大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

濁河温泉・はもずしエリア
・アイスクライミング


2018.01.26~28

濁河は全員初めてのところでした。
はもずしエリアはスケールは小さいですが
練習方法を工夫すれ結構良いトレーニングができるところでした。

1月26日(金)

大阪・南茨木を14時半にスタートして山荘には20時過ぎに到着しました。

DSCF6682_convert_20180130100355.jpg
先ずは一杯飲んで休むことにする。

1月27日(土)

はもずしエリアは山荘から1時間半くらいのところにある。

DSCF6691_convert_20180130100433.jpg
はもずしエリアの氷瀑。

今日は我々以外に多治見から来られたパーティーの2組だけでゆっくりと楽しめました。

DSCF6687_convert_20180130100454.jpg
神戸うし君。登り終えて ビレーヤーはMiwMiw さん。

今回は神戸うし君が掛けてくれたTR で楽しむ。

DSCF6688_convert_20180130100530.jpg
登る前のGramps。

気温も低く最低気温マイナス16度でほぼ1日中雪も降っていました。
氷も硬く打ち返される。
全員4~5本登って早々と終了。
手がパンプしたので終わっただけ。

山荘に戻って早速始める。

DSCF6692_convert_20180130100559.jpg
地元の酒「なかのりさん」「七笑」と持ち込んだ「都美人」それにウイスキー、ワイン。ビールも!
全くよう飲む連中だ。

DSCF6694_convert_20180130100624.jpg

DSCF6697_convert_20180130100710.jpg
山荘の中の良い管理人ご夫妻が手料理で夕食を作ってくれます。

東京から来る予定のあーちゃん夫妻と連絡が取れ、明日はご一緒することになる。
彼らの隠しエリア?:「九蔵峠リゾートICEクライミングエリア」。
リゾートエリアと名が付くくらいなので集合時間もゆっくり目。

暖かい部屋でぐっすり眠れました。

1月28日(日)

DSCF6699_convert_20180130100742.jpg
山荘の朝。                                7:00

出発は9:00。

DSCF6710_convert_20180130100828.jpg
途中九蔵峠より見た御嶽山。    

DSCF6714_convert_20180130100856.jpg
九蔵峠リゾートアイスエリア。       

後ろ側を水が流れています。氷もほぼつらら状態です。
リードはやばいのでTRで楽しみました。
氷を1回欠かしたら、10円のペナルティを供出することに。
結局全員が欠かしまくるのでペナルティはチャラになりました。

DSCF6721_convert_20180130100925.jpg
Gramps。

DSCF6733_convert_20180130101024.jpg
あらやん。

DSCF6731_convert_20180130100953.jpg
MiwMiw さん。

DSCF6740_convert_20180130102045.jpg
牧師さん。

DSCF6737_convert_20180130101211.jpg
神戸うし。

DSCF6747_convert_20180130101313.jpg
あーちゃん、あらやん。
来年の年賀状用です

各自4本登って2時終了。
あーちゃん夫妻は居残って、我々は下山開始。

あらやん夫妻に聞いた美味しいそばやが見つからず残念でした。
実は私はそばが好きではない。
が、健康上の事情があって、
これからはそばを積極的に食べて好きになるように努力してみる。

