 4つ星をMOS 続いて

DSCF1111_convert_20110715163828.jpg
Boy's Pie 5.8

2)#74:Pig Farm  10a 2つ星 OS  次に隣のエリアThe Main Eventに移動。

DSCF1118_convert_20110715163953.jpg
Pig Farm 10a

3)#89:Kigijusi   10c 25m 5つ星 OS 
長い面白いルート。これから少しグレードの高いのをやりたかったが、大勢の人と寒さで(風が結構強く吹いている)入り口のエリア、Foundation Wallに移動して

DSCF1123_convert_20110715164039.jpg
Kigijyushi 10c

4)#46:Real TV  10a 15m 3つ星 MOS 
出だし少し苦労したが何とかMOSできた。

DSCF1133_convert_20110715164140.jpg
Real TV 10a を登るSonoちゃん

DSCF1136_convert_20110715164228.jpg
Mystery 5.9を登るYossie

その後、スーパーで食料、リカーショップで酒を購入して今日も9時まで飲んで食べてで就寝。
(9時でも明るく日本の6時から7時くらいの感覚)

Shannon Fallから落ちる水の音が大きく聞こえてくる。

DSCF1140_convert_20110715164321.jpg
クライミングを終えて帰りの99号線沿いのView Pointにて。
周りの山は雪が残っている。


スコーミッシュ(その2)に続く
スポンサーサイト
カナダ・スコーミッシュ(その2)

7月2日(土):

起床6時半。寝過ごしてしまった。7時の気温10℃。

4日目にして晴れ。気持ちが良い。
今日はMurrin Parkに出かける。

最初はThe Bog Wallエリア

1)#3:Up From The Bog 5.8 NP 15m 3つ星 OS

DSCF1153_convert_20110716150759.jpg
Up From The Bog

2)#3:Veils Of Illusion  5.9 NP  15m 2つ星 OS

DSCF1154_convert_20110716150903.jpg
Veils of IllusionのSonoちゃん

DSCF1155_convert_20110716151001.jpg
Up From The BogのInaTakaさん

DSCF1162_convert_20110716151046.jpg
Up Among Firsに行く途中から見えるHorseshoe Bay

ここを終えて次は散策道から離れて20分蔵のところにある岩場・Up Among The Firsを訪問。

DSCF1165_convert_20110716151207.jpg
Up Among Firsの岩場

残念ながら人が多く登れそうも無いので見学のみに終る。

#12のA Little Testis 10b/c NP 24m のクラックに登ってみたい。

続いて車で99号線を挟んでキャンプサイトの向かい側にあるShannon FollsLocal Boys Slabに行く。

3)#3:Klahanie Crack  5.7 NP 27m 4つ星 OS
トポは37mとある。確かに長いが27mくらいか?

素晴らしい直線の長い細いクラック(1.5~3番のcamming devices使用)。
易しかったが足が痛かった。

DSCF1172_convert_20110716151305.jpg
Klahanie Crakの終了点から見たクラック27m(直線的で美しい)

4)#4:Urine to Deepのバリエーション 10a  NP&ボルト OS 
クラックからレイバック(ボルト4本)の新ルートのようだ。

DSCF1173_convert_20110716151345.jpg
Urine to Deepのバリエーション

5)#2:Local Boy Do Good  10a(1ピッチのみ) TR ノーテン
スラブでピンの間隔が長い。
ワンピン目が遠く最初の出だしが厳しい。

Sonoちゃんこれを執念でMOS。すごーい!

