大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

ペルーアンデス (その2)  

 ワピ(5421m)、ランラパルカ(6162m)   大阪ぽっぽ会 Gramps

期間: 2005.06.24~07.14

   高度順応が少しましになり次なる山行に向かう。
DSCF0115_convert_20090227155426.jpg
ランラバルカ峰

7月3日:休養と以後の計画打ち合わせ
 5時半起床、7時朝食。起床時まだ少し頭が重い。
今日は積極的に水分を取るようにする(4リットル)。

10時30分よりM井さん、C氏と今後の予定を相談しワピ峰とランラパルカ峰に決定し変更計画をに日本の留守本部H川さんにメールを入れると同時に海外委員会にも伝えてもらう。

DSCF0059_convert_20090227134713.jpg
デモ?紅い旗を持ってなにやら喚いて?いる集団(ホテルの窓から) 

昼食後コフップ山荘(3760m)での夕食、翌朝の食材を仕入れてマルティンのタクシーで谷川さん、クラウディオ宅経由でバンガローに向かう。

山荘で紅茶1杯、グリーンティー3杯飲んで水分補給。
夕食は日本食で美味しい米飯(素材はリマのホテルより仕入れて圧力釜で)。

久し振りに食事したという満足感を味わう。宿泊は一人一棟の豪華なものである。
三ツ星マークのホテルより軽くて上等な布団で寝させてもらう。

ジェネレータでの電灯は20時消灯。空は一面の星☆ホシといった感じ。
南十字星も輝いている。いつもの頭痛も無くなんと幸せな一時か。(脈拍60)

7月4日:コフップ山荘からキルカイワンカ谷4100m地点

山荘8:50~ピーテック9:50~カエッシュ谷分岐14:30

DSCF0066_convert_20090227134836.jpg
キルカイワンカ谷

3760m地点なのに昨夜も胸が締め付けられるようで余り眠れず・・・一体どうなってしまったのかな。
頭が重い。6時過ぎ起床、7時朝食。

M井さんとコックで作ってくれたマスの塩焼き、味噌汁、ほうれん草のおしたしの日本食で大満足。
頭痛も次第によくなってきた。
8時50分出発。クラウディオがザックも持ってくれて空身の旅立ちである。

DSCF0075_convert_20090227135446.jpg
羊の放牧の前で(谷に見えないほどの広さ)

今日の高低差は400mであるが長い、ながーい歩行距離である。
初日に行ったピーテックまで1時間。そこから少し下ってキルカイワンカ谷の入り口に。

そこにはわら葺の丸い家がある。クラウディオのおばの家だそうだ。
家の周りには羊が一杯放牧されていた。

もう少し入ったところに彼の叔父の家がある。
彼は小さい時親を無くしこの叔父に育てられとか。
彼はこの谷で生まれそして育ったのである。

キルカイワンカ谷は高低差の少ない広々とした谷で牛や馬、羊が放牧されていて足元は芝生、
あるときは日本庭園を思わせるような自然公園は我われの目を楽しませてくれるトレッキングに最適な谷である。

DSCF0079_convert_20090227135526.jpg
インカの遺跡(石造りの居住地跡)谷の傾斜地にある
DSCF0077_convert_20090227135614.jpg

途中の傾斜地にはインカの遺跡(石造りの居住地跡)もあり、向かう前方には白い山々が望まれ本当に素晴らしい谷である。

DSCF0081_convert_20090227135730.jpg

4100m地点のカエッシュ谷の分岐までは殆んど水平歩行で5時間40分ののんびりしたトレッキングが出来た。
頭痛も無く楽しい歩きが出来た。今夜頭痛が出ませんように!