DSCF6749_convert_20180130101341.jpg
途中でトライ(食べた)すんきそば。


今回のアイスは無理せず適当に楽しみました。
帰りも意外と早く帰れて8時半には帰宅できた。




スポンサーサイト
八ヶ岳アイスクライミング・南沢大滝、大同心大滝

日程:2016.12.23~25
参加者:おれ君、SnowArrow、Sango、Gramps

25日:大同心大滝

4時半起床、5 時50分朝食、7時出発。

大同心大滝も氷の発達が今一つと聞いているが、到着してみるとやはり噂通りであった。

DSCF2418_convert_20161226152958.jpg
先行パーティーが一組登ってみえます。
手前はSango さん。

普通の時の状態と比べてみました。

DSCF8111_convert_20161226153535.jpg
2013.2 月の大同心大滝。.
最上段を比較してみるとその差が顕著である。

ここも登れそうなラインは1本のみ。
それでもとにかくトライをしてみる。

DSCF2421_convert_20161226153020.jpg
Sango さんの登り。
昨日より軽やかなアックス捌きになっていました。

DSCF2422_convert_20161226153047.jpg
先行パーティーに交代してもらい登るはSnowArrow君。

DSCF2423_convert_20161226153109.jpg
振り返ってみると素晴らしい乗鞍岳の雄姿。

DSCF2425_convert_20161226153130.jpg
細い最上段を登るおれ君。

DSCF2429_convert_20161226153200.jpg
Bab さん。

こんな氷の状況は今回が初めてである。
それでもそれなりに満足できました。

赤岳鉱泉に下りて来たらキャンディーのところでO田君がお仕事をされていました。

DSCF2433_convert_20161226153225.jpg
アイスキャンデーでクライミングを楽しむ人。

DSCF2434_convert_20161226153249.jpg
今日は快晴で大同心も、小同心も、横岳も奇麗に見えました。
鉱泉からの帰り道。通称振り返り橋より。

DSCF2436_convert_20161226153310.jpg
阿弥陀岳も奇麗に見えました。
赤岳山荘前から。
八ヶ岳アイスクライミング・南沢大滝、大同心大滝

日程:2016.12.23~25
参加者:おれ君、SnowArrow、Sango、Gramps

24日:南沢大滝

23日正午、大阪を出発。今日は美濃戸口まで。山荘で仮眠。仮眠室も改装され2段ベッドの快適な部屋になっている。
24日:6時過ぎに美濃戸口を出発。美濃戸まで雪がほとんどない。

南沢大滝の氷の状態も心配だ。

DSCF2395_convert_20161226133129.jpg
リードするはSnowArrow 君。ビレーはおれ君。
氷の発達はイマイチ。
登れそうなところはこの真ん中一本。
右は叩くと水が吹き出してきます。


今年の春、去年、一昨年と比べてみると

DSCF8892_convert_20161226141632.jpg
今年の3月の状態。

018_convert_20161226142136.jpg
去年の2月の大滝。

DSCF8607_convert_20161226142623.jpg
一昨年の3月の状態。

それでも1本登れたので満足です。

DSCF2397_convert_20161226141045.jpg
初参加の新人Sango さん(Bab さんと一緒に)。

DSCF2398_convert_20161226141105.jpg
Gramps。

DSCF2401_convert_20161226141131.jpg
初アイス?のSango さん。

DSCF2404_convert_20161226141152.jpg
あの「えいO-木」さん。
我々が終了間際にT山岳会の方たちと来られました。

DSCF2405_convert_20161226141213.jpg
スクリュー等を回収してくれる「おれ」君。
すみません、ビレーをしていたので登る姿の写真がありません。

DSCF2406_convert_20161226141239.jpg
大阪 T 山岳会の3 人娘?

終わって、赤岳鉱泉の人工氷壁・アイスキャンディーに向かう。

DSCF2410_convert_20161226141348.jpg
大同心、小同心をバックに。行者小屋への途中で。
残念ながら大同心、小同心が写りませんでした。

大同心、小同心は別撮りしてみました。

DSCF2412_convert_20161226141409.jpg
左、大同心、右、小同心

DSCF2414_convert_20161226141431.jpg
行者小屋前でお会いした、T山岳会の別動隊。
明日は他山岳会の方たちと赤岳を目指されるとのこと。

赤岳鉱泉着いたのは3 時半。
SnowArrow君とおれ君はツェルト、軟弱組のSanngo さんと、Gramps は小屋泊まり。

小屋泊まりの夕食が4時半とアイスキャンデーは4時までということで今日のクライミングは終了。

DSCF2417_convert_20161226141516.jpg
DSCF2416_convert_20161226141454.jpg
今日の夕食メニュー。

食後、小屋主催の講演会があり、9 時過ぎに就寝。
アイスクライミング・八ヶ岳

2016.03.06~07

南沢大滝

6日(日曜)昼過ぎに大阪を出てその日は美濃戸泊でゆっくりし、
翌7日に空いてるところでのんびりとクライミングをする贅沢な山行である。

DSCF8887_convert_20160308114453.jpg
山荘でほっこりのTuboken。

DSCF8890_convert_20160308114516.jpg
炬燵でほっこり。

なぜか今夜は眠たくて日本酒少しと、ワインをほんの少し飲んで寝てしまった。
彼はひとりこたつに入ってワインを飲みながら読書していたようだ。
飲み過ぎて翌朝頭痛気味だと言っていた。

