大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

不動岩・アルパイントレ

2018.07.11

めっちゃ暑い今日、リーダの指示で10ピッチが目標と。
とにかくチョンボしてでも良いから10ピッチ登らなくてはならない。
それにしても暑い!蒸し暑い。あせがぽとぽと垂れ落ちてくる。

DSCF8321_convert_20180712170405.jpg
菱形ハングを登り始めるFuchan。

先ずはホワイトクリスマスを2ピッチ登り懸垂で降りてきて、
3ピッチ目はひし形ハング、そこからトラバースをしてクラックまでを4ピッチ目と数える(ごまかしでも良い)。

5ピッチ目はクラック、そこから右上して6ピッチ目。

次の7ピッチ目は東壁ディレティッシマルート。中間テラスでピッチを切りここから直上に伸ばしてクラックを登る(8ピッチ目)
次にチョンボしてトラバースして9ピッチ目。ここから懸垂。

IMG_20180711_144937_20180712171849_convert_20180712224143.jpg
ディレティッシマ2 ピッチ目をフォローするGramps。Photo by Fuchan



最後にワンポイントハングを2ピッチに切り合計11ピッチ?となりました。

ハーネス、チェストロープまでびちゃびちゃになりました。

約1.7リトルの水分もなくなってしまい駅前でポカリ1本飲んでもまだ足りない。
で缶ビール1本、酒2本飲んでしまった(余計に悪かったか????)

DSCF8324_convert_20180712170424.jpg
帰りの車中で。

この後会、の月例会に出席して帰宅。
帰宅してから
夜中にびしょびしょになったハーネス、チェスト、ヌンチャク類、手袋を手洗いした自分を褒めてやりたい。
クライミングを始めた頃はこんなんだったなあ!
えら~い!!

スポンサーサイト
ボッカトレとアルパイントレ・大岩が岳、不動岩

2018.07.09

嫌な豪雨も終わって暑さが到来の中でアルパイン練習。

最近歩いたいないので先ずは大岩が岳まで登ってからクライミングをしてみる。

DSCF8294_convert_20180710122416.jpg
出発前の道場駅前の風景。

千苅ダム付近の河岸も壊れていました。

DSCF8297_convert_20180710122506.jpg
崩壊寸前の河岸壁   下部が30cm ほど前にズレてほぼ垂直に立っている。
DSCF8309_convert_20180710122534.jpg

DSCF8296_convert_20180710122557.jpg
ダムも全開で放水中。

山頂には10時半に到着。

DSCF8299_convert_20180710122645.jpg
New K2 さん到着。

DSCF8298_convert_20180710122620.jpg
大岩が岳山頂。

20分ほど休んで下山開始。

DSCF8304_convert_20180710122711.jpg
途中の渓流。  水量も普段より多く流れも速かった。

約3時間の大岩が岳ボッカトレが終わって、不動岩に上がってみる。
暑さのせいもあったが結構疲れた。

Fuchan がB.スノーさんのアイゼントレに付き合ってくれている。

DSCF8316_convert_20180710122745.jpg
懸垂で降りてくるB. スノーさん。

4人で昼食後、岩トレ開始。

ほぼフル装備を付けて登ってみることにする。
先ずはひし形ハング。
アルパイン用に新調したてでサイズが大きめ過ぎたのと背中の重みとでいつものようには登れない。

結構時間がかかった気がする。

2本めは、フォローでクラックを登る。
いつものクラックルートとは少しずれている。
フォローのせいか靴の大きさがさほど気にならなかった。

DSCF8318_convert_20180710122830.jpg
クラックルートをリードするNew K2 さん。

DSCF8317_convert_20180710122807.jpg
隣のルートをアイゼンでフォローする B.スノーさん。        結構速く登っていた。

今日の練習はこれでお終い。

後は大分での反省会。
大北で2次会までしてしまった。
飲み過ぎました。

DSCF8319_convert_20180710122853.jpg




烏帽子岩・駒形岩
               フリーとアブミ

2018.07.02

明日から1週間ずっと雨の天気予報である。
登る日は今日しかない。

ついでにアブミも楽しんでみたい。
しかしアブミ場所は地獄でした。
烏帽子は適当に風が吹いて気持ちが良いが全く無風、壁は濡れていて、
それこそ、湿度120%状態である。

1本登った汗たらたら、シャツもぐっしょり濡れてしまうほど。
それでも各人2本は頑張って登ってみた。

DSCF8287_convert_20180703162234.jpg
2本目をトライするImachan。

烏帽子に帰って来て遅い昼食。
食欲もあまり進まずおにぎり2 個しか食べられなかった。
(家に帰るまでに残りの1個とパンは食べましたが・・・)