DSCF0083_convert_20090227135806.jpg
我々の荷物を運んでくれている馬も休養

7月5日:4100m地点~4800m地点(ワピ峰とチョコ峰のコル手前)

出発8:50~4800m地点12:00

起床6時、朝食を7時にとって9時前に出発。
昨夜は4回目覚めたが頭痛もなく良く眠れた。

今日は700mの高低差を3時間10分掛けてゆっくり登る。

DSCF0084_convert_20090227135853.jpg

頭痛も無く歩きもしんどくなかったのは初めてである。
幕営地で休憩しているとどこからともなく飛来した2羽のコンドルが我われの上空を優雅に旋回している。

この谷では99%コンドルが見られるとクラウディオが言っていたことが証明された。
只悲しいことが起きてしまった。

われらの荷物を運んでくれている馬の一頭が急坂を転げ落ちてしまいあえなく絶命となってしまった。

DSCF0088_convert_20090227135941.jpg
M井さんも今日から参加(我々が2日かかって来たところを1日で来ました)

M井さんも1日遅れで今日より参加。
美味しいカレーの具を作って持ってきてくれた。

お蔭で今夕もおいしい夕食となった。7時就寝。(脈拍78)

DSCF0090_convert_20090227140024.jpg

7月6日:ワピ峰(5421m)登頂からコフップ谷4300地点

起床1:00、出発2:00~氷河舌端3:40~山頂6:40~氷河舌端8:50~5000m稜線(コル)10:50~コフップ谷4300m地点13:00

昨夜は1時間ごとに目覚める。パンとお茶を飲んで2時に出発。
氷河舌端までできるだけゆっくり登っていくがガイドなしではとてもこの暗闇を進めない。

氷河舌端で50度くらいの傾斜の氷壁をダブルアックスで越え、その後は雪稜をコンテで登っていく。

DSCF0094_convert_20090227140104.jpg

途中所々厳しいところも出てくるが只ただ高度を稼ぎながらの登高である。
山頂かなと思うところが何度も現れ山の大きさを感じさせられる。3時間かかって山頂に到着。

記念写真を撮りゆっくりしたいところだが寒さと風のため早々に下山開始。
下山は途中風を避けたところで大休止。
その後氷河舌端より下に降りずに岩稜帯をトラバース気味にチョコ峰とワピ峰のコル目指して進む。

このコルより今日の幕営地(コフップ谷の4300m地点)目指して700m下るのであるがこの頃より例の頭痛がまた出てき、その上に疲れた体には700mの下りは辛い。

DSCF0099_convert_20090227140151.jpg

昼食は鶏のから揚げとM井さん指導のスパゲティー。
それにほんの少々のワイン(M井さんは相当飲んだ)登頂祝いの乾杯。

嬉しいことにキャンプ地に付く頃には頭痛も治まり始め夕刻にはすっかり治っていた。
6時30分より寝て8:30、11:00、2:30、4:00と目覚めトイレに行くも良く眠れた感じである。
風の強い夜であった。

7月7日:ベースよりランパルカ峰(6162m)ハイキャンプへ

起床6:00、朝食7時、出発:8:15~HC??? 夕食17時、就寝18時

8時15分出発。風は相変わらず吹いているがそんなに気になる風ではない。
しかしここではこんな風は珍しいとのこと。クラウディオがえらい気にしている。

DSCF0104_convert_20090227140248.jpg

今日は5200mのハイキャンプまでの900mの登りである。
頭痛もなく快適である。

意識してゆっくり登る。
途中4800mにある湖はバックに白い山を配しコバルトブルーをした素敵な湖である。

ここで20分ほど休憩しこの景色をしばし楽しむ。

DSCF0106_convert_20090227140323.jpg
コバルトブルーの湖面が素晴らしい

ランラパルカ峰がはっきり見える地点に来てクラウディオが難しい顔をしてじっと見つめている。
「今回のランラパルカは難しい!落石の跡(筋)が一杯ある。

あそこは帰路、懸垂を掛けて降りるルートだ。
登りの通常ルートの雪面もクレバスが出来ている。

セラックもあんなに崩壊している」悲観的な発言が出てくることしきり。
それでもハイキャンプへと進む。

DSCF0117_convert_20090227140402.jpg
ランラバルカ峰を仰

HC近くになったらまた頭痛が出てきた。そこからは超スローに切り替えて歩く。
HCでも静かにしていたら治まってくれた。15時から16時までHCより20mだけだが上部に行ってみる

