大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

奥美濃シリーズ 金糞岳(奥美濃)、賎が岳(湖北)

期間:2002.03.18~03.19
参加者:Nanohabab、Gramps(大阪ぽっぽ会)

金糞岳

18日0時30分、近江高山の二俣駐車場に到着。テント設営後ビールを飲んで寝ることにする
。これからは会社勤めもなく、今日のように平日にも山に入れるようになる。
北斗七星がきれいに輝いている。明日(本日)天気が崩れるなんて信じられない。

7時出発。晴れている。
100メートルほど入ったところに立派な新しいハウスが5~6軒建っている。キャンプ場になるようだ。
林道にはほとんど雪がない。側を流れる水音が大きい。
ここ2,3日の温かさで雪解けが一段と進んでいるのだろうか。

1時間で追分に着く。ここでブーツに履き替え中津尾根へ。
急登であるが雪もなく落ち葉を踏みしめゆっくり登っていく。この中津尾根:昔は中津尾と言ってた気がする。

そしてこの尾根も車が通おれる林道が2箇所も横切るようになってしまった。
最近のガイドブックにはその横切っているところに車を止めることができると書かれている。自然が壊されていき残念だ。

尤も積雪期には車は入れないから大丈夫である。

今日は大朝の頭で設営し時間があったら頂上に行って来る予定であったが、天気がやはり崩れはじめたので8年前にぽっぽ会山行で宴会した連状の頭に幕営して頂上を目指すことにする。

雪は概ね締まっており歩きやすい。空は段々と雲が出始めてきた。雪の中を黙々と歩いていると何故か幸せを感じる。

今日はアップダウンの苦しさは余り感じない。ただ天気だけがが気になる。
大朝の頭からの眺めは白い山やまやまが幾重にも折り重なって素晴らしい。

晴れていれば最高だろうに残念だ!最後の登り20分で山頂に。といきなり横なぐりの雪に歓迎される。
次回は白倉から八草峠に抜ける縦走をしてみたい衝動に駆られる。早々に頂上を退散する。帰りはやはり大朝の頭辺りより雨に変わる。

自然と足が速くなってきた。テントに着いた頃にはびっしょり濡れてしまった。
ゴアの雨具も2~3年もしたらやっぱり駄目になってしまう。

高いゴアよりも安いものを買って買い換えた方が得策だと考えている。テントに入って乾かして、昨日の睡眠不足もあり早々に寝る。

賎が岳

19日:晴れ。暖かーい!余呉湖の南岸魚釣り場に車を置いて出発。
管理センターで水を貰って登山口に。

整地された急坂な道を登っていくと樹間から余呉湖が見え隠れする。

明治時代に植林された杉林が日陰を作ってくれ汗もかかずに登っていける。
程なく賎が岳の合戦で戦死した茨木の中川清秀の墓に着く。

平日だからだろうか静かなところである。ここより一旦下って登り返す。
この高さまで来ると余呉湖も一望できる。急坂を上り詰めると賎が岳の頂上である。

公園のような雰囲気がある。ここからは360度の眺望を楽しめる
余呉湖が手にとるように見え、その向こうには横山岳くが白見える。昨日登った金糞岳も見える。

伊吹山くも白く雪におおわれている。
雄大な琵琶湖に浮かぶ竹生島も!ここは賎が岳の合戦に付いていろいろ説明してあり歴史の勉強になりました。(すぐ忘れてしまいますが・・・)。