7月3日(日):今日はレスト日

朝から雨。
車でウイスラーに出かけてみる。
帰りにSmoke Bluffsのエリアを見に行って見る。

DSCF1181_convert_20110716151427.jpg
我々のテントのお隣さん。バンクーバーから来られたBonnieさんとSylviaさん。
超格安で手に入れたとか、豪華キャンピングカーです。


DSCF1183_convert_20110716151524.jpg
レスト日の寛ぎ

DSCF1188_convert_20110716151706.jpg
今日の食事の一部・肉料理がどうしても多くなり勝ちです。

DSCF1192_convert_20110716151810.jpg DSCF1193_convert_20110716151849.jpg
ここのキャンプ場で働いている青年に線路の直ぐ側にある
Lower Malamuteを案内してもらう。

ここは登攀禁止のようである。時刻は午後8時15分なのに明るい。


7月4日(月):今日はChiefの山頂へハイキング。
バンクーバー在住の従兄弟の娘夫婦・YayoちゃんとKame君の案内でYossie夫妻、Kojiさんの6名でハイキングに出かける。

DSCF1205_convert_20110716151959.jpg DSCF1206_convert_20110716152045.jpg
途中の休憩地に現われたリスと        ブルージェー

当初その水の青さが素晴らしいガルバルディ湖にハイキングに出かける予定であったが、
今年は雪が多く断念してChief山頂までのハイキングに変更する。

一昨日キャンプサイトで働いている青年が行ってきたそうだが積雪1m。
湖はフローズドしていたとのこと。

DSCF1217_convert_20110716152143.jpg
第2ピークにて

Chiefは第1ピーク、第2ピーク、第3ピークとピークが3つあり、
今日は第2ピークに登ることにする。

DSCF1224_convert_20110716152301.jpg
第2ピークから見た第1ピーク

DSCF1220_convert_20110716152220.jpg
山頂での全員の記念写真

山頂付近は岩稜、スラブ登りで500mの標高差を約2時間で山頂へ。
山頂からの360度の眺望は素晴らしい。

DSCF1226_convert_20110716152347.jpg
8年のお付き合いの末昨年結婚した楽しいカップル

スコーミシュのダウンタウン、われらが泊まるインも眼下に見える。

遠くの山々は雪を被り、
昨年登ったスイスアルプスを思い出させた。

DSCF1234_convert_20110716152523.jpg
ダイアモンドヘッド?だったかな

若いKame君は体力が有り余っているのかそこらを駆け回っている。

広々とした岩の山頂で記念写真を撮ったり、
コーヒーを沸かして飲んだりとのんびりした過ごせた至福の一時である。

DSCF1238_convert_20110716153828.jpg
下山途中渓流の水と戯れる亀君。
必ずこうするそうだ。冷たくないのかな?

下山後はShannon Fallを見学して3時にベースに帰還。

DSCF1245_convert_20110716152615.jpg
Shnnon Fall

DSCF1250_convert_20110716152655.jpg
これもおしどり夫婦か

Yayoちゃん・Kame君と別れして、ビールを2本飲んで仮眠。

洗濯、シャワーを浴びて夕食。

今日は素晴らしい天気に恵まれ感謝。

DSCF1254_convert_20110716152756.jpg DSCF1258_convert_20110716152931.jpg
今晩の食事

DSCF1255_convert_20110716152844.jpg DSCF1256_convert_20110716154212.jpg
今夕の食事はテントの横で

スコーミッシュ(その3に続く)
カナダ・スコーミッシュ(その3)

7月5日(火):今日のエリアはMurrin ParkのUp Among the Firs とthe Sugarloaf

5時半起床。今日も良い天気。8時に出発、岩場に9時前に到着。
Up Among The Firsは3日前に来たところだが人が一杯で見学のみで帰ったところである。

天気も良く暑くも無く、静かな明るい岩場に我々のみである。

1)#8:Totally Clip 10b 25m Face&Slab ワンテン
トポにはフェースと記されていたがカンテに出てからの3ピンはスラブ。
このスラブの核心部で我慢できずワンテンしてしまった残念。

DSCF1264_convert_20110719145930.jpg
Totally Clip。これからカンテのスラブに移行するところ

2)#12:A Littele Testies 10b/c 24m NP 4つ星 OS
最初の乗り越しにビビリが入るも先ほどの我慢しなかったことに反省して今度は持ちこたえれた。
後は素晴らしいクラックライン。

DSCF1274_convert_20110719150457.jpg
A Little Testies。この部分は快適なクラック登り。

3)#10:Usual Panic 10d 30m 3つ星 ワンテン
下部のスラブの核心部は何とか登れた。
後半のカンテに出てからのムーブ間違い(右側をレイバックムーブで乗り越せば行けた)でワンテン。
残念でした。

DSCF1278_convert_20110719150620.jpg
Usual PanicのSonoちゃん

DSCF1279_convert_20110719150722.jpg
A Little TestiesのYossie。この直ぐ上のハング越えは怖いから難しいのか?