DSCF0118_convert_20090227140445.jpg
夕刻にはテントからワンサン峰が綺麗に見えた。18:00就寝。

7月8日:ハイキャンプからランラパルカへ

起床1:00出発2:15~5650m地点7:00~HC11:00、12:00~BC15:30

頭痛も治っていたのに横になると痛くなり我慢して寝ていると
苦しい夢と同時に息苦しくなり何度も何度も目覚め殆ど眠った気がなく1時起床、2時出発。

外は星が輝いているが足元は真っ暗である。ライトを頼りに登って行く。
昨日大体のルートを頭に入れたつもりだがどこを登っているのかさっぱり分からない。

DSCF0135_convert_20090227140832.jpg

南米特有のペニテンテスを踏みしめながらの登高は登り辛い。
やがて大岩壁を右から大きく巻いて稜に登りはじめる。

スタッカットで7ピッチ。
登り始めて5時間、この稜の最高地点に到達。この稜は通常ルートではない。
通常ルートはここより見える左の面である。

昨年M井さんとクラウディオはこの面を登ったそうだが
今日は昨日クラウディオが言っていたように大クレバス地帯となっていてズタズタに引き裂かれ幅20m~30m、長さ20m~30m、深さはどこまであるのか分からない。

その右側に横たわる稜の我われのいるこの場所は右側に大きく雪庇が出来たナイフリッジ状の稜である。
その上に行くには左の崩れかかった雪壁を廻り込んで

雪面に出て再び急傾斜の雪壁を登って今度は雪の付いていない岩壁(稜)にと取り付かねばならない。

この岩稜への取り付きが難しそう。

「今この時間(7時)で続登したら頂上まで5時間は掛かる」とクラウディオ。
彼の今までの「後5分」「後10分」は我々の足で実際「20分」「30分」かかった。

それから判断すると7時間は掛かりそうだ。
今の我われの疲れ具合ではもっと掛かりそうだ。

それに登れたとしても下りも懸垂下降をしての通常ルートは落石、
クレバスで使えないということは登ったルートを再び降りて来なくてはならない。

そうなると登り以上に時間が掛かりそうである。

ということで今回はここまでで断念して下山することに決める。

案の定下山は懸垂、クライムダウンで相当な時間を要した。
ハイキャンプに到着した頃には風も益々強くなり結果としては途中断念して良かったかなと慰めあう。

クラウディオは我われを登らせることが出来なかったことをしきりに謝っていたが、
われわれの力不足だからいたしかた無い。

今夜はHC泊の予定であったがBCまで下山することにする。
BCまでも結構時間が掛かった。

7月9日:BCからコフップ山荘

起床6:30出発7:50~湖9:00、10:00~コフップ山荘12:30

昨夜は何度か目覚めたが良く眠れた。
今朝は少し肌寒い。今日はコフップ谷を下ってM井さんのバンガローへ。

今回の山行は3つの谷(イシンカ谷、キルカイワンカ谷、コフップ谷)を散策できた。
それぞれちがった特徴をもった谷で散策にはもってこいの谷である。

DSCF0119_convert_20090227140520.jpg
コフップ谷の小川

このコフップ谷を下って降りるのであるが高低差は殆どないような谷である。
振り返ると白い山が輝き、右には昨日トライしたランラパルカが違う角度より見える。

DSCF0128_convert_20090227140556.jpg
コフップ谷の谷川と草を食む牛(のどかな光景に癒されました)

