大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

雪彦山(中級登山学校)

2018.05.25夜~27日

写真掲載:ブロバイダー不調で画像処理ができない。今日で18日目.➡21日目で復旧しましたので写真を掲載します。 

中級登山学校最初の遠征である。
2日間とも天気に恵まれ楽しくクライミングができました。

今回の私のパートナーは生徒のUechie 君とMizu 君です。
お二人とも初めて組ませてもらいました。

26日は三峰東稜から地蔵東稜を登りました。

DSCF8001_convert_20180531102702.jpg
先発組のEenen君とマー君。

DSCF8002_convert_20180531102723.jpg
登攀前のお二人。Nanoha Bab さんと。

三峰東稜の1 ピッチ目は今回もA0でしか登れませんでした。それもテンションをかけてしまいました。
まあこれが現在の私の実力でしょう。無理をしたらあかん!

お二人とも順調にのぼって来られました(Mizu 君は当たり前)。

DSCF8006_convert_20180531102816.jpg
1 ピッチ目を登り終えるk07 君。

DSCF8003_convert_20180531102749.jpg
2 ピッチ目を登るマー君。下はEenen 君。

登っていてやっぱり楽しいです。
フリークライミングも少し飽きてきたようで昔回帰なのだろうか?
そういえば室内壁も6年行ってない。

DSCF8010_convert_20180531102841.jpg
2 ピッチ目を登り終えるMizu 君。

DSCF8012_convert_20180531102906.jpg
隣ルート・友人登路を登るのりちゃんとPorta さん。

DSCF8013_convert_20180531102930.jpg
3 ピッチ目を確保するK07 君とMizu 君。

昔のように縦走も楽しいが、もう20数キロも担いで歩けそうもないのでそれなりの計画を立てて行ってみよう。
ビレーをしながら空想している自分がいた。

DSCF8014_convert_20180531103001.jpg
隣のルートをザック2つ担いで懸垂するUechie .
パーティーにハプニングがあり急遽降りることになる。

もの静かなUechie 君と的確なアドバイスをしてくれるMizu 君、本当に楽しく登らせてくれている。

DSCF8015_convert_20180531103038.jpg
登りえ休憩中のコルから見た地蔵岳。

ここから少し下って懸垂地点へ向かう。

DSCF8016_convert_20180531103102.jpg
懸垂中に出会った可憐な白い花。

DSCF8017_convert_20180531103140.jpg
懸垂中のK07 君。

DSCF8020_convert_20180531103207.jpg
懸垂後ルンゼを下る。

三峰東稜を終えてまだ時間もあるので、地蔵東稜を登ることにする。
最初の2 ピッチはスラブ調。
Uechie 君スラブ登りが上手そう。続いて3 ピッチ目のクラックも長身を生かして上手く登って来られた。

DSCF8025_convert_20180531103303.jpg
3 ピッチ目クラックを登り終えるK07 君。

DSCF8026_convert_20180531103330.jpg
続いてMizu 君も。

恥ずかしいことであるが、ちょっと事情があってフリー用クライミングシューズを間違えて持ってきてしまった。
この辺りから足指の痛さの我慢が限界に来ている

この後、馬の背、最終ピッチを登って地蔵岳頂上へ。
最終ピッチはフェースをパスしてクラック(凹角)を登って終了。

DSCF8027_convert_20180531103359.jpg
山頂にてMizu、K07 君。

DSCF8028_convert_20180531103428.jpg
K07 君と。

山頂で一時の休憩をして下山開始。

DSCF8029_convert_20180531103504.jpg
山頂直下のトラバース。

DSCF8030_convert_20180531103536.jpg
無事キャンプサイトへ帰還。

DSCF8031_convert_20180531103606.jpg
かわっちゃんのたっての希望で!!

DSCF8032_convert_20180531103631.jpg
Porta さんのたっての希望で!! うっそ!