DSCF1285_convert_20110719150916.jpg
Horseshoe Bayをバックに

次に易しい岩場のSugarloafエリアに。

4)#16:Lieback Crack 5.7 25m NP 3つ星 OS
易しかったがクラック登りの練習になった。
出来るだけカムの使用数を少なくして登る。


5)#15:Little Spark 5.4  22m NP 4つ星 OS

ワイドクラックの練習になった。
両手両足は出来るだけクラックのみで登ってみる。

近くの湖では家族連れが泳いだり、ボート遊びに興じている。
今日はこれで終って買出し、食事の用意といつものパターンに移行。

DSCF1287_convert_20110719153536.jpg
今夕のメインディシュ

7月6日(水):今日のエリアはThe Smoke Bluffs のNest & CoolとPenny Lane
今日も天気良し。気温が急上昇。
5時pmの気温がなんと26℃。しかし日陰に入れば風もあり涼しい。

先ずNest & Coolエリアで。
1)#11:Cat Crack 5.7 20m NP 5つ星 OS
このルート、フリーソロでの取り付きまでが怖い。
ストレートのクラックで楽しく登れた。

使用カムをを出来るだけ少なくし、クラックのみを使って登るように心掛ける。

2)#14:Corner Crack 5.7 28m NP 3つ星 OS
簡単だったが、ここも出来るだけクラック以外使わずに登る。
3)#15:Flying Circus 10c 25m NP 5つ星 OS
フィンガークラックだがスタンスが適当に置けるところがあり楽しく登れた。使用カム数6ケ。

DSCF1290_convert_20110719151057.jpg
Flying Circus

次にPenny Laneエリアに出かける。
4)#21:Penny Lane 5.9 30m NP 5つ星 OS
ほぼ真直ぐな長い素晴らしいルート。
出だしがちょっとバランシーで、後はルンルンルートであった。
ここも出来るだけクラックのみとカム数を少なく登るように努力してみる。

DSCF1294_convert_20110719151251.jpg
Penny Lane

DSCF1292_convert_20110719151154.jpg
Crime of the Century 11c 15m 5つ星。こんなルートが登れるようになると良いなあ!

ここで一昨日買ったスイカを担ぎ上げてきたのでみんなで食べる。
美味しかった。近くにいた人たちもおいしそうに食べてくれた。

DSCF1296_convert_20110719151341.jpg
Penny laneのEiさん

5)#26:Partnners in Crime 11a 25m NP 5つ星 TRノーテン
これも美しいクラック。
トップロープであったのでノーテンで行けたが、thin crackで耐えてプロテクションを取るのは厳しそう。

この後、SonoちゃんのSmoke Bluff Wall #14 Zombie Roof  13a のトライを見物。

DSCF1298_convert_20110719151435.jpg
Zonbie 13aをトライするSonoちゃん

DSCF1303_convert_20110719151534.jpg
夕食前の一時

DSCF1313_convert_20110719152929.jpg


7月7日(木):レスト日&移動日

今日はKlahanie Camp GroundからSquamish Hostelに移動する日。

午前中海岸縁のUpper Malamuteをトライするつもりで行ったが

DSCF1333_convert_20110719151849.jpg
アクティビィティーセンター

強烈な風と雨もぱらついて来たので退散。
ついでWistlerの岩場に見学を行くも雨。

帰りにアドヴェンチャーセンターに寄って展示品を鑑賞。
15時チェックイン。

DSCF1337_convert_20110719152047.jpg
Innの調理室

7月8日(金):
エリアCheakamus Canyon-ChekのThe CaicusとThe Main Evennt

決まったように今日も5時起床。体操、散歩をして7時半に朝食。
8時20分出発岩場には9時15分到着。

今日は天気が悪そうなので、1週間前に行った岩場に出かけることにする。
ここは少々の雨は大丈夫なスポートクライミングの岩場である。

1)#72:Boy Pie 5.8 12m 5bolts 4つ星 (Up 再登)