途中の素敵な湖で1時間ほど釣りを楽しむ。
牛がものめずらしく我われを見に来てくれたりのどかなところである。

コフップ谷と分かれて灌漑用水路沿いにコフップ山荘へ。

DSCF0131_convert_20090227140634.jpg
用水路

今回この山荘へは3度目になるがこの山荘から眺める雄大な景色は来る度に雰囲気が違って見えるから不思議である。

DSCF0133_convert_20090227140754.jpg
灌漑用水。生活用水

小屋の前の椅子に腰を掛けて眺めていると疲れがいっぺんに飛んでしまう。

日本を出て15日ぶりに熱いシャワーで汚れと共に疲れを落とすことが出来た。

夕食の後外に出てみると今日も南十字星が輝いていた。
これで今回の山行も終わったんだなあと感じた瞬間である。

DSCF0139_convert_20090227140923.jpg
荷物を運んでくれたお嬢さんと馬 

20時30分就寝。(脈拍73。高度3760m)

7月10日:山荘周辺
6時起床(脈拍58)、7時半に朝食。オスカルが馬を連れてやって来てくれた。
9時より1時間半その馬に乗って遊ぶ。

乗馬も場も初めてで面白かった。
お尻がこんなに痛くなるものとは知らなかった。

DSCF0061_convert_20090227134757.jpg
生まれて初めての乗馬でした

引き連れて乗せてもらうのではなく自分で手綱を取って乗ってみたいものだ。
その後は洗濯、精算金チェック、周辺のハイキングと一日のんびりと過ごす。
紫外線がきついせいか目が痛くなった。

7月11日:山荘周辺、パチャマンカ・パーティー:帰国のためワラスへ

午前中帰国のための支度をし、午後より現地の人たちが集まってきて
パチャマンカ・パーティー(PMP)の準備を始める。

DSCF0152_convert_20090227140955.jpg

PMPとは
1) 石を積み重ねて炉を作る(イグルーみたいに)
DSCF0161_convert_20090227141107.jpg

2) その炉を取ってきた木々を炊いて石を熱する。
DSCF0168_convert_20090227141238.jpg

3) その間に料理の材料を用意する。材料は肉、クイ(オコジョみたいな動物)、ジャガイモ、・・・・
DSCF0154_convert_20090227141034.jpg

4) 熱せられた石の炉を崩しその上にアルミホイルに包まれた食材を乗せその上に木の枝を乗せ上から砂を被せ蒸し焼きにする。
DSCF0178_convert_20090227141316.jpg

5) 適当な時間が経ったら掘り起こして食材を取り出す。
DSCF0187_convert_20090227143721.jpg

6) 蒸し焼きされた料理をアルコール飲みながら食す。
DSCF0188_convert_20090227141353.jpg

準備をはじめて食べれるまで約5時間を要した。
クイは初めてみた動物である。皮をむき、腸を出してこれらをかんがい用水路で水洗いをして準備OK
(その水は下流の山小屋の飲み水になっている)。

そういえば一昨日山荘への帰り道で山荘の飲み水になる用水路で村の人が洗濯をしていたことを思い出した。
クイのあの皮をむいた姿をみてからはちょっと食べるのに勇気がいったが食べてみると癖の無い淡白な味の美味しいものであった。 

5時頃よりM井さんの会の「東京同人ネームレス」の仲間とクラウディオの自作のハープでの弾き語りを拝聴しながら会食を共にし、19時マルティン迎えのタクシーでワラスに向かう。
22:00発の夜行バスでリマに。

DSCF0202_convert_20090227141438.jpg
自作ハープでひき語りをするクラウディオ・素晴らしいひと時でした

7月12日:リマの一日
6時過ぎリマに到着。迎えに来てくれていたバスでホテルに。
朝食を戴いてシャワーを浴び10時より13時まで仮眠後道路を隔てたレストラン「SENOR LIMON」で昼食。

