FC2ブログ

大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

八ヶ岳・アイスクライミング

2019.12.20夜~22

雪は無い、氷は発達してないの無いないの八ヶ岳の今季。
赤岳鉱泉までは2~3か所凍っていただけで雪は殆どなかった。

鉱泉のアイスキャンデーは1面だけ登れるようになっていた。

初日はアイス初めての Jardin さんと我々も今季初めてということでキャンデーで楽しむことにする。

DSCF2974_convert_20191223104400.jpg
Po rta さんの登り。

DSCF2976_convert_20191223103622.jpg
アイス初めての Jardin さん。
中々なもんでした。

DSCF2977_convert_20191223103709.jpg
かつ君の登り。
今年 Po rta さんとシーズン初めに講習会を受けて長足の進歩を見せています。

1577053560629_convert_20191223103733.jpg
Gramps。                 Photo by Porta さん。
バカでっかい写真すいません。
人が撮ってくれた写真の大きさ調節が分からずにどでかい写真になってしまいました


朝から夕方まで4人で練習、れんしゅうでした。

今日の夕食メニューはステーキでした。

DSCF2982_convert_20191223104037.jpg

DSCF2981_convert_20191223104014.jpg

明日は裏同心沢に行ってみることにする。
昨夜は4時間しか眠っていないので9時半過ぎに就寝。

氷はまあまあ出来ていました。

かつ君・Po rta さん、jardin さん・Gramps でパーティを組んで登る。
かつPパーティーはつるべ。
我々はJa rdn さんが初めてなのでオールフォローで登る。

DSCF2983_convert_20191223104104.jpg
かつ君と遠景。

DSCF2984_convert_20191223104128.jpg
ビレー中の Porta さん。
撮った瞬間だけ反対方向を向いてしまいました。次の滝を見ました。ビレーはしっかりやっていました。かつ君ご安心を!

DSCF2985_convert_20191223103814.jpg
余裕を持って登ってきましたパートナーの Ja rdin さん。

DSCF2987_convert_20191223104158.jpg
最終ピッチでビレーをする Porta さん。

最終ピッチを登り終えて大同心沢の記憶が甦ってきました。
2~3年前だろうかな?

帰宅して調べてみたらなんと今年の1月に来ていました。
あ~あ!!!
(神戸うし・Miwmiw、ツボケン・Gramsの4名)

その記録によるとその前は7年前でした。

登り終わった滝から次の滝への歩き、登り終わって大同心稜迄の登りのしんどいことは
齢を取ったことを、ひしひしと実感します。

それでもこんな山行が好きです。
常日頃の練習を欠かさずにいつまでも行けるようにしたいです。

今回の山行も充実感、達成感で一杯です。
お付き合いくださった皆さんありがとうございました。
スポンサーサイト



八ヶ岳・ジョウゴ沢、裏同心沢アイスクライミング

2019.17~20

1月19日

同心大滝から裏同心沢に予定を変更する。
ここを最後に登ったのは7年前である。

今日のパーティー編成は神戸うし・Miw miw、ツボケン・Gramps。

我々は各滝を交代でリードすることにする。
じゃんけんで最初の滝は私がリードする。

DSCF0393_convert_20190120140858.jpg
裏同心沢F2 滝。

最後の核心の滝が運よく私にまわってきた。
裏同心沢は何回か登っているが、この滝しか全く記憶がない。

登り終わって後発を待つのに風がきついので、
風を遮るところを求めて大同心稜迄登ってきたがない。

少し下ったところにないか求めたがないので我慢して待つことにする。
約30分待ったころ登ってきた。

後発組は途中でアイゼンが外れるアクシデントがあったとか。

DSCF0394_convert_20190120140932.jpg
大同心基部から少し下ったところで。
DSCF0396_convert_20190120141000.jpg
後ろの山は硫黄岳。

足が遅いので先に出発させてもらう。
登り時にあんなに痛い腰痛が、下る際はほとんど痛くないので助かる。

45分で鉱泉に帰着。

DSCF0398_convert_20190120141033.jpg
無事帰着。楽しかった。
DSCF0399_convert_20190120141056.jpg

アイスキャンデーの前でのんびり下山準備をして出発。

DSCF0400_convert_20190120141130.jpg
アイスキャンデー。

ここで週末に働いている O 君に今回は会えました。
元気でした。2月には良いことがあるようです。

DSCF0402_convert_20190120141159.jpg
下山開始して15分。いつも振り替える地点より大同心、小同心。

残念ながら登っている写真が1枚も撮れませんでした。
余裕がなくなってきている証拠かな?
今回も楽しい山行ができました。
八ヶ岳・ジョウゴ沢、裏同心沢アイスクライミング