DSCF8033_convert_20180531103656.jpg
やっと?3 人で記念写真が撮れました。

今日は睡眠不足、足痛で辛かった。

記録:
キャンプサイト出発6:00~三峰東稜取り付き6:30、登攀開始6:50~1ピッチ目終了7:40~2ピッチ目終了8:30~3ピッチ目登攀開始8:45~三峰コル9:30、9:40~懸垂下降開始10:15~
地蔵東稜到着10:45~地蔵東稜3ピッチ目(クラック)終了12:20~山頂13:15、13:40~キャンプサイト14:35


2日目の27 日は地蔵岳東面スラブから滑り台、凹角を登って山頂へ。

起床4時、出発5時50分。
昨夜は十分睡眠が取れたのですっきりしている。

DSCF8036_convert_20180531123806.jpg
出発準備風景。          4:30

取り付きに到着したら、50分前に出発したパーティーのラストが登り始めていた。

DSCF8038_convert_20180531123843.jpg
東面スラブを登るオカリン

DSCF8039_convert_20180531123902.jpg
ビレー中のUecchie

6 時30分登攀開始。
この1 ピッチ目のスラブは結構スリルがあるので面白い。
お二人も楽しんでくれたことと思います。

DSCF8041_convert_20180531123928.jpg
地蔵東稜取り付きで準備をする大阪・Gクラブ。

DSCF8043_convert_20180531123957.jpg
2 ピッチ目登攀を待つオカリン。

DSCF8045_convert_20180531124033.jpg
これから2 ピッチ目。

滑り台への2 ピッチ目のトラバースはピンも少なく慎重に進む。
(前のパーティーは一度直登し、ピッチを切って、そこから下って基部に来たそうだ)

ロープは50m一杯で丁度着く。

DSCF8046_convert_20180531124059.jpg
3 ピッチ目(4p)の滑り台を登るマー君。   もろ逆光でした。

DSCF8048_convert_20180531124136.jpg
地蔵東稜2PめでビレーするGクラブのまるちゃん。

滑り台は真ん中のルートはもう諦めて右ルートを登りました。
二人とも着実に登って来られました。

次のピッチは今まではつるべで上に登っていたが、今回はこのピッチも私がリードして林の中でビレーしました。

ここから歩いて凹角の少し前まで進む。
凹角の基部までは、3級クラスであるがロープを出して登る。

凹角は出だし思っていたより難しく感じたが登るにしたがって勘が戻って来て楽しく登れました。
Uechie 君はスムーズに登ってくるところと遅くなるところがあった。

遅くなるところは多分細かいホールド、スタンスがまだ十分に見えないのだろう。
経験を積んだらこれも解決するだろ。

最終ピッチは直登せずに右にトラバースして正面壁に出て山頂に出る。

DSCF8050_convert_20180531124241.jpg
最終ピッチを右上するマー君。

DSCF8051_convert_20180531124306.jpg
最終ピッチのK07 君。

DSCF8052_convert_20180531124334.jpg
最終ピッチのMizu 君。

山頂には予定通り12 時前に終えることができた。

DSCF8054_convert_20180531124358.jpg
地蔵東稜から地蔵正面を登り終えたYa パーティー。

DSCF8055_convert_20180531124422.jpg
地蔵岳山頂で記念写真の我がパーティー。

DSCF8058_convert_20180531124447.jpg
おまけ。

少し休憩をして下山開始。

途中展望台によって地蔵正面を見ると、

                DSCF8059_convert_20180531124707.jpg
                      Uecchie パーティーが強欲にももう1本登っていました。
DSCF8060_convert_20180531124728.jpg

キャンプサイトには13 時に帰還。
ビールを飲んでのんびりと片づけをして14時過ぎキャンプサイトを後にしてお風呂に入る。
バスの中で反省会をしながら帰阪。

DSCF8061_convert_20180531124757.jpg
本部のお役目ご苦労様でした。

記録:
起床4:30、出発5:50~基部到着6:15、登攀開始6:30~2ピッチ目開始7:45~3ピッチ目リーダ到着7:55~登頂11:45、
下降開始12:10頃~キャンプサイト帰還13:00、14:15→セッピコ温泉出発14:40、15:45→大阪17:30




 
スポンサーサイト
雪彦山・新人山行

2018.05.19夜~20

写真掲載:ブロバイダー不調で画像処理ができない。今日で10日目、今回は長~い!➡今日31日21日振りに回復しました。 

ぽっぽ新人教育当面の締めで雪彦山へ。
前夜発組は3 台の車に分乗して12人が参加。
当日組は4名で計16名が参加しました。

DSCF7950_convert_20180531154415.jpg
前夜はキャンプファイアーで楽しみました。

前夜組はキャンプ場で夕食を兼ねてチャンプファイアーをして歓談する。

DSCF7952_convert_20180531154443.jpg
先発組

21日先発組として5名6 時半出発。
地蔵東稜と三峰東稜に分散して登る。

DSCF7953_convert_20180531154512.jpg
地蔵東稜組とお別れ。

Jar さんと三峰東稜を登る。

DSCF7955_convert_20180531154545.jpg
三峰東稜取り付きでNanoha Bab さんと。

1ピッチ目:出だしが年々厳しくなっていく。かつてはアイゼントレで登っていたのに、今回はA0 しまくり。
Jar さんはアブミ初めてなのに上手くクリアーして登って来られた。