ホテルのご主人のお薦め品クワトロ・エスタ・シオネス(ジャガイモの中に魚の練ったもの、セビッチェ、イカと魚の練ったもののフライ・・)は本当に美味しかった。

とにかく安くて量があります。
2人で1人前頼めば十分いけます。
(ジュース付きで45ソーレス)

その後ショッピングセンターを見て17時に帰り20時まで仮眠後、
ホテルご夫婦、写真家のN川さん、仕事でこられていた健康食品会社の方と
空港に出かけるまでの2時間夕食を共にして楽しい一時を過ごす。

DSCF0099_convert_20090227140151.jpg

7月13日:リマ→ダラス→成田(7月14日)→伊丹

リマ空港発1:30→ダラスフォート・ワース空港8:00、11:55(日本時間7/14 1:55)→成田空港15:00、17:55→伊丹19:10→自宅21:00

リマ・ダラス間は余り眠っていなかったが体調は悪くない。
ダラスを出てから時差ぼけ防止のため日本時間に合わすようにすぐに寝るように心掛けた。

なんと日本は蒸し暑い。
暑さの為か時差ぼけか帰国後昼間眠くなり眠ってしまう。
体もだれだれ。

これではいかんと思い3日目には六甲堡塁に夜から参加。
ボッカで汗をかいたら体もしゃんとしました。

以上
スポンサーサイト
ペルーアンデス (その1)  

高度順化に失敗した話(でも楽しかったです)  大阪ぽっぽ会  Gramps

期間: 2005.06.24~07.14

今年の5月連休に岳沢コブ尾根でひょんなことでMさんと知り合い(実際にはその時にはお会いしていませんが)になったことでペルーに行くことになりました。特にどこの山に登りたいという気持もなくワスカランにと決めて出発。

            DSCF0032_convert_20090227153227.jpg
                深くて広いイシンカ谷(6月29日)

6月24日:

伊丹13:14→成田14:30、18:30→ダラス15:35、19:00→リマ2:00

成田からの便が遅れているため、ダラス乗換えのリマ行き16:45はとても間にあいそうもなかったが、
幸運にもリマ行きも2時間遅れのため十分に間に合いほっとする。

6月25日:

ホテル3:00、8:15→バスターミナル8:30、10:00→ワラス18:00

2時間半遅れの深夜2時リマ空港に到着するも飛行機のドアが開かず40分待たされる。
2世のWa辺さんという方(守口のM下電気からの帰り)に機内から空港までお世話になる。

我々はチェック赤のサインで荷物を検査機に通すも当然OKになったが、
何故かWa辺さんは引っかかってしまって全数検査。

もし迎えが来ていなかったら勝手にタクシーに乗らないよう彼の忠告。
幸いにも迎えがきていたので彼にお礼を言って宿泊のホテルに向かう。

4時から6時半までの仮眠後朝食を取り、
たまたま宿泊中のH岡ガイド(Saka原さんの友人)にお会いする。

現地ガイドの奮闘の末ワスカランに登ったが南峰は断念したとか。
彼のお話を聞いていてやはり高度順化を兼ねながらのワスカラン登頂は難しいことが分かる。

トクヤラフ峰を登って高度順化をしてからワスカランに登る計画に変更する。
そして慌しくワラスに向かうべくバス停留所に向かう。

ワラスにてM井さんのお出迎えを受け、ホテルEに向かう。
夕食後今後の計画を打ち合わせして部屋に戻る。

高度3050mのこのホテルで明日の用意をして風呂に入ったころより頭痛がしだし眠れず。
1時間ごとにトイレに行く。

それでも1時から3時半位までは眠ったようだがその後はまた眠れず。
6時15分起床。

6月26日:チュルップ湖(高度順応)

朝食7:00、出発7:30→ピーテック8:40、9:40~滝(4330m)12:50~チュルップ湖12:55、13:55~バンガロー15:30、17:00→ホテル18:00