DSCF1341_convert_20110719152223.jpg
Boy PieのKojiさん

次に隣のエリア・The Main Eventへ。

2)#86:Mirror Image  5.8 20m Slab 2つ星 MOS
中間部の核心は左に逃げずに真直ぐ登るのでしょうね。

DSCF1342_convert_20110719152318.jpg
Mirror ImageのYossie

3)#87:Savage Beagle 10a 20m 6bolts 3つ星 MOS
適度にホールド、スタンスが出てきて楽しいルートでした。

DSCF1348_convert_20110719152432.jpg
Savage Beagleを登る

4)#88:Mother’s Milk 11a 20m 5bolts 2つ星 MOS

核心部でスリップするも何とか止めれたが右肩を痛めてしまった。
頑張らずにそのままフォールすれば痛めずに済んだのに。

そんなに若くないので痛めたら治りが遅いので頑張らないように心掛けているのに、
ついつい頑張ってしまう性格なんでしょうね。

DSCF1356_convert_20110719152624.jpg
Mother's Milkを登る

DSCF1359_convert_20110719152731.jpg
今夕の食事

スコーミッシュ(その4)に続く
カナダ・スコーミッシュ(その4)

DSCF1398_convert_20110720104422.jpg
Exasperator

7月9日(土):今日のエリアはUpper MalamuteとThe ChiefのThe Ground Wall

5時15分起床、体操、散策、朝食後、
一昨日出かけて登れなかったエリアUpper malamuteへ。

なんと爽やかな素晴らしい日でしょう。
日本の晴れ渡った秋の日のようです。

この岩場は上から何らかの形で降りて登り返す岩場である。
今日一番目に登るルートの取り付きは、

下に向って右に廻りこんで下りれるところまで下り、
最後に20mの懸垂で取り付くのである。

ルートはリード&フォローで登る。
今回は上で2人に留守番をしてもらう。
従って残り4人で2組に分かれて登る。

1)#23:High Mountain Woody 5.8+ 50m NP 5つ星 OS
Horseshoe湾をバックに登るロングルートは快適そのもの。
今日は先日と違い風も無く少し肌寒いくらいでクライミングには最高のコンデションである。

下部はフィンガーで5.9、上部はハンドで5.8。
何せ長いので登っていても充実感がある。

DSCF1367_convert_20110720094808.jpg
High Mountain Woody

DSCF1370_convert_20110720094947.jpg
High Mountain WoodyをフォローしてくれたKojiさん

2)#:           5.8 18m Slab OS
3)#:           5.9 18m Slab OS


DSCF1376_convert_20110720095035.jpg
Stooges Slabを登るSonoちゃん

ともにStooges Slabでトポとは少し異なっているようだ。
懸垂で下りて下でビレーしてもらって登り返す。

Slabの5.9はビビリが入りました。

DSCF1382_convert_20110720095119.jpg
Stooges Slab 下はHorseshoe湾の流れ着いた材木。
この近くに毎朝6時半頃に材木集荷用貨車が来る。