DSCF7956_convert_20180531154610.jpg
1 ピッチ目終了間際。 9:02

2 ピッチ目:後半部の垂直部も長ヌンを利用して見事クリアー。
登るにつれて段々と慣れてきたようだ。

DSCF7959_convert_20180531154640.jpg
2 ピッチ目終了点付近。                     9:59

DSCF7961_convert_20180531154708.jpg
2 ピッチ目終了点の崖に白い花が咲いていました。

DSCF7963_convert_20180531154733.jpg
3 ピッチ目をビレーする。             10:14
3 ピッチ目:
ますますスムーズに登ってきました。かなり自信もついたのでは。

DSCF7964_convert_20180531154756.jpg
3 ピッチ目終了点付近。            10:45
左手に余裕が見られます。

DSCF7965_convert_20180531154822.jpg
3 ピッチ目終了点から見た風景。

ここでロープを解いてこれに向かう。コルから地蔵東稜を登るパーティーが良く見える。
十分レストして懸垂地点に向かう。

DSCF7966_LI_convert_20180531154847.jpg
地蔵東稜最終ピッチを登るKitsパーティー。

出だしはロープ無しでも降りれるが念のため懸垂で下る。
ルンゼへの懸垂地点までも落石も起こさずにスムーズにできました。

40m懸垂後、ルンゼ歩きをして地蔵東稜取り付きに。
後続隊も中々来ないので、地蔵を1~2ピッチ登って見ることにする。

DSCF7968_convert_20180531160029.jpg
地蔵東稜2ピッチ目を登る。        12:47

1~2ピッチはスラブ登りなので先ほどの三峰とは趣が違い新たな経験ができたと思う。

2ピッチ登ったらそこには5~6人かたまって雑談している。
よく見るとこの集団にお2人知り合いがおられた。
前が渋滞しているためもう1間半ほど待っているとのこと。

DSCF7970_convert_20180531154953.jpg
懸垂下降中。

で我々は予定通り懸垂で取り付きまで下りる。
下りてもまだ後続組が来ないので、携帯をかけて見ると間もなく懸垂下降地点とのこと。
後続組の様子が分かったのでお先に下山開始。

DSCF7971_convert_20180531155022.jpg
懸垂下降中のPorta さん。  地蔵東稜取り付きから。14:20

集合場所の四阿に戻ったら2~3パーティーがすでに帰っていた。

DSCF7972_convert_20180531155047.jpg
道具を整理しながら最終組を待つ。    15:30

最終パーティーがやけに遅いので心配。
無線連絡したら地蔵の頂上に到着したようだ。

16:25記念写真を撮って、ひと風呂浴び、王将で夕食を取り、帰路につきました。

DSCF7976_convert_20180531155128.jpg
みんな揃って記念写真。⇑⇓        16:25
DSCF7978_convert_20180531155202.jpg

DSCF7979_convert_20180531155228.jpg

DSCF7982_convert_20180531155259.jpg

DSCF7981_convert_20180531155325.jpg

DSCF7980_convert_20180531155346.jpg




今回の目標完登:
Jar さんと完登できたのでうれしかったです。
彼女も登るにつれてどんどんうまくなってきたので余計にうれしい!


記録:
四阿出発07:06~三峰取り付き7:51、登攀開始8:10~1ピッチ終了9:05~2ピッチ終了10:00~3ピッチ終了10:50
地蔵東稜2ピッチ目終了13:00。
四阿到着15:00.






梅雨の晴れ間の雪彦山

2017.06.11

脊柱管狭窄症でじっと立っていられないので、もうアルパインチックな登攀はダメかと諦めかけていたが、
あきらめきれずに工夫をしてみる。

不動岩でアブミビレーをしたり、自己ビレーの紐にテンションをかけて試してみたら、
痛みも痺れも出ないことを発見。
で無理にお願いして今回の山行に参加させてもらい試してみる。

なんと痛み、痺れもなく登り切れました。
山登りへの希望が出てきました。うれしかった!