天気がいいので1時間30分も過してしまった。

下りは北に尾根筋を下り琵琶湖と余呉湖の通い道の鞍部から余呉湖に向かって沢筋を下る。そして水鳥のいっぱいいる湖畔を30分くらい歩いて駐車場へ。

あたたかい春のような日差しの下のんびりとしたハイキングを楽しみました。

帰宅して山岡荘八著「徳川家康」の賎が岳の合戦のところを読み直してみる。
スポンサーサイト
奥美濃シリーズ土蔵岳           

期間:1989.1.14~16
参加者:Ka藤、Hir井、Taka柳、Gramps

今週の山行予定は土蔵岳~金糞岳縦走であったが、
積雪量が少なくヤブコギとなってしまい、
予定の半分の土蔵岳往復がやっとという結果に終わりました。


1月14日:
朝5時に自宅を出発。自転車で20分、JR山崎駅に到着。
高槻から乗ってきた皆と合流。

彦根、米原辺りは積雪なし。木之本でも周りの山を眺めるも雪は無さそう。
案の定、木之本から乗ったバスの終点の金居原も雪が全くない。

舗装道路はプラブーツでは歩きに辛いので持参の運動靴に履き替える。
取り付まで1時間。全く嫌になってしまう。ここも雪がない。

ここより沢を遡行。冬の沢登となる。
一昨年横山岳・土蔵岳を縦走した時の下山時にとった逆コースを登る。

その折にHir井さんが飛び降りた地点より尾根に取り付く。
取り付いたところで休憩。

ここからは今日予定の幕営地のある稜線はすぐそこに見える。
ところがここからの急登は所々に雪があるものの、ブッシュ、ブッシュである。

今年から米国の大統領はブッシュ氏とか。
イバラの混じったこのブッシュには全く閉口してしまう。

最長老58歳のKa藤さんにとっては辛い登りのようだ。
われわれもこの歳になったら、Ka藤さんのように登れるだろうか?元気なKa藤さん。

12時ジャストに稜線上に出る。
幸いなことに稜線上には30cmほどの積雪がある。

少し休憩して設営にかかる。設営後、身軽になって土蔵岳へ出かける。
稜線上は雪もまあまああるが、アップ、ダウン時の傾斜のあるところはゼロである。

それに引き換えイバラ、ツルの混じったブッシュが前進を阻む。
Ka藤さんが遅れ気味になる。

トップを歩いているHir井さん、前に行っては待ち、前に行っては待つの状態が続き、
苛立ちの様子が見えるのは私の気持の表れか。

まだまだ人間が出来ていない。
幕営地から2時間、ガレ場までやっと進むもすでに15:00

土蔵岳はここからもう2時間はかかるだろう。
諦めて引き返すことにする。そのころから雪が降り出す。

明日が心配である。
雪の少ない所に雪が降ったら、ブッシュとラッセルの最悪の状態になる。

今夕の食事はTak柳コックの十八番・焼肉である。
今回はフライパンも持参しての本格的な焼肉料理である。

20時就寝。6人用テントで4人はゆったりして寝心地は最高。

1月15日:
4時起床。今日は土蔵岳だけでも行っておきたい。
餅入りラーメンを食べて6時20分出発。

昨日の腐っていた雪も適当にしまっており歩きやすい。
昨日苦労したブッシュも往復しているせいかそれなりに道ができており、

楽に通過できたと思うのは気のせいかな?
昨日来たガレ場まで10分早く着いただけ。

ガレからはブッシュもなく雪上のハイキング気分。
陽春の陽だまりハイクのようなのんびりした足どりで土蔵岳に向かう。

時間はかかるがこのくらいの速さだと全く疲れを感じさせない。
土蔵岳は一昨年来たときより積雪量は2mくらい少ない

30分ほど休憩して下山にかかる。
今来た道をトレースに従ってゆっくり、のんびりと帰る。

13:30に帰幕。時間もたっぷりある。
今夕のメニューはカレー。

14時に用意し始め17時に、本格的なカレーをご馳走になる。

18:30分就寝。

1月16日:
4時起床、7時下山開始。
尾根を少し下ったところでブッシュを避けるため、左側の沢へ降りる。

登り時に休憩した地点までに2~3ヶ所、滝がありスリルを味わう。
金居原のバス停に9時15分に到着。

バスは出た後で次のバスまで3時間ほどの待ち時間のため、タクシーを呼んでもらう。

今回の山行は3日間とも天気に恵まれ幸運であった。
毎年、毎年雪が少なくなっていくようで心配だ。
奥美濃シリーズ 金糞岳          

期間:1988.1.15~1.16         

1月15日:
残念ながら、この日の記録はワ-プロに記録しているとメモしてあるがどこにあるか記憶がない。

山崎5:32→京都6:12→米原→長浜7:39、7:42→高山8:30~二俣9:15~国境稜線ベース15:00.就寝20:00

1月16日:

昨夜は随分風が吹いたようだが、樹林帯のため木々の音のせいであろうか。
テントの外に出てみると満天の星空。

天気予報では良い方向に向かっているようだが、
予報は「今日はまだ曇り、昼から一時晴れ」である。

多分予報より早く好天に向かっているのであろう。
餅入りラーメンの朝食を済ませて出発。

天候は昨日と今日とでは天国と地獄の違いがある。
雪も締まり気味で歩きやすい。

稜線上に出て小朝の頭に向かう。
5人もいるとこのくらいのラッセルは全く楽だ。

左(西)に花房尾根が水平に延び、
右(東)にはまだ日の出前のために奥美濃の山々のシルエットを見ながらの稜線漫歩といったところか。

小ピークを下ったり、登ったりしながら進む。
金糞岳手前の最低鞍部への下りでご来光である。

誰かが「7時11分」と発声。全員振り返りしばし立ち止まり見惚れる。
前方左の尾根の上部も既に朝日に輝いて素敵である。

このコルで一休みして、いよいよ、金糞岳の急登である。

ここでAk松君(一番若い)がハッスルして山頂までの7~80%をラッセルしてくれる。
やはり雪が少ない為ヤブコギを強いられる。

この登り美濃側が瘠せ落ちているため、ガスが出ている時は要注意だなと思いつつ登る。
山頂は南東に細長い形になっている。

1時間ほどで頂上間近に、
ここから山頂の標識までは最高齢者に敬意を払って、先頭で歩いてもらう。

山頂は風はきついが天気快晴のためかそんなに寒さを感じない。
山頂から見る奥美濃の山々。

あれが昨年縦走した横山岳、土倉岳だとか、
あれは金草岳だ、冠山だ。

ソ麦岳だ、能郷白山だと地図と見比べながら山当て談義に花が咲く。
コーヒーで乾杯して、記念写真を撮ってから少し下りた陽だまりで大休止。

9時30分、下山開始。ワカンを外して下り。
気温も上がってきているせいか、時々雪の中にはまり込む。

ベースに着いた頃には革靴の中は濡れてしまっている。
1時間くらい掛かってベースを撤収して、再び下山にかかる。

ここからの下りが意外と時間が掛かるように感じる。
もう靴の中はぐしょぐしょである。

追分に14:00着。ここからは林道を只ただ歩くのみ。
それにしても今日一日は晴れた春山のように素晴らしい天気であった。

林道の終点二俣には15:20分に到着。
ここで、あまったラーメンを作りながら大休止。

濡れた靴下を履き替えさっぱりする。
何故かあんなに良かった天気が一瞬にして激変・雨となる。

急いでバス停シェルターに駆け込む。今回の山行もフィナーレを迎える。

雪山をやりだすと雪山を続けたくなるし、そうすると岩登りが出来なくなり悩む。
どうしたらいいのでしょうね?

同行者:4名、うちAk松君しか記録なくまた、記憶もない。最高齢者は、Ka藤さんか?

起床4:00、出発6:30~頂上8:40、9:30~ベース10:50、11:45~取り付きダム13:55~二俣15:20~高山16:45、17:08→長浜18:00、18:12→米原18:22、18:38→京都→高槻
奥美濃シリーズ金草岳  
    
期間:1987.3.21~3.22
参加者:Hr井さん、Gramps


3月21日

名神、北陸道を通って今庄ICより20分で今庄瀬戸の村へ。
道路端の民家で高村峠への道を尋ねたら、いろんな事を教えてくれた。

毎年大阪KI大の学生が3月初めには峠の向こうから峠越えをしてくるとか。
この民家のご好意で軒先に駐車させてもらう。

この辺りから見て雪は余りなさそうだ。残雪の林道を高倉村跡に向かう。
相変らず速いペースのHr井さん。スロースターターの私はついていくのに必死である。

1時間余りで廃村高倉村に到着。今は朽ちた家屋も無く、家の土台が残っているのみ。

大休止後、谷筋を5分ほど登り2番目の堰堤に出る。右岸より支尾根(高倉峠よりの支尾根の腹から登る)に取り掛かる。雪は全然無い。かなりの急登である。

夏道のジグザグ道を辿って登っていく。やがて道も無くなり、辺り一面ブッシュである。登り始めて40分で支尾根上に出る。

ここから尾根上を峠に向かって登っていく。雪もこの辺りから現れるが柔らかくて足を取られる。そこでワカンをつけて進むと雪がなくなり、ワカンを外して歩く。また雪が現れワカン、また無くなるの繰り返しを3回。

こんなことをしながら高度を上げていくと、突然トレースが出現。多分2~3日前のものであろう。12:30分高倉峠に到着。疲れました。やはり最初のハイペースが尾を引いているのだろう。

高倉峠を出発した途端、強い南風にびっくり。昭和50年製5万分の1地図ではこの峠への福井県側からの道は載っていないが立派な道路が出来ていた。

トイレの横で風を避けながら大休止。
ここからは国境稜線上を東北方向に進むのだが、右からの強風にはまいる。
時々吹き飛ばされそうになる。先ほどのトレースも金草岳に向かっているようだ。