出発するころには頭痛少し楽になる。
タクシーで行動食を仕入れてピーテックに(高度4000m位か)。

ここで1時間ほど過ごし登りはじめる。ゆっくりゆっくり登り高度順化に努める。
4450mのチュルップ湖は静かな素晴らしいところである。

DSCF0010_convert_20090227133819.jpg
チュルップ湖

高度順化に来た人たちが2~3パーティーいた。
バンガローでパチャマンカパーティーをしてくれるということで待ってくれているので30分の滞在で下山開始。

バンガローについたころより再び頭痛が始まる。
出来上がった料理も殆ど口つかずでホテルに帰る。頭痛が激しくなる。

DSCF0014_convert_20090227133854.jpg
山荘の前(M井さん)

葛根湯、生姜湯を飲んで頭を冷やして早々に横になる。
寝て1時間の間に4回もトイレに行く。

22時から2時半まで眠れたがその後眠れず後頭部の痛みと共に首筋も凝ってきた。
アンメルツを塗ったら少し楽になった。

DSCF0020_convert_20090227133951.jpg
小屋の窓から見た風景

DSCF0024_convert_20090227134031.jpg
東京の人たちとM井さん(山荘の食堂にて)

6月27日:パストルーリ氷河(高度順応)

ホテル7:30→駐車場9:45、10:15~氷河12:10、13:30~駐車場15:00→ホテル17:30

6時起床するもふらつきの状態(快便)。
ふらつきながら朝食。朝食後下痢。

今日も行動食を買って迎えに来たタクシーでパストルーリーの駐車場へ(4160m)。
駐車場で30分過ごし、体調が良くないのでできる限りゆっくり登る。

5000mの氷河地点で1時間半過ごし下山開始。
頭痛は相変わらずで背筋の痛みも加わってきた。
がホテルに着くころには痛みも少し和らいできた。

DSCF0027_convert_20090227134113.jpg
トップロープでアイスクライミングの練習をしていました

食欲は依然なく行動食も殆ど食べていない。
夕食は食べやすい中華を求めて入った店もメニューがさっぱり分からず

注文したのはタンメンみたいなもので具沢山あったが食欲が無くスープと野菜を少し食べただけで多くを残してしまった。(21時下痢)。頭痛少し和らぐ。

25日、26日、27日と頭痛がしているのに休養もせずにそのうち治ると信じて動いたことが後に大きく影響したと思われる。

6月28日:休養日とトクヤラフへの準備

6時起床、7時朝食。11時にM井さん、ガイドのC氏来るのでそれまでに明日の準備を済ましておく。
打ち合わせ後昼食に出かける。

帰って1時間ほど仮眠した後必要品を買い増しに出てその足で夕食を済ませる。
今日も下痢が続き夕食も殆ど食べられず。

ホテルに帰ってパンを食べる。
初めて整腸剤のクラリットを飲んで寝る。

6月29日:トクヤラフに向けて出発

5:30分起床、6:30朝食、7:10出発→コロン(3360m)8:10、8:25~入園11:50~BC(4280m)14:30

イシンカ谷を詰めていく。
谷といっても日本の谷とはおよそイメージの違う大きな広い谷である。

この谷は後に出てくる谷と違ってネパールの谷と良く似ている。

最初は頭痛も無く快調に歩き出せ希望がもてそう。
入園後前方に白い山が見えてくる。

パルカラフである。
山頂はもうひとつ向こうで見えていないそうだ。

DSCF0035_convert_20090227134225.jpg
バルカラフ峰

3600m地点位から後頭部左が痛み出して心配。