昼食後のフリーも疲れたのかモチが上がらずでした。

しかし終わってからの大北でのビールと熱燗はホンマに美味しかった。

記録:
①ハーフ&ハーフ:新調しダブダブのアルパインシューズではビビりました。
②アフターバイト:ここも気持ちが悪かったですが何とか登れてうれしかった。
駒形(アブミ)
④右側
⑤中央
昼食
⑥おじいちゃん:新調したフリー用ミウラ(実はサイズ38.5を買う予定が40を買ってきてしまった。ゆったり過ぎた)
⑦太陽がいっぱい
⑦太陽がいっぱいと熊カンテの間のルート
烏帽子・アルパイントレ

2018.06.28

烏帽子でアルパイントレをやってみる。
リーダが登って終了点でセカンドを確保して登ってもらう。
確保支点構築を早作るかの練習。

今日も写真撮りを忘れていた。
昼休みと、終わり時に登っている人を撮っただけでした。

DSCF8263_convert_20180629134422.jpg
お昼時。

朝の内は蒸し暑かったが、
時間が経つにしたがって風が出てきてほぼ一日中暑くはなく涼しいくらいであった。

午前中6 ピッチ、午後は2 ピッチで終わって少しフリーをする。

肘痛も大分マシになってきた。
止めとけばよかったのにジャスティースをトライ。
これで肘痛が再発。
あ~あ!

DSCF8264_convert_20180629134446.jpg
今日も登れたと満足げな New K2 さん。 ジャスティース

記憶:
①ゴールドフィンガー、②ゴールドフィンガー(フォロー)
③タイムトンネル1p(フォロー)、④タイムトンネル2P
⑤タイムトンネル1p、⑥タイムトンネル2p(フォロー)
⑦お米(フォロー)、⑧お米
フリー
⑨イナバウアー
⑩ハーフ&ハーフ
⑪ジャスティース(登れずA0で)
⑫おじいちゃん
百丈岩・アルパイントレ

2018.06.25

今季30度を越える一番の暑さの中頑張りました。

DSCF8239_convert_20180627095142.jpg
下部岩壁で準備開始

先ずは下部岩壁からローソク岩に向かう。
ところが少し登ったところで蜂の集団が飛来威嚇し始める。
ホウホウの体でクライムダウンして、ここは登るのを中止。

カモシカルンゼを登ってローソクの「井戸」を登ることにする。
ローソク岩を登るのは20年以上振り。

こわごわ登っているなと思いつつ・・・
それでも記憶が所々残っていて懐かしい。

DSCF8240_convert_20180627095209.jpg
中央ルンゼを懸垂で降りる準備をしているFuchanパーティー。  隣に単独のHamachan も見える。
井戸より撮る。

DSCF8242_convert_20180627095235.jpg
井戸を登ってきたImachan。                下に懸垂で降りたFuchanga 見える。

1本登ったが汗びっしょりである。
木陰で休憩がてら軽く食事をとる。

中央ルンゼを懸垂で降りてローソクに向かう。

DSCF8243_convert_20180627095256.jpg
井戸の終了点のFuchan 。

DSCF8246_convert_20180627095323.jpg
井戸をフォローするB.Snow さんとNew K2 さん。

DSCF8249_convert_20180627095350.jpg
中央ルンゼを懸垂下降するImachan 。

DSCF8250_convert_20180627095429.jpg
ローソクの井戸を登る3人。

我々は懸垂後ローソクに向かう。
バンドルート(3ピッチ)にトライ。

1ピッチ目はImachan。

DSCF8251_convert_20180627095458.jpg
1 ピッチ目をリードするImachan 。
ビレーしながらの写真撮りのため一瞬で撮らなくてはならない。

フォローの私。頑張ったら2 ピッチ目がやばいかもと思った瞬間にワンテンしてしまった。
既述しましたが20年振りでオンサイトトライのようなもの。
2P目もこんなんだったらリードはやばいと弱気の虫が出たのである。

1 ピッチ目を登り終えて気が付いたのは昔はもう少し右のクラックを登っていたようだ。

2 ピッチ目は私のリード。右上のトラバース。
落ちそうな岩の塊も実際乗ってみたら案外しっかりしていた。
それにしてもこの高度感。ドキドキ感は楽しかった。
その後のビレーはもろ太陽を受けて暑いこと。

DSCF8252_convert_20180627095520.jpg
2 ピッチ目をフォローで登って来る Imacan 。

3 ピッチ目はImachan のリード。
ハング越えでハーケンが1本抜けたとか。

DSCF8253_convert_20180627095947.jpg
瞬時に撮ったIachan の3ピッチ目。
やっぱりアングルがイマイチでした。

登り終えてもう暑さの限界。
さっさと下山して、やまびこで水分補給。

DSCF8255_convert_20180627095622.jpg
ローソク右クラックルートを登り終えた3人が見えました。
やまびこより撮る。

道具をまとめて駅前に急ぐ。
当然反省会には冷たいビール。
美味しかったこと!