1143mピークからは金草岳がよく見える。そのはるか向こうには白山も見える。この辺りから疲れも取れてきたのか、本来のペースに戻る。

14:00丁度にD地点に到着。残念ながら金草岳周辺のみにガスがかかって目指す山が見えない。

風は少し弱くなってきたが、依然吹いている。14:40分E地点に到着。国境稜線から南の山々は雪を冠っているが、左側の北の山々は雪量が非常に少ない。

今日の幕営地は金草岳の向こう側に決めて、いよいよ金草岳の登りにかかる。登りにつれてガスの中に入っていく。

周囲は何も見えなくなる。金草岳西端にザックを置いて、東端の山頂の三角点を探しに行くが、雪の下のようだ。

15:10、山頂らしきところで記念写真を撮ってザックの所に引き返す。ここから西に下る。
左側は岩の断崖である。ここを通り過ぎ北に向かう尾根上に進むのであるがそこはからは急降下である。

降り口を探すのに手間取る。潅木の茂ったルンゼ状になったところが一番下りやすそうで雪崩れそうもないので、ブッシュを掴んで下降する。

やっとの思いで急斜面を下り、その後小さなピークを2つ越した辺りで幕営することに決める。

これからの予定では郡界尾根を下って芋平に下りることにしていたが、この先の尾根も余り雪が付いていないようなので、下りに苦労するということでこの地点より、直接林道に通ずる尾根を下ることに決定。 

K牧5:45→瀬戸8:00、8:40~A点・高倉廃村(第二堰堤)9:50~B点10:55、11:00~C点12:00~D点14:00~E点14:40~金草岳15:10~F点(幕営地)16:00・就寝19:00

3月22日
3時45分起床。星が出ている。何とか雨に遭わなくてすみそう。6時出発。ここからの下りがまたまた厄介。

30分下ったところより雪がなくなる。ここからはブッシュに掴り、つかまりの下降である。風もなく暑い。ブッシュ掴みで、手の平の皮がなんだか厚くなったような感じがする。

下り始めて1時間半、やっと沢に到着する。冷たい水で顔を洗う。なんと気持の良いこと。
ここからは何回か沢を渡渉しながら下り、8時丁度に林道に到着する。

大休止の後、林道を芋平(廃村)を経て瀬戸の村に到着。
車を預けた家でお茶まで頂き10:40分瀬戸の村を後にする。

途中で車を止めて振り返ってみると山の向こうに白銀の金草岳が頭を出している。

起床3:30出発6:00~G点(沢)7:30~H点(林道)8:00、8:15~芋平9:15~瀬戸10:10、10:40→K牧13:00
奥美濃シリーズ 金糞岳  

期間:1987.2.27~3.1          大阪ぽっぽ会 Gramps
参加者:Hr井、Gramps

2月28日
大雪になったため、当初予定の奥美濃北部の美濃俣岳の縦走を中止して金糞岳にする。span> 

長浜は雪が降り続いている。高山からのバスは雪で遅れているようだ。長浜を50分遅れで出発。
高山から二俣分かれ少し手前までは除雪されていたが、そこから先は一昨日から降ったままの状態である。

ワカンを付けての出発。出始めは膝くらいまでのラッセル。これでは取り付き点までが本日の行動の限界か?
進むにつれて腰までのラッセルが度々出てくる。100歩~200歩でラッセルを交替しながら進む。取り付き点に15:30着。

 ここで今日は幕営して明日、万一天気になれば行ける所まで進むことにして空身で登り口までトレースをつけに行く。
16:00頃より急に青空が広がり、今までの天気が嘘のようだ。日の当たった雪山は明るく全く美しい。
だが、この晴天を明日も約束してくれるとは万が一にも無いだろう。

自宅5:20→山崎6:52→長浜7:40、8:30→高山9:30~登山口15:30就寝19:00

3月1日
起きて外を見る。やはりだめ。湿った雪が間断なく降り続いている。明るくなったら諦めて帰る事にする。
昨日のトレースはまだ残っている。下りと残っているトレースのお蔭で、帰りは早い。往き6時間のところ、2時間で帰れた。

 今回は、天候、雪の状態が悪いことを承知で行ける所まで行くと決めてかかったが、少ししか進めず残念である。だが、ラッセル練習になったと思って慰める。

起床4:30、出発7:00~高山9:30、9:50→長浜10:55、→高槻12:30