頭を動かさずに静かに歩けばあまり痛みも感じないが後ろを振り向いたりすると強く痛みを感じる。

入園後少し先に行って昼食とする

昼食後は歩くペースが少し上がってしまったようだがそのままのペースでBC(4200m)まで歩いてしまった。

BCでテント設営をしていたら痛みが無くなりほっとすると同時にまた現れるのではないかと不安が入り混じる。

昨日より雲が多くなってきている。
夕食は豚のだしのスパゲティー風の(ニンジン、カリフラワー)クリームスープ。

それに若鶏とジャガイモとグリーンピースのトマトソーパ煮。
何日ぶりか「食べた!」という実感がした。

美味かった(ムイ デリシオソ!)。食欲も久し振りにあった。

DSCF0037_convert_20090227134312.jpg
ガイドのクラウディオ氏と

7時半就寝。9時半ころ心臓停止かとおもわれるほどのに呼吸困難に陥る。
慌てて起き上がると何事も無いように正常になり横になるとすぐ寝入り夢を見ている。

「表示板が現れ、その表示板に訳の分からない表示が出て、その表示板に次のサインが現れると」
途端に呼吸困難に陥り起こされる。

この繰り返しの間隔が段々と短くなってくる。
12時過ぎまでこれが続く。

もうどうにもならないと思っていたら1時過ぎには不思議なことに何事も無かったように楽になり眠れるようになった。
2時間ほど熟睡できた。
それからはうとうとして5時に起きる。

6月30日:BCからHCに向けて。

出発9:15~ハイキャンプ14:30

6時朝食、7時出発の予定のため5時起床。
昨夜も苦しさで余り眠れていない。

食事係の段取りが悪いのか6時になっても朝食の用意が出来ていない。

DSCF0039_convert_20090227134350.jpg
素晴らしい日の出でした

片付けたシェラフ、羽毛服を再び出して食事待ち体勢に入る。
7時に痺れを切らしてどうなっているかを問いただしに行くと食事はできていた。

ネパールとの時間感覚が違うのかそれともこのパーティーのスタッフの性格か時間観念が乏しい。

DSCF0042_convert_20090227134432.jpg

そんなわけで出発が大幅に遅れ9時過ぎとなる。
頭痛はないので安心していたら1時間もしたらまたしだした。

ゆっくりゆっくり歩けば何とかなるだろうと高を括っていたが後の祭りであった。

草原地帯から岩場地帯に入った中ほどから歩くペースがぐっと遅くなり
休みを取る回数も多くなりその間隔も短くなってきた。

岩から岩への飛び移りのバランスも悪く上手く渡り歩けない場合が出てくる。

DSCF0043_convert_20090227134512.jpg

やっとのことで氷河の舌端に到着。
ここでアイゼンを装着しピッケルを持って再び歩き出す。

トレースもついておりトラバースも容易なのに歩くスピードが全く遅くそして辛い。
トラバースを終えて登りにかかった頃にはもう歩きたくなくなるほど遅く頭痛も激しくがんがん痛み始める。

何度も何度も休憩してやっとハイキャンプに到着。

テント設営もできず全てやってもらう。
食事も日本から持ち込んでカニ茶漬けと現地のヌードル風スープを取り横になる。

DSCF0047_convert_20090227134550.jpg
ハイキャンプ

6時半頃アスピリンを1錠飲む。
一晩中強烈な頭痛と吐き気に悩まされもう頂上アタックは止めて下山しかない。

ガイドのC氏は胃痛が無いので重大事には至らないだろうと言っているが
やはり下りたほうが良いとのサゼスション。

(ネパールでかかった高度障害の時よりずーとましなので安心はしていたが・・・)
(午前0時テント内気温マイナス13.7度)