DSCF1385_convert_20110720095308.jpg DSCF1386_convert_20110720095345.jpg

ここを終わりThe ChiefのThe Grand Wall Baseに廻る。
駐車場から20分ほどで取り付きに到着。

ラッキーなことに人気ルートに誰も取り付いていない。
我々が取り付いた直後に2パーティーが登りに来た。

DSCF1392_convert_20110720095441.jpg
ExasperatorのSonoちゃん

それにしても爽やかな天気の下
静かな森の中でのクライミングが出来ることは最高の気分である。

4)#30:Exasperator 10cの1P目 10a 25m NP OS 5つ星
素晴らしい直線のThin Crack。

DSCF1404_convert_20110720095621.jpg
ExasperatorのKojiさん

DSCF1410_convert_20110720095704.jpg
ホステルの窓から見たカモの群れ
毎朝早く列を作ってどこかに行き、夕方帰ってくる。


7月10日(日):Smoke Bluffs のPixie CornerとMosquitoエリア

起床5時10分。体操、散歩、朝食といつものパターンで今日の一日が始まる。

昨日より天気は良くないが晴れている。
それにしても肌寒いくらいで気持ちが良い。

1)#4:The Locker 5.7 15m NP 3つ星 OS
朝一番だったのか5.7にしては厳しかった、
が何とか登れてほっとする。

2)#8:Pixie Corner 5.8 15m NP  5つ星 OS前の5.7よりも楽に登れた。このルートはハング越えが核心部。

DSCF1415_convert_20110720095742.jpg
Pixie Corner

3)#3:Joe’s Crack  5.9 15m NP 3つ星 OS
右上していくクラック。
結構バランシーでムーブを立てながら登って行くのは面白い。

クラックを終えて最後のフリー部分の乗り越しに思い切りがいる。

DSCF1418_convert_20110720095852.jpg
Joe's Crack

4)#9:Trixie  10b 8m NP 2つ星 
抜け口の立ち上がりがポイント、ワンムーブ。
出来たので嬉しかった。

DSCF1419_convert_20110720095950.jpg
Trixie

DSCF1425_convert_20110720100044.jpg
TrixieのInaTakaさん

DSCF1428_convert_20110720100130.jpg
TrixieのYossie。パートナーが下で???

このエリアを終えてThe Smoke Bluff WallのMosquito エリアに移動。

5)#19:S-M’s Delight 10b 25m NP 4つ星  OS中間部のレイバックのところが核心か?
長いルートで登っているという実感がして楽しいルートでした。

DSCF1432_convert_20110720100213.jpg
S-M's Delight

7月11日(月):Mosquito
5時起床。体操、散歩。
昨夜は夕食時に飲みすぎたようだ(日本酒2合、ビール3本)。

いつの間にか寝入ってしまっていた。
12時に目覚めシャワー、歯磨き、ストレッチをやって、1時過ぎに再度眠る。

今日は皆さんは帰国の用意とレスト日。
園ちゃんがゾンビを登りたいとのでお付き合いをする。

昨日のエリアの5つ星は時間の関係で登れなかったので
ここを先に登ってから隣のエリアのゾンビに行くことにする。

1)#20:Mosquito 5.8 25m NP 5つ星 OS
とにかく長いので楽しい。
出来るだけクラック以外を使わずに登ってみる。

核心部をレイバックを使わずに真直ぐ登ろうと試みたが、
少しレイバック調にしないと登れなかった。

Sonoちゃんのゾンビ13aは疲れていたのか前回より上手く出来なかった。
その後12aを1本登って帰る。

DSCF1434_convert_20110720100303.jpg
Zombie Roofの前で

昼食後帰国準備をした後はのんびりと過ごす。
 
7月12日(火):今日は帰国日。
4時半起床。体操した後、最後の散歩を終え6時40分出発。
昨夜朝食用にサンドウィッチ、昼食用にハンバーグサンドを作ってもらう。

DSCF1436_convert_20110720100431.jpg
帰国を前に。

途中ハイウェーのView Pointで朝食を兼ねた休憩。

DSCF1445_convert_20110720100726.jpg
バンクーバー市内

空港には8:30頃到着。
チェックイン10:00、ボーディング12:35、フライト13:10で成田に向けて出発。

DSCF1450_convert_20110720100813.jpg
バンクーバー空港到着ロビー

終ってみれば、あっという間に過ぎた13日でした。

成田空港13日15:20着、17:55発、伊丹19:10着。

DSCF1462_convert_20110720100913.jpg
富士山と雲海

今回のスコーミッシュ山行も無事終りました。
ありがとうございました。