DSCF4639_convert_20170613075005.jpg
地蔵東稜取り付きにて。        phto by Shokuda

新人2人を含めて8名で地蔵東稜をのぼる。
やっぱり大勢で来てわいわい言いながらの山行は楽しい。

3パーティーに別れての登攀。
最初の組はリハビリトリオのSegrho、Sango、Gramps でスタートしました。

DSCF4643_convert_20170613075054.jpg
2番目の組のShokuda 君。

2番手組は子ヨーゼフ、Shokuda、Porta の3人。
この組は子ヨーゼフさんとShokuda 君がつるべでリードしました。

DSCF4645_convert_20170613075117.jpg
1ピッチ目を登ってくるPorta さん。

DSCF4646_convert_20170613075137.jpg
ラストで登ってきました子ヨーゼフさん。

リードの確保はSango さんがしてくれているので写真は撮り放題です。

DSCF4647_convert_20170613075207.jpg
2ピッチ目をリードするSegrho 君。

三組目はMototoro さんが不参加になったので、かつ君とSachinne さんの2人。

DSCF4648_convert_20170613075228.jpg
3組目のかつ君。

2ピッチ目を終えた頃からぽつぽつしだしで嫌な予感がするも、少ししたら止んでくれた。
オレンジのツツジの花が岩場の所々に咲いていて和ませてくれる。

DSCF4653_convert_20170613075301.jpg

DSCF4654_convert_20170613075322.jpg
3? or 4? ピッチ目の凹角を抜けたところのSango さん。

3組目のSachinne さんは「馬の背」をりーどしました。
りーどできる人がどんどん増えてきてほしいです。DSCF4658_convert_20170613075355.jpg
馬の背をリードするSachinne さん。    最終ピッチ終了点から撮る
入会2年目の本チャン初リードです。

やっぱりリードしたい虫が沸き起こってきた。
全ピッチリードのSegrho 君に無理を言って、最終ピッチだけリードさせてもらう。

DSCF4659_convert_20170613075421.jpg
最終ピッチを登ってくるSango さん。
なぜか右足もあんなに上がっている???

DSCF4661_convert_20170613075449.jpg
最終組のかつ君を確保するSachinne さん。

30年前からクライミングをしているベテラン・子ヨーゼフさんが26年ぶりの雪彦でした。
長い間クライミングから遠ざかっていて、本チャンは久しぶりです。

DSCF4663_convert_20170613075515.jpg
最終ピッチをリードで登ってきました子ヨーゼフさん。

DSCF4665_convert_20170613075542.jpg
なぜか最終ピッチは各組入り乱れての登攀となりました。 ⇩ ⇧
DSCF4666_convert_20170613075615.jpg

DSCF4667_convert_20170613075656.jpg
登攀を終えて。    Photo by Segrho 君
歳の差30うん歳

DSCF4668_convert_20170613075717.jpg
やっと登ってきました。

DSCF4669_convert_20170613075741.jpg
地蔵東稜終了点から。

DSCF4673_convert_20170613075809.jpg
最終パーティーでビレーをするかつ君。

DSCF4676_convert_20170613075841.jpg
オーラスのSachinne さん。
お疲れ様。

全員登攀修了。
地蔵東稜1本のため登り終わってピークでのんびりと過ごす。

DSCF4680_convert_20170613075912.jpg
記念写真。Bab さんも    PHOTO by Sachinne さん。

下山してお風呂に入って、美味しい&ボリュームたっぷりの夕食でフィナーレ。

DSC_1239_convert_20170613075947.jpg

DSCF4683_convert_20170613080011.jpg
少し食べてから思い出して撮ってみました。

アルパインもできそうなのでぼちぼちトライして行きたいと思います。
楽しいい山行、皆さんありがとうございました。
夏山が行けるか?楽しみです。

自転車に乗ってリハビリ、リハビリに頑張ってみます。









雪彦山・会有志山行

2016.10.30
参加者:Shokuda、Mototoro、Kastu、Segrho、Sachinne、Gramps
Photo by Segrho、Shokuda、Katsu

素晴らしい秋空の下でのクライミングが楽しめました。
日帰りのんびりクライミングのため、地蔵東稜1本に終わりました。

それでも私以外滑り台は初めてだったので楽しめたようです。
私も最終ピッチは初めてのラインをセカンドで登らせてもらって楽しめました。

P1050168_convert_20161031210419.jpg
取り付きにて。Segrho、Sachinne、Katsu。

P1050169_convert_20161031210443.jpg
Shokuda、Mototoro。 同じく出発前。

P1050170_convert_20161031210508.jpg
Gramps 、Sachinnne、Segrho の先行パーティー。
Segrho 君が全ピッチオールリードしてくれました。
私はアイゼンで登らせてもらいました。