今回(今年)の八ヶ岳も雪が少ない。
美濃戸までの林道は全くなかった。

朝6時の気温がプラス2度である。
南沢に入ったら雪が融けて氷になっている。

氷が融けて水が流れている。
これが南沢大滝入口までずっと続いていた。

大滝の前も雪ではなく碧氷になっている。
こんなことは初めての経験だ。

大滝は立派な氷瀑になっているが右半分は水が流れているようでした。

DSCF8892_convert_20160308114538.jpg
南沢大滝全景。

大滝は我々2人だけで贅沢過ぎる。
今回は左側をそれぞれリードして、後はトップロープで楽しみました。

DSCF8894_convert_20160308114607.jpg
トップロープでトライするTuboken。

DSCF8906_convert_20160308114629.jpg
今年もやっとアイスができ満足、まんぞくです。

氷が融けているので当然ロープはぐしょぐしょになりました。

北八ヶ岳・その1  北横岳~三ツ岳~雨池山

20115.12.27夜~28

今回も若いお2人がお付き合い下さり感謝です。
6年前に行ったコースに北横岳周遊コースを加えました。
三ツ岳は岩稜帯で結構楽しめました。

29日の午前中を除き3日間とも天気に恵まれ素晴らしい眺望を満喫できした。
積雪量は中山展望台で6年前より2m以上少なかったです。
少ない分、石が至る所に露出しておりアイゼントレと足首捻挫のリハビリになりました。

冬山は訪れるたびに違う顔を見せてくれるのがうれしいです。
2Mamas 君、新人?のミオさんとも素晴らしい素質をお持ちでした。
これからが楽しみです。

27日の夜行バスで茅野入りして、バス、ロープウェイ乗り継いで銀世界へ。
ピーカンです。

DSCF7976_convert_20151231111949.jpg
ロープウェイ山上駅付近。今日の出発地点。

ここから北横岳(横岳)を目指す。
途中横岳ヒュッテで大休憩。

DSCF7977_convert_20151231112011.jpg
北横岳ヒュッテ前にて。

DSCF7981_convert_20151231112031.jpg
積雪量は少ないとはいえエビの尻尾はしっかりできていました。

DSCF7982_convert_20151231112052.jpg
北横岳山頂にて。       2476m
風は少々きついが、とにかく天気が良いので気持ちがよい。

登ってきたところを少し引き返して三つ岳方面分岐を下り、登り返したところが三つ岳のⅠ峰である。

DSCF7988_convert_20151231112120.jpg
三ツ岳Ⅰ峰。
なぜか岩を見ると(岩稜帯になると)俄然楽しくなりハッスルしてしまう。

DSCF7990_convert_20151231112150.jpg
三つ岳Ⅰ峰の下り。

DSCF7992_convert_20151231115149.jpg
三つ岳Ⅱ峰。

ここからまた下り最低鞍部で休憩を取る。

DSCF7994_convert_20151231115216.jpg
三つ岳と雨池山の鞍部で休憩。

これからまた登りである。と言っても30分くらいで雨池山に到着。

DSCF7997_convert_20151231115244.jpg
雨池山山頂2325mにて。 13:55

DSCF7999_convert_20151231115316.jpg
明日登る縞枯山の側面。

DSCF8003_convert_20151231115348.jpg
もうすぐ縞枯山荘。

DSCF8004_convert_20151231115442.jpg
今夜泊まる縞枯山荘。

DSCF0057_convert_20151231115620.jpg
6年前の縞枯山荘前。
今年は小屋の前にこんなに雪はなかった。

DSCF8008_convert_20151231115417.jpg
小屋前の縞枯地蔵さんとnanohaBab さん。

DSCF8011_convert_20151231115511.jpg
堀炬燵でほっこりの3兄妹弟。
2時過ぎに到着したので5時半の夕食までのんびりできる。
先ずは日本酒・真澄で一杯!
すぐ冷めてしまうのでテルモスに入れて飲んでいます。

あまり人のいない静かな山行ができました。

記録:
大阪21:40→バス→茅野6:36、7:55→バス→北八ロープウエー口8:47、→
山上駅9:40~北横岳ヒュッテ11:02~北横岳山頂11:40~三つ岳Ⅰ峰12:33~三つ岳Ⅱ峰12:51~三つ岳・雨池山鞍部13:22~雨池山13:55~縞枯山・三つ岳分岐14:12~縞枯山荘14:22.