2019.17~20

今年2 回目の八ヶ岳である。
今回は1日余裕を見て初日は諏訪の酒蔵めぐりを入れる。

1月17日

10時大阪を出発。
諏訪に3時ころ到着。
5 蔵めぐりの最初は真澄。
続いて横笛、本金、麗人、舞姫の5 蔵を巡る。

最初は真澄。
試飲6 種類を頂きました。
私はこれでストップしたが、Miw miw ちゃんはこの後4蔵全て試飲されてました。つよ~い!
勿論、神戸うし君は運転手のため一滴も飲まずです。

DSCF0361_convert_20190120111817.jpg
2 番目訪問の横笛。

DSCF0363_convert_20190120111841.jpg
美味しそうな酒がないかと物色中の神戸うし君、Miw miw さん。

DSCF0403_convert_20190120115243.jpg
伊藤深水?の梅の絵の猪口を購入しました。
ここの酒蔵は伊東深水と関係があるそうです。

DSCF0373_convert_20190120111917.jpg
舞姫で試飲中。

終わって、八ヶ岳山荘に18 時ころ到着。
早速神戸うし、Miw miw はゲットした真澄を飲み始める。
21時前に関東からツボケンが到着。
3人で一升空けてしまいまし。流石ですね!!!

私は持参した菊正宗を燗してちびりちびりやってました。

1月18日

7 時前に横浜からYachie さん到着。
赤岳山荘まで車で、
ここからスタート。

今日の予定はジョウゴ沢・舞姫。
神戸うし、Miw miw、Yachie 。ツボケン、Gramps の2パーティーに分かれてジョウゴ沢を進む。

DSCF0375_convert_20190120111949.jpg
ジョウゴ沢・F2滝

舞姫は氷の状態が良くないので横のナイヤガラに転進。

DSCF0376_convert_20190120112016.jpg
ナイアガラ滝の前で。

DSCF0377_convert_20190120112046.jpg
ナイアガラ滝の前から見た赤岳、阿弥陀岳。

DSCF0379_convert_20190120112953.jpg
ナイアガラを登るMiw miw さん。

ナイアガラで2本登った後、本滝?を見学に行く。

DSCF0384_convert_20190120112145.jpg
本滝?

今度来た時に登ってみたい!

FB_IMG_1547985123883_convert_20190121134449.jpg
今度来たら登りたい滝。         Photo by Kobeusi

下山開始。
途中で乙女の滝を写真におさめる。

DSCF0385_convert_20190120112219.jpg
乙女の滝。

DSCF0386_convert_20190120112309.jpg
無事帰還

DSCF0387_convert_20190120112439.jpg
ブナのYachie さん。

今日一旦下山して明日また別動隊と入山してくるそうです。
タフレデイですね。

DSCF0388_convert_20190120112511.jpg
ツボケン持参のワインで乾杯!

部屋に戻ってまた飲みました。
私は菊正宗を燗して少し飲んだだけです。

DSCF0392_convert_20190120112534.jpg
Nanoha Bab さんと一緒です。
八ヶ岳・ジョウゴ沢、中山尾根、南沢小滝   その1

2019.01.03夕~06

参加者:かつ、Porta、Gramps

1月3日

15時大阪を出発。
帰省Uターンの影響で所々渋滞に巻き込まれ美濃戸口には予定より1時間遅れの21時過ぎに到着。

八ヶ岳山荘で仮眠。

1月4日

4時起床。朝食を済ませて5時半美濃戸に向け出発。
途中、坂登で少しヒヤッとしたが無事クリアーでき美濃戸(八ヶ岳山荘駐車場)に6時過ぎに着。

ここから歩きだし、鉱泉には8時25分に着く。

DSCF0256_convert_20190107113134.jpg
鉱泉小屋のアイススキャンデイ

明日は強風が予想されるので、予定を変更して天気の良い今日に中山尾根をアタックすることにしたが、
私の体力ではちょっと無理っぽいので断念してもらい、
予定通りじょうご沢に決定。

小屋でのんびり休憩をしてジョウゴ沢に向かう。

DSCF0257_convert_20190107113156.jpg
ジョウゴ沢 F1を登るPorta さん。

DSCF0259_convert_20190107113224.jpg
ジョウゴ沢 F2 を登るかつ君。

2_large_convert_20190107205416.jpg
Gramps。               Photo by Porta

ここでトップロープで練習。

私はこの位で丁度良いのでお先に小屋へ引き返す。
お二人はこの後も練習、練習でしたが、
何かハプニングがあったそうで帰還が遅くなりました。

DSCF0266_convert_20190107113322.jpg
鉱泉小屋の今夕食。

DSCF0268_convert_20190107113347.jpg
知り合いのグループもいました。       大勢で楽しそう!!