今季初めてだったので、昨日急遽不動で3本登ってアイゼン慣れしてきました。

P1050171_convert_20161031210539.jpg
2ピッチ目をフォローするGramps。

3ピッチ目は右にトラバース気味に下って滑り台に向かいました。

DSC_0927_convert_20161031210222.jpg
滑り台の右サイドを登るGramps。
今日はなぜかGramps の写真が多そう。

滑り台からノーマルルートに戻り再び離れてクラックルートを登る予定であったが、
時間の関係でノーマルルートをそのまま登ることにする。

DSC_0929_convert_20161031210353.jpg
最終ピッチを登るSegrho 君。
このラインは私は初めてでした。

P1050190_convert_20161031210604.jpg
全員登頂しての記念写真。

この後雪彦山温泉に入浴して、Segrho 君おすすめの「かつめし」で締めました。

P1050191_convert_20161031210627.jpg
私は初めてでしたが、美味しかったです。

今季アイゼントレーニングは9本になりました。(雪彦の1,2,3ピッチ、滑り台、馬の背、最終ピッチで6本と換算して)
目指せ50本!
雪彦山(中級登山学校)(その1)

2016.07.22夜~24

7月なのに意外と暑くない雪彦でした。夜は涼しくよく眠れました。
それにヒルも少なく助かりました。

今回はM上君、U原君と組んで登らせてもらいました。

23日(土):

DSCF0862_convert_20160725135425.jpg
三峰東稜取り付き。94年から19年間中級に参加していたNanohaBabさんも参加です。

睡眠時間3時間の行動はこの歳になるときつくなって来たようです。
今日の登攀予定ルートは
①三峰東稜から②地蔵東稜です。

三峰東稜はU原君の申し出で彼にリードしてもらう。

DSCF0863_convert_20160725135446.jpg
1ピッチ目を登り始めるU原君。

1ピッチ目の乗越が難しい。
先月会のメンバーKeroyonさん、ミオさんと登った時もA0でした。
今回は何とかフリーで抜けれました。


DSCF0865_convert_20160725135509.jpg
2ピッチ目テラス。
1ピッチ目の確保をするSAKA爺と2ピッチ目を確保するM上君。

DSCF0869_convert_20160725135535.jpg
友人登路を登る竹ちゃんが見えました。
余裕のある笑顔のようですが、この後喚き声が聞こえました。

DSCF0871_convert_20160725135600.jpg
3ピッチ目を登るU原君。
その向こうに小さく見えるは竹ちゃん。何か出して登っているかな?

DSCF0874_convert_20160725135633.jpg
向うの尾根の壁に一輪咲いていました。

DSCF0875_convert_20160725135700.jpg
2ピッチ目を登り終えたSAKA爺。

6時40分登攀開始、9時半ころ登攀修了。
小休憩して懸垂下降地点へ移動。

DSCF0876_convert_20160725135731.jpg
移動中に出会った弓状クラック登攀準備のK田パーティー。


懸垂下降して地蔵岳東稜へ。

DSCF0878_convert_20160725135804.jpg
懸垂下降中のM上君。

続いて地蔵岳東稜に。
今度はリードを代わってもらい登ることになりました。
11時?登攀開始。

DSCF0883_convert_20160725135913.jpg
地蔵東稜3ピッチ目を登ってくるM上君。     12:20

DSCF0884_convert_20160725135942.jpg
同じく3ピッチ目を登ってくるU原君。             12:27

ここからコンテで馬の背に向かう。

DSCF0886_convert_20160725140010.jpg
地蔵正面を登っているパーティーが見えました。

馬の背を終えて、コルまでコンテで行き、最終ピッチのフェースに。

DSCF0890_convert_20160725140035.jpg
最終ピッチのGramps。        13:10
かっこ良い写真を撮ってくれてU原君ありがとう。

DSCF0903_convert_20160725140143.jpg
地蔵岳ピークにて記念写真。          14:15

DSCF0904_convert_20160725140208.jpg
ピークでビレーをするSAKA爺。

DSCF0906_convert_20160725140308.jpg
地蔵正面右カンテから登ってきましたO森君。  

DSCF0907_convert_20160725140340.jpg
続いて登ってきましたお二人さん。  

ピークから下山開始して途中の展望台岩から地蔵正面を登っているパーティーを見ながら休憩。

DSCF0908_convert_20160725140415.jpg
何やらロープが引っかかって上がりません???

DSCF0909_convert_20160725140446.jpg
中央バンドで1人待っています。         何ていう名前だったかな?Sa chi n ne !

16時までに帰還集合。17時から反省会。
今日は睡眠不足のため日本酒を少しだけ飲んで就寝。