7月1日:ベースキャンプに向けて下山開始

ハイキャンプ9:15~ベースキャンプ11:50

1時時点で本日のアタックを中止決定し、
6時時点でHCで1日休養して翌日アタックするか下山するかを決めることにした。

6時には体調も少し快復したように思えたので登りたい衝動に駆られたが全員下山を決定。
9時過ぎ下山開始。天気快晴。

早朝スタートしたパーティーがスカイラインの稜線上を登って行くのが見える。
何故か登れなくて残念という無念さはない。

昨日あれだけ苦しい思いをして登った雪上もあっという間に下りてしまった。

DSCF0007_convert_20090227153146.jpg
6月26日のチュルップ湖にて

ガイドのC氏が説明してくれるあちらの山、こちらの山も覚える前から忘れていってしまう。
12時前にはBC(4300m)に到着。

1000m弱の下降で頭痛もすっかり消えている。
トイレも朝行ったきりでその後1回も行ってないのに気づく。

水分補給が少ないためだ。慌てて補給にするも尿意はもよおさない。
無理に出してみる。

頼んだ夕食は米食であるが硬くて食べれたものではない。
持参した梅干でお粥にして半分ほど食べる。

18時30分就寝するも1時間ほどしたら頭痛で目覚める。
1000m程降りてもここはまだ4300m。

やはり水分補給の失敗かそれともまだ高度障害が残っているのか心配になる。

DSCF0046_convert_20090227153302.jpg
ハイキャンプの雪原 

今後の計画で当初ここBCよりイシンカ峰を経てコフップ谷に降り山荘(3760m)に行く予定であったが、
これを中止して早く降りれるコリーン経由でワラス(3050m)に変更して良かったとしみじみ思う。

その後も1時間から1時間半毎に目覚めるも全然もよおさず無理にトイレに行ってみる。
3時45分テルモスのお湯もなくなってしまった。

おきてお湯を沸かしコカ茶を飲みながら30日からの行動をメモしたりして眠れぬ夜を過ごす。

頭の後ろがまだ痛い。
トイレのため外に出てみるとトクヤラフの頂きあたりから三日月が顔を出し周囲をほのかに明るくしている。

その月を背に南十字星を見ながらの用足しはまたおつなものである。
(テント内の気温2度cと暖かい)

7月2日:BCからワラス(3050m)ホテルに帰還

BC8:40~コロン12:05→ワラス(ホテル)13:30

6時30分起床。頭痛少しまし。食事をして下山開始。
歩くと頭に痛みが響き左右に向いたり仰いだりすると後頭部が強く痛む。

5200mから4300m以下に降りてきたにもかかわらず何故こんなに痛むのかな?
後頭部に血栓でも出来たのかとついつい考えてしまう。

DSCF0050_convert_20090227151604.jpg
クラウディオと果物を売っている子供たちと

どんどん下っているのになかなか出発地点に帰着できない。
12過ぎにやっと到着。待っていてくれたバス(トヨタのハイエース)に乗り込む。

相当酷いがたがた道ではあるが頭には響かない。
不思議と頭痛がぴたっと止まっている。

ワラスに到着後一段落したので昼食に出かける。
帰って一休みして頭痛も治まっているので軽く洗濯をして夕食。

明後日以降の計画を明日打ち合わせすることにする。
21:00下痢。整腸剤を飲んで就寝。2時30分目覚める。

持参した高山病の資料を1時間ほど読みながら明日からの計画を考えてみる。 

トクララフを再度登って見て今回と比較してみる
別の山に登ってみる。

反省:
今回は頭痛山行になってしまった。
頭痛ばかり書いてしまいましたが道中は素晴らしい景色をみたりして結構楽しみました。

1) 初日ワラスに到着した時点での頭痛発症で次の行動に移らずに徹底的に治るまで休養すべきであった。

2) スケジュールをこなす事ばかりを頭のどこかで考えていたのではないだろうか?

3) 頭痛はいずれそのうち治ると思っていた節がある。

4) ネパールでの初めての高度障害にあったときの反省を忘れてしまっていた。

5) やはり最初に高度順化に重点を置くべきなのに軽視していたようだ。

6) 今回会った9名の早稲田OB(50~60代)グループの優雅な高度順化(先ずトレッキングから)を見習うべきだった。

7) これからの後半の山行は高度順化もできてきたのか比較的楽であった。

その2に続く