食事が終わって部屋で寛ぐ。

DSCF0271_convert_20190107113409.jpg
Nanoha Bab さんと。

記録:

美濃戸口(八ヶ岳山荘)5:30➙美濃戸(赤岳山荘)6:00~赤岳鉱泉8:25、10:00~ジョウゴ沢~赤岳鉱泉14:30

その2に続く

八ヶ岳・ジョウゴ沢、中山尾根、南沢小滝   その2

2019.01.03夕~06

参加者:かつ、Porta、Gramps

1月5日 中山尾根

昨日と打って変わって天気予報通りガスがかかって山は何も見えない。
小屋前では風は余り吹いていない。

DSCF0273_convert_20190107210522.jpg
出発前。         7:05

中山乗越迄30分。
ここまでで汗をかいてしまった。

DSCF0274_convert_20190107210556.jpg
中山乗越

少し休憩していよいよ尾根に入っていく。

23_large_convert_20190107210621.jpg
第1岩壁に向かう。         Photo by Porta
ガスっています。

森林の中のため風は全く感じられない。

約1時間?で第1岩壁基部に到着。
森林限界を超えているので風がまともに吹き付けてくる。
ガスと強風を受け冬山だと感じる瞬間だ。

今回はかつ君とPorta さんがつるべで登る。
したがって私は常にセカンドで登っていくことになる。
このシステムを不動岩で事前予行演習してきました。

DSCF0276_convert_20190107210654.jpg
1 ピッチ目をリードするかつ君。

DSCF0277_convert_20190107210729.jpg
同じく1ピッチ目のかつ君。

強風が体温を奪ていくので寒い。
下部岩壁2ピッチを終えて、雪稜を1ピッチつるべで登りロープを解いて上部岩壁迄進む。

30_large_convert_20190107210803.jpg
熱い飲み物でほっとする。
登攀はお二人に任せ切りで呑気にお茶してます。すみません。

DSCF0279_convert_20190107211803.jpg
上部岩壁をリードする Porta さん。

33_large_convert_20190107210900.jpg
今回の最終ピッチでビレーをするかつ君。

34_large_convert_20190107210940.jpg
トラバースを終えて念のため、かつ君をビレーする Gramps 。 Photo by Porta
突然ガスが取れ始めました。

登攀終了とともに視界が開けてきました。
昔石鎚北壁を登った時もこんなことがあったなあ。

DSCF0281_convert_20190107211016.jpg
赤岳、阿弥陀岳も突然顔を見せてくれました。

風は相変わらず強く吹いている。
とにかく縦走路に出て岩陰を探して休憩をしたい。

38_large_convert_20190107211039.jpg
縦走路へ下りる。富士山も見えました   Photo by Prta

DSCF0283_convert_20190107211133.jpg
日が当たってきました。

風の当たらないところはぬくぬくでした。
ここで休憩をして、地蔵尾根を下る。

行者小屋、中山乗越経由で鉱泉小屋に。

49_large_convert_20190107205351.jpg
帰りの中山乗越にて。       Photo by Porta

39_large_convert_20190107211215.jpg
鉱泉小屋手前の歩き。          Photo by Porta

鉱泉小屋でクライミングギアを整理して今日の宿泊・赤岳山荘迄後一息。

DSCF0290_convert_20190107211259.jpg
大同心、小同心の夕映え。
鉱泉小屋から15分くらい下ったいつもの所から振り返って。

赤岳山荘には6 時少し前に到着。
今朝赤岳鉱泉小屋を出発して11時間行動となった。

DSCF0294_convert_20190107211329.jpg
夕食は鴨鍋と馬刺しである。

DSCF0296_convert_20190107211400.jpg
夕食を終えてホッと一息。
この人は食事を終えてからもこうして飲める人です。
とにかくよく飲んでいます。


調べてみたら中山尾根は13年ぶりでした。

記録:
鉱泉小屋7:05~中山乗越7:36、7:40~下部岩壁9:00?~登攀終了14:13、下山開始14:20~行者小屋15:40~
中山乗越15:50~鉱泉小屋16:3、16:??~赤岳山荘17:55


その3に続く